<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年8月 今月の歌舞伎話 歌舞伎座再開場まであと32ヶ月!

今月の、と言いながら来月の歌舞伎に関連することで恐縮です。
九月の新橋演舞場は、秀山祭九月大歌舞伎
いままで萬屋を名乗っていらした中村歌六・歌昇のご兄弟(とその御子息方)が、屋号を播磨屋に戻されます。
現時点で播磨屋を名乗っていたのは、中村吉右衛門丈のみでしたので、これから“播磨屋ぁ~っ!”の掛け声が増えてイッキに賑やかになりますね。
播磨屋の芸風というと、もう吉右衛門丈そのものというイメージが出来ているので、後発(?)の皆さんが、これからどのように変わっていくのか、それを見るのも楽しみです。
私の9月は、別のものを見に別のところに参ります。
それゆえ、ご覧になった方々の感想をブログで拝見するのを、楽しみにしているところです。

さてそんな中村吉右衛門丈の役柄の中で、私が好きなもののひとつが、俊寛です。
初めて見た俊寛が、吉右衛門丈のものだったからかもしれませんが。
今月の歌舞伎話は、大変お恥ずかしいのですがその俊寛の感想を。
観劇歴まだ浅き頃の、小生意気な感想文です。

More 俊寛を観て。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-31 18:32 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)

2010年8月 表参道ヒルズにて 和のこころ “地域の技とデザイン”展

表参道ヒルズ内スペースオーにて、ちょっと面白そうなイベントがあったので、出掛けてきました。
相変わらずの、猛暑の東京でしたが、青山表参道は、大きく育ったケヤキ並木が、暑い日差しを優しく遮ってくれていました。
見上げるケヤキは、記憶より随分大きくて・・・。
大学の授業が休講になると、このあたりプラプラしていた頃から、それだけの年月が経ったということに、改めて気がつきました。(遅い?)
さて、気を取り直して、そのイベントは、和のこころ“地域の技とデザイン”と題されたもの。
日本各地の、職人の技が繰り出す珠玉の品々や、古くからの伝統と現代的感性をコラボレートして生み出された新しいデザインや製品などを紹介するというものでした。
f0039281_17121669.jpg

f0039281_17123135.jpg

会場では、体験教室も開催されていました。
そのうちの“四万十川新聞バッグ作り方教室”に、参加。
f0039281_17124665.jpg

こちらは、新聞を使ったエコバック。
四万十川の流域に住む伊藤さんという一人の主婦が、考えて作り出したものなのです。
でも、いまや、そのデザインの全国大会(?)も開かれるほどの話題のものとなりました。
私も、以前NHKの朝のニュースで取り上げられていたのを見て、それがとても記憶に残っていましたので、これも何かのご縁(?)と思い教室に参加することにしたのです。
使うお道具はこちらと、
f0039281_1713239.jpg

f0039281_17132446.jpg

そしてもちろん高知新聞!!
糊はでんぶんのりを使います。(別に、持ち手を作るための棒状のものが必要になります)
折ったり貼ったり。
f0039281_17134976.jpg

測ったり。
f0039281_1714696.jpg

血液型的に、角や縁の始末がちょっと甘いものの、上手に作ることが出来ました。
f0039281_17142378.jpg

帰宅後、忘れないうちに早速復習しました。
左側が復習したもの。
持ち手をつくる棒が見当たらないので、持ち手なしの状態までの復習です。
慣れてくれば、新聞紙面のカラーの素敵な記事を表面に出すようにして作ることも出来ます。
可愛い包装紙を再利用しても良いですよね。

教室修了後は、会場内をいろいろ見て廻りました。
戦利品は・・・また後日!

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-29 18:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(12)

2010年8月 とらこの夏休み

f0039281_1018422.jpg

朝とお昼と夕方。
これは、私のお腹がなる時間ではありません。
実家の外猫とらこが、やってくるタイミングです。

やって来たら必ず
みゃおん、にゃおおんっ!”(人間語訳:来ましたよ~、いま来ましたよ~!)と、大きな声で鳴きわめきますので、クーラーを入れて締め切った室内に居ても、みんなすぐ気づきます。

そうして、ちくわ、だの、アジの干物の頭、だの、煮干し、だのを
“むにゃん、むにゃん”(人間語訳:美味しい、美味しい)
と、呟きながら完食します。

さらに、どすんっと大きな音を立てて横になると、
ナデナデして貰うことを期待しつつ、ごろんごろんと転がります。
f0039281_10191262.jpg

まるでデイリーワークのように、こんなことを繰り返していましたが
ちょうどお盆の頃、ぱったり顔を見せなくなりました。

とらこ来ないね。
一日目、暑いから?
二日目、本宅の人たちが夏休みでおウチに居るから?
三日目、夏休みの旅行かも?
四日目、夏バテ?
五日目、縄張り争いで負けた?(この頃から、意識して家の周りを探し始める)
六日目、交通事故?
七日目、・・・まさか、死んじゃったんじゃ・・・
実家に集う人々全員が、これはマズイ!と感じた頃、やっと
みゃおん、にゃおおんっ!!”
というあの大音響と共に、とらこは再びやってきたのでした。

