K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夏が来るたびに訪れる軽井沢。
その過ごし方も、だいたいパターンが決まっています。
マンネリ化するかというと、そうでもなくて、
毎夏の行事として、そういうところがまた、良かったりいたします。

今回の初秋の軽井沢は、いうなれば番外編。
いつもと違う軽井沢。

宿泊は、ウン十年軽井沢に通っているものの、初めてのプリンス泊。
人気があるというウエストのビュフェレストランニューヨークで、ビュフェも楽しみました。
f0039281_23305420.jpg

こちらは前菜。
f0039281_23312660.jpg

フォアグラスライス、ポークやビーフのローストもしっかりお味見。
f0039281_23315969.jpg

f0039281_23322622.jpg

もちろんデザートも。
f0039281_2333025.jpg

f0039281_23333761.jpg


いちばんの違いは、交通手段に、往復長野新幹線を利用したこと。
私の場合は、滞在中の両親のところに、平日遊びに行くときにはドライバー(!)が居ないので、
いつも新幹線を利用しますが、
殿は、初“あさま”(?)でした。
f0039281_23341382.jpg

窓にへばりついて、
飛んでいく景色を楽しんでいましたよ。

帰宅後のお夕食は、峠の釜めしに代えて・・・
f0039281_23345819.jpg

高崎名物達磨弁当!
復路の新幹線車内販売で、お夕食用に入手しました。
信州サーモンや信濃ユキマスのお造りに代えて…
作り置きしておいた小鯵のマリネと、海藻の和風サラダをお供に。
f0039281_23352533.jpg

f0039281_2335536.jpg

お夕食をいただきながら、
ゴルフの反省会と、今回の軽井沢を総まとめ。
そう、これだけは、
いつもと同じ軽井沢!!


そして、本日は9月30日。
毎年恒例の、お誕生月9月限定の毎日更新は、
今年も無事達成出来まして、晴れて、お歳もひとつ増えました。

毎日お付き合いくださいましたあなたさまに、
心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

相変わらず、食べるものばっかりな拙ブログではありますが、
これからもどうぞ御贔屓に、覗いてくださいね!


いつも、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
本日も、おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-30 23:28 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(12)
f0039281_17353730.jpg

この夏の滞在中、行きそびれたところがありました。
旧軽井沢の、室生犀星記念館と、Cafe涼の音

きっと、共に夏の賑わいも収まって、
本来の静けさを楽しめる雰囲気になっているに違いないと、
密やかに期待しながら、立ち寄りました。
f0039281_17363321.jpg

朝食も兼ねて出掛けたCafe涼の音。
こちらは、明治末期から大正にかけての時期に建てられた別荘を、改築した建物です。
2013年に国の登録文化財となりましたが、その所有者の中には、
駐日アメリカ大使ライシャワー氏の夫人であった松方ハル氏なども含まれています。
f0039281_1737769.jpg

f0039281_17381446.jpg

秋の木漏れ日の中に、静かに佇むその建物の中に入ると、
年代を経た建物が持つ独特の芳香と、
焚かれた薪ストーブの香りが相まって、
心落ち着く気配が、漂っていました。
f0039281_17391238.jpg

f0039281_17395976.jpg

私がお願いしたのは、ミルクの合うお紅茶と、
最近の軽井沢では、軽井沢トーストとも呼ぶらしい、フレンチトースト。
f0039281_17405266.jpg

f0039281_17412194.jpg

f0039281_17414615.jpg

たっぷりのフルーツに、メープルシロップを回しかけ、
しっとりとさっくりの二つの食感を楽しみながら、
美味しい時間を過ごしました。

さて、
室生犀星記念館は、Cafe涼の音のお向かいにあります。
f0039281_17422898.jpg

記念館と言っても、作品の展示などではなく、
軽井沢に魅せられた犀星が、30年近く毎夏を過ごした旧居を、
自由に見学出来る状態にしてあるところです。
f0039281_17431139.jpg

お縁側に腰掛けて、
緑の苔の上に零れ落ちる木漏れ日と、木立に響く小鳥の囀りとに包まれると、
心の底にふつふつと湧きだすような何かを感じることが出来ます。
f0039281_17434868.jpg

f0039281_17441299.jpg

自ら庭を作り、軽井沢の自然に囲まれて過ごしながら創作活動を続けた犀星が、
後世に残る文学作品を残しているのが、頷ける、そんな素敵なところでした。

<おまけ>
Cafe涼の音と室生犀星記念館には、
テニスコートのある側とは反対のほうから歩いて行きました。
f0039281_1744588.jpg

小さい車がやっと通れる位の細道の途中に、
f0039281_17452887.jpg

立派なご門だけが残された御別荘の土地がありました。
殿に、
“お誕生日のプレゼントなどにいかがでしょう?”
と、お奨めいたしましたが、
“もう少し道が広くないとだめだね”
と、即座に却下されました。
…残念至極っ。


