K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:帝国ホテル ( 13 ) タグの人気記事

二月に出掛けましたのは、
芝パークホテルにある中国料理北京の本店でした。
同じお店でも、実はメニューには若干の違いがありまして。


今回は、usakoの好物であるお馴染みのフカヒレそばを頂きに、
帝国ホテル店の方にまいりました。

f0039281_21432555.jpg
お食事の最後にいただくフカヒレそば。
いつも、二人分にシェアして、運んでいただきます。

紹興酒など頂きながら、他のお料理をいろいろ楽しんで、
最後の〆として頂く形。
これは、殿のお好みのスタイルです。

スポンサーですのでね、大人しくそれに従っておりますが、
私の希望はちょっと違います。

ほんとうは、まるまる一人分。
大きなフカヒレが、どーんと載せられたフカヒレそばを、
それだけを、堪能したいのであります。

とはいえ、それ以外のお料理も、とても美味しく頂戴しました。



More  いただいたお料理は・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2017-04-13 09:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(8)

f0039281_16074770.jpg
先日、帝国ホテルのレストラン レ セゾンにて、家族のお誕生会をしました。
例の、あのロビー装花を撮影した日です。
f0039281_16080407.jpg
いつ伺っても、心地よいひと時と美味しいお料理を堪能させていただけるレセゾンは、
家族みんなで大ファンですので、今回も楽しみに伺いました。
f0039281_16081576.jpg
まずは、シャンパンで乾杯。
すぐに供されるのが冒頭の、レセゾンお得意、胡麻入り升の上のアミューズ。
f0039281_16074770.jpg
“胡麻は食べても良いの?”
と、解っているけれどお訪ねするのも、私共のお決まりで。
そこから和やかにコースが進みはじめました。
f0039281_16085512.jpg
締め括りには、バースディケーキをご用意いただいて、
みんなで“Happy Birthday"のお歌を歌って(個室ゆえ)お祝いしました。
f0039281_16090888.jpg




More  お口ばかりでなく、目にも楽しいプレートの続きは、こちらです。
[PR]
by oomimi_usako | 2017-03-12 16:05 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

f0039281_11103236.jpg
綺麗なお饅頭型の装花を観ることが多い気がする、
帝国ホテルのロビー中央にある装花。

今は、春を待つ季節に相応しい淡い色の、でも伸びやかな印象のお花が飾ってあります。
お花は、桜、グラジオラス、アルストロメリア。

f0039281_11105364.jpg
また、先日伺った時には季節柄、車寄せや本館お二階の回廊のところなどに、
お雛さまも飾られていて、行き交う人々の目を楽しませていました。
f0039281_11111704.jpg
f0039281_11112461.jpg
車寄せのロビーの雛飾りは久月のもの。
いろいろなお顔があるものの、総じて私は久月のお顔のファンです。

f0039281_11114971.jpg
f0039281_11115912.jpg
なんだかんだとブログの更新をおサボりしている間に、
すっかりお雛さまという旬が過ぎてしまい、
せっかく撮った数枚の画像が、宙ぶらりん。
こんなこともしていたということで。
f0039281_11123224.jpg
我が家の宵節句に作った、お供えのお散らしです。
今年は、趣向を変えて、春の芽吹きの味を盛り込んで作りました。
合わせ酢に生姜の風味を効かせ、青のりと白ごまを混ぜた酢飯の上に、
たらの芽、たけのこ、グリーンピースを、それぞれ軽く薄味で煮たもの、
千切りの青紫蘇と酢漬け生姜、
お酒で煮た小巻きと、三陸産穴子の甘辛煮を散らしました。
そして、蛤の潮汁には、菜の花と三つ葉、梅の生麩を具にして仕立てました。
f0039281_11124756.jpg
あいにく、ここ二日ばかり東京地方は、雨粒の落ちてくる曇天です。
先週末はお天気も良く、ポカポカ陽気でしたので、
我が家のお雛さまには、ベランダの日陰で暫し寛いでいただいたあと、
来年までのお休みに入って頂きました。


お教室においでになる皆さまにも、是非ご覧いただきたかったので、
お風邪をひかないかと心配しながらも、立春過ぎから早々と登場して頂いていたのです。
そのため、お年頃のお嬢ちゃまも居ない我が家ながら、お雛祭りのあと、わずか二日で御休みいただくことにしたのでした。

今頃は、うつらうつら。
あの、お散らしの夢でもみていてくださると、うれしいのですが。



[PR]
by oomimi_usako | 2017-03-07 11:08 | 日々の生活 | Trackback | Comments(6)

