<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歌舞伎座 二月大歌舞伎 昼の部 

今月の歌舞伎座では、昼の部の通し狂言新書太閤記を観ました。

昭和14年(1939)12月の歌舞伎座が、初演のお芝居です。
原作は吉川英治氏で、その年のお正月から新聞紙上に連載されて
大人気となったものを、先代(六代目)菊五郎丈が、連載中から
歌舞伎として作り上げました。
f0039281_17541041.jpg

いままで何度も上演されてはいるものの、七代目の思い入れを
たっぷり詰め込んで、今回の上演となったようです。
大筋としては、良く知られた秀吉の出世物語なので、あたらめて
あらすじを追う必要はありません。
その分、セリフをよく聞き、役者さん方の表情や仕草を注視して、
お芝居そのものを楽しむことが出来ました。
f0039281_17543695.jpg

台詞のテンポもちょうど良くて、話の展開の早いこと早いこと!
でも、それらに決して無理はなく、むしろ快く舞台にのめり込めました。
その結果、もしかしたら、今の歌舞伎が見直すべき点は、ただひとつ。
テンポだけなのかもしれない…などとも思えてしまいました。

さて。
舞台上では、七代目菊五郎丈が“最初から太閤殿下”の雰囲気を
醸し出している、ということだけには、片目をつぶる必要があります。
秀吉を描いた物語は数々あり、今日に至るまでに様々な角度から様々な
秀吉像が描かれてきました。
秀吉、といったときに、教科書の絵ではなくて、ある役者さんの
お顔が浮かんでくるという方も多いことでしょう。
でも、すべては後の世の人の、想像にしかすぎません。
菊五郎丈は、いままでなんとなく作りあげられてきたイメージとは、
凡そかけ離れた秀吉を演じていましたが、この通し狂言をじっくり
観ているうちに、なんだかそれが新しい秀吉のイメージとして、
塗り替えられて定着してしまったような気がしています。

また、今回は、あれこれ工夫をされながら、足したり削ったり、
たぶんお稽古をなさりながらも舞台をまとめてこられたのでしょう。
最初に出来たちらしには、“庄内河畔より、中国大返しの場まで”と
記されていて、役名をみると浅井長政が登場するはずでしたが、
初日にはそれらが変更されていました。
f0039281_17554925.jpg

すでに上演を重ねた演目も、磨き、練り上げることにより、より一層
見ごたえのある面白いものになって行くのだと、実感できる舞台でした。
f0039281_17561752.jpg

f0039281_1756407.jpg


usako補足その1>錦之助丈、御病気のため休演。心配です。

usako補足その2>歌舞伎座と言ったら人形焼。
毎回飽かずお土産に買い、それとは別に、幕間のおやつにと、
焼き立てを買います。
ハフハフしながら食すのがまた、かくべつかくべつ。
f0039281_1757651.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2016-02-26 17:47 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(2)

麻布山善福寺界隈で一万歩ウォーキング

f0039281_22422146.jpg

港区の善福寺。

開山824年(天長元年)のこちらは、福沢諭吉先生が奥さまと
ご一緒に眠っておられるお寺で、毎年2月3日の諭吉先生の御命日
には、雪池(ゆきち)忌の御法要が行われています。

都内では、浅草寺に次いで古いお寺ということもあり、
一度行ってみたかったので、先日、まろさん(usakoパパ)の
ウォーキングに同道して、出掛けてきました。
f0039281_22425190.jpg

こちらの本堂は、1607年(慶長12年)に徳川家康が、東本願寺
八尾別院本堂として建立したものを移築 ・再建した由緒あるものだ
そうです。

参道脇の柳の木の下には、この界隈では珍しい、地下水の
湧き出ている井戸が有ります。
また境内には、“逆さ銀杏”“杖銀杏”など呼ばれている樹齢700年を
超える銀杏の大木が有ったり、あるいは、初代アメリカ合衆国公使
館として使われ、タウンゼントハリス公使らが滞在した、
その記念碑が立てられていたり、そんなあれこれを見て回ると、
ちょっとした、歴史散歩気分になれるところでした。
f0039281_22445396.jpg

f0039281_2245799.jpg

ちなみに、虎の門は、善福寺の山門だったところだそうです。
それから、現在杉並区に、善福寺川という川があり、
善福寺池というお池が存在するのですが、それは、かつて、
このお寺の奥の院のあった跡だから、という説があるそうです。
そうだとしたら、なんて広い寺領だったのでしょう!

墓所のほうは、写真撮影は出来ないのですが、
雪池忌のあとの諭吉先生のお墓は、お花やお供えものでとても
賑やかでした。なぜかお墓のふちにお賽銭が並べてあったり…。
そうそう、越路吹雪の歌碑も建てられていました。

結構な距離を歩きましたが、速度がまろさんペースでしたので、
私には程よく、疲れもせず。
帰宅してまろさんが、“これ見て!”と見せてくれた万歩計は、
10,100歩となっていました。

usako補足>へえ~これで10,000歩位…とすると、
普段私は、どのくらい歩いているのだろうかと、俄かに興味が
湧きまして。
早速翌日、万歩計、仕入れて来ました。
万歩計デビューします!
[PR]
by oomimi_usako | 2016-02-24 22:40 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)

続きはホワイトデーのために。

f0039281_15364471.jpg

f0039281_1537597.jpg

クリスマスから年を跨いでバレンタインデーまでは、
製菓業界がいちばん忙しい時期。
特に2月上旬は、お菓子教室も、甘い香りに包まれておりました。
f0039281_15374563.jpg

f0039281_1538490.jpg

テーブルの上も、綺麗なアイスピンクを基調に整えました。
その色のバラを纏ったテーブルウエアを揃えて、
最後にその色のバラを、飾りました。
f0039281_15382769.jpg

f0039281_15385248.jpg

お作りいただいているのは、外側はカリッ内側はしっとり、の
しっかりした甘さのクッキーです。
バレンタインデーは過ぎてしまいましたが、お教室は三月中旬
まで続き、ホワイトデーのお返し用としてもお遣いいただける
ようにしています。
f0039281_1540534.jpg

ガンバラナクチャ!!
[PR]
by oomimi_usako | 2016-02-20 15:34 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(8)

うふふっふ

f0039281_21543627.jpg

みていると思わず私も、
うふふ~と笑顔になってしまう可愛いお雛さま。

立春も間近くなったある日、
お内裏様とご一緒に我が家にお出でになりました。
f0039281_21545635.jpg

愛らしいお召し物に、豊かな表情。
小さな手まりも、台の部分もすべて含めて、
お友だちであるY子おねえさまのお手製です。

お雛さまが屈託のない笑顔で微笑むのとは対照的に、
お内裏さまは、ちょっとおすまし顔。
ーおのこは、すぐ笑ったりしないものであるぞよー
f0039281_21561918.jpg

ーうふふ~あんなこと言っちゃってぇ、
あとで後ろからくすぐっちゃおうっと。
うふふ~ー
f0039281_21571668.jpg

昨日は、実家でお雛さまをお飾りしてきました。
我が家のお雛さまにも、そろそろお出ましいただこうと
思っています。
古参のお二人は、可愛い笑顔のお雛さまをご覧になって、
さて、なんとおっしゃるでしょうか。
f0039281_21573476.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2016-02-11 21:49 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(8)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