<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

初春大歌舞伎 於:歌舞伎座

f0039281_22151689.jpg
平成29年の私の歌舞伎見物初めは、1月11日の歌舞伎座。
大好きな玉さまがご出演の、夜の部でした。
f0039281_22152791.jpg
ひと幕目。
北條秀司作の“井伊大老”。
桜田門外の変の前夜を中心に、その前と後の、
井伊直弼とその夫人や側室の心の有りようを見せていくもので、
お正月早々、重い内容のお芝居を良く思い切ってかけたものです。
f0039281_22160132.jpg
NHK大河ドラマに便乗したかったのでしょうか?
どうにも華やかさに欠ける幕開けでしたが、玉さま登場で少し気持ちが上がりました。
雛祭りの飾りが綺麗だったり、幸四郎丈の井伊直弼と、玉さまのお静の方が、
互いの心を語り合う場面や、歌六丈の仙英禅師のお話など、静かに感動出来ましたが、
やはりちょっと初芝居には向かない印象が残りました。
f0039281_22161592.jpg
二幕目。
踊りふたつ。
“越後獅子”を、故五代目中村富十郎のご長男、平成11年生まれの鷹之資くんが、
きっちり踊りました。
踊りのおさらい会にお付き合いさせていただいた、という感じですが、
名優富十郎氏のDNAが、やがて花開くことを願いつつ拝見しました。

続いて、本日のメイン、玉三郎丈の“傾城”。
昨年末の、白拍子花子の群舞(?)でも、ひと際キラキラしていた玉さまのオーラは、
お一人の舞台でも存分に散りばめられ、ようやっとお正月らしい雰囲気が歌舞伎座の舞台に漂いました。
後ろのお席の紳士がぽつり、“やっぱり、これを見ないとお正月じゃないね”と。
同感同感。
しっかり目のお正月をさせてもらいました。

三幕目は、松浦の太鼓。
染五郎丈や愛之助丈の壮年組が頑張って、お芝居を組み立てていました。
〆る役目は、変わらずお元気な左団次丈でした。

f0039281_22162578.jpg
f0039281_22163643.jpg
今年一年、また、どんなお芝居に出会えるでしょうか。
出来れば、観たことのないお芝居を沢山見たいと思うのは、毎年のことではあります。
でも、たとえ、何べんもみたお芝居であったとしても、
新しい発見や改めて気づくことなどにいろいろ出会えたなら、
それはそれで、また楽しい観劇になるはずと、今からワクワクしています。





[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-30 22:13 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(8)

その後のホームベーカリー

お正月に我が家にやってきたホームベーカリー。
その後どうなっているかと申しますと・・・。

f0039281_22490741.jpg
しっかりご活躍あそばされています。

お味の改良については、初窯直後に腕まくりをしたものの、
第二弾を焼く時点で、スキムミルクとお水を、ミルクに変えただけで、
とても美味しくなりました。

f0039281_22493303.jpg
羽根の穴ぼこも、なぜか第二弾からは、さほど大袈裟ではなくなりました。

ドライイーストは赤サフを使い、
お粉は、富澤商店の国産小麦“春よ恋”を使い切り、
今度は、国産“ゆめちからブレンド”を試しています。
お味的には、前者のほうが好み。
自分でブレンドする楽しみもありますしね。


さて。
ただいま、明日の朝食用を焼いています、HBちゃんが、ですが。
今回は、全粒粉入りのパンを作りたくて、初めて国産“春よ恋全粒粉”をブレンドしてみました。
美味しく焼けると良いなあと思いながら、ほのかにあたたかいホームベーカリーを撫で撫でしています。


[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-28 22:45 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(6)

アトリエうかい ふきよせ

うかい亭の製菓部門であるアトリエうかいでは、
可愛らしいクッキーの詰め合わせが人気です。

でも、こんなに愛らしい和のお菓子も作っているそうで…。
アトリエうかいの、ふきよせ二種類をいただきました。

f0039281_10234551.jpg
こちらは、紅白という名のもの。
蓋を開けると、甘酸っぱい苺の香りが立ちます。
f0039281_10241335.jpg
優しい色合いのこちらは、彩りと名付けられたもの。
柚子、青りんご、抹茶、レモン、カシス…と、
様々な彩りと様々なお味が楽しめます。
f0039281_10242639.jpg
生地には、きなこや米粉など使われ、ほろほろとくずれる食感。
フルーツのお味をまとめるのは、和三盆の優しい甘さ。

抹茶入りの玄米茶なんぞを啜りながら、
ついつい、ついつい・・・と進む手を、
いつ留めようかと迷うような、お菓子でした。

Special thanks to A & K !!






