タグ:パティスリー ( 182 ) タグの人気記事

春を待つ日々

川崎生田のコンディトライ ナカガメは、頻繁に伺えるわけではないけれど、
一年のうち、ほんの一、二回、立ち寄る機会があるお菓子屋さんです。
美味しいドイツ菓子を手に入れることが出来るので、お気に入り。

f0039281_15542132.jpg
この日は、そろそろ終盤に近付いているはずのアプフェルシュトルーデルと、
艶やかなガナッシュが魅惑的なザッハトルテを菓子函に収めていただいて。
f0039281_15543259.jpg
いそいそお家に帰り、美味しいお紅茶を淹れてのティータイムを楽しみました。

立春を過ぎて早ひと月。
朝晩は、まだまだ寒いですし、
ストンと一日だけ真冬のような日もあったりする今日この頃ですが、
我が家の沈丁花のこんな様子の蕾を眺めても、ささやかな春を感じます。

f0039281_15550367.jpg

折しも、今週は雛祭り。
立春の翌日から飾っているお雛さまを見ながら、
今年はどんなお散らしを作ってお雛さまを労って差し上げようかと、
思案中です。




[PR]
by oomimi_usako | 2017-02-26 15:51 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

メゾンドプティフールのフールセック


メゾンドプティフールは、東京大田区中池上にあるパティスリーです。
シェフの西野之朗氏は、尾山台にある河田勝彦シェフのオーボンヴュータンで、
オープニングスタッフとして働かれた後、渡仏して研鑽を積まれた方です。
帰国後1990年に、メゾンドプティフィール本店を、続いて二店舗を構えて、
今に至ります。
これまでに、自由が丘のスィーツフォレストに出店されたり、
JALのJクラス機内サービス用のお菓子としてフィナンシェが選ばれたりされているようです。

f0039281_18363914.jpg
お店自慢のフールセック詰め合わせを頂戴しましたので、
お茶の時間に、お紅茶を淹れて頂きました。
f0039281_18371499.jpg
白地にいろいろな焼菓子の描かれた可愛らしい缶。
良く見ると、一つ一つがきちんと描かれたイラストで、なんだかとても美味しそうに見えます。
蓋を開けると・・・、
f0039281_18372775.jpg
芳しい香りと共に、可愛らしいクッキーがお行儀よく整列していました。
f0039281_18380451.jpg
説明書きも、美味しそうに描かれたイラストと共に。
お味を確かめながら、一つずつ頂きました。
それぞれが個性豊かな美味しいお味でしたが、どちらも皆、とても口どけの良い生地でした。

ーこれを頂いてみようかしら。
 あら、こちらも美味しいわ。
 それを、もう一つ頂こうかな。
 あっ、こちらももうひとつ。ー 

と、まあ、こんな調子で。
強い意志を持って蓋を管理しないといけない、そんな美味しいお菓子でした。

Special thanks to Ms.KM!





[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-13 18:29 | あまいもの | Trackback

9月4日 世田谷代沢 池の上ピエール

f0039281_21012998.jpg
可愛らしい包みの、フレッシュフルーツジュレの詰め合わせを頂戴しました。
いろいろなお味の中から、今日はメロンとグレープフルーツを、お茶の時間に合わせて、冷たく冷やしていただきました。
f0039281_21020011.jpg
穏やかでまろやかなお味がとても美味です。
冷凍してソルベにしても美味しいそうなので、他のお味で試してみるつもり。
楽しみです。
f0039281_21021567.jpg
このジュレは、京王井の頭線池の上駅からすぐのところにある、池の上ピエールという老舗パティスリーのもの。
こちらのお店では、様々なフルーツのお味を生かしたフールセックや、ビアリッツというオリジナルマカロンも作っているようです。
もちろん、フレッシュケーキや、チーズケーキのプリンも人気があるようですので、是非今度、足を運んでみたいと思いました。


Thank you , Ms K.Y & K.M !!