さあ!!
毎日更新月間9月も、残すところあと一日となりました。
いつも、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
本日も、おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-29 17:31 | 旅とおでかけ | Trackback
すでに軽井沢は、紅葉が始まっていました。
f0039281_2245171.jpg

この時期の軽井沢を訪れるのは、初めてです。
今回は、殿と二人、初秋の軽井沢にゴルフをしに出掛けました。
f0039281_2253185.jpg

日中の気温は高めで、半そででも大丈夫。
でも、朝晩はグッと冷えて、10度を下回る気温。
見慣れた景色は、紅葉した木々で、その印象を大きく変えています。
f0039281_2261827.jpg

見慣れた渋滞のない景色も、印象が大きく違います。
f0039281_227022.jpg

ここは、ゴルフコースのティーグラウンド。
まるで公園のようでしょう?
木立の中から、広いフェアウエイに向けてティーショット。
f0039281_228177.jpg

お天気に恵まれて、
ラウンドの途中で見える、離山も、浅間山も、
その稜線が、くっきり綺麗に見えました。
f0039281_2293531.jpg

途中の木々の紅葉もきれいでした。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-28 21:58 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)
f0039281_841015.jpg

初秋のお教室で、皆さまとご一緒に作っているマフィン。
型慣らしのごくごくシンプルな配合とは、
だいぶ違う配合なので、
見ただけでも、生地の感じが違っているのが分かります。
f0039281_843792.jpg

ご試食用に作るときに、型に敷きこむカップは、
マーサスチュワートの、控えめの柄のものを使っています。
無地のものだとちょっとつまらない。
けれど、よく見かける派手~な柄のものは、
今回のマフィンのお味やイメージに、ちょっと似合わない…。
ということで、何か良いものはないかと、探していて見つけました。

バターがしみると、
淡く模様が浮かびます。

お教室は、まだまだ続きます!



本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-27 08:01 | usakoのお教室 | Trackback
秋晴れで、気持ちの良い風も吹いていたので、
プラプラお散歩がてら、東京フロインドリーブに立ち寄りました。

店内には、ドイツ菓子や、パン、パイやクッキーなどが
たくさん並んでいます。
見目麗しいフレッシュケーキも好きだけれど、
欧州の伝統的で素朴なお菓子は、それ以上に大好きです。
f0039281_197840.jpg

今日はおやつ用に、クッキーを買いました。
f0039281_1972696.jpg

これは、明日の朝のパン。
もう冷めているというのに、ライ麦の香りが漂って、
今すぐ食べたい!
…けれど、明日の朝までガマンガマンです。

そういえば、次回NHKの朝の連続ドラマ“マッサン”は、
主人公が、日本人とスコットランド人のご夫婦という設定のようですね。
こちらのフロインドリーブと同じ名前(創設者は同じということらしい)の
神戸のフロインドリーブも、かつて、NHKの朝の連続ドラマの舞台となったパン屋さん。
神戸には、もう数えきれないほど通いましたが、
折に触れて立ち寄っては、クッキーの詰め合わせなどをお土産に買い求めたものです。
確かこの時も、ドイツ人と日本人のご夫婦という設定だったのでしたか。
ドラマのタイトルは“風見鶏”でしたっけ?
ふと、思い出したので。



本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-26 19:06 | あまいもの | Trackback
f0039281_17413741.jpg

平日に、お家に一人でいる時も、お茶の時間は欠かせません。
丁寧に美味しいお茶を入れて、
甘く美味しいものもお皿に載せて、
ひとときの休息時間を楽しみます。

今日は、お紅茶を淹れました。
エリザベス女王さま御用達、パートリッジズPartridgesのチェルシーフラワーCHELSEA FLOWER。
花びらが入ったフレーバーティで、茶葉の香りを嗅ぐだけで
幸せな気分になるお紅茶です。
この缶の色も、大好きです。
f0039281_1742714.jpg

お気に入りのC/Sで。
ひとりの時には、一客で持っているお茶器を使います。
f0039281_1743229.jpg


香り良いお茶を楽しみながら何をしているかというと…、


たとえば、窓から見える、空と雲の様子を眺めたり、

たとえば、どこからか聞こえる、鳥の囀りや名残のセミの鳴き声に気づいたり。

もう、おやつは済んだかしら?と誰かさんのことを思ったり。


しばらくご無沙汰している、あなたは、お元気かしら?と考えたり。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-25 17:34 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(2)
f0039281_2310844.jpg

私の生まれ育った横浜市郊外の町の周辺には、
昔から、梨畑が点在している場所がありました。

その頃は、
フツーの果樹農家さんが作った美味しい梨が、
フツーの作物と同様に市場に出回るほか、
フツーに果樹園の入り口で、もぎたてを買えたり、梨狩りが出来たりしていたものです。
f0039281_23111332.jpg

