K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

10月の三連休中に開催された、“しまねの地酒フェア2016in東京”(有楽町:東京交通会館カトレアホール)。
御招待を頂いたので、夫婦揃って、いそいそと出掛けてまいりました。

f0039281_12472682.jpg
f0039281_12473505.jpg
島根県は、お水もお米も美味しいところ。
その地で醸される日本酒は、独特の柔らかい風味が美味しくて、我が家はその味が大好きです。
県内には、日本酒の蔵元が沢山あるので、そのひとつひとつ特徴のあるお味を、
いろいろ楽しみたいと思っているのですが、東京で頂ける御酒には限りがあります。
そうかと行って、現地に出掛けたとしても、なかなか広い島根県ゆえ、
各地に点在する蔵元を訪ねて回るのも、これまた容易なことではありません。
f0039281_12480879.jpg
そんな悩みを一挙に解決してくれるのが、しまねの地酒フェア。
なんたって、蔵元さんが、はるばる一升瓶を運んできてくださるんですから!
f0039281_12485117.jpg
f0039281_12490305.jpg
f0039281_12491786.jpg
f0039281_12492934.jpg
f0039281_12494936.jpg
f0039281_12512798.jpg
今年は、19蔵がご出展。
丹精込めて醸されたご自慢の日本酒を、何種類も試飲をさせていただけます。
酒米の違い、酵母の違い、そしてもちろん蔵の違いで、限りなく広がる日本酒のお味を、
様々堪能することができました。
f0039281_12515703.jpg
このフェアは、主に業界関係者向けのものです。
そのため、その場での日本酒の販売はありません。
新たに気に入ったお味の蔵元さんからは、資料などを頂いて、購入方法なども確認。
我が家の食卓に載せる準備にも、抜かりはございません。
(我が家の食卓は、ギョーカイではありませんが)


ところで、呑み会・・・いや違う・・・日本酒のお勉強のあとは、ちょっと冷たいものが欲しくなります。
東京交通会館の14階の会場からエレベーターで降りたら、
真正面に北海道どさんこプラザのソフトクリームコーナーがあり、吸い寄せられました。

f0039281_12522304.jpg
デザートは、夕張メロンソフトになりました。
(ちなみにソフトクリームは、カップ派です。)




[PR]
by oomimi_usako | 2016-10-12 12:45 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)
お馴染み、おウチ居酒屋ウサコ庵。
この夜は、島根は松江の、米田酒造の御酒を楽しみました。
看板ブランドは“豊の秋”ですが、こちらはカタカナで“トヨノアキ アカ”と、
名付けられています。
f0039281_1811586.jpg

出雲杜氏の上濱氏が、試行錯誤なさって作り上げた純米酒。
酒米には、精米歩合65%の島根県産五百万石を使っています。
木槽搾りのあらばしり(=最初に絞り出てくる御酒)を、そのまま瓶詰にした、
度数17度の生原酒のうすにごりです。
f0039281_18112387.jpg

この赤い袋は、紫外線を99%カットする遮光性のあるもので、
光による御酒の劣化を防ぐためのもの。
(袋が空いたら、再利用しましょ!・・・えっ?まさか??)
f0039281_18113941.jpg

大事に守られて、我が家の食卓に上ったトヨノアキアカは、
注いだ杯から、馥郁とした香りが漂い、
お口に含めば、軽い発泡を感じながら、爽やかな日本酒の香りが鼻腔に抜けていきます。
そして、喉を通ったそのあとには、口中に残るすっきりとした旨みが、これまた爽やか。
暑かった日中を、忘れることのできる爽快な美味しい御酒でした。
f0039281_1812176.jpg

合わせた御肴は、やはり爽やかさを意識したものを。
水茄子のりんご酢漬けや、
自家製なめたけをたっぷり乗せた湯葉豆腐。
万願寺唐辛子は、半切にして焼いて、お味噌をつけていただきました。
f0039281_18123893.jpg

f0039281_18125275.jpg

そして、大皿にたっぷり盛った、お造り。
真鯛とわかしですが、いずれも柵で入手して、大ぶりに切って盛り付けました。
“もっと薄く!”と、昔、日本料理の先生に、何を切っても良く注意されていましたが、
この厚切り癖は、親譲り。
まったく 直す 直る気配はありません。
f0039281_18132719.jpg





