<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

江戸城を挟んで東西対決

f0039281_19030341.jpg
11月は、歌舞伎座と国立劇場の双方で歌舞伎を観劇しました。

まず歌舞伎座は、吉例顔見世大歌舞伎。

f0039281_19032079.jpg
八代目中村芝翫とご子息三名の、一家揃ってという襲名披露公演となりましたので、口上のある夜の部を拝見しました。
歌舞伎の世界の次代を担う若者が、素直に育って順当に襲名される姿を観ると、とても安心します。
ただ、口上の他の演目が、ちょっと寂しいと感じたのは、私だけでしょうか。
お祝い出演の幹部の方々のお顔も、なんだか物足りなくて、あれれ?という感じ。
襲名直前に発覚した“ホンのオテツキ”が影響しているわけではないはずですが、
手放しの華やかさに彩られるはずの襲名興行が、なにかちょっとお地味な印象でした。

もう一つ観劇した国立劇場の方は、開場50周年記念興行と銘打って、10、11、12月の三か月をかけて、仮名手本忠臣蔵の完全通し上演中。
コストパフォーマンス重視の歌舞伎座では、最近上演されることのほとんどない段までも、しっかり上演しています。

f0039281_19033428.jpg
その上、役者が勢ぞろい。
みなさんこちらにおいでになったのですね。
個人的には、今見られる最高の仮名手本忠臣蔵なのではないかと思い、嬉しさに、観ていて笑みが浮かんでしまいました。
このお芝居、各段ごとに、流れる空気の温度や重さが違います。
通し上演だからといって、一人の役者さんにひとつのお役を当て続けることをせず、段によって配役を変えることで、
かえってお話の展開を、より分かり易くする効果があったのではないかと思いました。

というわけで、江戸城(?!)を挟んで、東の歌舞伎座と西の国立劇場。
行司はusakoで、軍配は勝手に西!に上げさせていただきます。

大好きな歌舞伎。
見始めるときりがないので、ひと月一回!と決めているのですが、来月もその禁を破り、再び東西対決と相成ります。
12月の歌舞伎座は、なんたって玉三郎さまがご出演。
一方国立劇場も、普段見られない段あり、討ち入りありのクライマックス。
さて、どうする、行司usako!

国立劇場のロビーも、歌舞伎座とはまた雰囲気が異なり、とても綺麗です。
シャンデリアも、

f0039281_19034918.jpg
日本らしいカーペットも、
f0039281_19040053.jpg
お気に入りです。









[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-28 19:01 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)

サンクスギビングもクリスマスも飛び越して。

f0039281_22250467.jpg
クリスマスのお菓子教室やプレゼント用シュトーレン作りの材料を保管するために、
今の時期に必ずして置かなければならないのが、冷蔵庫と冷凍室とパントリーの整理です。
f0039281_22252580.jpg
その整理中に集めた半端な材料を使って、久し振りに焼いたのがお正月のお菓子、ガレットデロア。
サンクスギビングもクリスマスもまだこれからなのに、なぜに?
という疑問は横に置いておいて、サクサクのパイ生地と甘いクレームダマンドの、
美味しいおやつが焼きあがりました。
f0039281_22255361.jpg
f0039281_22265556.jpg
それ以上に美味しかったのが、切り落とした端生地で作ったひと口パイ。
シナモンパウダーとお砂糖を振りかけて、クルクルッと巻いただけなのですが。
f0039281_22285162.jpg
切り落としや、
端っこや、
余りものは、
なぜかいつだって美味しいのです。



[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-23 22:23 | あまいもの | Trackback | Comments(2)

四谷坂町 ジュードゥマルシェ(Jour De Marche)

