タグ:レシピ ( 40 ) タグの人気記事

お題は、きゅうり

f0039281_2110021.jpg

見事なきゅうりと共に頂いた御題は、
“簡単で美味しいきゅうりのレシピ”。
         春きゅうりを使った料理レシピ
春きゅうりを使った料理レシピ

それならば・・・
私がいつも作るこちらのレシピなどいかがでしょう。

***きゅうりの中華風マリネ***
<材料>(3~4人分)
きゅうり   二本
新生姜    細切り大さじ山盛り1杯分

塩      小さじ2
黒酢     大さじ2
ごま油    大さじ1と1/2

<作り方>
①きゅうりを、蛇腹に切り、さらに三~四等分に切り分けたら、全体に塩をまぶす。
②耐熱皿に載せ、新生姜をきゅうりの上全体に散らす。
③ラップをして電子レンジ(500w)で90秒加熱する。
④いったん取り出し、きゅうりの上下を返したら、もう一度ラップをしてさらに電子レンジ(500w)で90秒加熱する。
⑤ラップを外し、黒酢とごま油をそれぞれ全体にまわしかけてよく絡ませる。
⑥そのまま冷まし、完全に冷めたら保存容器などに入れて冷蔵庫で保存する。

*半日後位から、味がしみて美味しくいただけます。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-04-20 21:08 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(4)

美味しい春もやってきた

f0039281_2037482.jpg

たけのことちりめんじゃこの炒めご飯。

この時期、楽しみな到来ものといえば
たけのこ。
今年は、例年よりちょっと小振りながら、
とても柔らかい美味しい筍をいただきました。

たっぷりの米ぬかでゆがき上げ、
せっかくなのですぐ、休日のお昼ご飯に。

たけのことちりめんじゃこの炒めご飯
<材料(二人分)>
オイル      大さじ1
小ねぎの小口切り 大さじ山盛り2
木の芽のつぼみ  小さじ2
京都和久傳のちりめん 大さじ山盛り3
たけのこ     小ぶりのもの2/3本 食べやすい大きさに刻む
薄口しょうゆ   大さじ1

ご飯       ご飯茶碗2杯強  

木の芽      2枚
ゆかり      小さじ1

<作り方>
1.フライパンに、オイル、小ねぎ、木の芽のつぼみを入れて
香りを出すように軽く炒める。
2.ちりめん、たけのこ、薄口しょうゆを加え、更に軽く炒める。
3.ご飯を加え、2の具材と共に炒め合わせ、最後に味を調える。(足りなければ塩か醤油を)
4.お皿に盛り、ゆかりをふり、トップに叩いて香りを出した木の芽を飾る。
f0039281_20373778.jpg

*今回は、京都和久傳のちりめんを使いました。
ちりめんは、それぞれお味付けが違うので、調味の際は気をつけてくださいね。

美味しい春。
さて、明日は、筍ご飯を炊こうかな?
中華おこわもいいですね。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-04-16 20:34 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(14)

生かじきまぐろのハーブステーキ

f0039281_225519.jpg

如月最後の日。
首都圏は、未明からの雪が降り続き、真っ白な雪景色になりました。
水気の多い、重い雪が降り積もり、
明日の朝の凍った道が、今から心配です。

沫雪(あわゆき)の ほどろほどろに 降りしけば
  奈良の都し 思ほゆるかも


今日のような雪を見ると、思い出すこの歌は、
万葉集に収められた大伴旅人(おおとものたびと)のもの。
春先に降る、水分を多く含んだ柔らかい雪が、沫雪であり、
その雪がひらひらと降る様を、“ほどろほどろ”と表わしているのです。

今日のお夕食のメインは、かじきまぐろ
脂の良く乗った、綺麗な色目の生かじきまぐろが手に入りました。
昨日は和風のお献立にしたので、今夜は洋風に仕立てました。
f0039281_2261118.jpg

<生かじきまぐろのハーブステーキ>
材料(二人分)
かじきまぐろ(出来れば冷凍ものではなく生を)90g前後×2切れ
岩塩      小さじ1
GABANローズマリー 小さじ2
にんにく    2かけ(スライスしておく)
EXオリーブオイル 大さじ2
よつ葉バター     20g(室温に戻しておく)
GABANバジル   小さじ2