帝国ホテル東京から、エリザベス女王陛下ご生誕90年をお祝いするイベントが9月に行われるというお知らせを頂いていました。
英国フェアと題して、特に食に関する楽しそうな特別企画がいくつかありましたが、そのうちのひとつに、
本館17階のインペリアルラウンジ アクアにて、駐日英国大使館のシェフ フレデリック・ウォルター氏監修のアフタヌーンティが、
頂けるとありましたので、伺う予定を決めて、その日が来るのを、心待ちにしていました。

f0039281_23064774.jpg
この日の帝国ホテル、いつもよりぐっと清逸な雰囲気が漂っていました。
お馴染みのメインロビーのお花飾りは、紅白のバラです。
ふと、“赤バラ白バラ”の物語を思い出しました。

さて、お目当てのアフタヌーンティ。
日比谷公園から皇居を望む明るい景色を楽しみながら、
種類豊富なフィンガーフードと、お味がいろいろ試せる飲み物を堪能できました。

f0039281_23070269.jpg
最初に、前菜のように、スモークホタテにディルと胡瓜のゼリーが添えられたものと、
赤パプリカのスープが登場。

スタンドは、お馴染みの三段です。

f0039281_23071610.jpg
サンドイッチは、クリームチーズ&マーマイト(!)、胡瓜と卵のサンドウイッチ、トマト味のパンにシュリンプがサンドされたもの。
そして、スモークサーモンとディルのサンドウイッチ
f0039281_23073737.jpg
次の段は、スモーク鱈のフィッシュケーキ、タルタルソース添え、ラングスティーヌのアブサンバター添え。
f0039281_23075161.jpg
スイーツのプレートは、苺のケーキ、さっぱりしたレモングレーズのケーキ、コーディアルのジェリー、マカロン。
f0039281_23080314.jpg
アフタヌーンティに不可欠なスコーンは、プレーンとサルタナレーズン入りの二種類。
ストロベリージャムとクロテットクリームがつけられてきます。
f0039281_23082163.jpg
スコーンの入ったバスケットは、清潔な銀色の輝きを放っていました。
f0039281_23083652.jpg
締めくくりに頂くチョコレートと、ナッツのカラメル掛け。
f0039281_23090750.jpg
飲み物は、お紅茶や珈琲はもちろんのこと、ハーブティや、日本茶など沢山の種類の中から、好きなものをいくらでも頼めます。
ポットサービスなのも嬉しいところ。
最初に、係りの方にお勧めいただいたインペリアルブレンドティ皮切りに、お紅茶やハーブティを数種類飲み比べながら堪能しました。
初めて頂いて、気に入ったのは、ローズにジンジャーやリコリスをブレンドしたティ。
茶葉はどんな?と、気になってポットの蓋をあけてみると、お役目を終えたたっぷりのバラの花が入っていました。
f0039281_23085288.jpg
飲み物ではなく、食べる方で一番気に入ったのは、苺のケーキです。
日本でいうところのショートケーキなのですが、スポンジの具合といい、クリームのお味といい、よくよく考えてお作りになっているケーキだという感じが、伝わってきました。

この日の帝国ホテル、本当に久しぶりにとても落ち着いた風情が漂っていました。
人々のさざめきが絶えない賑やかな帝国ホテルも好きですが、
日常を浄化出来そうに静かな帝国ホテルもまた、私は大好きです。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-22 23:04 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(12)
帝国ホテルに、お食事に出掛けました。
いつも大抵、インペリアルタワー側から出入りするので、
用事の無いロビーのほうにはあまり行きません。
でもこの日は、ロビー中央に飾られているお花が、この春先に、
どんな“おまんじゅう”になっているのか見てみたくて、
お食事のあとロビーに出向きました。
 (赤いおまんじゅうは→こちら。ピンクのおまんじゅうは、→こちら。
f0039281_1633889.jpg

そこには、春を告げる、レンギョウの花が飾られていました。
夜の、落ち着いた光の落ちるロビーに、
その優しい黄色が、まるで日差しのように暖かく咲いていました。
f0039281_16332826.jpg