                             ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-08-20 18:09 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)
酒蔵を見せて頂いたご縁で、松江の米田酒造さんから、
今年出来た御酒の、試飲販売をなさるとのお知らせをいただきました。
f0039281_18243658.jpg

場所は、日本橋島根館。
夫婦揃ってイソイソ出掛けて、お披露目となった御酒を
ぜ~んぶ、お味見させていただきました。
米田酒造さんの醸す日本酒は、正に島根の日本酒らしいお味です。
軽くて呑みやすいけれど、爽やかな旨みがお口に残り、
宍道湖の幸が、するするとたくさん頂けてしまうのです。

とはいっても、店頭での試飲販売。
その場で、御肴をつまむわけには行きません。
杜氏の方に、秋の元気な再会をお約束して、
私たちは、お隣の島根料理のお店、主水へと移動しました。
f0039281_1825540.jpg

島根の日本酒を、地元の食材と共に楽しむなら、
何といってもこちら主水です。
今回も美味しい食材を堪能しました。
こちらは、真鯛とキカナのお造り。
鯖を甘辛い胡麻醤油で和えたもの。
f0039281_18252617.jpg

宍道湖しじみの酒蒸し。
f0039281_18254550.jpg

f0039281_1826164.jpg

私からは遠い側にセットしてもらったので、
殿が取り分けてくれました。
これは貴重な画像です。
お家では、お食事に関することは何にもなさいませんので、
こうして取り分けていただけるのは、十年に一度位です。
f0039281_18263789.jpg

f0039281_18272268.jpg

烏賊に、あおさの玉子焼き。
そして、島根産の岩牡蠣。
f0039281_182743100.jpg

あらまあ、だめだめ、お行儀悪い。
f0039281_1828525.jpg

どこかの都市の首長さんのように、指をさしてはいけません。
・・・見事な岩牡蠣の大きさがお分かりいただけるように、
私の小さな指を出してみましたの。
平にご容赦。
f0039281_18285813.jpg

そして、もちろん出雲そばをいただいて、
島根の宴を〆ました。

いただいた日本酒は・・・
島根のメジャーどころを、二人でほぼ網羅いたしましたので、
銘柄については、省略させていただきます。



    ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-06 18:23 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)
f0039281_17493792.jpg

あけましておめでとうございます。
2016年も、usakoのブログをどうぞ御贔屓に。

最初は、やはりこのお話から。
元旦にいただいた(注:三が日ではありませんよ)美味しい日本酒のおはなし。

まず、元旦朝。
usako家のお祝い膳に登場したのは、
青森市の西田酒造店、喜久泉(きくいずみ)金冠大吟醸
西田酒造店さんといえば、田酒(でんしゅ)というとても有名な銘柄がありますが、
この喜久泉も、鑑評会のご常連として名をはせる銘柄です。
きりりと締まった爽やかなお味。
冷蔵庫ではなく、お家の中の涼しいところに置いておくくらいが、
いただくのにはちょうど良い頃合いになります。
f0039281_1750596.jpg

御縁あって、年末に頂戴したこちらの御酒。
元旦の朝に相応しく、清々しいお祝い膳となりました。
このあと、いつものように大宮八幡宮に初詣にまいりました。

さて、変わって元旦お昼。
殿実家に出掛け、いただいたお祝い膳を囲みました。
f0039281_17502895.jpg

松江旅行の折に入手しておいた、米田酒造の上撰豊の秋(とよのあき)で乾杯です。
メンバーは日本酒好きが多いものの、平均年齢が高いので、
余り冷やさず常温でも美味しいこのお酒を選びました。