1、かじきまぐろを、少し深さのあるお皿に入れ、その上に、岩塩、
GABANローズマリー、にんにくをのせる。
2、1の上にオリーブオイルを回しかけ、15分ほどそのまま置いておく。
3、室温に戻したバターとGABANバジルを混ぜ合わせておく。
4、15分置いた2を、全て一緒にフライパンに移し、
中火でかじきまぐろの表裏に、軽く焼き色がつくまで焼く。
5、お皿に盛り付け、かじきまぐろがまだ熱いうちに、バジルをあわせた
バターをのせ、お好みで青菜(今回は菜花を使用)をあしらう。

おうちパーティーの料理レシピ


明日から3月。
つい昨日豆まきしたような気がするんですが・・・。

[PR]
by oomimi_usako | 2012-02-29 22:00 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(8)

春待ち肴

f0039281_2263085.jpg

日本酒好きではありますが、
おウチでは、毎日晩酌しているわけではありません。

週末のお休みならば、どちらか一日。
平日ならば、美味しいお肴が仕上がった時。

お猪口にホンのひと注ぎ。
美味しいお肴を、さらに美味しくいただけるように。

桃の節句まであと数日。
美味しそうなサヨリを見つけました。
そのままお刺身として頂くのが一番美味しいでしょうけれど。
三枚下ろしの半身分に、ちょっとひと手間加えて、
見目麗しいお肴に。
f0039281_2264582.jpg

<さよりの春待ち仕立て(目安:二人分)>

さより(お刺身用) 三枚下ろしの半身分
ハウスしそ梅   小さじ2
飾り用大葉    二枚
飾り用青のり   少々

1、さよりは、お造りを作るような削ぎ切りにしてから、0.5cm程度の細切りにする。(イカの糸作りのように)
2、1とハウスしそ梅を和える。(細い御箸で優しく和えます)
3、器に大葉を敷き、しそ梅で和えたさよりを盛り付け、青のりを軽くふりかける。
     おうちパーティーの料理レシピ

白く透き通ったさよりに、紫蘇と梅の紅色と、大葉と青のりの緑が映えて
ひな祭りの宴にも良さそうな一品。
ハウスしそ梅は、それだけで調味が出来てしまうので、とても便利です。
f0039281_227487.jpg

たらの芽の胡麻和えと一緒に、
春を待つ宴の、お肴になりました。


[PR]
by oomimi_usako | 2012-02-28 22:03 | おうちの調味料 | Trackback

美味安心のマヨネーズを使って。

美味安心ブランドは、素材にもお味にも、そして価格にもこだわった商品を作っている株式会社美味安心が作っています。
こちらのクリームチーズを使ったレシピは、以前にご紹介しました。
今度は、マヨネーズを使った、チャチャッと作れるレシピをひとつ。
f0039281_23553287.jpg

急いでお夕食の支度をしなければならないときに、
私が良く作るお料理の一つです。

のせて蒸すだけ、鮭のクリーミー蒸し

ホイルの上に具材を重ねてマヨネーズをたっぷりのせて包みます。
あとは蒸すだけ。
加熱されて、一層とろりクリーミーになった美味安心マヨネーズに、
ひと垂らしのお醤油で、お味を引き締めたら
柑橘果汁をたっぷり絞って、香りを立てて召し上がれ!

一人あたりの量。

旬の鮭切り身 一枚(約80g)
えのきだけ  普通株半分
にんじん   5cm位を千切り
細ねぎ    4本くらいを5cm位にカット
酢橘、かぼすなど 適量
美味安心マヨネーズ 大さじ2
醤油     小さじ1

1アルミホイルをA4~B4位の大きさで一人分一枚ずつ用意する。
2ねぎの1/4量程度をホイルの中央に置く
3その上に、鮭→にんじん→えのきだけの順にのせていく
4マヨネーズを具材の上にまんべんなくかけるようにのせ、細ねぎをさらに上にのせる。
f0039281_2359226.jpg

5ホイルで具材を包む。汁が出るので、それが洩れないようであればどんな包み方でもOK.
f0039281_23592797.jpg

6蒸気の上がった蒸し器で15分蒸す。
7蒸しあがったら汁も一緒にお皿に移し、お醤油を全体に回しかけ、柑橘類の絞り汁もまわしかけて完成です。
f0039281_23595551.jpg

他の白身のお魚でも応用可。
上にのせるお野菜も、お好きな具材でどうぞ。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
恒例お誕生月毎日更新も、あと3日。
ボーイング787が飛んでくるのは、いよいよ明日。(・・・?)
お励ましのクリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-09-27 23:50 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(10)

