<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

軽井沢 ラ・テイエ

ラ・テイエは、軽井沢にある、とても可愛らしいケーキ屋さん。
f0039281_15531617.jpg

お店を入ると、可愛らしくディスプレイされたショウケースが目の前に。
ケーキもまた、カラフルで可愛らしく、美味しそうなものばかりで、
思わず“端から一つずつくださいっ!”と、叫びたくなるのです。
そこをグッと堪えてこの日は、おやつの分と、
お留守番しているぴょん子ちゃん夫妻への、くまちゃん型の焼菓子を買いました。
f0039281_15535334.jpg

優しいお味のケーキです。
もちろん、テイクアウトだけでなく、ナチュラルウッド系のテーブル席で、
ひと休みしながらケーキを頂くこともできます。
f0039281_1603713.jpg

お店は、駅北口の“宝塚劇場の階段”みたいなところを左側に降りて進んだら、もう目の前。
車や自転車を基本に行動している以外の方々にも、訪れやすい場所であるところも、
お薦めする理由の一つです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-31 15:51 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

軽井沢レイクニュータウン 軽井沢レイクガーデン

しばらくその存在を忘れてしまっていましたが、
気がついたらスイスがイギリスに変わっていました。
それは・・・南軽井沢のレイクガーデン
f0039281_1622546.jpg

かつて、ここには、レマン湖と名付けられた人造湖があり、
そこではスワンの形のボートなどで、ボート遊びが出来るようになっていましたっけ・・・。
そして、湖のまわりには、
欧州のどこかの湖畔リゾートを意識したような建物の店々が並び、
三越デパートが、今で言うアウトレットのような品揃えで、
避暑地で暇を持て余した人々に、ちょっとしたお買い物の楽しみを、与えてくれていたのでした。(旧軽銀座には松屋が、星野には西武デパートもありましたね)
f0039281_16231454.jpg

そんなレイクニュータウンが、いま、季節の花咲き乱れる33000㎡のナチュラルガーデンとして趣を変えて、再び私たちを楽しませてくれる場所となっています。
湖は、埋め立てなどをして形を変えたそうで、中央に浮かぶ島を中心にした回遊型の庭園となっています。

More では、ここからは、ちょっとご一緒にひとめぐり(左手から周りました)してみましょうか。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-29 16:17 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(12)

軽井沢東雲 Queen's Bakery Cafe で朝食を。

昔は、“朝食をお外で・・・”などと思っても、
それを実現できるところは、ホテル以外にはあまりなかったと記憶しています。
辛うじて、旧軽銀座の浅野屋さんで、パンを買える位。(お向かいのパン屋さんは、朝早くからやっていたかの記憶がありません)
浅野屋さんのイートインが出来たのだって、ここ二十年位のことだったかと。(充分古い?)
でも最近は、いろいろなお店で朝食をいただけるようになってきたようです。
f0039281_16171524.jpg

ある日の朝食を、東雲交差点すぐのQueen's Bakery Cafeで。(情報はこの方から。ありがとうございます)
モーニングセットは、サラダ、スクランブルエッグ、ソーセージ、パン数種類と、そしてコーヒーならおかわり自由、お紅茶ならポットサービスをしてくれます。
何より便利なのは、これと同じものをテイクアウトできること。
お願いしたら、お席で頂いている間に、頃合を見計らって綺麗にパックに詰め、飲み物も併せて用意してくれました。
ネボスケさんが同行している場合にとても重宝です。
もちろん、パンを買って帰ることも出来ます、パン屋さんですからね。
f0039281_16173464.jpg

そうそう、花豆パンなんていうのもあり、頂いてみました。
パン生地の数倍存在感のある花豆が、どーんと入っていましたよ。
f0039281_16175343.jpg

こちらは、軽井沢東雲交差点から、六本辻方面へ伸びる新渡戸通りの早朝風景。
お昼間は、交通量もひとの量も多い通りですが、
早起きすればご覧の通り。
道路でダンスが踊れます。( ← 例えばのお話ですよっ・・・念のため)

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-27 16:13 | おそとでお食事 | Trackback

軽井沢でさえ暑い!

