K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0039281_8284080.jpg

歌舞伎座の六月大歌舞伎は、義経千本桜を三部制で上演。
珍しくそれぞれの部に、サブタイトルも付けちゃいました!
第一部が“碇知盛(いかりとももり)”、第二部が“いがみの権太”、
第三部が“狐忠信”。
これらすべて登場人物の愛称で、それぞれがその部分のストーリーの
メインキャストという意味で名付けたそうです。
私は、第二部を観に行きました。
長編の時代物であるこのお芝居の、ちょうど中間部“木の実(あるいは
椎の木とも呼ばれる)”“小金吾討ち死”そしてこれを見ると柿の葉寿司が
食べたくなる“すし屋”という幕です。

お話のあらすじは、もうみなさん周知のことなので、ここでは割愛させて
いただき、いつものようにミーハーな目で見たあれこれを。
f0039281_8295152.jpg

まずはやはり、いがみの権太を演じた松本幸四郎丈。
悪人の顔、子を想う親の顔、そしてある意味で親に孝行する子供の顔。
それぞれの場面で、別人と言っても良いくらいのキャラクターの違いを
見せ乍ら、全場面に渡って扇の要となっておいででした。
第二部を締めていたのは、やはりこの方でした。

それから、大活躍だったのが尾上松也丈。
TV番組にもお顔を出されているようですが、ここのところ舞台でも
奮闘されているお姿を良く見るようになりました。
端正なお顔立ちで惹きつけた多くのファンを、更に演技を磨いて
虜にして欲しいものです。

お里が、市川猿之助丈。
襲名以来初めて拝見、というより、そもそもこの方の舞台は、
お若い頃のを数回しか見たことがありません。
丸顔が可愛らしく、とても良いお里。
この方、立女形というより、女形一本で行ったほうが良いんじゃない
かしら?という感じ。
でも、さすが当代の人気役者だけあって、昼下がりの長丁場である
“すし屋”の段で、ご見物をぐいぐいひっぱって、
惹きつけていらっしゃいました。
まっ、お里がキツネチックに動くのが、若干気になりましたが。

そして、終盤首実検の場面には、梶原景時で、坂東彦三郎丈がご登場。
少しだけの出演ですが、こういう役者さんが出ると、
座がますます締まります。
f0039281_8322855.jpg

さてさて・・・。
三人の人物をそれぞれに描き出す、という趣向(?)で、
三部に分けられたこのたびの義経千本桜。
ストーリーを把握している人間からみれば、
ブツブツ切られて却ってわからんっ…
と、言いたいところをぐっと我慢して。
ビギナーの皆々さまが、この三人の人物を取っ掛かりにして、
義経千本桜をどのように受け止められたか、じっくり伺ってみたい気が
いたします。




                         ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-25 08:26 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)
お出掛けした帰り、
お家で待っていた殿へのお土産に、
お菓子を買って帰りました。
f0039281_14415396.jpg

f0039281_14422279.jpg

白金堂のフレッシュケーキ。
抹茶のショートケーキと、チョコレートのケーキ。
一応、こころづもりとしては、抹茶が私、チョコが殿。

先日の、“ぼく、こっち 事件”を教訓に、
今回は、何も聴かずに、
それぞれをそれぞれの前に置きました。
さあ、いただきましょう。
すると殿は、すぐにはフォークを取らず、
抹茶ケーキに視線を合わせて、言いました。
“ハンブン ズツ ニ シナイ ?”
f0039281_14434520.jpg

…そう来たか。
二等分しやすいケーキで良かったわ。
f0039281_14443149.jpg

白金堂、今回は、出店している新宿伊勢丹で購入しました。
本店は、白金にあり喫茶スペースもありますので、
そのうち、出掛けてみたいと思います。

“キミ ノ スキナホウ ヲ エランデ ヨイ ヨ。”
と、殿はまだお上手に言えません。
訓練はこれからも、継続します。




                          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-18 14:39 | あまいもの | Trackback | Comments(8)
f0039281_167301.jpg

せっかくランチを楽しむならば、
“これはいったい何でしょう?”
と、悩んだり、
“こういう合わせ方がありましたか”
と、驚いたり。
とにかくそういう新しい発見を沢山出来るところで、
お食事をしたいと常々思っています。