                                 ‐


[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-04 20:58 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

白金堂のティールームへ。

残念ながらこちらのティールームは閉店となりました。
お菓子は、伊勢丹のショップで手に入れることが出来ます。
(2017.1.30追記)

f0039281_15543898.jpg

いままで、新宿伊勢丹で買って帰るばかりだった白金堂のケーキ。
白金高輪本店のティールームにも、伺ってみたいと思っていました。
f0039281_1555024.jpg

先日、お菓子のデリバリーを頼まれましたので、
それではと、お品物をお渡しするのに託けて、
白金堂ティールームにて待ち合わせ。
f0039281_1559854.jpg

ティールームだけでいただけるカフェメニューもありましたが、
今回は、魅かれたケーキをいただきました。
ファニーな感じのうさぎの絵が、壁面に描かれたお店の中は明るい感じ。

お茶の時間と仕事の打ち合わせを兼ねて、おいでになっているような、
自由な感じのお仕事の方々で、
平日にもかかわらず、結構お席が埋まっていました。

次回は、カフェメニューをいただこうと思います。

usako補足>
デリバリーいたしましたのは、数種類の焼菓子。
こんな感じにまとめました。
f0039281_15561139.jpg

f0039281_15563169.jpg







                          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-07 15:50 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

打ち上げ会は軽井沢川上庵、デザートはル・レガラン。

ゴルフ大会が流れても、予約済みの打ち上げ会は、滞りなく行われます。
旧軽ロータリーの川上庵にて。
f0039281_17382610.jpg

美味しいお蕎麦と、数々の銘酒に出会える川上庵は、
滞在中に“最低”一度は伺いたいお店です。
f0039281_1738431.jpg

予約時間の繰り上げも、快く応じてくださって、
まだ明るいうちから宴を始めました。
f0039281_17393836.jpg

御酒も、
御肴も、
いろいろ沢山いただきましたが、
もちろん〆は胡桃蕎麦。
f0039281_173966.jpg

こちらでは、軽く〆たい方のために、
お蕎麦ハーフでもお願い出来るのも良いところです。
…私はハーフでお願いしたことはございませんけれど。

美味しい日本酒にも出会えたので、入手方法などお訪ねすると、
丁寧に教えてくださいました。
これについては、また後日。
我が家の食卓にてご披露いたしましょう。(=つまり、早速買ってきた)

沢山食べて、沢山呑んだら、すっかり身体も温まったので、
20度を切る夜のはじめの道も、
みんなでお散歩しながら帰りました。

途中のル・レガランで、デザート用のフレッシュケーキを買いました。
f0039281_1740476.jpg

今年のデザートは、こんな感じ。
左手前は、ロールケーキ。
新作ですって。
何十年も変わらない味わいの、老舗洋菓子店ル・レガランのケーキも、
滞在中に一度は頂きたいお味です。
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-01 17:05 | おうちでお食事 | Trackback

フォートナムメイソンのアップルパイ

お買い物をした後、
ちょっと荷物は多いし重たいけれど、
甘いお土産、なにか買って帰りたい…。
こういうこと、私は良くあります。

綺麗に仕立て上げられた洋菓子は、
他の荷物と一緒に持ったら、箱を傾けてしまいそう。

和でも洋でもカップ入りのデザートは、
保冷材まで入れていただくと、案外ずっしり重いもの。

それで結局、
無難で、どちらでも買えそうで、
振り回しても(!)問題なさそうな配送OK!
みたいな、お菓子を買って帰ることに。

この日も、良いものはないかしらと探し歩いていたら、
とても良いものに出会いました。
f0039281_1746277.jpg

フォートナムメイソンのアップルパイ。
横長のフォルムは、荷物と一緒に持ちやすく、
多少揺らしても大丈夫。
そして、重くもありませんでした。
f0039281_17463733.jpg

