K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

結婚が決ったら、決るまではなるべく内緒に事を進め、
“ワタクシ、オ嫁ニ、マイリマスノ~”
と、突然宣言すると、回りの皆さまが
“エ~ッ!”
と、大層驚いて下さる。
若い頃は、そんなことまで楽しみにしていました。

ところが実際は、
あーでもない、こーでもないとわがままを言い続けたばっかりに
“ワタクシ、オ嫁ニ、マイリマスノ~”
“イヤ~、ヤット決メタカ、ヨカッタヨカッタ”
と、驚かれるどころか、まるで憑きものが落ちたかのような喜ばれようでした。

まっ、そんなもんです、人生は。
f0039281_11232276.jpg

今日、お嫁にやりましたのは、母のフラワーアレンジメント教室で、レッスン後のお茶の時間に、皆様に召し上がっていただくためのケーキです。
出回り始めた真っ赤な旬の苺を、ビスキュイの中に閉じ込めたシャルロット風のムースケーキ。
薄紅色をした乙女心が、淡雪のように甘酸っぱくお口の中で解けていく・・・そんなイメージで作りました。 
“オ嫁ニ、モラッテイタダケレバ、ウレシイデス”
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-28 11:00 | あまいもの | Trackback | Comments(4)
有楽町日比谷界隈で、間違いない雰囲気の中、間違いないお菓子とお茶で、静かにお話を楽しめる場所を挙げるとすれば、私は東京會舘を選びます。
大好きな帝国ホテルの、ランデヴーラウンジやパークサイドダイナーも良いことは良いのですが、日にちを間違うと、“ここはどこ?”の雰囲気になってしまったりしていますので、少々注意が必要です。(そういう時にはクラブルームという裏技もあり)
東京會舘では、今をときめくパティシェが作り出すようなキラキラしたケーキではなく、奇をてらわない基本的なフレッシュタイプのケーキがいただけます。
この“基本的な”というのが、ポイント。
お話をする人々の邪魔をせず、お茶と一緒に静かに佇む(?)それが東京會舘のケーキ達なのです。
f0039281_9184428.jpg

その場に行かないと楽しめないのがフレッシュケーキですが、お土産としていつでも楽しめるのが、御存知ドゥミ・セック
昔から東京會舘の包みをいただくと、記憶にインプットされているスプレーチョコ満載のあのお菓子を思い出し、条件反射的に歓声とオヨダ(おっと、失礼!)が・・・。(ちなみにMY歓声度は、村上開新堂クッキー到着時に次ぐ堂々の二位です??)
最近は、どうやら季節ごとのバージョンを出され始めたようで、この日、お茶の時間にいただいたのはドゥミ・セック・如月と言う包みでした。
f0039281_9193656.jpg

たぶん雪をイメージされたのであろうホワイトチョコレートが、“いつもの生地”のトップにコーティングされたお菓子が詰められていました。
ふと気がつけば、如月も、もうあと1日。
弥生になると、またどんな可愛いドゥミセックが登場するのでしょう?
興味津々ゆえ、今度は自分で拝見しに(=いただきに)行きたいと思うのでした。

Special thanks to Ms.K !
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-27 09:00 | あまいもの | Trackback | Comments(6)
ついこの間までは、寒ちぢみほうれん草やら寒ぶり、寒しじみと“寒”を冠した美味しい食材がたくさんお店に並んでいました。
空気に、そこはかとなく春の香りを感じるようになってきた今日この頃、そろそろお店には、春のお野菜お魚などがたくさん並び始めています。
もちろん旬のものは、お値段もお手頃なので、ついついたくさん買ってしまったり・・・。
先日買い求めた大きな春キャベツは、外側の柔らかい緑色の葉でたくさんコールスローや、簡単な塩漬けなど作って楽しみましたが、二人家族の消費量はたかが知れています。
あとは、まるごと使いましょう。
f0039281_10361867.jpg
中央をくり抜いて。
くり抜いた部分は、このあと、お得意のキャベツのポタージュに変わり、朝食のメニューに登場させます。
芽キャベツと比較すると深さがおわかりいただますね、こんな感じです。
f0039281_10373499.jpg

f0039281_10382779.jpg

お肉と香味野菜をフードプロセッサで混ぜて粉砕したものに下味をつけて真ん中に詰め、お料理糸で縛ります。(このお料理糸は、ストリングスタイディといいます。購入した時の記事は→こちら
後はスープストックと、ローリエで蒸し煮にするだけ。
f0039281_10394215.jpg