先日伺ったフレンチレストラン ラ・リューンは、
まさにそういうお店でした。
コロンとした前菜はポテト。
f0039281_1681696.jpg

下に見える細かいチップは、ゴボウで出来ています。
f0039281_1684124.jpg

燻製のお味も美味しく、珍しいハーブもたくさん使われていました。
f0039281_169261.jpg

パン用に供されるのはパテ。
f0039281_1692298.jpg

ちょっとしたおつまみは桜海老。
f0039281_1694276.jpg

スープは、淡路の玉ねぎに、ビーツの赤をアクセントに。
f0039281_1610054.jpg

メインのお魚も、たくさんのお野菜に囲まれていました。
f0039281_16102134.jpg

おや?なんでしょう?
面白かったこちらは、デザート。
お帽子を乗せたような感じで登場。
f0039281_16103738.jpg

隙間から覗くと、なんだか美味しそうなお顔がチラリ。
f0039281_16112219.jpg

ちょうどクレームブリュレを頂く時のように、
茶色いお帽子をツンツンつついて割って、
下のドルチェやソースと絡めていただきます。
季節のチェリーを使った、美味しい締めくくりでした。
f0039281_16115242.jpg

f0039281_1612941.jpg

時季の旬のものが、思いがけない形で登場するのが
とても楽しみなレストラン。
お忙しく立ち働くシェフのご様子が、良く見えるのも楽しく、
スタッフの方のサービスも気持ちが良くて、
また別の季節に、是非お伺いしたいと思いました。
f0039281_16123016.jpg







                            ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-13 15:58 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

風景に似合うお紅茶

f0039281_7502331.jpg

お菓子教室ご試食のお時間でのひとコマです。

爽やかな初夏のイメージで設えたテーブルのうえでは、
ティーカップ&ソーサーは、ガラスのものを使いました。
そして、その中にあるのはTeaBagです。

普段使いならともかくも、お客様のおもてなしの時に、
堂々とカップの中に入れて、さあどうぞ…とは、
なかなか言えないTeaBag。
f0039281_7505080.jpg

でも、このTeaforte(ティフォルテ)のものは、
そのあまりに可愛らしい意匠で、
テーブルの上の主役にもなり得ます。
f0039281_752341.jpg

お好きなお味やフレーバーを、
それぞれに選んでいただけるのも良いところ。
いつもなら薫り高いお紅茶をいれる白いポットに、
たっぷりのお湯を準備して、
セルフサービスで、お茶を淹れていただいています。

初夏のお教室風景に、
綺麗に馴染むお紅茶です。




                      ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-11 07:42 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(4)
酒蔵を見せて頂いたご縁で、松江の米田酒造さんから、
今年出来た御酒の、試飲販売をなさるとのお知らせをいただきました。
f0039281_18243658.jpg

場所は、日本橋島根館。
夫婦揃ってイソイソ出掛けて、お披露目となった御酒を
ぜ~んぶ、お味見させていただきました。
米田酒造さんの醸す日本酒は、正に島根の日本酒らしいお味です。
軽くて呑みやすいけれど、爽やかな旨みがお口に残り、
宍道湖の幸が、するするとたくさん頂けてしまうのです。

とはいっても、店頭での試飲販売。
その場で、御肴をつまむわけには行きません。
杜氏の方に、秋の元気な再会をお約束して、
私たちは、お隣の島根料理のお店、主水へと移動しました。
f0039281_1825540.jpg

島根の日本酒を、地元の食材と共に楽しむなら、
何といってもこちら主水です。
今回も美味しい食材を堪能しました。
こちらは、真鯛とキカナのお造り。
鯖を甘辛い胡麻醤油で和えたもの。
f0039281_18252617.jpg

宍道湖しじみの酒蒸し。
f0039281_18254550.jpg

f0039281_1826164.jpg

私からは遠い側にセットしてもらったので、
殿が取り分けてくれました。
これは貴重な画像です。
お家では、お食事に関することは何にもなさいませんので、
こうして取り分けていただけるのは、十年に一度位です。
f0039281_18263789.jpg

f0039281_18272268.jpg

烏賊に、あおさの玉子焼き。
そして、島根産の岩牡蠣。
f0039281_182743100.jpg

あらまあ、だめだめ、お行儀悪い。
f0039281_1828525.jpg

どこかの都市の首長さんのように、指をさしてはいけません。
・・・見事な岩牡蠣の大きさがお分かりいただけるように、
私の小さな指を出してみましたの。
平にご容赦。
f0039281_18285813.jpg

