<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あか、しろ、きいろ。 一月のお庭で

f0039281_14183771.jpg

あかい、万両。
12月には、もう色づいていて、
お正月を飾ろうとする頃には、その色も、実も、
落ちてしまっているのではないかと心配していた万両。
f0039281_14191120.jpg

ひとの心配もよそに、1月も終わりの今頃になってもなお、綺麗な赤色を保っています。


しろい、万両。
f0039281_14193335.jpg

お庭には、赤い万両のほかにも、白い万両があります。
f0039281_14195964.jpg

実は白く、軸が赤いところが可愛らしいのです。


あかい、千両。
f0039281_14201620.jpg

万両と同じように、いえ、それよりさらに早く千両も早々と赤い実をつけていましたが、こちらもいまでも健在。


きいろい、千両。
f0039281_1420465.jpg

黄色い千両も、いまだ元気にお庭を彩っています。


ならんだ、ならんだ、あか、しろ、きいろ。
どの実をみても、きれいだな~♪

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-28 14:18 | 草花 | Trackback | Comments(10)

オフブロードウェイミュージカル グロリアスワンズ 

池袋ライズアリーナビルにある劇場“あうるすぽっと”に、オフブロードウェイミュージカル、
The Glorious Ones(グロリアスワンズ)
を観に行きました。
f0039281_23111782.jpg

このミュージカルは、2007年にニューヨークのリンカーンセンター内の劇場で初演されたもので、原作がフランシーヌ・プローズ。
脚本と作詞を担当したリン・アーリンズと、音楽を担当したスティーブン・フラハーティは、
“ラグタイム(トニー賞受賞)”や“アナスタシア”などを世に送り出した名コンビ・・・となれば、その内容も期待出来ます。
今回、日本での初演に際して、演出や翻訳は、勝田安彦氏、音楽は呉富美氏によるものでした。

物語は、イタリアが舞台。
16世紀から18世紀にかけて、盛栄を極めた即興仮面劇の、とある劇団の役者たちを描いています。
アメリカンミュージカル特有の、大人の香り芬々な展開を辿っていくと、
その先には、人生の深みを実感するクライマックスが待っています。

役者さん方みなさん揃って、歌唱力のレベルがとても高く、
ドラマティックな音楽と共に、観るものの心身に響いて染みていくお声にも、感動しました。

“このお芝居を翻訳でやりたいねというお話が出てから、今井清隆さん(座長フラミニオ・スカラ役)とスケジュールをあわせるのに3年かかったのよ~”
と、コロンビーナ役の杉村理加さんが教えてくださいましたが、
待って重なった年月と同じだけの情熱が、伸びやかな歌声に乗って伝わってきました。

公演は28日火曜日までです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-24 23:10 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(0)

リド・・・とはなんでしょう?

木戸の向こうから、覗くものあり。
f0039281_18132918.jpg

現れ出たるもの、これ、狸なり。
f0039281_18134334.jpg

狸云う、
“コンニチハ”。

其れ見つけたるチビ(“にゃーあ”より改名)、近づきつつ云う、
“あなた、だれ?何しに来たの?”
f0039281_18135678.jpg

狸云う、
“キミのトモダチ”。
f0039281_18149100.jpg

狸、再び云う、
“キミのトモダチ”。

解説>以前から、実家の庭に、狸が来ていると思われる痕跡がみられました。
ご近所では、ハクビシンの目撃情報もあり、
“狸よりはハクビシンのほうが、カッコイイけれど、どちらだか知りたいわね。”
と、みんなで話しておりました。

つい先日、ふと庭を眺めていて見つけたのが、
木戸の向こうのこの姿。
私が窓を開けても、逃げるそぶりは全くありません。
と、そこへ気配を察したチビちゃんが、ちょっかいを出しにやってきました。
でも、犬だと狸は逃げていくのに、猫だと逃げないことがわかりました。

狸奴(りど)という言葉があり、それは、猫の別名のことです。
そんな言葉もある位なので、狸はイヌ科なのですが、もしかしてそれって、
根本的に間違っているんじゃないかと思いたくなる、光景でした。

おまけ。
チビはこんなに美猫になりました。
f0039281_18142674.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-22 18:00 | どうぶつ | Trackback | Comments(12)