クリームチーズの温かいデザート oishii

f0039281_21513024.jpg

美味安心“クリームチーズ”を使って作る、今度は甘いもの編。

混ぜて合わせて焼くだけの、とても手軽なデザートです。
焼きあがったばかりの温かい状態でも、また冷蔵庫で冷たくしても、
どちらでも美味しくいただけます。

<クリームチーズの温かいデザート>

材料  直径9cmのココット型三個分


クリームチーズ 180g(美味安心のもの、クリームタイプ使用)
砂糖      10g
はちみつ    10g
たまご     全卵1個(Mサイズ位・良く溶いておく)
ビスケット   3枚(マクビティのダイジェスティブ使用)
ダークスイートチェリー 27粒(S&Wのシロップ漬け缶使用)
粉糖      適量
f0039281_2152481.jpg

f0039281_2152167.jpg


作り方 
1 ココット型の底にビスケットを敷く。
2 ダークチェリーの汁気を軽く切り、ビスケットの上に9個ずつ置く。
3 ボールにクリームチーズをあけ、ゴムベラで滑らかに練り混ぜる。
4 砂糖とはちみつを加え、すり混ぜる。
5 たまごを加え、むらなく混ぜ合わせる。
6 ココット型に5を流し入れ、表面を平らにならす。
7 170度に予熱したオーブン(ガス)で20分焼成する。 
8 焼き上がったら、表面に粉糖をたっぷりふり掛ける。
f0039281_21524269.jpg

*ビスケットとココット型の底の面積がピッタリにならないときは、
ビスケットを大きめの片に割り分けてから敷き詰めてください。
*粉糖は溶けないタイプがあれば、そちらの方がお薦めです。
f0039281_21531491.jpg

f0039281_21532692.jpg


連休のティータイムにどうぞ。

お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-05-01 21:50 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

肥後国の豆腐味噌漬けクリームおつまみ

美味安心ブランドの「クリームチーズ」をレシピブログのモニターとして頂戴いたしました。
f0039281_18172170.jpg

こちらのクリームチーズは、袋入りの柔らかいクリーム状。
その形状も生かした上で、せっかくの国産の美味しいクリームチーズゆえ、
国産の美味しいものと併せて、米焼酎に好く合う、おつまみを。

<肥後国の豆腐味噌漬けクリームおつまみ>
f0039281_18174256.jpg

*材料
美味安心「クリームチーズ」 大さじ2
熊本名物豆腐味噌漬け 大さじ2
スナップエンドウ 四本(歯ごたえ良い程度に茹でて、すぐ氷水に放って冷ましたら、水を切っておく)
*作り方
1 豆腐の味噌漬けは、スプーンなどで押しつぶすようにして混ぜてクリーム状にしたら、
  クリームチーズをあわせて良く混ぜる。
2 1を絞り袋(使い捨てのものでOK)に詰める。
3 スナップエンドウは、歯ごたえ良く茹でて莢の筋に沿って半割りにして、二枚にする。
(このとき、上手に剥がすと、中の豆が二枚それぞれに交互について残るが、上手く行かなかったら、豆をすべて外し、改めて莢の中に並べればよい)
4 絞り袋の先を直径10mm弱程度にカットして、スナップエンドウの莢の中に、豆と交互の位置になるようにクリームを丸く絞り出す。

*豆腐漬けについて
熊本産だけでなく日本各地産のものがありますので、お好みに合わせてご用意下さい。
なるべく柔らかめの品物の方が、このメニューには向いています。

熊本の美味しい米焼酎のお供にどうぞ♪
美味安心ブランドの商品は、中目黒東急のお近くの店舗でも入手可能とのこと。
今度途中下車して、お店にも寄ってみたいと思っています。

お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-04-26 17:57 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

卯の花煮

お野菜の煮物(炊き合わせ)は、和食のお献立の基本。
おせち料理など、ちょっと手をかけるときには、お野菜を種類別に煮て作ります。
でも普段は、順番に具材を投入して、一緒に炊くことが殆ど。
今回は、しいたけ、ごぼう、れんこん、にんじん、彩りに絹さやをトッピングして食卓にのせました。
f0039281_22252312.jpg

そんな煮物は、翌日に変身させるべく、いつもちょっと多めに作ります。
煮物の具材は、すべて細く小さめに切り、
予め戻しておいたひじきを戻し汁ごと加えて、もう一度火に掛けたら、
そこに卯の花を投入。
f0039281_2226621.jpg

炒め煮しながら水分量を調整して、程よい具合で出来上がり。
f0039281_22261863.jpg

f0039281_22263532.jpg

ごまをたっぷり振りかけてその日のお夕食の小鉢にしたら、
残りは、小分けで冷凍しておきます。
あと一品・・・の時に、便利です。
f0039281_22265059.jpg


