タグ:京都 ( 36 ) タグの人気記事

グランマーブルのマーブルデニッシュ“京都三色” oishii

f0039281_15420014.jpg
f0039281_15421244.jpg

お箱の色からして、いかにも美味しそうな雰囲気を漂わせている贈り物をいただきました。
グランマーブルという、京都にあるデニッシュパンのお店の、京都三色というパンです。
f0039281_15424762.jpg
生地に織り込まれたバターが生み出す、繊細な表面の模様も、
メイラード反応によって生じる美しい焼き色も、
箱入りに相応しい、お品の良さです。

京都三色という名前がどうしてついているかというと、
それはカットしてみればわかります。

f0039281_15431032.jpg
祇園辻利のお抹茶と、苺の生地と、プレーン生地の鮮やかな三色のデニッシュです。
この三色は、日本の春の色・・・京都の春の色。
f0039281_15432697.jpg
スライスして、トースターで焼いて、朝食にいただきました。
カリッ、サクサク、そしてしっとり。
綺麗なお色も手伝って、いつもとは少し違う気配の漂う、朝食のテーブルになりました。


Special thanks to Ms GM !!





[PR]
by oomimi_usako | 2017-01-20 15:36 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

9月20日 高野屋貞広の京菓子

お茶の時間に、京菓子の高野屋貞広製“花の宵”と名付けられたお菓子をいただきました。
秋の風情を小さなお菓子に映した、可愛らしい姿がたくさん詰められていました。
こちらは、敬老お祝いの御礼にと、グランマチャコからの贈り物。

f0039281_21460821.jpg
『どれをいただく?』
『私は、まずこれを・・・』
なとと、額を寄せ合いつつ選ぶのも、またちょっと楽しいひとときでした。
f0039281_21462740.jpg
お茶器には、この季節だけに登場させる柿の描かれた有田焼を。
テーブルの上に、小さな秋がお目見えしました。
f0039281_21473382.jpg
ところで・・・
f0039281_21475203.jpg
お菓子のかたちは、栗、柿、銀杏、もみじなどなど、秋らしい意匠。
でも、これはなんでしょう?
秋の夕陽でしょうか?
お茶をいただきながら考えましたが、いまのところまだ、謎(!?)のままです。





[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-20 21:43 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

9月14日 試作中

これは、なんでしょう?

f0039281_19411056.jpg
もう少しすると、秋のお菓子教室が始まりますので、ただいま試作の真っ最中。
お味にひねりを加えた、りんごを使ったタルトを作ります。
これは、そのタルト生地です。

材料自体は、すべて決まっていても、その量についてはいつも、結構ぎりぎりまで微調整を続けています。
全貌は、レッスンが始まりましてから、ご覧に入れたいと思います。

f0039281_19412483.jpg
ところで、今度の三連休最終日は敬老の日。
私どもも家族で集まって、“敬老”することにしています。
メインに、こちらを注文しました。
f0039281_19413626.jpg
京都美濃吉の敬老の日お弁当“健祝膳”。
出汁巻き、ごま豆腐、枝豆、松風、かます塩焼き、市松大根、栗甘煮、海老煮、合鴨ロース、紅白なます、しめじ菊花ほうれん草、
すっぽんスープゼリィ、菊の花、クコの実、鱧南蛮漬け、もみじ人参、がんも煮、大根煮、絹さや、南瓜煮、なす煮、蛸の柔らか煮、
高野豆腐、じゃが芋煮、さつまいも煮、人参煮、笹巻麩、わらび餅、ぶどう豆、松茸ご飯、もみじ麩。(リーフレットより)

と、まあ、このようなお野菜メインの種類豊富な内容で、書き出すだけでもくたびれるよう。
これを全部作ったら、お正月より大変なことになりそうです。
配達してもらえるエリアなので、こちらは、 お箸 ハンコを持って待っているだけ。
便利なことに、感謝しつつ、美味しくいただく予定です。


[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-14 19:38 | お家でお教室 | Trackback | Comments(6)

京都北山マールブランシュの京遊記をお年賀に。

f0039281_12371396.jpg

昨日、門扉につけておいた松飾りを、近所の八幡宮に納めに行きました。
元旦の人出には、遠く及ばないものの、
まだまだ初詣のお参りの方で、賑やかな境内でした。

毎年この折に、節分の豆まき用のお豆を分けていただいてくるのですが、
今年はまだ準備が出来ていないとのこと。
“明日位から出せるそうです。”
せっかくお参りくださったのにと、可愛らしい巫女さんに申し訳なさそうに言われましたが、
神様が、何度でもお参りにいらっしゃいとおっしゃっておられるのでしょうと思って、足取り軽く、帰宅しました。