[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-25 10:19 | あまいもの | Trackback | Comments(8)

グランマーブルのマーブルデニッシュ“京都三色” oishii

f0039281_15420014.jpg
f0039281_15421244.jpg

お箱の色からして、いかにも美味しそうな雰囲気を漂わせている贈り物をいただきました。
グランマーブルという、京都にあるデニッシュパンのお店の、京都三色というパンです。
f0039281_15424762.jpg
生地に織り込まれたバターが生み出す、繊細な表面の模様も、
メイラード反応によって生じる美しい焼き色も、
箱入りに相応しい、お品の良さです。

京都三色という名前がどうしてついているかというと、
それはカットしてみればわかります。

f0039281_15431032.jpg
祇園辻利のお抹茶と、苺の生地と、プレーン生地の鮮やかな三色のデニッシュです。
この三色は、日本の春の色・・・京都の春の色。
f0039281_15432697.jpg
スライスして、トースターで焼いて、朝食にいただきました。
カリッ、サクサク、そしてしっとり。
綺麗なお色も手伝って、いつもとは少し違う気配の漂う、朝食のテーブルになりました。


Special thanks to Ms GM !!





[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-20 15:36 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

恒例の。

“よくも、まあ、飽きもせずに。”
と、恩師には言われながらも、前後三代のゼミ生が集う新春恒例の新年会。
今年も先日、賑やかに開催されました。
飲み物担当のМ女史が、揃えてくださった極上の日本酒も…、

f0039281_22553834.jpg
f0039281_23004708.jpg
f0039281_23010163.jpg
f0039281_23011517.jpg
恩師の奥さまと、お手伝い有志の方々と、ご一緒に用意したお料理の数々も…、
f0039281_23124946.jpg
f0039281_23130468.jpg
f0039281_23131943.jpg
f0039281_23133439.jpg
f0039281_23154629.jpg
そして、各自が順々に話していく近況の報告も…、
楽しい余韻と共に、皆の心とお腹に(?)染みわたって行きました。


今年、私がデリバリーしたお料理の覚書き。
1 紅芯大根のマリネサラダ
2 人参の洋風きんぴら
3 白菜和風コールスロー
4 大葉と梅のドレッシングの海藻サラダ
5 松前漬け
6 栃尾揚げ
7 スモークサーモンマリネ

来年は(もう?!)、ケータリングやお取り寄せなどを利用して、
恩師の奥さまに(私も少々)、もっと楽をしていただけるよう事前い検討しておくというのが、課題です。
 
ところで・・・
今日、国立劇場から届いたメルマガに、こんな動画を作ったから見てね・・・とありました。
ちょうど、ゼミが近世江戸文学なので、本日の記事にリンクしてみました。
私、かなり気に入っています。



[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-16 22:54 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)

メゾンドプティフールのフールセック


メゾンドプティフールは、東京大田区中池上にあるパティスリーです。
シェフの西野之朗氏は、尾山台にある河田勝彦シェフのオーボンヴュータンで、
オープニングスタッフとして働かれた後、渡仏して研鑽を積まれた方です。
帰国後1990年に、メゾンドプティフィール本店を、続いて二店舗を構えて、
今に至ります。
これまでに、自由が丘のスィーツフォレストに出店されたり、
JALのJクラス機内サービス用のお菓子としてフィナンシェが選ばれたりされているようです。

f0039281_18363914.jpg
お店自慢のフールセック詰め合わせを頂戴しましたので、
お茶の時間に、お紅茶を淹れて頂きました。
f0039281_18371499.jpg
白地にいろいろな焼菓子の描かれた可愛らしい缶。
良く見ると、一つ一つがきちんと描かれたイラストで、なんだかとても美味しそうに見えます。
蓋を開けると・・・、
f0039281_18372775.jpg
芳しい香りと共に、可愛らしいクッキーがお行儀よく整列していました。
f0039281_18380451.jpg
説明書きも、美味しそうに描かれたイラストと共に。
お味を確かめながら、一つずつ頂きました。
それぞれが個性豊かな美味しいお味でしたが、どちらも皆、とても口どけの良い生地でした。

ーこれを頂いてみようかしら。
 あら、こちらも美味しいわ。
 それを、もう一つ頂こうかな。
 あっ、こちらももうひとつ。ー 

と、まあ、こんな調子で。
強い意志を持って蓋を管理しないといけない、そんな美味しいお菓子でした。

Special thanks to Ms.KM!