金柑仕事

f0039281_1739677.jpg

今冬も、冬のおひさま色をした金柑を沢山頂戴しました。
静岡清水のK邸で実った、四川大実金柑です。

もともと、お花を栽培するお仕事をなさっていたご家族だからでしょうか、
太平洋の温暖な気候と共に、ご家族みなさまの愛情をいっぱい受けて
御邸宅内にある木々や草花は、いまでもみんな元気にすくすく育っているのです。
いただく柑橘類は、みな香りゆたかで、お味も濃厚です。
f0039281_17392343.jpg

お魚の骨抜き用のピンセットで、くるりとヘタを取ってから、下茹でします。
私は、それを、Mサイズのジップロックに小分けして冷凍保存します。
そうして、ボンヌママンのジャム瓶、二つから三つ分くらいずつを、
解凍しては、その都度、シロップ煮やペーストにしています。
これは、長期保存を前提にしないことで、糖分を抑える作戦(?)なのです。

実家に届けたり、我が家の朝のヨーグルトのお伴にしたり。
もちろん、清水の皆さまへ、お礼の気持ちを込めてお菓子に変身させて、お届けもいたします。
前回は、こんなお菓子になりましたので、
今年の第一弾は、白餡を使ったちょっと和風なパイにしてお届けしました。
f0039281_17394113.jpg

ただいま、第二弾試作中。
試食役の家族には、好評だったので、
近いうちに本番に臨むつもりです。

Kちゃん!待っててね!!

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-20 17:35 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

お天気の境界線

f0039281_071547.jpg

東京にも、雪が降るかもしれないという予報の出された日。
降ったら困ると思いながら、あれこれ準備を整えました。

曇天と、冷蔵庫の中のような寒さの一日でしたが、
待てど暮らせど雪は降らず。

それはそれで幸いでしたが、
少しだけ、拍子抜けした気分で居た夕刻。

急に、垂れ込めていた雲が、幕が開くように流れ去り、
あとには、遭う魔が時に向かう青い空が、残されていきました。

こういう美しい空の様子を見ると必ず、
“・・・東京に空が無い・・・”
と、光太郎に言ったという智恵子の言葉を思い出します。

阿多多羅山の上の青い空だけでなく、
東京の空だって、
こんなに綺麗なのに気が付かないなんて!


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-17 23:59 | 日々の生活 | Trackback | Comments(4)

福寿の呑み比べ

毎年恒例のゼミ教授御宅にての新年会。
今年も、賑々しく集まりました。
f0039281_17444248.jpg

今年の御酒は、1751年から続く灘の酒蔵、神戸酒心館の“福寿”三種の呑み比べと相成りました。
お見立ては、これもまた例年通り、御酒セレクトご担当のMs.M。
酒瓶の後ろにちらりと写る和装の方です。
福寿は、一昨年山中教授がノーベル賞を受賞されたときの晩餐会で、振る舞われたお酒。
本当は、旬のうちに・・・とMs.Mが、昨年の新年会用に手配してくださろうとしたのです。
でも、肖ろうとするのは、みな同じということらしく、そのときは入手困難だったのでした。
リベンジ出来た今年は、純米大吟醸・寒造り原酒・しぼりたて純米無濾過原酒の三種類を手配してくださったので、呑ん兵衛はいうに及ばず、下戸な方々までもが、その香りやお味の違いを呑み比べ、ナメ比べ(?)て楽しんだのでした。
お料理は、教授の奥さまがご用意くださって、私も少しお手伝い。
美味しいものいろいろが、綺麗に売り切れになりましたのも、
美味しい御酒のお蔭かと思います。
だって、よーく、ご覧になってください。
並んだ瓶は、ほぼカラです。(もちろん日本酒以外にも、いろいろカラになりました)

毎回各自の近況報告を発表する時間が設けられます。
一年のうちにそれぞれが、良いことそうでないこと、いろいろな出来事に遭遇していましたが、こうしてまた会えることが、何より嬉しい吉例新年会です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-15 17:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

神宮前レストランI(アイ)と東郷神社詣で

f0039281_15523975.jpg

神宮前の、再開発されたビルの谷間に、
まるで、軽井沢に居るのかと思わせる緑の木立があります。
そして、その木立を抜ける緩やかなスロープの途中にあるのが、
フレンチの、Restrant-I(レストランアイ)です。

