<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

十二月大歌舞伎 第三部

今月の歌舞伎座は、三部制。
夜の観劇は、帰りが寒いのでこの時期はなるべく避けたいところですが、迷わず最終の第三部を取りました。
ひと幕目も二幕目も、両方とも舞踊ではありますが、玉さまがご出演あそばされるからです。
綺麗な玉さまを、久し振りにじっくり拝見してまいりました。


ひと幕目、二人椀久。
玉さまはもちろん、松山太夫。
玉さま贔屓としては、どうしてもそちらに目が行きます。
すでに、何度も見ているこの舞踊ですが、最後に姿を消すところ、今回はスッポンに下りて行きましたけれど、照明効果で舞台上スクリーンの後ろに消える演出のものも確か有って、私はそれが良いなあと思っています。
それは、片岡仁左衛門丈との共演で、お二人のバランスも良くて、これぞ“花形歌舞伎”と言ってよいものでした。
今回椀屋久兵衛は、勘九郎丈。

f0039281_21531754.jpg
二幕目は、京鹿子娘五人道成寺。
白拍子花子さんお一人だって、華やかで綺麗な舞踊劇ですのに、今回は、綺麗な花子さんが五人も同時に見られます。
が、やはり玉さま八割で楽しみました。
他は、勘九郎丈、七之助丈、梅枝丈、児太郎丈。
気のせいか、お衣装のお色が、玉さまだけ少し薄目になっていたような?

お若い方々は、その姿だけでも可愛らしくて良いですね。
やがて、玉さまのように、佇むだけでもご見物方を魅了する女形になってゆかれるのが楽しみな、花子さんたちです。

数年前から、玉さまの道成寺がかかるたびに、
「これが最後の花子さんになるかもしれない」
と、思いつつ観に行って、しっかりそのお姿を目に焼き付けることにしています。
踊りの切れや、美しさにご自身が納得できなくなったとき、きっと玉さまはすっぱり舞台を去られるだろうと思うから。
今回、お若い方々を従えての舞台は、貫禄を超えて、凄みさえ感じられる玉さまの花子なのでした。
それにしても、綺麗な姿が揃って踊る様子はとても華やかで、この一年の観劇の締め括りに、ぴったりでした。

f0039281_21534250.jpg
今年も、残りあと二時間ほどとなりました。
12月は、ブログに書きたいこともたくさんありましたがなかなかパソコンに向かえず。
でも、せめて12月の歌舞伎観劇のことはなんとか今年中にと思い、お恥ずかしながら、この駆け込みUPです。
更新が終わったら、このあとは、元日の朝のテーブルのセッティングに取り掛かろうと思います。
クロスをテーブルに掛けてピンとのばし、
折敷と、乾杯の日本酒用の江戸切子のグラスをセットして。
お祝い箸は、手作りのお箸袋に入れておきます。

みなさまも、良いお年をお迎えください。
今年も、拙ブログをご覧くださいましてありがとうございました。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-31 21:51 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback

国立劇場十二月歌舞伎公演 仮名手本忠臣蔵 第三部

国立劇場開場50周年記念、平成28年12月の歌舞伎公演は、三か月かけて上演された通し狂言の最終月でした。
仮名手本忠臣蔵の八段目から十二段目まで。

それを、せっかくなので、ちょうど討ち入りの日(旧暦だとちょっとずれますが)に当たる12月14日に観に行きました。
劇場では、討ち入り当日の観劇記念のお品をいただきました。

