<   2014年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

クマガイソウ 

f0039281_17393186.jpg

今年も、お庭のクマガイソウが咲きました。
大きな母衣を背負った雄々しい立ち姿。

従えているのは、ヒトリシズカの群生です。
一人静かに咲く乙女のような楚々とした名前ではあるものの、
群生して咲くので、なにやら賑やかな雰囲気。

可愛らしい女御さんたちに囲まれて、
嬉しそうにしている熊谷直実さん…
という景色に見えてしまうのは、私が歌舞伎好きだからでせうか。。。

以前のクマガイソウの様子は、→こちら。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-27 17:38 | 草花 | Trackback | Comments(4)

満開のモッコウバラ

f0039281_23403156.jpg

前庭では、モッコウバラが、
今を盛りと咲き誇っています。
f0039281_23404777.jpg

f0039281_2341490.jpg

柔らかなクリームイエローの小さな花は、
薄い花びらが幾重にも重なり、
まあるくまとまって咲く様子が、
とても可愛らしい感じがします。
f0039281_23412543.jpg

俯き加減に咲いているので、
モッコウバラは皆、少し恥ずかしがり屋さんなのですね。
f0039281_23424542.jpg

このバラの隣では、オールドローズの蕾も
着々と準備をすすめています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-25 23:38 | 草花 | Trackback | Comments(2)

田園調布 レピドール

田園調布に出掛ける機会があると、立ち寄りたくなるのが、
ロータリー側に出てすぐのところにあるレピドールです。
時間が許すなら、二階の喫茶室でお茶と一緒にフレッシュケーキをいただくのも楽しいですし、
急ぐなら、ショップでケーキをテイクアウトするのもまた、お楽しみ。
併せて、美味しいパンなども調達すれば、帰途の足取りもますます軽くなるというものです。
f0039281_0334729.jpg

今回は、先を急いだので、ショップでスフレカマンベールをテイクアウト。
みんなでお茶の時間にいただきました。
f0039281_034416.jpg

ふんわり軽い口当たりに、程よい甘さのこちらのケーキは、
うっかりすると(?)いくつでも頂くことが出来てしまいそうなおいしさでした。

レピドールのポルボローネスのことは → こちらに…。
同じくリキュールボンボンのことは → こちらにて。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-24 00:27 | あまいもの | Trackback | Comments(0)

山椒の香り

今年も、横浜磯子のお山で収穫された筍を頂戴しました。
掘りたての筍は、とてもみずみずしく、
新聞紙にくるんでおくとほのかな温もりも感じられて、
その生命力は、驚くほどです。
f0039281_0331158.jpg

炊き合わせや、木の芽味噌和え、たけのこご飯、中華炒め…などなど、
メニューは尽きず、あっという間にいただいてしまいました。

もちろん、その多くのお料理を締めるのに活躍するのが、
時季を同じくして、お庭に登場する木の芽たち
です。
f0039281_0332912.jpg

山椒の、ピリリとした芳香に包まれながら、せっせとその芽を摘み取っていましたら、
足元にチビちゃんがすり寄ってきたのに気づかずに、
危うく踏んづけるところでした。
f0039281_0335048.jpg

何をしているのか、と尋ねますので、
山椒の芽を摘んでいるのよと言って、
手のひらの上の木の芽を見せたところ、
ふんふん…と一生懸命に香りを嗅いだあと、
“にゃっ”
と、ひと声、感想をもらしました。
どこかに、ねこ語辞典はないかしら?


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-19 00:31 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(10)

下高井戸 プティリュタン

お友達と一緒に、
いろいろたくさんおしゃべりをするのは、
とても楽しい。
f0039281_1746314.jpg

そこに、美味しいものがあれば、
なおさら楽しい。
f0039281_17464713.jpg

・・・ということで、
半年ぶりでお目にかかったお友達と伺ったのは、
下高井戸駅から程近いところにある、こじんまりしたビストロ
プティリュタンです。

永井紀之氏のパティスリー“ノリエット”の姉妹店。
美味しくて、細部まで行き届いたお料理を、気軽に楽しむことの出来るお店です。
f0039281_1747484.jpg

期待のデザートも、堪能できました。
私はヌガーグラッセをチョイス。
f0039281_17472243.jpg

f0039281_17473989.jpg

そしてまた、お友達とのお話も、じっくりゆっくり堪能することが出来ました。

ランチタイムには、ガレットもいただけるらしいので、
お昼間にお買い物に出かけたときにでも、
寄ってみたいと思っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-13 09:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

