K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今年も
食べることばかりのこのブログをご覧いただきまして
ありがとうございました。
また、
ブログ村ランキングの応援クリックにも、
たくさんの皆さまからご支援をいただきまして、
心から感謝申し上げます、ありがとうございました。

さて・・・そんな食いしん坊の一年の締めくくり、2009年大晦日の記事は、やはりシリーズ(?)“日本酒を楽しむ食卓”。
f0039281_1595333.jpg

忘年会にも相応しく、食卓を賑わしたのは
下関から直送のふぐでした。
併せて用意した日本酒は、ちょっと捻りを加えて、“西の関 大吟醸 滴酒大分 萱島酒造有限会社)”(アルコール分 16.0~16.9% 日本酒度 +4 酸度 1.2 原料米 山田錦 精米歩合 40% )
ふぐに、素直に山口のお酒(特に◎祭)を合わせることは、“もう卒業よっ”(?)とばかりに、山口との微妙な距離感がある蔵元の、さっぱりとした呑み易い西の関は、思ったとおりのベストマッチ。
ふぐのお刺身の、こりこりとした食感と、
ぽってり口中で広がる旨みを逃さずしっかり包み込んで、
年の瀬に相応しい、極上のひと時を
もたらしてくれたのでした。
f0039281_15101243.jpg

f0039281_1510259.jpg

ひれ酒には、お燗でも美味しい広島のを。
f0039281_15103621.jpg

続く鍋も、アラから滲み出た旨みが、ポン酢で更に際立って。
〆のお雑炊では、ご飯がお鍋の中の、すべての美味しさを閉じ込めて、
私たちを虜にしてくれたのでありました。
f0039281_15105581.jpg

f0039281_1511960.jpg

来るべき新しい年も、皆さまとそのご家族の方々にとって、佳い一年でありますように。
お祈りさせていただきつつ、
今年の更新を終わらせていただきたいと思います。
これからも
usakoのブログを
どうぞよろしくお願いいたします。

さて年末締めくくりの順位やいかに!
年の瀬のお忙しい時期にお立ち寄りくださいましてありがとうございました。
おついでに是非
クリック一つ、よろしくお願いいたします。  
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-31 15:00 | おうちのお食事 | Trackback
f0039281_921275.jpg

家族の中で、いま、密かなブームです。
“ついでに、買ってきて”
の、依頼が一番多い、こちらの四角いパン。
f0039281_922273.jpg

甘すぎない程よいキャラメル風味で、中にはキャラメルクリームが閉じ込めてあります。
パンについては、あまり詳しくないので、
珍しい!と思っていましたら、西の方にもこんなお店(←クリックされると、食べログというグルメサイトに飛びます)があるようです。

usakoの補足>一つだけわがままを言えば・・・
この白いトッピングはお店でかけてあるのは“溶けない粉糖”ではありません。
そのため、冷蔵庫で一時保管すると、温度の関係で粉糖が溶けてしまい、せっかくの白いお化粧がなくなってしまいます。
ちょっと残念。
なお、今回はブログ写真撮影用に、溶けない粉糖を改めてフリフリしました。


いつも応援ありがとうございます。
大晦日は一等賞でしょうか、それとも次点でしょうか?
きわどいところを走っております。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-29 08:56 | あまいもの | Trackback | Comments(18)
f0039281_2126153.jpg

お友達が、おうちのお庭で実った柚子や金柑をどっさり送ってくださいました。
箱を開けた瞬間から
漂い始める柑橘系の芳香。
思わず、すーっと
息を深く吸い込みました。
f0039281_21261677.jpg

大切な恵みを分けていただいたので、
柚子の参考書も手に入れて
ありがたく恩恵にあずかります。
f0039281_21262944.jpg

そしてもうひとつ。
一緒に入れていただいたのは、初めましての本みかん
金柑と並べてみると、
小さくて可愛いのがおわかりになるでしょう?
f0039281_21265422.jpg

