K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2009年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

10月から11月にかけて、秋のタルトのレッスンをしています。
タルトは、焼いて冷ましている時間がちょっとかかります。
そのため、その間に、先の工程の準備や後片付け、そしてご試食タイム兼おしゃべりタイムを設けます。
f0039281_11293947.jpg

最後にフレッシュフルーツをお好きなように飾っていただいて、出来上がり。
プードルデコール(=温度差があっても溶けて消えてしまわないようになっている粉砂糖のこと)は、お好みで。
レッスンにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。
f0039281_112958100.jpg

次はもう、クリスマスのレッスンです。
それまでお風邪などひかれませんように、どうぞお元気にお過ごしくださいね。
f0039281_11301317.jpg

usako補足>レッスン終了後しばらくして、生徒さんのお一人から、
“センセー、大変です!田園都市線が、止まっていたらしく、凄い混雑です!”
と悲痛なメールが届きました。
“気をつけてっ!”
とお返事したものの、ご本人も心配ながら、タルトの様子もちょっと心配。
またしばらく経って、写真付のメールが届きました。
“お家に着きました。タルトは・・・”
写真は・・・ご想像にお任せします。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-31 23:59 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(8)
お披露目するのがすっかり遅くなりましたが・・・
f0039281_1727568.jpg

お誕生日のお祝い会のケーキは、元町の霧笛楼にて、ぴょんこちゃんがオーダーしてくれたかわゆらしいケーキでした。
スポンジ生地の具合やお味といい、クリームの口当たりといい、さすがの御品。
しかし、なんといってもすばらしかったのは、使っている苺の品質の良さです。
旬の時期でも、これほど良いものを探すのは、ちょっと大変。
ここ10年来のヒットともいえるお味でした。
f0039281_17272850.jpg

ぴょん子ちゃんのこだわりは、バラの飾り。
「必ずつけてくださいって頼んだの」
そんなお願いもオーダーならではですが、これまたバタークリームのお味と食感が絶妙です。
f0039281_17274293.jpg

堪能して食べていたら、断面の写真を撮りそこないました
でも、久し振りに、じつに見事なガトーフレーズに出会えました。
そして、奇をてらうだけではなく、クオリティの高いオーソドックスなものの大切さを、しみじみ感じたのでした。

usakoの企み>霧笛楼のHPを見ていたら、なんとパティシェ見習い募集!と出ていました。
あと10歳若かったら・・・?
いやそれでは足りない、あと15歳若かったら!!
いやいやそれでも足りない、あと20歳若かったら!!!
年齢制限のことではありませんよ、自分自身の気力体力制限を考えているのです。
(いずれにせよ体力を使う仕事には向いていない私でございますゆえ、何歳若くてもダメね)


いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-30 17:30 | あまいもの | Trackback | Comments(10)
普段、バッグの中に入れて持ち歩くものは、意外にたくさんあります。
良く、男性はポケットに入れられるけれど女性は・・・といいますが、たぶんそれ以上にあれこれたくさん。
その上、それらは細々としたものばかり。
皆様もなさっておいででしょう。
バッグの中を整理整頓するために、用途の近いものをまとめて、ちょっとしたポーチや袋に入れること。
機能的な仕分け袋もあるようですが、そのための袋は、なるべく可愛いものが、私は好きです。
f0039281_1641598.jpg

こちらの、ロマンチックな巾着袋。
今、とってもお気に入り。
バッグを開けたとき、ちらりと見えると何だかとても嬉しくなります。
f0039281_16421779.jpg

どんな可愛いものが入っているかと思いきや・・・
f0039281_16423164.jpg

期待を裏切る中身ですが、いま、とっても大事なものです。

f0039281_16424330.jpg

シャキシャキレンコンのゆかり和え。
歯ごたえを残して湯がいたレンコンを少量の梅酢と、ゆかりと、そして彩りの青海苔と一緒に和えただけですが、付き出しにはもってこい。
ほらまた居酒屋メニューだ、なんて言わないでね。
レンコンは、呼吸器系に良いお野菜だそうです。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-29 16:39 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(8)