ベランダの沈丁花

桜にすっかり気を取られて、
ちょっと忘れておりました。
ごめんなさいね、沈丁花ちゃん。
f0039281_17442229.jpg

我が家のベランダで、ちょうど桜の開花の時期と、同じ頃咲いた沈丁花。
朝、窓を開けるたびに、芳香を届けてくれました。
しかしながら、usakoは花粉症。
大好きな沈丁花の前で、思いっきり香りを嗅いだらそのあとは、大きなくしゃみ数連発。

そこで、花盛りの小枝を失敬してきて、お部屋において楽しみました。
これで、心置きなく思いっきり香りを楽しめました。

切り取った小枝のお花はもう終わりましたが、
新芽が出てきましたので、
土に挿してあげようと思っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-12 09:00 | 草花 | Trackback

美味しいコバヤシさん

f0039281_17405584.jpg

静岡のK邸から、少し前にいただいたこちらの柑橘。
ご自宅で実ったもので、その名をコバヤシといって、市場には出回らない、とても珍しい柑橘なのだそうです。
とてもジューシーで、すっきり甘いお味が、春先にぴったりの美味しさ。
f0039281_17411192.jpg

ギュウギュウ絞って、たっぷりのジュースを楽しみました。
K邸の皆々様は、二つに切って、グレープフルーツを食べる時のようにして召し上がっておられるとか。
ゆず、金柑、ブラッドオレンジ、甘夏・・・などなど、
K邸のお庭では、さまざまな柑橘類が元気良く実ります。
温暖な地で、海と太陽の恵みと、それから、
K邸のご家族皆さまの、明るく優しいお人柄に育まれるからなのではないかと、
私は思っているのです。
f0039281_1742351.jpg

ちなみに、
なぜこの柑橘が、こばやしという名前なのか、
それは、K邸のみなさまにも良くわからないそうです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-11 09:00 | あまいもの | Trackback

しだれ桜、実家にて

f0039281_1613151.jpg

毎年実家のお庭で、
ソメイヨシノに少し遅れて満開を迎えるのが、
しだれ桜です。
f0039281_1615473.jpg

ソメイヨシノより濃い桜色。
こちらも、枝垂れる枝の真下に立てば、
流れ落ちる滝のような花房の、
一番良い眺めが楽しめます。
f0039281_1631273.jpg

ぐんぐん春らしさを増す風に
たおやかに揺れる花盛りの枝。
f0039281_162975.jpg

飽かず眺めていたい景色です。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-09 16:00 | 草花 | Trackback

源吉兆庵 桜衣

ここ数日、桜は花吹雪。
桜の季節が過ぎていこうとしています。

甘いものやさんのお店先も、
桜に因むあれこれのなかに、
柏餅やちまきの姿が見え隠れするようになりました。
f0039281_07561.jpg

でもまだもう少し立ち止まって、
ふと見つけた可愛らしい和菓子をおともに、
今日のお茶時間を過ごします。
f0039281_081390.jpg

源吉兆庵の“桜衣”。
桜色の生地に、桜餡。
桜尽くしの美味しいひとときが過ごせました。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-09 00:06 | あまいもの | Trackback | Comments(2)

お花見はネコろんで

桜の写真を、お庭で撮っていましたら、
画像の中に、白い小さいものが見えました。
f0039281_2003358.jpg

チビです。

“チビちゃん、こんにちは。桜のお花が綺麗ですね。”
そう言いながら頭上の花房を見上げていると、
“うにゃ(=はい)、確かに綺麗な桜を見渡すことは出来ますが、うさこさんのように、見上げて楽しむことは、できにゃいのです。”
と、チビちゃんが言うのです。
そう言われて良く見ると、
チビちゃんは猫らしく猫背なので、そのまま真上の桜を見るとなると、
かなり美貌を損なう三白眼になってしまう様子でした。

頭上の満開の桜を仰ぎ見ると、流れ落ちるような花房が、
まるで花のシャワーのようで、それはそれは綺麗です。
こんな綺麗な景色を見られないチビちゃんが、ちょっと気の毒に思われました。

どうしたものかと考えているうちに、
良い案が浮かびました。
“チビちゃん、良いことを思いつきました。”
“どんにゃことですか、うさこさん”
“ネコろんでください!”
“にゃん?”
“寝転んでください!”
“にゃっ!”
f0039281_2005569.jpg

“にゃにゃっ!”
f0039281_2011045.jpg

“にゃにゃにゃっ!”
f0039281_2012379.jpg

“桜きれいだにゃ~”
f0039281_2013846.jpg

f0039281_2015040.jpg


さて、チビちゃんの目に、桜はどのように映ったのか・・・
それは定かではありませんが、
もし、満開の桜の木の下で、ネコが寝転んでいるのを見かけたら、
きっと、チビちゃんからの口コミが伝わったのだと、思ってくださいね。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-04-04 19:54 | どうぶつ | Trackback | Comments(8)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索