ちょうどお茶の時間になったので、
お紅茶をいれて、お年賀にいただいたお菓子で、温かいひと休み。
京都北山マールブランシュの、京遊記。
f0039281_12375128.jpg

お重のような二段重ねのお菓子の詰め合わせです。
黒いお箱は、松竹梅。
f0039281_123895.jpg

橙色のお箱は、京サブレ、という名前。
f0039281_12382624.jpg

それぞれの箱の蓋を開けると、中のお菓子のお品書きが入っています。
中身に到達するまでに、ワクワクしてしまいます。
f0039281_12384019.jpg

f0039281_12385628.jpg

全貌はこちら。
f0039281_1239162.jpg

なんて可愛らしいお菓子たちでしょう。
f0039281_12393564.jpg

f0039281_12395122.jpg

f0039281_1240524.jpg

京サブレの方は、美味しい“京”のオンパレード。
全国の京子さんは、お年賀にされるのにぴったりかもしれませんね。

usakoの補足>
f0039281_12402218.jpg

食感とお味を、図で描いたお品書き。
わかるような、わからないような・・・
でもちょっと画期的で面白いと思いました。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-01-09 12:34 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

佐々木蔵之介さんちの日本酒

常に我が家では、日本酒四合瓶(さすがに一升瓶ではございません)を数本ストックしています。
近隣の居酒屋さんと比べても見劣りしないであろうと自負する、なかなか面白い品揃え。
あと足りないのは、暖簾くらいかしら。

さて・・・。
そんなストックの中に、この夏に入手したままずっと取っておいた瓶がありました。
京都の佐々木酒造の日本酒です。
こちらの酒蔵は、演技派俳優佐々木蔵之介さんのご実家。
蔵は御三男が継がれています。

この夏、佐々木蔵之介さんが、渋谷のパルコ劇場で一人芝居をなさったのに時期を合わせるように、
(合わせたのかも?)日本橋三越のリカーショップで特別出店されていました。
東京でお目にかかれるのは珍しかったので、試飲させていただいて、
美味しかったものを入手してきたのです。
f0039281_18144827.jpg

夏方…と書いて、なつざまと読みます。
純米吟醸原酒なので、御酒の旨みが楽しめて美味しいお味ですが、
京都の御酒らしく、旨みの後味が消えるようにさらさらと、
お品よく喉を下って行きます。
寒造りの純米吟醸酒を、低温貯蔵して原酒で瓶詰されたそうで、
冷やでどうぞ、とのおすすめ。
f0039281_18162122.jpg

夏ならまだしも、ちょっとお寒さ厳しい今日この頃ゆえ、
海鮮鍋を仕立てました。
f0039281_18151513.jpg

燗酒の美味しくなる季節ですが、
ちょっとヒンヤリ冷たい御酒をチョイチョイと頂きながら、
お鍋の出来上がるのを待つのもまた、良いものでございます~。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-25 18:09 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(8)

鶴屋吉信 あじさい餅

f0039281_2210987.jpg

まあるいお餅に、可愛いお花が飾られて。
ただ、それだけなのに。

小さい花型が毬のように集まる、
あの紫陽花のお花にみえるのは、なぜかしら。
f0039281_22103958.jpg

静かに絶え間なく降り落ちる、
雨のしずくが光っているようにみえるのは、なぜかしら。

和菓子は、ほんとうに、
季節を映す小さい芸術のようですね。


usako補足>周りに塗されている白い小さい結晶状のもの。
こういう和菓子や、みすず飴など、見た目のきれいさだけでなく、
くっつき防止のためにも良く使用されています。
オブラートパウダーといいます。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-06-30 22:08 | あまいもの | Trackback | Comments(8)

栗たっぷり!足立音衛門の焼菓子

f0039281_17571938.jpg

ずっしり重い奉書包み。
足立音衛門の焼菓子です。
この日のお茶の時間にいただいたのは、“マローネのケーキ”。
f0039281_17575877.jpg

マローネという品種の栗がたっぷり詰まったパウンドケーキでした。
ブランデーの香りが利いた、ちょっと大人のお味は、
初秋のお茶の時間にぴったりです。
f0039281_17593338.jpg