[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-13 18:29 | あまいもの | Trackback

横浜元町 香炉庵 花元町

f0039281_21384444.jpg
今日のお茶の時間にいただいたのは、横浜元町にある和菓子屋さん香炉庵の定番お菓子。
花元町という、まあるく可愛いひと口最中です。
このまあるい形は、横浜港の浮玉をモチーフにしているそうです。
f0039281_21385795.jpg
六色のカラフルな最中の皮の中には、それぞれ異なるお味の餡が詰まっていていて、
バラエティーに富んだお味が楽しめます。
麦焦がし色は、つぶ餡。
赤いのが、青梅餡で、黄色いのは杏餡。
緑は蓬黒糖餡、白が胡麻餡、濃い目の麦焦がし色が漉し餡です。
どれを頂くかは、もちろん、じゃんけん合戦で決定しました。
殿との一騎打ちです!
f0039281_21411527.jpg
黒文字の代わりに、まあるい金色のボールがついたスティックで、
ちょいっと突いていただきました。
ちいちゃい可愛いサイズは、おちょぼ口でも大丈夫。
程よい甘さも美味なるもなかでした。
f0039281_21413893.jpg

Thank you, A & K !!




[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-09 21:36 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

初窯

初釜ではなく、初窯です。
この年末年始のお休み中に、我が家に、マダムチイからの御下がりの、
パン焼き器がやって来ました。

一年以上使っていなかったので、きちんと稼働するか少し心配でしたが、
箱根駅伝を応援しながら、試運転。

f0039281_22052740.jpg
エメラルドグリーンの襷が、無事、ゴールテープを切る頃、
我が家でも無事、初窯の食パンが焼きあがりました。
f0039281_22054952.jpg
見た目はなかなか良い出来です。
が、底の羽根の部分が、そのまま穴ぼこになって焼き上がるのが、ちょっと気になる。
f0039281_22061534.jpg
それから、お味も。
イーストの風味と、旨みの少ないのが、ちょっと気になる。

材料は、普段お菓子作りに使うものと全く同じものを使いました。
お菓子は美味しく出来るというのに。
この違いは、イーストのせいでしょうか。
ということで、これからお味の研究を始めたいと思います。
目指すは、近所の“某美味しいパン屋さん”のお味です。
(・・・年頭の目標なので、ちょっと大きくでてみました。)


[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-05 22:03 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

お正月の食卓

続きましては、こちらも恒例の元旦の朝食、昼食、夕食の風景を。
まず、我が家にて朝のお祝い膳をいただきます。

f0039281_16412801.jpg
f0039281_16413702.jpg
大事なお祝い酒に今年は、福井勝山は一本義久保、一本義 純米大吟醸生原酒をいただきました。
奥越前に、明治35年に創業したこちらの酒蔵。
仕込み水には、白山に降った雪解け水が湧く酒蔵の井戸水を使っています。
最初は、創業地に因んで酒銘を“澤乃井”と名付けたそうですが、同名の酒蔵があることがわかったので、越前勝山藩小笠原家愛育の酒銘を譲り受け“一本義”と変えたとか。
この“一本義”ということばは、禅語第一義諦からの出典で、最高の真理、優れた悟りの智慧を極めた境地を意味するそうです。(参考:パッケージ説明書き)