2009年10月 進歩

週はじめに、マダムチイ(=母)と電話をすると必ず聞かれます。
「今週はいつ来るの?」
出掛けていて電話確認が出来ないようですと、ぴょんこちゃん(=妹)からメールが来ます。
「今週はいつ行くの?」
そうして決まった私の実家訪問日の前日に、とらこは言い渡されます。
「明日、お姉ちゃま来るからね。二時半過ぎに絶対おいで」
二時半過ぎという微妙な時間が指定されるのは、私がおやつの時間には、必ず間に合うように到着するからです。
(ご注意:大事をとってそう申し渡しているだけで、実際にはお昼前には到着していることが殆どです。おやつを食べるためだけに実家に行っているわけではありませんっ!)

言い渡されて
うにゃっ
と、色良いお返事をして帰っていくとらこは、翌日お約束通りにやって来て・・・
f0039281_8342952.jpg

「とらこさん、こんにちは。」
・・・
f0039281_8344487.jpg

「とらこさん、こんにちはったら!」
f0039281_835242.jpg


「秋の午後の日差しが心地よすぎて、どうやらウトウトしていましたね。」
f0039281_8351477.jpg

「あら?お姉さん、来てたの?遅かったじゃにゃいの。」
「とらこが居眠りしていて気がつかなかったのでしょう。」
にゃにゃにゃ、しつれいしました」
f0039281_8353666.jpg

このあとおやつの時間まで、しばし遊んで貰いあげました。

アップのとらこちゃん、美猫ですが、そこのところよりも・・・
猫嫌いだった私が、こんな写真も撮れるようになったことを、皆さま褒めてくださいね。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-28 08:25 | 日々の生活 | Trackback | Comments(10)

2009年10月 タルトの季節

スコーン作りのレッスンに続いては、タルトのレッスン。
秋に美味しいものを、焼き込むタルトが多いですが、今回は題して“目指せKルフェボン!”。
f0039281_21555450.jpg

このまま頂いても美味しいベースに・・・
f0039281_21561553.jpg

f0039281_21563031.jpg

フレッシュな秋のフルーツを、いろいろ盛り付けましょう。
生徒さまお一人お一人の、センス光る仕上がりが楽しみなレッスンになりそうです。

そしてセンセは平行して、クリスマスのケーキの準備に取り掛かります。
月日の経つのは、なんて早いのでしょう。
ついこの間、お正月だったと思うのに・・・?!

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-26 22:00 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(12)
先週木曜日22日まで、日本橋三越本店で“第53回旬味まるごと三重展”が開催されていました。
三重県は美味しいものの宝庫だと、Aちゃんに気づかせてもらってからというもの、日本酒も食材も、目に付くと試してみる良い習慣が付きました。
昨年は、私が義母と探索したこの三重展。(三越で偶然義母とばったり会ったのでした
楽しかった美味しかった面白かった!と騒いだら、わが家の食いしん坊くんが、今年は行く気満々となり、一緒に探検してきました。
戦利品は、もちろん美味しいご酒とそのお肴。
f0039281_12515317.jpg

純米木桶仕込み半蔵大田酒造・三重県伊賀)は、360本限定の生酒の213本目を購入しました。
酒米に、三重県が開発した神の穂を使い、但馬杜氏上田忠弘氏の手によるお酒です。
木桶仕込みなので、生産量が限られるための限定品で、生原酒の旨み以上に、香りと辛口のキレが何とも美味しい日本酒でした。
f0039281_1252833.jpg

合わせて購入したのは、的矢の旅館橘カキフライ
f0039281_12522479.jpg

北牟婁郡紀北町の魚健さんま姿寿司に、めはり寿司
さんまのお寿司もめはり寿司も、紀州田辺(和歌山旅行)を旅したときに、地元のおすし屋さんでとても美味しいものを頂いて好物になったもの。
香りよい御酒をチビリチビリ(?)
美味しい御肴をつつきながら、
今度は、お伊勢さんにも行きたいわねえ・・・
から始まって、次回の旅の計画なんぞを
ツラツラ話す、秋の夜長の夫婦でありました。

↓久し振りにまたお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-25 12:47 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)
f0039281_16245489.jpg