そして、もちろん出雲そばをいただいて、
島根の宴を〆ました。

いただいた日本酒は・・・
島根のメジャーどころを、二人でほぼ網羅いたしましたので、
銘柄については、省略させていただきます。



    ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-06 18:23 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)
美術館入り口に立って、チケットをチェックしている係員女史。
その後ろには、見慣れぬ立て札がありました。
“ただいま館内は大変混雑しております。”
この時間、この場所で、この立て札が出るというのは、
ちょっと珍しいことです。
“あの~、今日は何かイベントでもあったのですか?”
そう伺うと、
“いえ、そうではないのですが、会期末も近いものですから。”
確かにそろそろ会期末ですが、その日、残りはまだ二週間ありました。
“申し訳ありません。”
いえいえそんな、と言いながら、意を決して会場に突入しました。 
f0039281_23595138.jpg

今回の展覧会は、ボストン美術館所蔵の浮世絵コレクションのうち、
歌川国芳と歌川国貞の作品が、これでもか!というほど大量に、
展示されています。
浮世絵は、江戸時代の風俗を知ることが出来る、興味深い芸術。
特に歌舞伎の役者絵は、写真の無い時代の役者さんたちの、
お顔立ちを想像出来る、大事な作品群でした。

それにしても、
週明け月曜日のお昼頃といえば、いつも、快適な鑑賞空間を
提供してくれるのが常の渋谷東急Bunkamuraザ・ミュージアムです。
しかしながら、今回は、いつもと違う異様な様相を呈していました。
とにかく混んでいるのです、それも、お若い女の子たちで。
“何故に?”と思ったのは私だけではないようで、
どうしたのかと、係の方に尋ねている方々を数人お見かけしました。
f0039281_001641.jpg

さて。
照明を落とした混雑した場内で、
大判とはいえ遠目に観るには小さい錦絵を、細部まで,
矯めつ眇めつ眺める余裕は、あまりありませんでした。
でも、せっかくなので、いつものように、
お気に入りの一枚を見つけてみました。

それは、歌川国貞の五枚組の作品。
松葉屋、中万字屋、扇屋、姿海老屋、弥玉、それぞれの店の
美人二人ずつを、ベロ藍という藍色の人工絵具一色で描いたもの。
膨大な錦絵の中に、この絵の藍のすっきりした筆遣いが、
あまりに新鮮で、爽やかで、強く印象に残りました。

この週末で会期は終了。
土曜日日曜日の人出や如何に!!





[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-03 23:54 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

ミントをつかって

お菓子作り用にと、べランダでささやかに育てているミントたちは、
毎年必ず木の芽どきを過ぎる時分に、
どうにも葉っぱが美しくなくなってしまいます。

そのため、先日のバースディケーキの飾り用のミントは、
マーケットでパックのものを購入して使いました。
残ったミントは、案外多めです。
f0039281_1459371.jpg

ちょっと暑かった休日の夜。
その残ったミントを使い、
爽やかなカクテルを作ってお夕食を楽しみました。
f0039281_1509100.jpg

スライスしたライムと、枝から外したミントの葉、
そして、最近気に入っている讃岐の和三盆糖をベースにしたお砂糖。
全部一緒に厚手のグラスに入れて、すりつぶします。
氷と、バカルディホワイトラム、炭酸水を加えてひと混ぜしたら、
usako特製モヒートの出来上がり。
f0039281_150291.jpg

トマトとモッツアレラチーズのマリネと、
サーモンとクラブミートのパイと、
ステーキ肉を使った即席ローストビーフと、
そして、有り合わせのお野菜をまとめたサラダを、
お伴に、お夕食を楽しみました。

自家製モヒート!
今年の夏は、ちょっとクセになりそうです。
ベランダのミントを、どうにか復活させねばなりません。





          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-01 14:55 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)