f0039281_15384508.jpg
f0039281_15391547.jpg
さて、まず八段目、道行旅路の嫁入。
幕開けは一面の松林。
チョンで、後ろに富士山が姿を現して、加古川本蔵夫人戸無瀬と娘の小浪による母娘の道行が始まります。
松の廊下事件の前に、小浪は、大星由良之助の息子である力弥との結婚が決まっていました。
父の加古川本蔵は、塩冶判官と同様に高師直からいわゆるパワハラを受けていた桃井若狭之助の家老でしたが、賄賂を届けて、主人へのそれをうまく回避してしまいます。
で、高師直は塩冶判官を余計に打擲することになりました。
さらに加古川本蔵は、松の廊下で師直に切りかかった塩冶判官を、後ろから抱き留めて制止してしまったのです。
そのため、お取つぶしになった赤穂藩からは、白い目で見られるようになってしまっていました。
それを知ってはいるものの、力弥の人柄を見込んでいた加古川家では、浪人している大星家の息子だって、なんとかお嫁入りさせたいと、この道行になるのです。

味がある魁春丈の戸無瀬と、もうちょっと嫋やかな雰囲気が欲しい児太郎丈。
でも、母(といっても後添えなので義理の仲)と娘の、婚礼を前にした浮き立つ雰囲気が、この先の悲劇を知っている私たちの眼には、とても儚げに映りました。

九段目、山科閑居の場。
山科にある大星家に、ようやく到着した母娘ですが、由良之助夫人に、縁談はなかったことにしてと言われてしまいます。
結局、心配で二人の後を付いてきた加古川本蔵が、自ら力弥に討たれる形で死ぬことで、娘は嫁ぐことが許されます。

由良之助は、先月の吉右衛門丈から梅玉丈へ。
夫人役は、メンバー的にちょっと珍しい笑也さん。
錦之助丈の力弥は、端正な雰囲気が御曹司らしくて素敵。
祝言をしてもらえることになった瞬間の、面々の様子は、静かな感動を誘います。
また、加古川本蔵が、瀕死の時“忠義ゆえに命は捨てないが、子のためになら命は捨てる”と言い放つところに、忠義の討ち入りばかりが際立つこのドラマの中に、もっとも人間らしい別な形のドラマを観ることが出来ると思いました。

この段の幕開けにある、普段は省略されがちな「雪転し」という場面が、今回、上演されています。
花道を、大きな雪まろげ(雪だるまの胴体部分)が、祇園帰りの由良之助とともに賑やかに通過していくのです。
それは、そのあと雪太鼓の音と共に静かにやってくる母娘の様子を、対比によって強調させる効果を感じます。

十段目、天川屋義平内の場。
これが、今回初めて見る段です。
いつも省略されてしまっていますが、今回は、完全上演なので、“真面目”に上演されました。
由良之助の依頼で、赤穂浪士に武器を調達提供した、堺の商人のものがたり。
本当に信頼できるか否かを、赤穂浪士たちにテストされ、無事合格しただけでなく、親子の縁も顧みない忠義心に浪士ら感動します。
義平役は歌六丈。
この方の朗々としたお声は昔から変わらずで、「天川屋義平は男でござる」という名セリフが、心地よく耳に残りました。
自分も武士なら、討ち入りに加わりたいくらいだと残念がる義平に、それならと由良之助があることを提案。
討ち入りの際の志士同士の合言葉を、義平の屋号の「天(あま)」「川(かわ)」とすれば、貴方も参加したことになるでしょうと、したのです。
それで、「あま」といえば「かわ」と答える。
これって、大事な段でしょう??
省いている場合じゃありませんよねえ。


十一段目、高家討ち入りの場。
あちらこちらで、ちゃんちゃんバラバラ。
結局、高師直は捕らえられ、首が討たれて、赤穂浪士らの本懐は遂げられます。
死んだ早野勘平の分も含めて48人として焼香をする柴部屋焼香の場面は、原作の財布の焼香をアレンジしたものだそうです。
花水橋を引き上げていく場面は、全員雁木の揃いの装束。
フォーティエイト揃うと、壮観に見えるのは、江戸時代から変わらないのかもしれない…などと、
余計なことを考えてしまいましたが、綺麗に例えるなら、宝塚のレビューのフィナーレのようで圧巻でした。

f0039281_15394277.jpg
やはり仮名手本忠臣蔵は、物語自体が面白いと思います。
竹田出雲と三好松洛と並木千柳の脚本家の力量が素晴らしいのです。
だから、役者がどうのこうのというのではなくて、脚本に忠実に物語りを追うことで、その面白さを存分に楽しめるというわけ。
役者は、その流れの興を削がないだけの演じ方をすれば、最低限…というよりもむしろ、思う存分観る側を楽しませることが出来るわけなんですね。
だからね、ブツブツ切って上演してばかりでは、あ・か・ん!のです。