先日の義母のお誕生会で出掛けた六本木ミッドタウン
レストランのあるガーデンテラスという部分には、吹き抜けになった中央部分に、こんな竹林がありました。
f0039281_16255755.jpg

同じ六本木のヒルズと比べると、こちらのほうが、吹き抜けも大きく、ショップフロアもゆったりしている感じがしました。
お店の種類から見ても、どちらかというと、私はこちらのほうが好きです。
f0039281_16262867.jpg

お食事のあと、お腹ごなしにみんなでウロウロしていると、外の芝生広場に何やらテントがたくさん並んでいるのを見つけました。
覗きに行くと、第5回日本のとれたて市Mid-Marketという農産市を開催中(開催は10月16日から18日でした)。
各地の農家さんが自慢のお野菜を引っ提げておいでになるこの手の市は、最近どうやら流行りらしく、あちらこちらで開催されているのを見かけます。
f0039281_16264884.jpg

美味しそうなお野菜や果物がたくさんありました。
そのあと更に予定のあった私たちは、戦利品は無し。
でも、興味のあるお店では、出店者の方とお話をさせていただき、いろいろな情報を入手出来ました。
ミッドタウンから次の予定地へ向かうため、乃木坂駅へ向かう途中にあったのが・・・
f0039281_16271780.jpg

魚真乃木坂店
ロケーションとは裏腹に、下北沢店より、グッとラフな雰囲気です。
「ミッドタウンでお買い物して魚真、というのも良いわね!」
スキップ状態でそう申しましたら、殿の眉間に、微かに皺が寄りました。
なぜかしらん?
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-23 16:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(10)
連休などがありましたので、9月10月は、少々変則的な日程。
それぞれの月の上旬だけに、予定を組んでスコーンのレッスンをいたしました。
お越しくださいました皆様ありがとうございました。
準備のために、果物やお花などをお店で見ていると、9月始めのレッスンと10月半ばのレッスンとでは、季節の変化も感じます。
f0039281_8384283.jpg

f0039281_8385679.jpg

簡単に作れて、アレンジも多様なスコーン。
是非お得意のレシピに加えてあげてくださいね。
f0039281_8473511.jpg

f0039281_8474817.jpg

お役目の終わったスタンドも、箱に入れてお片づけします。
そういえば、生徒さまがたには、
“いったい食器はどこにしまっているのですか?”
と、良くお尋ねいただきます。
マンションなので、収納量はたかが知れています。
食器棚にも結構詰まっていますが、私はパントリーも兼ねた戸棚に、箱に入れたまま保管しているものが多くあります。
“箱から出して、見渡せるように”
と、書かれている収納関係の御本もありますが、それはそれ、私は私
箱に入れたままのほうが、ガチャガチャぶつかったりしない。
出し入れが楽だし、重ねられる。
もちろん側面にラベルを貼っているので、わかりやすい。
そして何よりも、自分が持っているものを、たとえ出番が今までに一度も無くても(そういうものもある!)存在を把握していることが、活用できる一番のポイントかもしれません。
そのためには、半年に一度位、棚のお掃除
奥から全部ひっくり返して、状況を確認することも必要です。
結局のところ、自分の性格に合った収納方法が一番なのでしょうね。
f0039281_8394116.jpg

結婚祝いに、会社の同期の遊び友達(?食べ歩き友達?)から頂いた大切なこのスタンド。
実は肝心のその方々に、こちらを使ってのおもてなしを、まだしておりません。
次の会合は、ウチかしら・・・?

いつもクリックありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-22 08:35 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(6)
青山にあったJoelが閉店したのは数年前のことだったと思います。
お勉強やお仕事、もちろんお遊びでも、なにかとご縁のある青山界隈ですので、ちょっと奥まったあのお店にも何度か足を運びました。
どうして閉店したのか、その後どうなったのかなど、特に調べたりしていなかったのですが、ふとしたことで、再びあのお味に出会うことが出来ました。
f0039281_8465260.jpg

f0039281_8513053.jpg

東京ミッドタウン ガーデンテラス二階の開放感あふれるシチュエーションのフレンチレストラン、それが、2007年3月にオープンしたJoel氏の新しいお店cuisine francaise JJ(キュイジーヌフランセーズジェイジェイ)です。
今回は、義母の◎寿(←一応ヒミツ)のお誕生会をするために、義兄がセレクトしてくれたのが、こちらだったのです。
「Joelさんのお店だ~!」
と、自分のお祝いでもないのに、大騒ぎして喜ぶ弟夫婦(=usakoたちのことネ)に対して、
「えっ?そんな有名なの?お店の雰囲気もお料理も良さそうだったから選んだよ。」
と、いつもと同じマイペースの義兄なのでありました。
小さな前菜はカリフラワーのムース。
f0039281_8473333.jpg