帰宅後のひと息入れるお茶タイム。
りんごの自然な甘さが、優しくお口にひろがりました。
日持ちするのも嬉しいところで、
翌日のお茶タイムも、この幸せに浸れました。

今度から、荷物にまみれて帰る時は、
迷わずこのアップルパイをお土産にするつもりです。






                     ‐  
[PR]
by oomimi_usako | 2016-07-18 17:44 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

おやつは白金堂のケーキ。

お出掛けした帰り、
お家で待っていた殿へのお土産に、
お菓子を買って帰りました。
f0039281_14415396.jpg

f0039281_14422279.jpg

白金堂のフレッシュケーキ。
抹茶のショートケーキと、チョコレートのケーキ。
一応、こころづもりとしては、抹茶が私、チョコが殿。

先日の、“ぼく、こっち 事件”を教訓に、
今回は、何も聴かずに、
それぞれをそれぞれの前に置きました。
さあ、いただきましょう。
すると殿は、すぐにはフォークを取らず、
抹茶ケーキに視線を合わせて、言いました。
“ハンブン ズツ ニ シナイ ?”
f0039281_14434520.jpg

…そう来たか。
二等分しやすいケーキで良かったわ。
f0039281_14443149.jpg

白金堂、今回は、出店している新宿伊勢丹で購入しました。
本店は、白金にあり喫茶スペースもありますので、
そのうち、出掛けてみたいと思います。

“キミ ノ スキナホウ ヲ エランデ ヨイ ヨ。”
と、殿はまだお上手に言えません。
訓練はこれからも、継続します。




                          ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-18 14:39 | あまいもの | Trackback | Comments(8)

マドモアゼルC(マドモアゼルセ)の可愛いケーキ

f0039281_17524760.jpg

とある週末の、お茶の時間にいただいたのは、
マドモワゼルセの見目麗しいケーキでした。

この日は、仕立て上がったスーツを受け取りに、
殿は一人で日本橋にお出かけ。
帰宅した手には、スーツと、
そして、
この可愛らしいピンクの箱が提げられていました。
f0039281_1753346.jpg

マドモアゼルセというスイーツブランドは、
パリで、アクセサリーデザインやグラフィックデザインを手掛けている
シャリーン・カールトン嬢がケーキをデザイン。
そしてそれを、レストランウエディングを手掛けるアンジェロコート東京のパティシェが、スイーツに仕立て上げています。

さて…
“外出して、帰宅時間がお茶の時間を過ぎる頃になるようなら、
お茶のお伴を調達して帰ること”は、デフォルト設定である。

この鉄則を、殿がようやく身に着けて、数年が経ちました。
思えば、ここまで長い道のりでありました。

もちろん今回も、
“必要以上”に、狂喜乱舞して見せたことは、言うまでもありません。
私も、いろいろ努力をしているのです。

こちらのお店は、可愛らしくデコレーションされたモンブランがメイン。
桜の香りのモンブランと、
f0039281_17532524.jpg

苺のモンブラン。
f0039281_17534139.jpg

ナイスチョイスです。

しかしながら、
どちらを頂く?と尋ねると、
“ぼく、こっち!”
と、即答してしまうのは、今後の課題。
この場合、次子次男と長子長女の組み合わせだと、
“あら、そお?どうぞ”
で、片付いてしまうわけですね。

“キミ ノ スキナホウ ヲ エランデ ヨイ ヨ。”
と、お上手に言えるようになるまで、
殿への訓練は継続します。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-25 17:49 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

川崎 生田 コンディトライなかがめ

f0039281_1524772.jpg

今日のお茶の時間にいただいたのは、
ドイツ・スイス菓子のお店、コンディトライなかがめの焼き菓子です。

各駅停車しか止まらない郊外の、駅からほど近いところにお店は
ありますが、その建物はドイツの民家をイメージしたものだそうで、
この界隈ではちょっと可愛らしく目立っています。
本当に美味しいお菓子を作り続けていることは、
ひっきりなしにお客様が訪れて、地元の方々に長く親しまれている
ことからもわかります。
f0039281_15242996.jpg