島根の御酒は、どちらの酒蔵のものも水柄からか、とても柔らかい優しいお味。
豊の秋ももちろん、常温でも柔らかく飲みやすいお味で、
義母が選んでくれた、ウエスティン都ホテル京都の和洋折衷三段お節料理とも、
とてもよく合いました。
f0039281_17504460.jpg

このあと、グランマチャコのところに、新年の御挨拶とご機嫌伺い。
そして、元旦夜。
usako実家にたどり着き、お祝い膳を囲みました。
f0039281_17541329.jpg

乾杯は、お屠蘇で。
それから先は、日本酒が並びました。
usako家から持ち込んだのは、同じく松江旅行の折に入手した、
米田酒造の純米初代辛口金五郎。
常温でも熱燗でも楽しめるこのお酒は、ごついラベルとは裏腹に、
やっぱり優しい松江のお味。
みなそれぞれ好みの飲み方で楽しみました。
f0039281_1756306.jpg

f0039281_17564810.jpg

お料理は、毎年お馴染み、芝パークホテルの和洋中とりどりのお節。
そして、みんなの持ち寄りいろいろ。
f0039281_1759587.jpg

f0039281_17595818.jpg

f0039281_1801631.jpg

f0039281_1803713.jpg

そして、義弟くん実家からは、活伊勢海老がやってきました。
大晦日にぴょんこちゃんから、
“今年最後の殺生をしてしまった!”
という悲痛な(?!)メールが届きましたが、
夫婦力を合わせて格闘してくれて、
美味しいボイルで頂戴することができました。
f0039281_1812173.jpg


こんな具合に始まりました2016年。
なんだか、K's Sweet Kitchen ではなくて、
K's Dry Kitchen じゃないの?
…というお声がちらほら聞こえてまいりますが、それはそれとして。

ブログにお目を留めてくださるすべての皆さまの、
ご多幸とご健康を祈りつつ、筆を進めていきたいと思います。
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Special thanks to H.M !!
Special thanks to Mr.&Mrs.T!!
[PR]
by oomimi_usako | 2016-01-04 17:45 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(14)

結婚記念日に。 kawaii

f0039281_1827760.jpg

出雲神話に描かれた、スサノオノミコトと稲田姫の縁結びの物語。
そもそもの発端は、斐伊川の畔を歩いていたスサノオノミコトが、
川を流れてきたお箸を見つけたことから始まるご縁で、
稲田姫と出会うことになりました。
f0039281_18274774.jpg

何年経っても、いい夫婦一歩手前。
それが、私たちの結婚記念日です。
昨日までありがとう、そして今日からもまた、よろしくね。
f0039281_1828950.jpg

今年の結婚記念日には、出雲伝説にあやかって、普段使いのお箸を新調しました。
出雲大社の参道にある老舗のお箸屋さん“ひらの屋”の縁結び箸。
先日の松江旅行の折に、この日のために買い求めてきたものです。

・・・あぁ・・・そうなのです。

実は、松江に一泊の旅をしてきました。
それも、少し前の神無月…あちらでは、神在月の終わりの日に。

とても充実した良い旅でしたが、うまくまとめられなくて、
まだブログにup出来ずにおります。

感慨深く、また情趣にあふれる良い旅をした後というのは、
うんと頑張らないと、なかなかそれをまとめる作業に取り掛かれません。
こころに残る想い出を飽和状態にしておけば、なんとなくその余韻に、
長くひたっていられるような気がしてしまうのです。

まとめて括って、ハイ終了、としてしまうのが、惜しいように感じてしまい、
ついついそのまま飽和させているのは、
二年前の夏のニューヨークの旅、
その秋の姫路城の旅、
それからそれから、昨年の秋の神戸の旅。

未だ余韻を長く楽しんで居るのですが、
記憶力の限界に到達する前に、きちんとまとめないといけないと、
考えているところです。



                           ‐
[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-22 18:24 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(20)
茶聖、とも称される江戸時代の松江藩主松平治郷(はるさと)は、
当時も、そして今の世に至っても、不昧公(ふまいこう)として、
その名を広く知られています。