曙橋から程近いところ。
防衛省のいかつい建物をながめつつ、靖国通りから路地を入ったところに、このお店はあります。
フレンチレストラン、ジュードゥマルシェ。
シェフは女の方で、リヨンの“ニコラ・ル・ベック”や“テラス・ド・リヨン”などといった星を冠したレストランで、六年間修行されたという榎本奈緒子氏です。
f0039281_17505087.jpg
全部で16席というこじんまりとしたお店ですが、それゆえ、細かいところにまで目が行き届き、心地よい雰囲気のなかで、お昼のひと時を堪能できました。
f0039281_17545476.jpg
ごぼうのフリットが添えられた、ごぼうの温かいスープ。
冷える日だったので、この始まりの、小さなガラスの器を手のひらで包みながらいただいたら、すっかり身体が温まりました。
滋味溢れるというのは、まさにこういうことだと感じて、コースの初めから良い気持ちになります。
f0039281_17551148.jpg
前菜には、つぶ貝と旬のお野菜を綺麗に盛りあわせたサラダ仕立てのひと皿。
軽い酸味をライムで加えて、すりおろした皮も軽く振りかけてあり、
旨みと軽い塩味と、そしてさっぱり感を、一体にして味わえます。
f0039281_17555056.jpg
古代米のリゾットは、可愛らしいココットで供されました。
太っちょの釜揚げしらすと、グラナパダーノというチーズをクロッカンにしたのものと、
小さくちぎったトレビスを、器の中でザクザク混ぜて頂きます。
いろいろな食感が楽しめました。
f0039281_17552942.jpg
一緒に出して下さる自家製パンが、これまた美味で。
外側はカリッと、中はふんわりもっちりと焼き上がっていて、
これで、ワンプレートと言われても、思わず納得してしまいそう。
美味しいソースがたくさん続きましたので、
それらと併せても、楽しめました。
f0039281_17560817.jpg
お魚のプレートは、香ばしく焼き上げられた平鱸。
立派な春菊のフリットが添えられていて、ソースも春菊。
全てを絡めて頂くと、ほのかな苦みが、アクセントになっていました。
f0039281_17562262.jpg
お肉は蝦夷鹿。
これがまた、なんと柔らかく美味しかったことか。
添えられた根菜やりんごのソテーとのお味の組み合わせも絶妙です。

ワインは、お料理の内容や進行に合わせて、ソムリエの方に三種類を選んで頂きました。
アルザスの白と、ギリシャサントリーニ島の白、そして、赤はミュスカデだったかしら?
日本酒のようには詳しくないので、間違っていたらごめんなさい。
でも、ぴったりのセレクトで、お料理の美味しさが際立ったことは間違いありませんでした。
f0039281_17563408.jpg
f0039281_17564645.jpg

デザートは、二種類。
鎌倉街道七国峠のたまごで作られた自家製プリンは、すっきりとしたたまごのお味に、
程よい焦がし具合のカラメルが、これまた絶妙なバランスで美味ですし、
栗と黄粉のムースとキャラメルアイスに、安納芋のスープが添えられたひと皿も、
こっくりほっこりした秋の味覚が、ギュッと詰まった甘いお皿。
ご一緒したお友だちとともに、最後の感嘆の声を上げました。
スポイトに入っているので、自分で量を調整して加えられるのは、りんごのブランデーカルバドスです。

帰り際には、榎本氏とソムリエの方がお店の御玄関まで出ていらして、見送ってくだって、
まるで、お友だちのお家におよばれしたときの、去り際のような心持になりました。


始まりからおしまいまで、お味そのものの美味しいことはもちろんでしたが、
素材やお味のバランスの絶妙さや、一つ一つのお皿を仕立てるときの細かいご配慮、
感じの良いおもてなしなど、すべてが嬉しいひと時が過ごせるフレンチレストランでした。

f0039281_17511176.jpg




[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-20 17:49 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(8)

最後の薔薇

f0039281_17004645.jpg
今年最後の薔薇の花が、ベランダで咲いています。
先月下旬ごろから、支度をはじめたその蕾を、
霜月の声をきいてから、ゆっくりとひろげました。

初夏の薔薇は、咲くのも散るのも勢いがあって元気ですが、
秋の薔薇は、なにかとゆっくりゆっくりで。
まるで、花のある季節の名残を、惜しんでいるかのようです。


散ると言えば・・・
NHK大河ドラマ“真田丸”が、いよいよ残りあとわずかになってきました。
昨晩の第45話あたりはまだ良いのですが、
この後最終回までは、歴史を知っているがゆえに、
雅人くんが可哀想で可哀想で、もう見てはいられません。

ということで、
“私の大河ドラマ”は、第45話の雅人くんの雄姿を見納めにして、無事最終回となりました。

ところが、
我が家には、毎話、三谷氏の散りばめる仕掛けを楽しみにTVに齧りついている、
大河ドラマフリークの殿がおります。
我が家のTVは、最終回までを必ずや映し出すに違いなく、
その時間を私がどうやって遣り過ごすかが、
今年最大の難問となりそうです。


来週は絶対に見ないからねっっ



usakoの雅人くん話、篤姫最終話のこと。

雅人くんの文芸春秋寄稿のこと。

雅人くんのご著書のこと。






[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-14 17:46 | 草花 | Trackback | Comments(14)