香り立つスッキリした旨みを感じる御酒で、
今年もいろいろ美味しい御酒に出会えますようにと思いを込めて乾杯です。

神様にも同じ御酒を酒器に注いでお供えしましたところ、しばらくたって襖をあけると、
そのお部屋が馥郁とした香りに満ちていました。

平安堂の梅の蓋つきお椀は、とてもお気に入り。
お正月にだけ、桐箱から出して使います。

f0039281_16420837.jpg
お雑煮は、usako実家系に仕立てますので、おすましに、鶏肉、みつば、かまぼこ、柚子と角餅入りです。

f0039281_16421780.jpg
続いて、お近くの八幡宮へ初詣。
午前中のせいか、程よい人波で、ゆるゆる歩いているうちにお参り出来る、そのような様子でした。
破魔矢をいただいて、それから縁起物のへそ福餅をデザート用に買い求めて戻ります。
f0039281_16431275.jpg
f0039281_16432218.jpg

続いて、殿実家へ移動。
今年は、ウエスティン都ホテル京都製のおせちをお取り寄せしてくれていました。

f0039281_16434814.jpg
お祝い酒は、同じく一本義久保の別ブランド、伝心 冬 しぼりたて生酒。
こちらは本醸造酒ですが、福井県産米で自家製造された米アルコールを使用しているので、
いわゆる一般的な本醸造とはまったく異なる、日本酒らしい香りとお味が楽しめました。

f0039281_16462633.jpg
キャップの飾り紙の下には、雪だるまさんが隠れていました。
f0039281_16471407.jpg
お雑煮は、殿実家系。
白味噌に、里芋、しいたけ、にんじん、だいこんと、丸餅入り。
青のりをたっぷりかけていただきます。
f0039281_16473754.jpg

次は、麗らかな霞のような薄雲の中にぼんやり見える富士山を眺めつつ、いっきに多摩川を渡り横浜へ。
ご機嫌うるわしく、お肌つやつやの御年104歳のグランマチャコに新年の御挨拶。
ひとしきり近況などをおしゃべりしてから、今度は、夕焼けにシルエットで浮かびあがる富士山を見ながら、再び多摩川を渡り、東京へ取って返します。
usako実家へ移動して、三度目のおめでとう。

f0039281_16485344.jpg
お祝い酒は、またしても同じ一本義久保の、伝心 純米吟醸。
燗酒好きのムッシュマロのために、ぬる燗でも美味しくいただけるという純米吟醸を選びました。
これはまた、朝と昼の御酒とはまた違う華やかな香りで、日本酒が得意でない方でも楽しめるような、さらりといただけるお味でした。
f0039281_16491767.jpg
f0039281_16492696.jpg

いつもの芝パークホテル製の洋中のお重に、
皆それぞれに持ち寄った手作りのお料理も並べてのお祝い膳となりました。
f0039281_16510206.jpg
f0039281_16500933.jpg
f0039281_16502373.jpg
f0039281_16503372.jpg
f0039281_16505058.jpg
f0039281_16520067.jpg

いつもと変わらぬ元旦の行事。
いつもと変わらないことが、何より嬉しく幸せに思える日、それが、
私の一月一日です。


[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-03 16:38 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(16)

あけましておめでとうございます。


f0039281_16235425.jpg
あけましておめでとうございます。
この一年も、良い年となりますように。

我が家の元旦は、一年で一番忙しい、例年通りの一日になりました。
まず、今年最初の日本酒は、一本義久保本店の一本義純米大吟醸から始めました。

f0039281_16241615.jpg
殿とお祝い膳を囲んだあと、近くの八幡宮に初詣。
そのあとは、殿実家→グランマチャコ宅→usako実家と巡って、またお家に戻ります。
この様子は、また追って。

相も変わらず、新年早々、日本酒から始まりましたusakoのブログ。
美味しいもののお話ばっかりの食いしん坊な内容も、これまた相変わらずになりそうですが、
今年もご贔屓に、どうぞよろしくお願いいたします。




[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-02 16:20 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(4)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆きなこの母さま、 銀..
by oomimi_usako at 17:44
☆ぷうさま、 ぷうさま..
by oomimi_usako at 17:41
☆モンスーンさまのように..
by oomimi_usako at 17:35
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 17:31
女史会・・・・・・なるほ..
by suzu-kinako at 22:40
こんにちは。 女史会!..
by ぷう at 14:55
こんにちは♪ 女子会で..
by 2005-1127 at 17:30
わあいいなあ。 こちら..
by marucox0326 at 17:21
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 16:48
☆ぷうさま、 ま~早速..
by oomimi_usako at 16:44

記事ランキング

タグ

(194)
(183)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