秋の気配を感じると、
なぜか、スイーツ御三家、栗、お芋、南瓜のお菓子をいただきたくなります。
レッスンでも、“是非、栗を使ったお菓子を!”と、
リクエストなさったグループもありました。
試作と試食も兼ねたお茶の時間のお菓子には、
栗のスイーツの登場回数が、これからグンと増えそうです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-09-16 17:54 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

和久傳 れんこん菓子西湖とささのか菓子希水

f0039281_7413842.jpg

青々とした笹の葉の
その包みを見ただけで嬉しくなるのが
御存知、和久傳のれんこん菓子“西湖(せいこ)”。
f0039281_7415536.jpg

つるん、ぷるん、もちもちっとしたれんこんの食感と、
和三盆の甘さが優しいお菓子です。

近年、フルーティな風味で、透き通った輝きもご馳走の
ささのか菓子“希水(きすい)”も加わりました。
f0039281_7421424.jpg

フルーティな香りは、林檎なのだそうです。

今日のおやつには、冷蔵庫の中の西湖や希水をいただこう・・・
そう思うだけでも、体感温度がほんのすこし、
下がるような気がいたします。

まだまだ、
涼菓が嬉しい気候が、つづきそうですね。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-08-31 07:36 | あまいもの | Trackback

京都 和久傳 ふりだし

お教室にお越しいただいたら、
まずは、お茶をおひとつお出しして、ひと息いれていただきます。
その折に、ホンのひと口甘いものもお供に。
f0039281_16423469.jpg

ちょうどいま、お供のお仕事をしてくれているのが、
京都和久傳の“和三盆金平糖 ふりだし”。
f0039281_16432114.jpg

愛らしい瓢箪を軽く振ると、
小さい和三盆の金平糖が、ころころと顔を出します。
f0039281_1643770.jpg

そっと摘んでお口に運ぶと、
お品の良い甘味がゆっくり広がっていくのです。
f0039281_16442939.jpg

ちょっと濃い目に煎れた、お抹茶入りの玄米茶と共に
可愛いとらやの豆皿をお出しして、
“どうぞ、お好きなだけ・・・”
と、おすすめすると、皆さま楽しそうにふりだされて。
お味に存在感のある和三盆金平糖は、
ひと粒ふた粒でも、その甘さに、たちまち元気が湧いてきて、
“さあ、それでは!”
とお教室も、勢い良く始まります。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

また、イイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-05-27 16:35 | あまいもの | Trackback | Comments(14)

京都北山 マールブランシュ

まだ降雪のニュースが聞かれる北海道ですが、
このゴールデンウイークの終わり頃になって、ようやっと、
桜前線が津軽海峡を越えて、到達したようです。
f0039281_1156324.jpg

東京や横浜の桜は、つやつやの葉っぱがフサフサになりましたが、
北海道の桜開花に因んでいただくおやつは、
京都北山マールブランシュのお品、“四季のマカロンとムラング 春ー桜”
f0039281_11564510.jpg

白とピンクの綺麗な箱をあけると、
f0039281_11565968.jpg

桜の形に、桜風味のガナッシュをサンドしたマカロンと、
白い雲を表現したココナッツ風味のムラング(=メレンゲ)の詰め合わせが、
現れます。

早く、最北端まで春が届きますように!
そんな想いを込めながら、小さな桜のひとつまみを、美味しくいただきました。

<usako memo>
“四季のマカロンとムラング”シリーズは、
春の桜の他に、夏の青葉、秋の桔梗、冬の椿と四季折々に楽しめます。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

また、イイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-05-07 11:52 | あまいもの | Trackback | Comments(14)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

わあ、立派な金目鯛!大好..
by marucox0326 at 18:49
魚屋さんでお魚と目が合う..
by suzu-kinako at 09:27
☆05-24 09:21..
by oomimi_usako at 11:48
☆miyabiflowe..
by oomimi_usako at 11:46
☆ぷうさま、 なるほど..
by oomimi_usako at 11:46
☆モンスーンさまもご経験..
by oomimi_usako at 11:46
おいしそうですね。 「..
by miyabiflower at 16:32
これは見事なきんきですね..
by ぷう at 12:49
こんばんは~♪ 確..
by 2005-1127 at 19:12
いつもうさこ姉のブログを..
by ぴょんこ at 10:03

最新の記事

見つめられて。
at 2017-05-22 11:01
装飾過剰ですが。
at 2017-05-15 22:38
これもまたある日のusako庵
at 2017-05-09 22:27
連休のある日のusako庵
at 2017-05-03 17:27
モルトヴィネガー
at 2017-04-30 17:54

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(195)
(184)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