粒マスタードをたっぷりつけていただきます。
まだ肌寒い日の続くこんな時期に、ぴったりのお料理となりました。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-26 10:00 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)
f0039281_124557.jpg

今年は、トラディッショナルなバースディケーキでお祝いです。
f0039281_1245617.jpg
ちょうどたくさん出回り始めた静岡産いちごを、たっぷり使いました。
中は三段。それぞれに苺をつぶして混ぜたマスカルポーネ入りのクリームがサンドされています。
お手製の良い所は、素材や分量のコントロールが利くこと。
“良いお歳”のマダムチイに合わせて微調整してみました。
f0039281_1254770.jpg

お花はぴょんこちゃんのお見立て。
メインは、なんともいえない不思議なスモーキー色のバラ。
シックなのに華やかな、素敵な花束がプレゼント出来ました。
♪ Happy Birthday to you ~ ♪
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-25 11:00 | あまいもの | Comments(12)
毎月のお楽しみ、二村恵美先生のお教室に伺ってきました。
今月は、刺繍部分が完成したトンボのゴールドワークを持参して、最後のチェックをしていただきました。
ようやっと完成。
これから、がま口タイプの口金をつけて仕上げて、全体の完成と相成りますので、そうしたら皆様にもご覧に入れたいと思います。
そして、今回はすぐに新しい課題に取り掛かりました。
f0039281_16495013.jpg

パンジーのゴールドワークの予定でしたが、その中に、ある程度練習してから取り組んだ方が良い技法があるということで、予習的課題をすることになりました。(私の覚束なさに対する先生のご配慮かしら?)
台布は、濃いえんじ色のベルベットを選びました。
一部分だけ型を写してから、まず濃淡二色の糸を使ったロングアンドショートステッチ。
それも“両刀使い”ならぬ“刺繍針二本同時使い”です。
しかし予想通り(私にとっては)、布の裏側では、刺繍糸二本のラビリンスに悪戦苦闘中です。
何が出来るかは、お楽しみに!(うさぎの耳ではありませんよ)
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-23 16:30 | 手芸(刺繍など) | Comments(8)
バレンタインデー一週間後のレッスンをご快諾下さった、素敵なお姉さま方のレッスンで、二月のチョコレートレッスンは締め括りです。
f0039281_23103049.jpg
私は、と言えば、朝からスコーンを焼いて、
サラダ用の春野菜を下ごしらえして・・・。
ご試食用のガトーショコラは、もうだいぶ前に焼成済みで味慣らし中。(レッスンはボンボンなので、ご試食用ケーキを別に用意しました)
生徒さま方がお越しくださる夕方には、お天気も回復して気温も上がるとの予報に、ホッと安心しながらの準備作業です。
f0039281_23112156.jpg

私にとって、皆様をお迎えするということは、お教室に生徒さま方をお迎えするというよりも、むしろ、遊びに来てくださるお客様をおもてなしする、という事に近いように思います。
楽しんでいただけるように、美味しい時間を過ごしていただけるようにと、そんな想いを込めながらお支度をしています。
もちろんレッスン中は、ちょっと厳しい・・・?
いえいえ、そんなことはございません・・・よね?ねっ?
f0039281_2312972.jpg