最近、歌舞伎座は頼りにならないからね。
大変だとは思いますが、これからも頼みますよ、国立劇場さん。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-29 15:35 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback

続きましては恒例クリスマス会の記録

12月26日になった瞬間、どこもかしこもお正月モードに早変わり。
デパートはもちろん、近所のマーケットでも、昨日までの赤と緑の彩りが、赤と白にすっかり模様替えされていて、これぞニッポン!という感じがします。
この二日間に渡って滞在をされた海外のお客様の目には、この大きな変化は、どのように映るのでしょう。

usako実家のクリスマス会。
取りあえず毎年記録していることで、去年は何をどうしたっけ?という時に良い備忘録になりますゆえ、クリスマスの余韻さえ憚られる本日ながら、ちょっとUPさせていただくことにしました。
f0039281_23180842.jpg

自家用ケーキは、こんな感じで。
下から、ココアスポンジ、ブラックチェリーのムース、ココアスポンジ、マスカルポーネのムース、トップにシャンティイクリーム、ストロベリークリームという仕立て方。
お料理が沢山ある時のデザートにするには、お腹にたまるスポンジ部分を少なくするのがポイントです。
f0039281_23182216.jpg
シャンパンで乾杯して、
f0039281_23231846.jpg


あとは、ぴょんこちゃん渾身の作のお料理を堪能しました。
f0039281_23244904.jpg
f0039281_23250154.jpg
f0039281_23251421.jpg
f0039281_23254896.jpg
f0039281_23263287.jpg
f0039281_23261859.jpg
f0039281_23255809.jpg
以上が2016年のクリスマスでした。
先ほど、我が家のクリスマス飾りもすべて撤収し終えました。
今日買ってきた若松は、明日の荒天が過ぎてから、御門に飾る予定です。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-26 23:04 | おうちのお食事 | Trackback

ひと足お先にお仕事納め

クリスマスのためのお菓子を作ってきた今月のお教室も、無事終了。
と同時に、これで今年一年のお教室も無事終了で、お仕事納めとなりました。
f0039281_16552905.jpg
f0039281_16554633.jpg
今月初めてお越しくださった方も含めて、今年新たなご縁をいただいた方々もありましたし、
十数年目の今年も、続けてお越しくださっている方々もおいでになります。
私がこうしてお教室を続けていられるのは、そうした方々があるからこそという思いを、
常に忘れずに居たいと、一年を振り返りながら考えていました。
f0039281_16562006.jpg
f0039281_16564438.jpg
また来年も皆さまと、楽しいお菓子作りの時間をご一緒したいと思っています。
f0039281_16574998.jpg
f0039281_16580597.jpg
f0039281_16581796.jpg
最後のお教室で、お客さまをお見送りしたあとのお玄関は、
賑やかなクリスマスの飾りの中にも、心なしか静かな雰囲気が漂いました。
f0039281_16585592.jpg
f0039281_16590786.jpg
クリスマスのお教室や、お届けするシュトーレン作りで忙しかった日々のお仕舞いに、
我が家のクリスマスが、やってきます。

Have yourself a merry little Christmas !!