モカソフトだって…
栗ソフトだって…
コロネソフトだって…
f0039281_1511297.jpg

気になるソフトクリームが、どんどん食べられちゃう暑さです。
f0039281_16432891.jpg

旧軽銀座では、皆さん日陰のある側ばかり歩いておいででした。
f0039281_1514238.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-26 16:43 | 旅とおでかけ | Trackback

軽井沢駅北口 洋食サンジェルマン oishii

軽井沢滞在中は、絶対お洒落に過ごしたい・・・

と、思われる方以外の方にお薦めするのが、軽井沢駅北口交差点から西へすぐのところにあるサンジェルマンという洋食屋さんです。
かなり昔からある老舗で、お味は確か。
避暑地のお夕食を、気取りなくしっかり美味しく食べたいという時に足を運びたくなるお店です。
前菜に頼んだスモークサーモン。
f0039281_18595024.jpg

玉ねぎではなく長ねぎを使っているのが珍しく、でもね、合うんです、これが。
そして、忘れず召し上がっていただきたいのがオニオングラタンスープ。
f0039281_190788.jpg

とろっとろっのチーズが、とても美味です。
f0039281_1902611.jpg

メインには、私はタンシチューを、
f0039281_194128.jpg

殿は、ミニッツステーキをいただきました。
付けあわせに、お茄子というのも、家庭料理風で良い感じです。
f0039281_1945456.jpg

小さいお店で、知る人ぞ知るというところなので、
いらっしゃる時にはご予約された方が無難です。(HPはありません)
   電話 0267-42-4602
   営業時間 12:00~14:00 17:30~21:15 無休

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-25 23:00 | 旅とおでかけ | Trackback

軽井沢千住博美術館とブランジェ浅野屋

この夏、軽井沢で楽しみにしていたことの一つ。
それは、昨秋オープンした軽井沢千住博美術館をたずねることでした。
f0039281_22591317.jpg

周りを、見事なカラーリーフガーデンに囲まれて立つ美術館の斬新な建物は、
建築家西沢立衛氏によるものです。
土地の起伏を、そのまま生かした床のうねり。
全面ガラス張りの壁や、大きな吹き抜けの向こうには、
美しいグリーンも楽しめます。
まるで、林の中で絵画鑑賞しているかのような美術館です。
f0039281_2301361.jpg

こちらでは、千住博画伯の作品のうち
初期のものから新しいものまでを、少しずつ見られます。
中でも、ナイトフォールという作品は、蛍光塗料を使用し、
ブラックライトで演出をするという珍しいもの。
見た瞬間、滝にあおられた流れの飛沫と水音を、
幻のように感じることが出来て、とても好きになりました。

また、フラットウォーターという作品は、
ハワイのキラウエア火山から流れ出て、海に注いだ溶岩の風景を描いたものですが、
そのうちの二点が、ちょうど浅間山の方向に掛けられていて、
なるほど、この地でこその展示の仕方だと思いました。

この軽井沢千住博美術館については、大変綺麗なHPがありますので、
お出掛けになるご予定のある方もない方も、どうぞ一度ご覧になってみてください。
 → こちら(軽井沢千住博美術館)
ここには、ブランジェ浅野屋の支店(HPは→こちら)があります。
テイクアウトはもちろん、イートインコーナーが設けられています。
f0039281_2304489.jpg

千住博美術館店だけの限定品もあり、
リンゴの焼き込められたパン(名前失念)や、可愛く飾られて売られているリーフ型のパンなど購入してみましたら、とても美味でした。

それにしても、カラーリーフガーデンは、なかなか素敵です。
エバーグリーンの植物も効果的に配置され、
カラーだけでなく、植物の高低さも計算されたガーデンは、
花の咲き誇る庭園とまた違った美しさが、ありました。
私もちょっと、凝ってみようかしら!

