K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:ピアノ ( 1 ) タグの人気記事

ロベルト・シューマンの妻となったクララは、自身も幼い頃から父親の薫陶を受け、才能をピアニストとして開花させていました。
シューマンとの出会いは、クララ・ヴィークがわずか11歳の時。
父親のところに、弟子入りして来たシューマンは、その時20歳頃でした。
最初は、遊んでくれる優しいお兄さん的存在であったはずが、いつしか恋心が芽生え、やがて、父親の猛反対にも屈することなく、二人は結婚することになるのです。
二人の想いが結実するまでのあいだ、往復した書簡(つまりラブレター)は300通以上。
そこでは、言葉で表現される想いに加えて、強く美しい旋律で表現された想いが楽譜となって、二人の間を行き来していました。
f0039281_15495282.jpg

横浜青葉台のフィリアホールで、クララとシューマンの往復書簡と、その時に作曲されたピアノ曲を、同時に楽しめるコンサートがありました。

音楽は、ピアノ演奏で、松本和将氏。
ラブレターは、朗読で、松平定知(元NHKアナウンサー)氏と好本惠(元NHKアナウンサー)氏。
時の流れを追う形で舞台は進行されます。

まずは、シューマンとクララが魅かれ合っていく時期の書簡が朗読され、同時期の曲“クララ・ヴィークの主題による10の即興曲作品5”の演奏。
次に、父親に結婚を許されず苦悩する時期の書簡の朗読に続き、“クライスレリアーナ作品16”から三曲と“三つのロマンス作品11”から二曲。
結婚に漕ぎつけた頃の書簡の朗読と、最後は“子供の情景作品15”と“幻想小曲集作品12”を組み合わせた形で“シューマン追憶のトロイメライ、スペシャルヴァージョン”と名付けて七曲。

実のところ、クララシューマンの曲については、ほとんど知識がありませんでした。
でも、背景と共に音楽を楽しむと、その曲をより深く感じることが出来るものなのですね。
置かれた状況を打破しようと、強い心を持って臨む彼女の想いが、そのまま反映された素晴らしい曲の数々にこころを打たれました。

また、今回は松平氏と好本氏というお二人のハイレベルな朗読と、優しくもあり力強くもあるピアノを奏でられる、松本和将氏の演奏で楽しめたことも、至福の時をより一層、極上のひとときにしてくれたのだと思います。


アンコールの時間には、一曲のほかに、一話(?!)もありました。
松平さんは、終演後なんと翌日放送分の“下町ロケット”の収録があるので、絶対頑張って行かなければならないとおっしゃっていました。
素敵なラブレターの冒頭が全て、“その時歴史は動いた(NHK番組)”の冒頭に聞こえて、より劇的に感じてしまったのは、私だけかもしれませんけれど・・・。


usako補足1>この演奏会、シリーズ化されているようで、先の公演日程が決まっています。
次回は、クララとシューマンの続きにブラームス登場!となるようなので、また拝聴しに伺ってみようかしらと思っています。

usako補足2>クララシューマンの曲がとても気に入り、CDを手に入れようと検索中。
でもなかなか良いものが見つかりません。それだけ珍しいのでしょうか?


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-15 15:45 | 音楽 | Trackback | Comments(6)