[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-25 16:54 | usakoのお教室 | Trackback

芝パークホテル151 オールドシティグリルハウス

都心の老舗ホテルは、軒並み改装工事が進められているようです。
芝パークホテルも、そのひとつ。
まず、以前の本館を改装して、芝パークホテル151と名付けて新装オープンしました。

先日、その中に新しくオープンしたステーキレストラン“オールドシティグリルハウス”にて、
お食事会がありました。

f0039281_16443909.jpg

店内は、大きな窓やガラス張りのオープンキッチンで、広々した明るい雰囲気。
宿泊していると思われる海外からのお客さまも、ちらほらお見えになっています。
そんな中で、東京ビーフをメインに日本の素材を使った、アメリカンカジュアルレストラン風のお料理が楽しめます。

f0039281_16442588.jpg
f0039281_16445425.jpg
キッシュや、真鯛のカルパッチョ。
海外のお客様を意識して、アンダープレートの上には、愛らしい千代紙が敷き紙に。
f0039281_16450372.jpg
“お決まり”のクラムチャウダーは、赤やオレンジやブル―など、
カラフルなストウブの器で供されました。
f0039281_16452217.jpg
f0039281_16453412.jpg
山葵やお塩、お醤油ベースのたれなど、いろいろなお味を添えて楽しめるステーキは東京ビーフ。
都内の指定生産農家が育てた黒毛和牛です。
お肉の旨みをしっかり楽しめました。
f0039281_16454636.jpg
ガトーショコラがデザートで登場。
サイズは…日本サイズ。
私的には、ここはアメリカンサイズでも宜しいかと思うンでありました。

今回は、ディナータイムに伺いましたが、
ランチには、クラシックハンバーガーなどもいただけるそうですし、
それに合わせて楽しめそうな、種類豊富なアメリカンクラフトビアがあるのも魅惑的。
ぜひまた、シチュエーションを変えて出掛けてみたと思いました。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-17 16:49 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)

恒例クリスマスコラボレッスン

このブログでも毎年ご披露している、クリスマスのコラボレッスン。
例年通り今年も先日、無事、開催となりました。

お花はМ先生。
今年は、シルバーが基調のスワッグを教えて頂きました。
f0039281_23191154.jpg
お家に飾るとちょっとシックに、こんな感じになりました。
f0039281_23193601.jpg

お料理はT先生。

f0039281_23200326.jpg
f0039281_23201369.jpg
f0039281_23202456.jpg
クリスマスなどのお集まりの時ばかりでなく、
普段のお食事のひと品として作ることも出来る、そんなお料理を教えて頂きました。

そしてお菓子は、usakoセンセでございます。

f0039281_23210906.jpg
f0039281_23212523.jpg
f0039281_23214695.jpg
今年は、T先生のリクエストもあり、基本のタルトをレッスン。
アレンジのバリエーションは、ご参加の皆様に実際に挑戦して頂いて仕上げました。
f0039281_23231950.jpg
f0039281_23224457.jpg
f0039281_23222944.jpg
f0039281_23225738.jpg

今年も良い会になりました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!
そして、M先生もT先生も、お疲れさまでございました!!


[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-13 23:15 | usakoのお教室 | Trackback | Comments(4)

目黒 Restaurant L'asse (レストラン ラッセ)

憧れの素敵なマダムからお誘いいただいたランチタイム。
今回もまた、とても楽しみにしつつ伺いました。
目黒の坂を下ったところにある、イタリアンレストランのラッセ。
道から、またさらに少し急な階段を降りた先には、エレガントな空間が広がっていました。

f0039281_13580025.jpg
テーブルの上には、こんな可愛らしいトーキンググッズ。
お料理は、和風を取り入れた感じで、全て折敷に見立てたテーブルウエアに載せられてサービスされます。
シェフは、イタリアの三つ星レストラン ダル・ぺスカトーレで修業をなさった村山太一氏。
お味はもちろんのこと、盛り付けやプレートなども仕掛けがたくさん。
コースが進んで行くごとに、感嘆のため息が出るのでした。

