タグ:天王洲アイル ( 1 ) タグの人気記事

DAVID BOWIE is @寺田倉庫G1ビル

頭のテッペンから爪先まで、デヴィッド・ボウイに浸りきれる回顧展。

メディアに登場し始めた頃から、昨年亡くなるまでの彼の足跡を、
これでもかと言うほどの資料でまとめ上げています。

f0039281_18473014.jpg
年代を追って、テーマ別に展示されている、楽譜、作詞メモ、
ステージやTVショウの衣装や、シンセサイザーなどの楽器は、300点以上。
ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が企画したと聞けば、
ああ、あの展示スタイルね、と納得される方もあるでしょう。


2013年、そのV&A博物館を皮切りに、
今までに世界9都市約150万人を魅了してきたこの展覧会は、
今、アジアで唯一の開催地である日本で、
会期残すところあと数日となっています。

開場では、入場者全員にヘッドフォンが渡されて、
そこに流れるボウイの音楽や、インタビューに答える声を聴きながら、
各展示を回るようになっています。
それは、今流行りの展覧会の音声ガイドとは、一線を画すもので、
デビッドボウイの音のシャワーを浴びながら、
初めてみる映像や、数々の懐かしいMTVの映像、あるいはTV映像などなどを
次から次へと見ていくことが出来るようになっていました。


日本独自の展示として、デビッドボウイ出演の映画、
“戦場のメリークリスマス”のコーナーもありました。
抜粋された名場面映像と、共演した北野武氏、坂本龍一氏の
撮りおろしインタヴュー映像も観ることが出来ます。

f0039281_18473962.jpg
会場のデザイン、展示や音響・映像の監修は、
ロンドンオリンピック開会式の演出も手掛けた59プロダクションズだそうです。
確かに、日本のいろいろな展覧会とは、だいぶ感じが違っていました。
何となく、シアトルで観に行ったエクスペリエンスミュージックプロジェクトと
雰囲気が似ていたので、外国に(この場合はシアトルでなくてロンドンに!)
ちょっと飛んで行ったかのような軽い錯覚に陥りました。

最後の 「ショウ・モーメント」展示は、
360度の空間にランダムに配置されたスクリーンを見ながら、ヘッドフォン無しで、
デビッドボウイのライブ映像と音楽の中に身を沈められるところ。
まさしく、“フィナーレ”を体感して展覧会を後にしました。


デビッドボウイの音楽に最初に出会ったのは、もうだいぶ前のこと。
曲はもちろん、あの声も、瞳も、シュッとしたお顔の輪郭も好きですし、
スーツ姿も大好きです。
奇抜なお衣裳や、歌詞に散りばめられたユニークな発想が、
とても興味深いと思います。
もっとおじいさんになったら、どんな曲を作り出したのだろうかと考えますが、
今となっては、それは答えのない疑問となってしまいました。


以下は、私的な覚書です。(解説、HPなどよりまとめ)

・初ヒットシングル“スペイス・オディティ”、その10年後トム少佐再登場“アッシュズ・トゥ ・アッシュズ”。
・1972年7月6日、BBCの大人気音楽番組 『トップ・オヴ・ザ・ポップス』に出演。
 スパイダーズ・フロム・マーズを従えて“スターマン”のパフォーマンス披露し、ジギー・スターダスト誕生。
 まだ保守的だった英国社会に大きな衝撃を与え、70年代に育った多数のミュージシャンが人生の
転機に挙げ、ポップ・ ミュージックの流れを変えたとされている歴史的パフォーマンス。
 「僕は誰かに電話をせずにいられなくて君を選んだ」 と歌いながらボウイがこちらを指差す。
 テレビをコミュニケーションの手段として利用し、ポップ・ミュージックの流れを変えたパフォーマンス。
・想像上のキャラクターになり切るためにファッションの力を最大限に利用した。
 1970年代初めの 『ジギー・スターダスト』 時代 の山本寛斎。
 1990年代後半の 『アースリング』 時代のアレキサンダー・マックイーン。
 ジョルジオ・アルマーニやエディ ・スリマンが手掛けたエレガントなスーツなど、
 トップ・デザイナーたちとコラボレーション。
 バレエや演劇など舞台芸術のスペシャリストたちの手を借りたりしながらスタイルを作り出してきた。
・日本文化からインスピレーションを得た親日家ボウイの日本との関わり。
 「僕は日本の影響下にある」と歌詞に綴っていたのは、アルバム 『ヒーローズ』の“ブラックアウト”。
 師事したマイム・アーティストのリンゼイ・ケンプを通じて、歌舞伎に魅せられ、
ライヴ・パフォーマンスに歌舞伎の化粧法や早変わりのテクニックを取り入れた。
  日本人のクリエイターたちとも、 積極的にコラボ。
 『ヒーローズ』 のジャケット写真は鋤田正義氏が撮影。40年以上にわたってボウイを撮り続けた。
  山本寛斎が1970年代にデザインしたのは、斬新な衣装。
  1977年発表の楽曲“モ ス・ガーデン”のレコーディングにはミニ琴が使われた。
  ボウイ自ら、三島由紀夫の肖像画を描いている。






[PR]
by oomimi_usako | 2017-04-03 18:45 | 展覧会 | Trackback | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

南麻布 ルコント広尾本店の綺..
at 2017-10-09 22:38
9月30日 お誕生月恒例、毎..
at 2017-09-30 23:44
9月29日 今年もこの日が。
at 2017-09-29 22:29
9月28日 神田みますや
at 2017-09-28 23:28
9月27日 田園調布 パティ..
at 2017-09-27 23:00

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(199)
(189)
(118)
(95)
(86)
(64)
(49)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(31)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索