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-24 23:59 | 展覧会 | Trackback(2)

ロンドンに負けず劣らず

いま、何かと話題のロンドンは、
秋から冬にかけて霧に包まれることが多くなります。
しかし、夏を迎えたこちらも、深い深い霧に包まれておりました。
f0039281_10324994.jpg

霧立ち込める、軽井沢。

この日は、東京でも肌寒い位でしたので、軽井沢は言うに及ばず。
f0039281_1033797.jpg

軽井沢プリンスショッピングプラザもこの状態。
みなさま、霧中で夢中なショッピングを楽しまれていました。

ゴルフ場も、もちろん霧の中。
f0039281_10332858.jpg

カラーボールが、必携でした。

そうそう、ショートホールに、ちょっと可愛いオブジェがありました。
f0039281_10334958.jpg

伐採した木を利用したのでしょうね。
カラフルなショートティーが用意されていました。
f0039281_1034387.jpg

スコアですか?
もちろん今年も、ノーコメントですが・・・
代わりに、あれこれお伝えいたします。
つづく。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-23 23:59 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)

レーニアチェリーとチェリーのタルト

どうやら、私のシアトルカブレは、未だ治っていないようです。

メイヤーレモンを見て、何よりもレモネードを作りたくなったのは、
シアトルのセーフコーフィールドで、MLBを見ながら飲んだ
美味しいレモネードを思い出したから。

そして、
さらにまた一つ、見つけてしまいました。
f0039281_22455827.jpg

レーニアチェリー
ワシントン州産の、あの美味しいレーニアチェリーに、
まさか日本で、再びまみえることになろうとは!

Pike Place Market(パイクプレイスマーケット)の果物屋さんの店先に、あるいは、
シアトル在住の友人が連れて行ってくれたスーパーマーケットのフルーツコーナーに、
山のように盛られていたレーニアチェリー。
いただいてみると、果肉の厚みといい、甘さといい、ジューシーさといい、
特級佐藤錦もびっくりの美味しさでした。
f0039281_22461820.jpg

出会ったのは、またしてもOisix
私は、Oisixさんの、宣伝本部長でもまわし者でもありませんが、
こうして何かと“イイモノ”(もちろん私にとってですが)を提供してくれるので
ずっと、お世話になっているというわけです。

More  もったいなくて
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-19 22:41 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

梅雨明けのレモネード

今週もつい数日前までは、ぐずぐずとしたお天気の予報が出ていたのに、
先ほど、急に梅雨明けが発表されました。

何をしても、暑い、暑い・・・ので、
自家製レモネードの素で作る冷たいドリンクで水分補給です。
f0039281_1426262.jpg


More   レモネードの素は・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-17 14:30 | あまいもの | Trackback | Comments(16)

日本橋 三井記念美術館 日本美術デザイン大辞展

お使いを頼まれて、日本橋M越に出掛けた折、
少々時間があったので、お隣の三井本館にある三井記念美術館に寄ってみました。

こちらの美術館は、とてもクラシカルな雰囲気なので、好きな場所のひとつです。
三井本館ビルの7Fという場所ながら、重厚な木の内装や、エレベーター内部の装飾が
静謐さを醸し出していて、お江戸日本橋の喧騒を階下に置き忘れたかのような
静かで落ち着いた美術館です。

いま、こちらで開催されているのが、
美術の遊びとこころⅤ 三井版 日本美術デザイン大辞展。
                      (8月26日まで)
 
f0039281_11323746.jpg

日本古美術関連の用語を、五十音順に取り上げて、
その解説と共に、該当する美術品を実際に展示するという、まさに“辞典”のような美術展です。
扱う範囲は広く、日本古美術から“絵画・書跡・陶磁器・漆工品・金工品・染織品など様々な美術品にまつわる、文様や画題、技法や材料などの専門的な用語と、それに関連する作品(展示会パンフレットより抜粋)”が非常に解りやすく紹介されています。

いままで見てきた、日本美術に関するいろいろな展示会や、古典芸能に関連して覚えた用語など、お馴染みのものにも出会えましたが、それらを、初めて出会う用語と共に、再確認することが出来て、非常にためになる企画でした。

子供たちの、これからの長い人生の美術鑑賞のためにも役立つ(ガイドもわかりやすいです)ものとなっているので、小学校高学年以上なら、夏休みの勉強に最適かとも思います。

あ・・・もちろん、ン十年前の小学生の方にも、もちろんお薦めです!

それにしても素晴らしい古美術を沢山お持ち。
御蔵のもの、これからもいろいろ見せてくださいね、と思うのでした。

More   さて、素晴らしい古美術で目の保養をしたあとは・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-15 11:29 | 旅とおでかけ | Trackback(1) | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