それがいつのまにか、
“浜なし”という、知る人ぞ知るブランド名を冠して世に出回るようになり、
その美味しさで人気も出て、
今では、
事前に予約しておかないと(その予約も難しかったりするそうです)、
梨狩りどころか、購入することすら難しいものとなりつつあります。
f0039281_23115427.jpg

果樹園に伝手のある方が、
その貴重な浜なしを、お手配してお送りくださいました。
f0039281_23123964.jpg

ショリショリした食感、
みずみずしい果肉。
喉を潤すのに最適な、さらりとした甘さ
人気の出るのが分かります。
それはそれでよいけれど、
もっと気軽に手に入れられると良いのにね、と思います。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-24 23:06 | あまいもの | Trackback | Comments(4)
“面白い御本、読んでしまったから、差し上げます。”
そうおっしゃって、大お姉さまが私にくださいましたのが、こちら。
f0039281_23101937.jpg

“和食の知られざる世界”辻芳樹氏著(新潮新書)
です。
辻調理師専門学校の校長先生であり、辻調グループの代表をされている(本書2刷時)筆者は、
お父様が、料理研究家の故、辻静雄氏。
帯に紹介されたお写真が、たいそう綺麗な御曹司さんです。
料理人としての経験より、食べる人としての場数を多く踏んでいる人物で、
12歳で渡英してから大学を卒業するまで、外国で育ちながらも、
食…特に和食に対する感覚は、お父様から薫陶を受けられた成果が有ったのだなあと、
思いながら拝読いたしました。

ユネスコの無形文化遺産に登録されたのは良いものの、
“和食”と言っても、あまりに日常、あまりにざっくり。
便乗されているのか、正しく使われているのかさえも、わかりにくい状態です。

そんな無秩序な“和食”に対し、本書は、ピンからキリまでのうちの、
ピンの方の秩序を、指し示してくれているように感じました。


ところで、
私の回りには、本好きの方がとてもたくさんおいでになります。
そんな方々の中で、特にお目にかかる機会がある方々とは最近、
読んだ御本を貸し借りして楽しむようになりました。
図書館ではなく、移動図書館でもなく…
何と呼ぶのかわかりませんが、ちょっと楽しいやりとりです。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-23 23:08 | 読書 | Trackback | Comments(6)
f0039281_21155811.jpg

渋谷のBunkamuraミュージアムで、八月から開催中のだまし絵展。
夏休みが終わるのを待ってから出掛けようと、楽しみにしていました。

タイトルに“Ⅱ”とあるように、今回が二回目のようですが、
あいにく一回目を見逃しています。
さらに、だまし絵と言っても、どんなものかよくわからないと困るので、
音声ガイドを借りることにしました。
美術展で、ガイドを使うのは初めてです。

音声ガイドのナビゲーターは、俳優八嶋智人氏。
聞きやすく面白いナビゲーションで、だまし絵の手法や、
その絵のコンセプト、裏話などなど盛り沢山の内容で、
絵画展を二倍楽しめたように感じました。

だまし“絵”と言っても、二次元のものばかりでなく、
立体の作品も展示されています。
解説があっても、頭の上に、
クエスチョンマークがたくさん並んでしまうものもあるし、
なるほどね~と頷きながら何度も眺めてしまうものもありました。

芸術の秋の一日。
ちょっと頭を柔らかくしながら見る美術展もまた、
良いものですね。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-22 21:13 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
近所のマーケットで、北海道産のあいなめが出ているのを見つけました。
おろした半身の状態です。
f0039281_2057447.jpg

魚屋さんがお家の近所にはないので、
ごくごく一般的なお魚以外は、デパートの地下に行かないと、普段はなかなか手に入りません。
あいなめなどが手に入るのは、とても珍しいことなのです。

たっぷり頂ける量ですので、
これはひとつ、何か面白いものを作りましょうと腕まくり。

ヒントをいただこうと、
手元の和風洋風のお料理本を、パラパラパラ…。
今一つ、ピンとくるものがありません。

そうそう、ネットで調べましょうと、
大手のレシピサイトCやらRやらを、クリッククリッククリック…。
思った以上に、役に立つ情報がありません。

で、結局、
f0039281_20582690.jpg

もっともトラディッショナルな唐揚げの応用編、揚げ焼きにいたしました。
唐揚げよりも温度が低いので、食べやすいよう骨をとる作業がちょっと大変でしたが、
ホクホクの身がジューシーで、とても美味しくいただけました。

それにしても、これは!というレシピサイト、
ないですねえ。
秀逸なレシピや、素材の仕込み方法をきちんと伝授してくれるレシピサイト、
どこかにないものかしら…。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-21 20:52 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)