江戸時代から食べられている種類の珍しく貴重なみかんです。
静岡の駿府公園には、いまでも徳川家康公お手植えのみかんの大木があるそうです。
お友達のおうちの本みかんの木は、家康公ゆかりの興津のお寺に挿し木されたものの分枝とのこと。
おうちの皆さまは、この子たちを「徳川さん」と呼んで召し上がっているそうです。
私たちもありがたく頂戴いたしました。
ビタミンカラーと一緒に、家康殿のパワーも、お分けいただいて、
これで良い年が迎えられそうです。(お掃除してないけど
 Special thanks to Ms K & your Family !
昨年の様子は→こちら
そのとき作った金柑マーマレードは→こちら

今日も応援ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-27 21:21 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(6)
昨日までのクリスマス気分は、一夜にしてどこかへ飛び去って
今日は、一転
すっかりお正月モードへ突入したニッポン。
我が家でも、すでに和のムードに転向しました。
毎度お馴染み“日本酒を楽しむ食卓”。
今回は、石川の銘酒二本を呑み比べ。
f0039281_17322877.jpg

まずは、石蔵仕込生山廃純米 天狗舞(石川県白山市 車多酒造)。 
今年二月に瓶詰めしたあと、蔵内に貯蔵して、十一月に蔵出しして出荷された限定物。
“林中五百万石の会”という農家さんたちが生産した、特別契約栽培五百万石を酒米として使用し、精米歩合60%で作った御酒です。
まあるい感じの旨みの濃いお味。

そして、もうひとつが、極寒純米無濾過生 加賀鳶(金沢市福光屋)。
こちらは、山田錦25%と五百万石75%をブレンドして、歩合65%で作った御酒。
辛口で、男性的なお味は、加賀鳶の名に相応しい感じがしました。
f0039281_17324447.jpg

f0039281_1733319.jpg

これらに併せたのが、金沢の料亭“山乃尾”謹製合鴨の冶部煮風鍋です。
ボトルに入った特製のだし汁付き。
これだけ啜っても(!)美味しいおだし。
それに鴨とお野菜の旨みが加わったら、もう最強ダックみんなのしあわせを~)・・・ではなく、タッグです。(酔ってはいませんよ。)
普段我が家ではあまり鍋物に使わない葛きりが入っていました。
これもまた、なかなかオツなものですね。
大好きなかぶら寿司も箸休めにと、調達しました。
そうそう、鴨も争奪戦になると困る(?)ので、別途もも肉を追加調達して、フードプロセッサでつみれ用を準備しました。
f0039281_17331754.jpg

赤や白や、そしてシュワシュワ泡の立つ、舶来(?)のお酒も美味しいですが
やはり、日本酒、
そして、なべ。
にっぽんの冬には、これが一番似合うと再認識する、夕べでした。

usako補足>私の好きなのは・・・小さな声で言うと、天狗舞、でした。
年の瀬のお忙しい中、ご覧くださいましてありがとうございます。
おついでに、応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-26 17:18 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)
早々と済ませたクリスマスでしたが、
やはりこうしてイブになってみると
何もしないのも何だか物足りない気がしました。
そこで、普通のお夕食になるはずだった材料で、ちょっとだけヨソイキ顔に。
フレンチレストラン風までは行きませんが、
ランチに寄ったビストロ風?とでも申しましょうか・・・
f0039281_942610.jpg

OISIX三竹さんのキャベツのスープ
豪快にカットしたキャベツを朝から煮込んでいたので
まずはそれを。
お馴染みの三竹さんのあまっ子野菜たちが、ちょうどOISIXより届きました。
f0039281_943895.jpg

こちらは、ほうれん草のフラングラタン風
f0039281_945093.jpg

グラタンではカロリーも気になりますので、カッテージチーズを使います。
f0039281_95290.jpg

トラウトサーモンの炙りハーブ風味 お野菜ソース添え
お刺身用柵をソテーする、お得意のバージョン。
中がレアでいただけるのが好きなのです。
みじんに切ったお野菜をフレンチ風のお味で和えて。
f0039281_951334.jpg