皆様、今月もお越しくださいましてありがとうございました。
三月は、ちょっと気分を変えて、季節の食材を使ったお料理レッスンです。
f0039281_23124511.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-20 23:00 | usakoのお教室 | Comments(8)
お菓子教室をする日の前日は、やはり準備に忙しくなります。
買出しをしたり、
ご試食用のケーキを作ったり、
休憩タイムの軽食の下準備をしたり。
キッチンから始まって、皆様にお使いいただくお家の中の各場所のお掃除をしたり。
食器類やテーブルセッティングに必要なものを調え、お道具の準備も必要です。
さらに、夜レッスンのあとのお夕食の支度が楽なように、小鉢もの的な常備菜も作ってパック詰め。
f0039281_21491848.jpg

ちょっと足りないものがあったので、午後になってから改めて、近所の八百屋さんとスーパーマーケットに行きました。
最近出来た八百屋さんは、お野菜を常温で市場のようにして売っているので、ちょっとお気に入り。
美味しそうなスナップエンドウ、そして大好きな芽キャベツとペコロスも(こういうミニチュアっぽい雰囲気がどうやら私のツボのようなのです)買いました。
寒いけれど、暖かい日差しが気持ち良く感じられたので、運動がてら(?)遠回りして最寄のTSUTAYAに行ってみました。(コールドプレイを借りた時に、会員証を作って貰ったから、有効活用するんですっ!)
探していた本が、販売エリアで見当たらなかったので、レンタルの方にフラフラと足を向けて・・・。
そして、借りてしまいました、大変遅ればせながら“かもめ食堂”を。
たぶん数日前に、nanamamaさんがブログに書かれていらしたのを読んだのが、頭のどこかにあったからだとは、思いましたが・・・それにしても、何も忙しい準備日にねえ・・・と自分でも思いました。
借りたら見たくなるのが、人情(?)。
というわけで、ペコロスのマリネを作りながら見始めました。
途中からは、マリネも準備もなく、1時間40分強、見入ってしまったのですけれど。(だめなセンセイ)
f0039281_21443223.jpg

久し振りに、“良い気分”になる映画でした。
お料理好きには、たまらない映画といわれていますが、まさにその通り。
キッチンに立つのが億劫になった時に、良いお薬になってくれるかもしれません。
私は、シナモンロールを作って美味しいコーヒーを淹れたくなりました。
それにしても、エンディングにいきなり井上陽水さんのクレイジーラブが流れて、なぜ?と驚きました。(デヴィッド・ベノア風の曲もありましたが、あれは違うでしょう
そしてまた、小林聡美さんが美味しいおにぎりを握りながらフィンランドで撮影をされていた頃、三谷幸喜さんは、コンビニのおにぎりを食べながら奥様の帰りを待っていらしたんだろうか?と、なにやら心がピリッと痛みました。
まっ、他所のご夫婦の事だし、映画とは全く関係ないことではありますけれどね。

さて今日は、睡眠時間を削って、キャッチアップいたします。(センセイ頑張るわっ!)
f0039281_21452252.jpg

usakoの予定>次は“めがね”を借りてみます。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-19 21:30 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)
私がバレンタインデーのチョコレート作りに奮闘していた先週、宝塚花組の東京公演が初日を迎えました。
今回の演目は『太王四神記』ーチュシンの星のもとにー
あれ?どこかで聞いた(見た)ことがある?と思われた方、そう、いまちょうどお昼にTV放映中の韓国ドラマ、ヨ〇さま主演のあちらの、ミュージカル版(のよう)です。
ご縁あって応援させて頂いている、花組の真瀬はるかちゃんも、もちろん出演されています。
f0039281_2394533.jpg

歌唱力抜群。
ダンスも抜群。
そして、演技力も抜群な、真瀬はるかちゃん。
バリバリッの男役さんながら、実は素顔はこんなに可愛いのです。(写真中程のポストカードをご覧ください)
宝塚の方の素顔は、普通に劇場で舞台をご覧になり、パンフレットを買われても、なかなか拝見出来ないもので、“それ関係”の雑誌や、いわゆる“おとめ”などをご覧にならないとわからない場合が多いのです。(トップの方は別ですけど
でも、あの独特の濃~い舞台化粧の下は、色白で優しく端正なお顔立ちの方ばかり。
なんたって、容姿端麗が受験資格の音楽学校を、ご卒業されている皆様なんですものね!
ちなみに、今回の素顔のはるかちゃん写真は、今年のお年賀状です。
上演中の東京公演は、三月に入ったら、私も拝見しに伺うので、いまからとても楽しみにしています。

usako企む>今まで数回(すべて独身時代)、宝塚まで出かけて観劇しています。
最近はすっかりご無沙汰しているので、そろそろ行きたくなってきましたよ~!
宝塚観劇に、三田の小山ロールと、神戸散策とを併せて、久し振りに行きたいわぁ・・・。