なにしてたの?
どこ行ってたの?
いったいどうしたの?
という矢継ぎ早の質問に、
にゃう、にゃん、みゃあみゃあ、うんみゃあああ”(人間語訳:・・・不能)
と、とらこも負けじと応えていました。
が、真相はさっぱり。

まっ、元気ならそれで良し。
“今度来る時には、ほっけの干物の皮を持ってきてあげるからね。”
そういうと、
ごろごろにゃおお~ん”(人間語訳:それはうれしい、待ってるわ
と、ひときわ大きい声で答える、とらこでした。
f0039281_10193944.jpg

ほっけも、いわしのマリネも、シーチキン缶も大好きなグルメな?とらこに
クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
うにゃ、にゃん、にゃにゃん!(人間語訳:どうもありがとうございます。)
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-28 10:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)

2010年8月 なついろあじさい

横浜の実家に行った時は、時間があればお庭をウロウロパトロール。
でもこの時期は、

暑いし・・・ 
  それでも、東京のコンクリート砂漠よりはまだマシだけど。

蚊に集られるし・・・ 
  O型がさされやすいという専らの噂なのに、なぜ?

セミが突然飛び出すし・・・ 
  セミきらい。飛ぶ昆虫はすべてきらい。 

などなど、気の進まない理由も多く、ちょっと歩いてはすぐ戻ってくるという具合。
そのせいか、ちっとも気が付きませんでした。
f0039281_1442061.jpg


More  あの梅雨色の紫陽花は・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-26 14:00 | 草花 | Trackback | Comments(8)

2010年8月 煎り酒とコリンキー

さて、スライスしたコリンキー
和風マリネのお味付けをするために、使いましたのは、煎り酒です。
f0039281_18292544.jpg

私は、銀座三河屋の煎り酒を、日本橋三越デパ地下の調味料売り場で買い求めて、愛用しています。
先日、六本木ミッドタウンをウロウロしていた(また?!)時に、DEAN & DELUCAでも、発見しました。
もちろん全く同じものなのですが、三越の、ピンクとブルーと紫のおなじみの袋に入れて貰ったものと、DEAN & DELUCAのおサレな感じのする袋に入ったものとでは、なんだかお味が違うように思えてしまうのは、とても不思議なことです、これは余談ですが。

この煎り酒。
皆さま御存知とは思いますが、念のため記しておきます。
日本酒に梅干と花がつおを加え、じっくり煮詰めて作る調味料。
江戸時代から作られ、便利に使われてきたものです。
お醤油を使うより塩分が控えられ、代わりに旨みが加わるため、いろいろ便利に使いまわせます。
よく、煮物に梅干を一つ入れて隠し味に、な~んてレシピがあったりしますが、それは要するにこの原理です。(なお、三河屋の煎り酒は、梅干ではなく、梅酢を使っています。)
f0039281_183076.jpg

スライスしたコリンキーに千鳥酢をたらりとまわしかけ、少しなじませてから、煎り酒をやはりひとまわし。
良く混ぜてそのまま冷蔵庫に。
30分もあればお味が付いて美味しくいただけます。
さらに2日後、煎り胡麻を捻ってパラパラとかけていただいてみましたら、ますます美味なコリンキーでした。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-24 18:25 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(15)

2010年8月 生で食べられるかぼちゃ!野菜よおいしくなあれ。

みなさ~ん、また新入生ですよ。
ではあなた、自己紹介してくださいね。
f0039281_1851149.jpg

はい!
わたくしOisix=当ブログおなじみの食材宅配会社)から来ました。
香川県出身(=生産地。発祥ではありません)の、コリンキーと申します。
柔らかくって、生で皮ごと食べられるかぼちゃの仲間で~す。

コリンキーさん、上手に自己紹介出来ましたね。
では、席順を決めますので、背の高さを比べてみましょう。
ビールくん、お願いします。
f0039281_1851485.jpg

はーい。
ボクは、軽井沢高原ビール=またしても当ブログお馴染み。)2010年夏季限定ビールです。
2003年に発売された、インディアペールエールの復刻版なんです。
インディアペールエールというのは、18世紀に、イギリスからインドまでビールを長時間かけて運ぶあいだ、その品質を保つため、ホップを普通より多く加えたことで、偶然に誕生した味のビールなんだ。
ホップには、劣化防止の効果があるからなんだけど、おかげで強いホップの香りと苦味が楽しめるんだよ。

あらあら、ビールくんも、ちゃっかり自己紹介しちゃいましたね。
では、早速コリンキーちゃんに美味しくなっていただきましょう。
f0039281_1852951.jpg

半分に切ってみるとこんな感じ。
普通のかぼちゃと同じように、種と綿を刳り貫いて、
今回は、薄くスライス。
とても綺麗なビタミンカラーです。
f0039281_18523139.jpg

実験も兼ねていましたので、洋風と和風の両方のお味をつけてみました。
f0039281_1852485.jpg

洋風のお味のほうは、マリネして前菜に。
シャキシャキして歯ごたえの良い食感で、美味でした。

次回、コリンキー和風編につづく。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-23 18:47 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(4)

2010年8月 あと少し!