先日、お年上の方とのお食事会で伺いました。
デジカメを出すことさえも憚られましたので、
いただいたショップカードのみで、ご勘弁くださいまし。

こちらのお店は、フランスはニースで、ミシュランの星を獲得している松嶋シェフの日本店。
もちろん日本でも星をお持ちです。
お料理は、それはそれは手を尽くした仕上がりで、
ひと品ひと品、思わず感嘆の声があがります。
東京に住んでいると大層手に入れにくい、彩り綺麗な鎌倉野菜も、
ふんだんにいただくことができました。

デザートにお願いした、クレープシュゼットは、
寒い時期なので、ストウブのミニココットで登場。
伺えば、クレープは常にご用意されているメニューで、
かつてクレープ屋さんがたくさんあった、この地原宿に因んでのお品だそうです。

本当に綺麗で美味しいお料理ばかりでしたので、
再訪はぜひとも、気兼ねなくお写真を撮らせて頂けるメンバーで伺いたい・・・と、
オトモダチボシュウチュウで~す。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More  さて、この会食の前に・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-13 15:50 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)

美味しい生麩

f0039281_1049167.jpg

今年のお正月“おめでとう第一会場”(注1)のお祝い膳は、
ちょっと目先を変えて、お重に詰めず、
折敷や綺麗な色のお鉢などに盛り込んで用意しました。

お鉢に盛り込んだ煮物に、含め煮にして盛り合わせたのが、
縁起の良い瓢箪の形の生麩です。
新潟新発田市のお麩屋さん宮村製麩所のもので、
今回初めて購入してみました。
こちらのお店では、もみじや梅や手まりといった一般的な形のものだけでなく、
ちょっと楽しい形の生麩を作っています。(もちろん焼き麩もいろいろあります)
f0039281_10493417.jpg

形の楽しさだけでなく、
煮含めれば、もちもちふっくら、よい食べ心地。

生麩や麩饅頭の食感が、大好物なので、
おウチの冷凍庫には、いつもいろいろな生麩がスタンバイしています。
金沢某店や京都某店のものなどに加えて、
食感もお味も素敵な宮村製麩所製の生麩にも、
これから一緒に、スタンバイしていただこうと思っています。

注1>“おめでとう第一会場”は、usako家での元旦の朝食のこと。
第二会場は昼食で殿実家、第三会場はお夕食でusako実家。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-09 10:47 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(11)

七草粥

f0039281_2317551.jpg

“よこはまブランド はま菜ちゃん”印の
七草パックを見つけました。
ジモト神奈川県産です。
f0039281_2317174.jpg

明日の朝食には、お粥を炊いて、
この七草で作った七草粥を用意します。

冷え込みが、さらに厳しくなるという明日の朝。
ほっこり温まって出掛ければ、
駅までの道の寒さは、きっと凌げることでしょう。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-06 23:11 | おうちのお食事 | Trackback(2) | Comments(8)

元旦のお花見

f0039281_16102372.jpg

元日の朝にのぼるおひさまは、
大晦日の朝にのぼるおひさまや、一月二日の朝にのぼるおひさまと、
特に違いはありません。

それでも“その日”を、一年の初めと決めただけで、
気持ちも居ずまいも改まるのは、とても不思議なことだとおもいます。

今年も、殿とお祝いをしてから、いつもの八幡宮に初詣。
境内は、ふゆざくらが八分咲きで、ひと足早く春の装いでした。

それから先はいつものように、
一年で一番忙しい我が家の元旦。
殿実家、祖母宅、うさこ実家と巡り歩き、
無事、その日のうちにうさこ家へ戻りました。
お祝い膳と共に楽しんだ日本酒が、合計何銘柄になったかは、
ご想像におまかせいたします。



あけましておめでとうございます。
昨年中は、拙ブログにお越しくださいましてありがとうございました。
また、ブログ村やイイね!を押しての応援もいただきまして、
ありがとうございます。
日々の暮らしの中で出会う、美味しいものや素敵なことの記録を、
今年も書きためていきたいと思っています。
これからもご贔屓にしていただけますよう、
どうぞ宜しくお願いいたします。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-02 16:07 | 草花 | Trackback | Comments(20)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