[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-18 23:00 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(2)

2009年2月 担当業務遂行

週末の暖かさが、幻のように思える今日の寒さ。
それでも、お日さまの光はやはり春めいて、明るさを増してきていることを感じます。
先週、バレンタインレッスンが始まる前に、我が家のお雛様にはお出まし頂いていますので、今日は、実家のお雛様を飾りに行って来ました。
毎年、妹と二人、どちらか都合のつく方が行っている重要な業務(?)です。
納戸や、屋根裏の物置などから、幾つかの箱を引っ張り出して来なければならないので、結構大変な仕事です。(同様にお片づけもちょっと大変)
でもその後は、包んである薄紙を丁寧に外しながらの飾り付け。
綺麗なお顔やお召し物を愛でながらの、一番楽しい作業です。
f0039281_23525597.jpg

こちらの段飾りは岡山雛というもので、母が生まれた時に誂えたもの。
半端ではない年季の入りようです。
f0039281_23532860.jpg

業務完了したならば、そのご褒美(?)はこちら。
f0039281_23541567.jpg

『好きなだけ採ってってね』
と母に言われ、天ぷら天ぷら・・・とつぶやきながらお庭で摘んだふきのとう
控え目に一人三個ずつ見当で摘んできましたが、天ぷらのあまりの美味しさに、また摘ませて貰いに行ってこようと企んでいます。
春はやっぱり、美味しく楽しいものですね。

usako補足>あいにくデジカメを忘れてしまいました。
ウツクシイはずのお雛様、ちょっとウツクシクナイ携帯画像でご覧いただいてます、ひらにご容赦。

[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-17 23:45 | 日々の生活 | Comments(8)
毎年バレンタインデーに、主人のところには、妹のぴょんこちゃんから可愛いプレゼントが届きます。
実家は男の子兄弟、職場も男子9割という環境に居た主人は、結婚したことによって、あまり縁の無かったバレンタインデーチョコが、毎年最低2個ずつ保障されたことになります。
誠に喜ばしいこと(だと私は思います)でありましょう。
f0039281_8584851.jpg

ただ彼は、その嬉しさと同じ位の戦々恐々とした気分も味わってきました。
大事なチョコレートの箱を開封した直後から、“私にも頂戴っ”と迫りくる魔の手が・・・。
チョコレートが“いつの間にか減ってしまう”という恐怖と、今まで毎年戦ってきたのです。
ところが・・・
なんと今年は“こちらはusakoお姉ちゃまへ”と書かれた別の箱が同梱されていました。
それは、横浜大倉山のお菓子屋さんすぅぃーとTAMURAの、なんとも可愛いハート型のミニマカロン。
魔の手の所有者は、今のところこのちいちゃいハートにすっかり気を取られているので、主人も安心している様子です。
今年も、ピエールマルコリーニの美味しそうなチョコレートを貰ってホクホク嬉しそう。
お食事の後や、お茶の時間に、大事そうに箱を開けてじっくり眺めて選んだ一粒を、幸せそうに味わっています。
ちいちゃいハート完食したら、そちらの箱に取り組もうと企んで居ることに、まだ彼は気が付いていないようです。(しめしめ
usako補足>写真の奥のほうに、ぼーっと写っているのが、私が主人にプレゼントしたガナッシュたっぷりのショコラーデンシュニッテンです。
usako情報>すぅぃーとTAMURA 
横浜市港北区大倉山3-6-12(045-546-9275)定休:水曜日

[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-16 08:30 | あまいもの | Trackback(1) | Comments(10)