お芋のお菓子

秋になると、
なぜか食べたくなる美味しいものの一つ、
お芋のお菓子。

f0039281_17434165.jpg
お芋の産地、川越で、明治20年から続いている和菓子屋さん、くらづくり本舗のお菓子を頂戴したので、お茶の時間に楽しみました。
馥郁とした肉桂の香りが、秋の日の午後の、お茶の時間にぴったりでした。
f0039281_17435139.jpg
包み紙も、郷土色豊かで、楽しいデザイン。
小江戸と呼ばれる川越の街には、まだ行ったことがありません。(案外、近場で行ったことのないところがたくさんあります。その筆頭は…東京タワー!)
メディアで取り上げられているのを時々目にしていますので、
そのうち、出掛けてみたいと思っています。

Special thanks to M-san !!




[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-07 17:40 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

2016年秋のK's Sweets Kitchen

f0039281_17274238.jpg
シナモンの香りたっぷりのりんごのタルト。
お教室では、皆さまお仕事がとても丁寧なので、
綺麗なタルトが沢山誕生しています。
f0039281_17290475.jpg
f0039281_17291388.jpg

私なりにとても気に入っている、テーブルの上の色遊びも、
ご一緒に楽しんでいただくことが出来て、
とても嬉しく思っています。

f0039281_17320357.jpg
f0039281_17321421.jpg
f0039281_17322496.jpg

街にはもう、クリスマスツリーが登場し始めましたね。
秋のお教室が終わりましたら、
私も、クリスマスのお教室の準備に入ります。

f0039281_17294112.jpg
f0039281_17330745.jpg


usako補足>クリスマスの時期、銀座の風物詩といえば、ミキモトのクリスマスツリーでした。
社屋建て替えのため、2014年でしばらく見納め・・・かと思いきや、ひょんなことから、
お隣の山野楽器店が、昨年からツリーを継承。
今年も、11月12日土曜日に点灯式です。
↓↓↓地味なリンク表示ですが、内容は楽しいですよ。






[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-04 17:25 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(6)

今の時季なら亥の子餅

f0039281_15020048.jpg


お茶の時間に、熱く煎れたお煎茶と一緒に、亥の子餅をいただきました。

旧暦の亥の月亥の日に当たる日に、茶道では開炉の茶事が行われますが、
その際のお茶席菓子として、よく供されるのが亥の子餅です。

そもそも亥の日に、炉を開くという行為と、お餅を食べるという習慣は、別々に存在していたらしく、
茶道の中で、それらが一緒になることで、いまでも両方が伝えられているというのは、
非常に興味深いことだと思います。

古の中国には、亥の月亥の日亥の刻にお餅を食べると無病息災に過ごせるという言い伝えがあり、
それが日本に伝わってきたことが始まりのようです。
平安時代頃には『御亥猪』という宮中行事として、
旧暦亥の月の最初の亥の日に、無病息災と子孫繁栄を願いつつ、
新米をついて作った亥の子のかたちのお餅が献上されていたらしいことは、
『源氏物語』の葵の上の帖にも記されているのだとか。
その習慣は、やがて宮中を下り、一般の人々の間にも広まって、今に至るようです。

一方、同じ亥の日は江戸時代、茶道の炉ひらきのほかに、一般市民の家でも、
火を使って暖をとる火鉢や炬燵など冬のお道具を出す日、とされていたそうです。
なんでも、亥は、陰陽五行では十二支のなかで水性とされるため、
その日に火を入れれば、火事になりにくいと云われていたようです。

f0039281_15021179.jpg

無病息災に、子孫繁栄に、火の用心。
うりぼうの形をした、ほんの小さなこのお餅ですが、
古くから、日本人一人一人が頂くときに込めたその願い。
そうと知れば、時を経た今の時代も変わらずに、願いを込めていただきましょう。
今日の暮らしの安寧が、明日にも明後日にも、ずっとずっとつながりますようにと。



usako補足>たねやさんや、虎屋さんのHPを参考にさせていただきました。
この亥の子餅、11月1日だけの販売のお店もあるようですが、一応11月中なら、手に入れられるお店も多いようです。

ちなみに、2016年の亥の月亥の日は、11月1日でした。
次は、13日、25日(十二支なので)。
食べ逃した場合、最初の亥の日でなくても、肖れるかも?しれません。



[PR]
by oomimi_usako | 2016-11-02 14:57 | あまいもの | Trackback | Comments(4)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索