“お暑うございます~”が、日常のご挨拶となっています。
わが身をもてあます連日の暑さ、ですが、
9月の予定をチェックしたり、10月から12月のお教室のことをご案内しつつカレンダーをパタパタ繰っていましたら、
なんとなく、
秋までの距離が少し縮んだような気が、してまいりました。
f0039281_15171039.jpg

あと少し。
あと少し?
微妙な距離感です。

気の遠くなるような日差しの注ぐ青い空に
一筋の飛行機雲。
f0039281_15172897.jpg

潔いほどまっすぐで、
f0039281_15174547.jpg

気持ちも、シャンッとなりました。

あと少し!
と思ってすごしませう。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-21 15:15 | 日々の生活 | Trackback | Comments(8)

2010年8月 目黒五本木 リュードパッシー

夏の初めの頃、
和菓子の優しい甘さに、心惹かれたのは
暑さにびっくりした身体が、そういう甘さを求めていたせいでしょうか・・・

最高気温予想35度と聞いて、げんなりしながらも“あっそう”と思えるようになった頃、
洋菓子のしっかりした甘さに、心惹かれるのは
暑さを乗り切ろうとする身体が、カロリーと栄養を求めているせいでしょうか・・・

まっ、どっちも
言い訳ですが。
f0039281_104461.jpg

お盆なので、お休みかしら?と遠くから確認すると
嬉しいことに営業されていましたリュードパッシー
夕方も遅い時間だというのに、パティシェの長島氏も厨房で作業をされておいででした。

フロマージュのケーキと
f0039281_105358.jpg

桃のショートケーキと
f0039281_1052096.jpg

バルサミコ酢のフルフルジェリーの乗ったベリーと無花果のムース。
f0039281_1053595.jpg

リュードパッシーで、チョコレート系ケーキを一つも買わなかったのは初めてかもしれませんが、このバルサミコ酢を使ったものが、かなり美味でした。

さっぱりしたお酢のお味に心惹かれたのは・・・
はいはい、言い訳はもういいですよ、と思われた方、ワンクリックをどうぞ~。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
クリックありがとうございます。

☆2006年のリュードパッシーは → こちら
☆2008年のリュードパッシーは → こちら
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-19 09:30 | あまいもの | Trackback | Comments(14)

2010年8月 水分補給だけでなく栄養補給も怠り無く

お盆の前に、
お供えを調達しに、いつもの日本橋のデパートに出掛けました。
こちらのお仏壇用には、故人所縁のお供え物を、
あちらのお仏壇用には、下ろしたあとに召し上がる方がお好きそうなお供え物を、
そして、
そちらのお仏壇用には、一緒に帰省してくるおチビちゃん受けの良さそうなお供え物を・・・
などなどと、いろいろ考えながら調達。

無事、一仕事終えたあとには、もちろん
栄養補給をいたしました。
f0039281_1591953.jpg

お気に入りのウエスト
お昼のライトミールにケーキをプラスして。
New! のマークが光る、かぼちゃのモンブランをチョイス。
f0039281_159391.jpg

真ん中にもたっぷりのかぼちゃクリームが、とても優しい甘さでした。
おかわり自由のロイヤルミルクティーと
いつも変わらぬ気持ちの良い接客に、すっかり元気を快復しました。

さてそろそろ、デパ地下によって帰りましょうか
と、通り抜けていくところは、良いことに 悪いことに、最終バーゲン真っ只中のフロア。

More   ということは・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-17 15:00 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

2010年8月 麻布十番 麻布かりんと

f0039281_22303411.jpg

かりんとうも、これだけ並ぶと壮観です。
麻布十番は、豆源の向かいにあるかりんとう専門店、麻布かりんと
様々なかりんとうばかりが、なんと50種類揃っています。
f0039281_22335753.jpg

いろいろなお味に、いろいろな形。
かりんとうだけで、こんなに楽しめるとは素敵なことです。
小袋は図柄が6種類あり、
中には、江戸の古地図をデザインに取り入れたものもありました。
f0039281_22341592.jpg

『わぁ、面白い、松平陸奥守なんて読めるわよ!』
と、相手の興味を反らせておいて、
かりんとうを数個多くゲットするためにも使えます。

…は?

かりんとうゲット作戦、良い作戦だと思われた方是非、ワンクリックを!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-13 22:30 | あまいもの | Trackback | Comments(10)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

こんにちは~。 「可愛..
by mami-2013 at 13:50
あら~素敵なアイディアで..
by suzu-kinako at 21:06
☆kumamaさま、 ..
by oomimi_usako at 15:52
☆モンスーンさま、 こ..
by oomimi_usako at 15:48
weckの瓶の中に小さな..
by kumama47 at 07:45
こんばんは。 遅くに失..
by 2005-1127 at 00:04
☆みっこさま、 暁斎、..
by oomimi_usako at 15:36
私は河鍋暁斎で、浮かぶの..
by mituamikko109 at 09:35
☆きなこの母さま、 無..
by oomimi_usako at 10:14
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 10:12

記事ランキング

タグ

(194)
(183)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