失礼があっては申し訳ないお年上のマダムと差し向かいのため、
残念ながら、お料理の画像はございません。
詳細は、是非お店のHPにてご確認ください。


ひと言も聞きもらせず、一つも見逃せない“ステキなマダムになるための講座”は、盛り沢山過ぎて今回も時間切れ。
お料理の写真を撮影するよりも、思わずメモを取りたくなったのは、私にしては珍しい話ですが、
充実のランチタイムは、こうしてあっという間に過ぎていったのでした。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-09 13:56 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)

久し振りの五橋(ごきょう)

渋谷のデパ地下に詳しい方なら、たぶん状況がお解りになることと思いますが・・・。

東急百貨店の渋谷東横店の日本酒売り場は、ちょうどエスカレーターのそばにあります。
そのエスカレーターに乗る直前に、壁いっぱいの大きな冷蔵庫の中に並ぶ日本酒の瓶を、
真正面から一望(?)出来る配置。
すべての方がそうなさるとは、決して思いませんが、少なくとも私は、その一望を、常に、極めて有意義に活用するように心がけ、珍しい銘柄や、新入荷の銘柄を、瞬時に脳裡に焼き付けてから、エスカレーターをのぼります。

先日も、久し振りに見かけるラベルを記憶に留めたので、数日後に、それを入手してまいりました。

f0039281_16582969.jpg
五橋。生酛純米寒おろし。(山口岩国 酒井酒造)
酒米にも、米麹にも、県産米を使用しています。
薄い黄金色に、生酛独特の残り香が、御酒好きにはクセになる美味しいお味。

五橋は、だいぶ以前に純米酒で頂いて、美味しさにも、こだわりの酒造りにも興味を持って、
しばらく続けて飲んでいた時期がありました。
ちょうど、同時期に獺祭も初めて頂いて、山口にも美味しい蔵がいろいろあるのだなあと思ったものです。
私にとっては、五橋も獺祭も同じように美味しかったので、
そして、それは今、双方を頂いても同じに思うので、
要するに戦略的に獺祭が優っただけ、と今でも私は思っています。

f0039281_16584054.jpg
その酒蔵…いえ、日本酒売り場から、ちょいと足をのばすと、
魚河岸…いえ、鮮魚売り場になりますので、
御肴には、すずきと、ひらめと、ぶりを調達してまいりました。
少し寒い日でしたので、併せて湯豆腐の鍋を整えました。
f0039281_16585110.jpg
お薬味に添えましたのは、最近マイブームの“柑橘塩”です。




<五橋 酒井酒造>
<五橋のある食卓>



[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-05 16:51 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

新橋 新生堂の切腹最中 oishii

『風さそう 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん』

殿中松の廊下の刃傷事件は、この句を残して浅野内匠頭が切腹した(伝)ことで、
いったん終結したかのように見えました。
が、そうではなかったことが、結局、後の世まで、日本の年末を賑わすことになろうとは…。
浅野内匠頭さんもまったく思いもよらないことだったでしょう。

f0039281_22513371.jpg
切腹したのは、お預けになっていた田村右京太夫のお屋敷で、それは今の新橋あたり。
所縁の地にお店を構える御菓子舗新生堂が、この切腹最中を作っています。

最近、ちょっとお店の位置がずれましたが、
『広いお屋敷跡の同じ一角だから、まあいいんじゃないですか?』
と、先日乗ったタクシーの運転手さんが、前を通る時におっしゃってました。

f0039281_22514278.jpg
最中から、溢れんばかりの餡で、切腹を表現している…というそのイメージが、
お菓子の形状として“良いご趣味”かどうかは別として、
サクサクのもなかと、
コクのあるたっぷりした餡と、
その中に潜んでいるもっちりした求肥が、
大層美味しくて、
ひょっとすると、二つ三つ頂けてしまえそうです。

メトロガイド100号記念読者投票「東京うまいもの大賞」第一位。
R25お詫びの品 第一位。
全国ANA空スウィーツ 第一位。
などを受賞されているそうですが、それも納得出来る美味しさでした。



[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-02 22:50 | あまいもの | Trackback | Comments(2)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