殿のご帰還を、待ちきれなかった私。(いつも、そうです
さっさとお食事を、済ませてしまいました(いつもいつも、そうです)。
帰宅してお食事を始めた殿と、白ワインで乾杯!の部分のみ、お相伴して
イブのお食事は、終了しました。

usakoのお味 簡単お野菜ソース
お野菜は、三竹さんのセロリとニンジンを使うとより甘くて美味しく仕上がります。
これらをみじん切りにして、10秒位熱湯につけてすぐ、お水で冷やし水気を切っておきます。
それに、小粒のケイパー(大きかったらみじん切り)を混ぜ、あとはドレッシングで和えました。
ドレッシングは、ホワイトワインビネガー、オリーブオイル、みりん(あればりんごジュース)を同量と、ハーブソルト適量(なければお塩)とお醤油をひと垂らし混ぜますが、あとはお味見して調整してくださいね。


いつも応援クリックしてくださるみなさま、
メリークリスマス!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
本日もクリックありがとうございました。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-25 08:56 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(12)
前半に続き、後半もクリスマスに頂くお菓子を作っていただきました。
f0039281_1153761.jpg

f0039281_11531899.jpg

寒さが一段と厳しくなった時期。
お部屋を暖かくしてお待ちするのですが、
クリームデコレーションの仕上げにかかる時間になると
暖房を一端切らしていただきます。
クリームの劣化を防ぐため。
f0039281_11533037.jpg

f0039281_16234772.jpg

でも
夢中で作業中の皆さまには、
お部屋の寒さも、ナンのソノ。
みなさまそれぞれのケーキが完成しました。
f0039281_11535560.jpg

どうぞ
素敵な、美味しいクリスマスを
お過ごし下さい。
f0039281_1154769.jpg
そして、今年のレッスンも
これにて終了いたしました。
お越しくださいました皆さま、ありがとうございました。
年が明けると、クリスマスに続く洋菓子界の大イベント、バレンタインのためのレッスン。
これからハートをキャッチする、気合の入った方々も
すでにハートをキャッチして、余裕綽々の方々も、
どなたも揃ってまた
旬の美味しいお菓子を作りましょうね。

usakoの補足>おかげさまで来春、K's Sweets Kitchenは、10周年目を迎えます。(またまた記念年!)
何か記念のイベントを、と只今知恵の絞り中です。


クリスマスイブのご準備にお忙しい中、ご覧くださいましてありがとうございます。
おついでに、本日も応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-24 11:30 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(4)
クリスマスは今週金曜日。
それなのに、usako実家のクリスマス会は、先週末に既に無事、終了いたしました
自ら“間際族”を名乗る人々が多いのですけれど、
“ご馳走”が絡むとなると、
なぜか計画もお仕度も、そして本番も早め早め(?)。
それぞれ業務分担を行って、任務を遂行いたしました。(お正月はちゃんと1月1日にいたします、はい。)
f0039281_17353666.jpg

クリスマスムードいっぱいの食卓。
このあたりは、マダムチイのご趣味です。
f0039281_17355153.jpg

まずはシャンパンで乾杯。
自称“なんちゃってキッシュ”を作ると言っていたぴょんこちゃん。
いえいえ、フランスはバスク地方の家庭の味、立派なケークサレですよ、これは。
f0039281_1736342.jpg

f0039281_17361739.jpg

赤ワインも登場。
今年のヌーボーでした。
f0039281_17363573.jpg

f0039281_17364984.jpg

f0039281_1737590.jpg

こちらは、ホームベーカリーのマダムチイのお作品。
“パンの作り方なんて、忘れた忘れた”
と大騒ぎしつつも、“昔取った杵柄”って、こういうことなのでしょうね。
f0039281_17371918.jpg

私は、クリスマスのレッスンが続いているので
“クリスマスケーキだけで、良し
というお許しをいただいて。
f0039281_17373221.jpg

当日、シュトーレンを焼きながら(まだまだ焼いています)製作したのがこちらの白いケーキ。
f0039281_173805.jpg

  ( ↑ ちょっとウツクシクナイ断面でごめんなさい)
イチゴのコンフィチュールとスポンジが、マスカルポーネのムースに包まれているのです。
f0039281_17381580.jpg