松江には、お茶の文化が根付き、今でもお茶事に親しむ方々が多いのだとか。
併せてお茶席菓子も、当時不昧公が好まれたものを、老舗が今に伝えているのは、素晴らしいことだと思います。
f0039281_1810347.jpg

こちらは、老舗の一つ、桂月堂の出雲三昧(いずもざんまい)というお菓子。
“老松が濠にうつって静かなたたずまいを残す城下町、松江。
 出雲の夕景に映える湖畔の町、松江。
 人の情に残る不昧公の茶の心。
 この三つの風物詩を 味に表現”(同梱のしおりより)
なさったとのこと。
不昧公の時代よりあとに創られたようですが、
意匠には、不昧公のおこころが宿るようにみえます。
f0039281_18112810.jpg

ほろほろとやわらかな落雁と、
軽やかなもっちり食感の求肥。
そして、その間を取り持つ小豆の羊羹は、甘さと厚みが絶妙です。
f0039281_18115381.jpg

併せて頂くお茶は、出雲の茶三代一(ちゃさんだい)の白折(しらおり)です。
この鮮やかな彩りと、旨みの強いお味は、お茶席菓子と良い相性。

ゆっくりお茶を煎れて、
お菓子の姿をじっくり眺めながらいただく午後のお茶の時間は、
至福の時でありました。

usako補足>落雁らぶ。求肥らぶ。ひと箱抱えて頂きたいところですが、
そこはやっぱり松江のお菓子。お品よく、お茶の時間一回につき一つと決めて、
楽しみました。・・・ホントよ!



[PR]
by oomimi_usako | 2015-11-09 18:08 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

日本橋 島根料理主水

f0039281_2215740.jpg

日本橋界隈で、美味しいお肴と美味しい日本酒を楽しもうと思った時に、
迷わず向かうのが主水(もんど)。食べログのページは→こちら
島根県のアンテナショップに併設されていて、
島根の食材と地酒が堪能出来るお店です。

同郷の食材と御酒を併せていただくことに、
結構こだわるusako家にとっては、
満足度の高い 呑み会 お食事がいただけてうれしい限り。
この日も、お向かいのデパートで殿のスーツの仮縫いを終えた後、
迷わず立ち寄りました。
f0039281_22153740.jpg

ヨコワとキツネカツオのお造りに、飛魚のお造りの豪快さ!
f0039281_22155527.jpg

f0039281_22161313.jpg

宍道湖七珍のうちのひとつ、しじみをその場で酒蒸しに。
f0039281_22172396.jpg

日本酒は、誉池月はすみの純米や、豊の秋などを合わせました。
これらが、また美味しくてねぇ…。
島根出雲のあたりは、日本書紀に、酒発祥の地と表されている場所。
連綿と続く出雲杜氏の確かな技術と、土地の恵みが重なって、
間違いなく極上の日本酒が、今でも生まれ続けているのです。

もちろん〆には、出雲そばをいただいて。
お店を出ると、日本橋の通り沿いの建物が、
ライトアップされていて綺麗でした。
f0039281_22174217.jpg



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-06-05 22:09 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(4)
f0039281_1804687.jpg

先日、ムッシュマロのお誕生会をしました折に、
作ったバースディケーキに飾ったのが、
Dry Edible Flower (ドライエディブルフラワー)です。

エディブルフラワーすなわち食用花は、
それなりの野菜売り場を訪ねれば、手に入るようになりました。
f0039281_183736.jpg

でも、そのドライというのは、どうやら世界でも珍しいものなのだそうで、
作っているのは、エヌイーワークスという奥出雲の会社です。
f0039281_1852064.jpg

ムッシュマロのバースディケーキには、
ピンクの可愛いバーベナを飾りました。

ドライになっている分、そのもの自体が主張するお味が殆どないので、
スイーツだけでなく、繊細なお料理を、エレガントに飾るのにも使えそうです。




[PR]
by oomimi_usako | 2013-12-13 17:51 | あまいもの | Trackback | Comments(6)
先日、日本橋M越にて、殿の新調するスーツの仮縫いにご一緒しました折、
“お夕食、食べて帰る?”ということになりました。
寒い日だったので、あまりウロウロするのもイヤだということで、
M越の目の前にある、島根館“主水”に行くことにいたしました。