お立ち寄りいただきましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-04-16 22:21 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

ルクエスチームケースで鰯の生姜煮

“お宝の持ち腐れにならないように、ルクエを使いこなそう!”と、
意気込んで、道場六三郎氏のお弟子さん共著、ルクエ専用レシピ本を買った矢先、
震災による計画停電がスタートしました。

電力供給の方は、ここのところ落ち着いてきて(あちらは全く落ち着きませんが)
お昼間などは、80%前後の需給バランス。
となれば、今のうちに・・・。

季節の鰯を使った“鰯の梅煮”が掲載されていましたので
分量をちょいと拝借して、“鰯の生姜煮”を試してみました。
f0039281_1013718.jpg

鰯は三枚におろして皮を剥き、半分に切っておきます。
しょうがは適量をスライスで用意。
そしてあとは、調味料です。
いつもは、“適宜”という言葉が大好きですが、今回はレシピに忠実に。
このレシピ本を使うからは、それが一番の売りなのですからね。
酒60cc水40cc醤油20ccみりん20cc砂糖8g(ルクエ和レシピ53ページより転記。)をスチームケースに入れて、蓋をあけたまま2分(500w)。
続けて、鰯を並べ生姜を散らして蓋を閉じたら、5分(500w)。
そして、蓋をあけると・・・
f0039281_102986.jpg

写真右上の湯気がご覧になれますかしら?
鰯と生姜と、そしてお醤油の良い香りが、ふんわふんわ、と立ち上ります。
冷まして、味をしみ込ませたら、にっぽんのおかず!の出来上がり。
お鍋で煮るのよりも、ふっくら仕上がるのが良いところだと思いました。

で・・・
頂いたルクエを使っていながら、こんなこというのはナンですが・・・
この要領で、普通の容器でも出来ます。はい。

次に作ってみたいのは、ルクエで作る筍ごはんです。
筍も電気も、今のうち。

鰯の生姜煮は、グルメ・・・とは言わにゃいかもしれないけれど
落とした頭をいただいたので、
あたちは、グルメだにゃ!と、とら子が申しております。
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
うにゃにゃ。(訳=どうもありがとうございます。)byとら子
[PR]
by oomimi_usako | 2011-04-05 09:30 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

春のひと品

昨日、靖国神社の桜が咲いて、東京も開花宣言が出されました。

店頭には、春の食材がいろいろ並んでいます。
f0039281_11481327.jpg

定番の菜の花と、酒好きの定番(?)ほたるいかを使って、簡単すぎるひと品を。
小鍋に、底1cm位のお水(気になる方はミネラルウォーターでどうぞ)を入れ、煎り酒を少々。
火にかけて、湧いてきたらすぐに菜の花を加え、その30秒ほど後に、ほたるいかを加えて全体に火を通します。
これでおしまい。
ほたるいかはポピュラーな、ボイル処理をされているものを使いますので、煮込む必要はありません。
火から下ろして、そのまま冷まして味をしみこませます。
このまま銘々皿に盛り付けても良いですし、温かいのが召し上がりたければ、再び軽く火にかけてからどうぞ。

ポイントが、いくつかあります。
 *煎り酒は、味が良く利きますので、加えすぎに注意です。お味見必須。
 *ほたるいかは、目と軟骨を取るという下処理を必ずしましょう。
  もちろん目も軟骨もバリバリ食べるわっ!とおっしゃるご家族ばかりの時は、そのままでどうぞ。
 *スーパーなどに並ぶ菜の花は、買ってきたものをすぐ使わずに二三日お水に活けて花蕾を大きくしてから使うと、綺麗な黄色も楽しめます。

f0039281_1148324.jpg

春の味覚、豆類もただ今鹿児島産が続々登場中。
これから産地が、だんだん北上してきますよね。
この丸々太った(?)グリーンピースを使ったお料理は・・・また追って。

今日は春の暖かさが、計画停電も中止にしてくれています。
何かと言われがちな東電さんですが、実は計画停電のためのお天気予報・・・いやお電気予報はお見事。
“無駄な電気を使わない”ということは、今だからではなく、常識として身につけたいものです。
その上で、やたらめったら節電するのではなく、この表でも見ながら
“使える電気は無駄なく使う”こともまたニッポン経済を回すために必要なことだと思う今日この頃です。

  人はみな なにかにはげみ 初桜 (深見けん二)

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。 
[PR]
by oomimi_usako | 2011-03-29 11:44 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(8)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