最後は、お決まりのプレゼント交換会
しかしなぜか、“品物はお菓子”という決まりがあります。
こうして、usako実家のクリスマス会は、美味しく過ぎてゆきました。

皆さまのおうちのクリスマス会は如何に!
ご様子伺うのを(ブログで拝見するのを)楽しみにしています。

本日も応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-21 17:31 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(18)
わがやのお茶の時間。
クリスマスが近づくと、試作分も含めて洋風のお菓子にお紅茶というパターンが増えます。
そんな折に、ちょっとお地味ながらめずらしい宮崎延岡、日向の国の和菓子屋さん“虎屋”の破れ饅頭
f0039281_1337886.jpg

その由来は古く、慶長19年(1614年)に延岡城下に住まいした佐々木何某氏が、神木おがたまの縁起に因んでその実を象って売り出したのが始まりだそうです。
外皮が薄いので、隙間から中の餡子がみえることから、破れ饅頭といわれるようになったそうですが、本当の名前は“皇賀玉(おがたま)饅頭”というのですって。(以上、お菓子についていた虎屋さんの注釈書より抜粋)
f0039281_13372467.jpg

程よい餡の甘みと、
かるかんに似た食感の皮。
濃い目に入れたほうじ茶とあう、素朴ながら極上の味わいの和菓子でした。

今日も応援ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-20 13:33 | あまいもの | Trackback | Comments(6)
f0039281_051578.jpg

リース三作目は、自宅用。
すでにお玄関で、お教室にいらしてくださる皆様を、お迎えしています。
先日作った、一番大きなリース
こちらは、毎年リースをお届けしているusakoの憧れマダムの元へ、お手製シュトーレンと一緒にお嫁入りしました。
もちろん今回も、マダムにお目に掛かりたさで、
「“おおみみうさこの宅配便”が出動します」
と、ご連絡すると、
「それならusakoちゃん、ご一緒にランチしませんか?」
ふたつ返事どころか、ふたつ×ふたつ返事で、リースを持っていそいそお出かけしてまいりました。
連れて行っていただいたのは、奥沢の隠れ家風イタリアン
f0039281_052850.jpg

いただいた“シェフお任せのコース”は、珍しい食材をいただける嬉しいお料理の数々。
今回は、しゃべる&たべるに徹して
デザートだけ、デジカメを取り出すことをお許しいただいて、ちょっと撮影。
美味しく楽しいひと時を過ごさせていただきました。
f0039281_054190.jpg

ただいまレッスンの合間に、プレゼント用のシュトーレン作り。
こちらもすでに、10本以上がお嫁入りしていますが、まだまだ作業は続いています。

急がなくっちゃ、急がなくっちゃ、クリスマスになってしまう!
・・・あら?
アリスのうさぎさんも、こんなことをつぶやきながら走っていましたね。

応援ありがとうございます。
おかげさまで、再び一等賞に復活できました!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-18 23:51 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)
f0039281_18315630.jpg

今月はもちろんクリスマスのためのお菓子作り
K's Sweets Kitchenの特徴の一つは、お越しくださる方に合わせたレッスンメニューをご用意するようにしていること。
“レッスンの二日後に、お友達と持ち寄りパーティをします!”
“レッスン翌日は、ケーキを持って祖母のところに遊びに行きます”
“勤め先に持って行きたいのですが”
などなど伺うと、なるべくその方の目的に合うレシピをご用意。
変更可能な材料ならば、変えたり抜いたり足したり・・・。
f0039281_1832990.jpg

f0039281_18322383.jpg

もちろんすべてのご希望に添えるというわけではありません。
でも、日々のお食事と同じように、手作りお菓子が身近な存在になってほしいと考える私にとって、普段の生活の中でのシチュエーションが特定された場面でのお菓子作りこそ、お役に立てることを嬉しく思うのです。
f0039281_18323788.jpg

f0039281_18325036.jpg

クリスマスのレッスンはまだまだ続きます。
レッスンしたケーキに、練習がてらもう一度挑戦して、素敵なクリスマスをお迎え下さい。
お越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

更新ちょっと間延びしてしまったら、転落してしまいました。。。。
自業自得と猛省。
サボらず更新に励みます。
これからも応援を、どうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-17 18:29 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(14)