時々利用するこちらは、
島根の郷土料理と日本酒を、併せていただくことの出来る私達好みのお店です。

まずは、びあへルンが出したという、
ちょっと珍しい柿のビールを試しに。
f0039281_0255530.jpg

日本酒は、
淡麗ながらコクのある上品なお味の
“扶桑鶴大道山 純米(桑原酒造 島根益田市)”と、
淡い旨みがすっきりとして美味しい、
“仁多米 純米(奥出雲酒造 島根仁多)”
をいただきました。
f0039281_0285023.jpg

美味しい直送のお魚のお刺身が、地元の日本酒と合わないはずがありません。
f0039281_0293124.jpg

f0039281_0295096.jpg

f0039281_0301757.jpg

出雲おでんは、特産岩のりが入るのが特徴。
f0039281_0303246.jpg

〆の手前に、御存知宍道湖しじみの酒蒸しを忘れずにいただいて。
f0039281_0305768.jpg

そして・・・
〆はもちろん出雲蕎麦を美味しく頂戴しましたが・・・
f0039281_0311499.jpg

頂く前に撮り忘れました。
カラの御椀で、ごめんなさい。

久し振りに、美味しい島根の夕べを堪能いたしました。
スーツの出来上がりは、一月半ば。
また、くっついて行こうっと!


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。

にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2012-12-28 23:59 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)
f0039281_1771395.jpg

これが食べたくて、一年に一度欠かさず行くのが、渋谷東急東横店の島根物産展
活赤貝です。
f0039281_1773197.jpg

お寿司屋さんで出てくる赤貝ではなく、島根で赤貝と言ったらさるぼう貝のこと。
これがまた、最高に日本酒に合うのです。

出店のおばちゃま、おじちゃまに
“毎度どうも~、作り方もうお分かりですよね、でも今年はちょっと小粒です”
と、言われてしまったのは、
メンが割れているからではなく、
買う気満々の雰囲気だったからでしょう、きっと。
f0039281_1775385.jpg

今年、赤貝に合わせて試飲の結果調達したのは、
簸上正宗 純米 新酒しぼりしな(簸上清酒)。
f0039281_1785236.jpg

奥出雲産の改良雄町米を使った精米歩合60%のこのお酒は、
香りと旨みのバランスが程よい感じ。
さらり系が多い、島根の日本酒の特徴である爽やかさに加えて、
後味が心地よく残る美味しい御酒でした。
f0039281_179799.jpg

他にも、のどぐろ津田かぶの糠漬けなどで島根色を整え、
f0039281_1792892.jpg

f0039281_1794442.jpg

湯豆腐やお刺身などを補足。
こうやってみると、見た目がさほど良くありませんが、湯豆腐の仕上がりにザクザク切った三つ葉を生のまま加えてすぐ蓋をして、あとは余熱で火を通す・・・というのが最近お気に入りです。
f0039281_1710775.jpg

宴の終わりには、貝殻の山が出現しました。
f0039281_17102160.jpg

残念だったのは、隠岐牛のお店が出店していなかったこと。
しかし、あご野焼きや木次の乳製品、和菓子の老舗などは、
東京ではもう珍しく感じないほどの市民権を得たのは、
21回も続けている効果かもしれませんね。
継続は力なり。
これからは、物産展ならではの特別なお楽しみも、企画して欲しいなあと思います。
今年の会期は、2012年1月18日水曜日までです。
f0039281_17105430.jpg


usakoメモ>催事期間中、毎朝島根を発った赤貝ちゃんたちは、午後に渋谷に到着します。
新鮮な活き赤貝を必ず入手したい私は、いつも、おやつの時間前後を目指して出かけています。


毎日本当にお寒いですね。
どなたさまも、お身体大切に、風邪など召されませんように。
お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-01-16 17:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)