こちらはチーズケーキ。
f0039281_15244461.jpg

トップの焼き色に誘われて購入。
素朴な甘さと、濃厚なチーズの食感がまったりとして、
午後のお茶の時間に良く合いました。
f0039281_1525020.jpg

合わせて焼菓子もいただきました。
こちらは、ミスチェリーという可愛らしいおなまえが付いています。
近所にある、日本女子大の学生さんのアイディアから、
完成したものだそうで、レーリュッケン型を使い、
チェリーを閉じ込めて、焼き上げられています。
アーモンドスライスの食感と、
断面にお顔をだしているチェリーの赤色が、
良いアクセントになっている、可愛らしくて美味しいお菓子でした。
f0039281_15252696.jpg

レーリュッケンというのは、ノロジカの背中という意味で、
いわゆる普通の樋(とい)型のカーブしている部分が、
トタン屋根の波波のようになっている焼き型を、そう呼びます。
もう少し厚めにカットしていただけると、
レーリュッケン型の波波がもっと生かされるのにねえ、
と思いました。

えっ?
そう考えるのは、食いしん坊なだけだからですって?
あらっ、
よくご存じで…。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-20 15:19 | あまいもの | Trackback | Comments(0)

京都北山マールブランシュの京遊記をお年賀に。

f0039281_12371396.jpg

昨日、門扉につけておいた松飾りを、近所の八幡宮に納めに行きました。
元旦の人出には、遠く及ばないものの、
まだまだ初詣のお参りの方で、賑やかな境内でした。

毎年この折に、節分の豆まき用のお豆を分けていただいてくるのですが、
今年はまだ準備が出来ていないとのこと。
“明日位から出せるそうです。”
せっかくお参りくださったのにと、可愛らしい巫女さんに申し訳なさそうに言われましたが、
神様が、何度でもお参りにいらっしゃいとおっしゃっておられるのでしょうと思って、足取り軽く、帰宅しました。

ちょうどお茶の時間になったので、
お紅茶をいれて、お年賀にいただいたお菓子で、温かいひと休み。
京都北山マールブランシュの、京遊記。
f0039281_12375128.jpg

お重のような二段重ねのお菓子の詰め合わせです。
黒いお箱は、松竹梅。
f0039281_123895.jpg

橙色のお箱は、京サブレ、という名前。
f0039281_12382624.jpg

それぞれの箱の蓋を開けると、中のお菓子のお品書きが入っています。
中身に到達するまでに、ワクワクしてしまいます。
f0039281_12384019.jpg

f0039281_12385628.jpg

全貌はこちら。
f0039281_1239162.jpg

なんて可愛らしいお菓子たちでしょう。
f0039281_12393564.jpg

f0039281_12395122.jpg

f0039281_1240524.jpg

京サブレの方は、美味しい“京”のオンパレード。
全国の京子さんは、お年賀にされるのにぴったりかもしれませんね。

usakoの補足>
f0039281_12402218.jpg

食感とお味を、図で描いたお品書き。
わかるような、わからないような・・・
でもちょっと画期的で面白いと思いました。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-01-09 12:34 | あまいもの | Trackback | Comments(10)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 23:00
☆tabiさま、 こん..
by oomimi_usako at 22:42
usakoちゃん♪ こ..
by chee-mama at 15:12
こんばんは 豪華な役者..
by tabi-to-ryokou at 22:47
☆きなこの母さま、 形..
by oomimi_usako at 22:17
胸キュンなクッキーね&#..
by suzu-kinako at 20:11
☆ぷうさま、 バスケッ..
by oomimi_usako at 21:31
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 21:28
バスケット模様ですか! ..
by ぷう at 17:23
一瞬、まあ、バスケットを..
by まりりんまま at 15:02

記事ランキング

タグ

(194)
(182)
(115)
(94)
(86)
(61)
(46)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(30)
(29)
(26)
(24)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