前菜のホタテときのこのプレート。
f0039281_8475271.jpg

こちらは、サクサクのパイ生地に包まれた鶏と豚のパテ。
f0039281_848894.jpg

バターも可愛いお星様の形です。
f0039281_8484197.jpg

メインのお肉は薩摩赤鶏。
f0039281_849125.jpg

お魚は、まとうだい。まるでチキンのようにぷりぷりです。
添えられたきたあかりは、ざっくりマッシュ。
こういうマッシュポテトもいいですね。
f0039281_8491861.jpg

デザートは、バラのソルベ。
その場でシャンパンを注いでくださいます。
f0039281_953315.jpg

そして、このデザートタイムに、ひそかに用意した花束を贈呈。
f0039281_8502211.jpg

お店のスタッフの皆さまと、そしてなんとJoel氏からもフランス語の生(!?)バースディソングのプレゼント!
“永遠に二十歳!”との願いを込めて、デザートプレートに蝋燭は二本点して下さいました。(皆様ありがとうございました)
f0039281_850155.jpg

これでお仕舞いでは有りません。
締めくくりのお飲み物と一緒に登場したのは、お好きなだけどうぞ、のワゴンサービス。
悩んで悩んで絞りきれず、あれと、これと、それと・・・とお皿に載せていただきました。
f0039281_8504342.jpg

f0039281_8505954.jpg

それにしても、先週の吉野建さんのご飯に続き、今週は、ジョエルさんのご飯。
まさに食欲の秋深まるusako家です。
私のコンデジのメモリも、美味しい写真でパンパンです。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-20 08:30 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(12)
今日のお茶の時間のおともは
塩瀬総本家(ご存知の方も多いとは思いますが、始まりは650年前に遡ることの出来る、歴史ある和菓子屋さんです)のお手づくり袖ヶ浦最中。
f0039281_12391729.jpg

最中の皮と中の餡を別包装してあって、頂く直前に自分で最中を作っていただくタイプですので、最中の皮の香ばしさやパリパリ感が、堪能できる御菓子です。
皮に付けられた三重の升(ます)の模様は、三升といって成田屋さんのご紋
f0039281_12392746.jpg

同封されていたしおりによれば、この袖ヶ浦最中は、別名を団十郎最中とも言い、九代目市川団十郎丈が考案・命名された御菓子なのだそうです。
ー曳く袖ヶ浦や 三筋の朝かすみ 団十郎ー
という御歌まで、添えられておりました。
f0039281_12393944.jpg

ゆずの風味のこし餡と小倉餡の二つのお味があります。
歌舞伎好き、特に成田屋さん好きのお茶の時間には、もってこいの楽しい御菓子です。

なりたやぁ~!
f0039281_12395670.jpg

さて、こちらは、歌舞伎座名物人形焼
大黒屋さんに行けば、もちろん買えるのでしょうけれど、やはり、歌舞伎座西側ロビーで、買ってくることに意義あり!
ということで、しばらく食べられなくなりそうだし、15個入りを購入。
それは、“半分食べて、残り半分冷凍しておこう”という魂胆でした。
しかし、焼きたての美味しい人形焼を、半分も残せるはずがなく・・・。
次回観劇時には、冷凍用とおやつ用それぞれに15個ずつ購入しようと、心に誓ったのでありました。

usakoの情報>歌舞伎座の人形焼は、日持ちのしない焼きたてパックと、日持ちのする箱入りがあります。
でもでも絶対的に美味しいのは前者だと、私は思います。
良く売れている日の人形焼は、特に美味です。 


↓久し振りにまたお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-10-18 12:20 | あまいもの | Trackback | Comments(8)