“おまんじゅうじゃなくて、シフォンケーキだね”
と、殿が嬉しそうに申しました。

さて。
お食事は、帝国ホテルの中国料理北京にて。

ホワイトデーのお返しに、何が良いかとたずねられたので、
迷わず北京のふかひれそばをお願いいたしましたゆえ。

いろいろと美味しいお料理をいただきました。
f0039281_16335960.jpg

f0039281_16342628.jpg

f0039281_16344538.jpg

中国風の調度品が飾られた空間のなかで、
落ち着いた雰囲気でお食事が楽しめるのも、
こちらの良いところです。
f0039281_1635759.jpg

そして、
“〆がメイン”の、ふかひれそば。
f0039281_16354464.jpg

お器も、フォルムが綺麗です。
f0039281_1636342.jpg

たっぷりのふかひれが楽しめました。
f0039281_16362359.jpg

季節の変わり目に、ダメージを受けやすいお肌のケアも、
これでもう、内側から万全です。
f0039281_16364860.jpg

デザートには、シンプルな杏仁豆腐をいただいて、
ホワイトデーのプレゼント、ありがたく頂戴しました。


usako補足>それにしても、本当にふかひれ効果は高いものです。
二か月に一度くらいは、ホワイトデーがあるといいのですけれど♪
[PR]
by oomimi_usako | 2016-03-21 16:31 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(8)
f0039281_17175812.jpg

まばゆいクリスマスツリーを見遣りながら回廊をすすんだところに、
サバランのメッセージが掲げられた、帝国ホテルのフレンチレストラン、レセゾンがあります。
ウエイティングルームを通り抜けると、落ち着いたフロアが広がっていて、
今回は、そのサイドにあるお部屋に通していただきました。
f0039281_17181981.jpg

綺麗な照明が、落ち着いたひかりを落としています。
f0039281_17183986.jpg

f0039281_17192361.jpg

前菜の前に供されたのは、これから始まるお食事を予感させるような楽しいプレート。
こちらの小さなグラスに、四つ葉のクローバー(食べられます)が、添えられていました。
f0039281_17194087.jpg

前菜は、ピュレ状のビーツを纏った山鶉のパテ。
敷かれているのは、レフォールのクリームと、紫キャベツ。
フランボワーズビネガーの香りが立ちます。
f0039281_17213485.jpg

お魚料理は、日本料理の手法で松笠仕立てにしたアマダイ。
手をかけた黄ニラやじゃがいもが添えてあります。
アマダイに合わせて、青のりを練りこんだパンが登場。
一緒にいただくと、磯の香りがさらに引き立ちます。
f0039281_17215985.jpg

お肉は、雷鳥。
もちろん国産ではありませんよ。
f0039281_17221530.jpg

名付けてインペリアル風。
濃厚なソースと、雷鳥はよく合うようです。
トップには栗が。
f0039281_17223293.jpg

ナイフは、やっぱりライヨール。
f0039281_17241097.jpg

ともにトリュフの香り漂う栗粉のスペツレ(パスタのようなもの)も供されました。
f0039281_17243087.jpg


最初のデザートは、栗のお味。
f0039281_172538.jpg

f0039281_17252499.jpg

次のデザートは、柚子と柿のお味。
f0039281_17254489.jpg

f0039281_1726229.jpg

カフェとショコラのあと、
例の三番目のデザート登場。
f0039281_17263695.jpg

f0039281_17265232.jpg

フランボワーズがぎっしりサンドされていて、
お品の良い甘さのクリームと、
お口の中で溶けていくジェノワーズに、
うっとりしながらいただきました。

四つ葉のクローバーは、
本当に幸せを運んできてくれるのですね。


usako補足>記念に、いただいたシャンパン、白ワイン、赤ワイン、
それぞれのラベルをくださいなとお願いしますと…
f0039281_17272440.jpg

f0039281_1736939.jpg

f0039281_17335688.jpg


レセゾンでは、ご親切にこんな形でご用意してくださいます。
ラベルだけでなく、説明もつけてくださるのです。
日本酒ほどワインに詳しくない者としては、
これだけでも、とても良くわかり、お勉強になります。



[PR]
by oomimi_usako | 2015-12-19 17:15 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
帝国ホテルロビーのクリスマスツリーは、
きらめくゴールドと赤色が美しい、大きな大きなツリーです。
f0039281_16574326.jpg

オーナメントの一つ一つも、ツリーに負けない大きさで、
とても華やか。
f0039281_1658432.jpg

見とれていたら首が痛くなってきましたので、
吹き抜けの二階の回廊にあがって、眺めました。
f0039281_1658251.jpg

このあとは、その回廊の先で、
とても美味しいものをいただきました。
そのお話は、また追って。
こちらはその折の、三番目(!!)のデザートです。
f0039281_1659891.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-12-14 16:55 | 旅とおでかけ | Trackback
f0039281_18342055.jpg

少し前の、とある週末に、
いつものように予約無しで帝国ホテルの中国料理北京に出掛けましたら、
驚いたことに、
“あいにく満席で・・・お待ちいただいてもご案内出来そうにありません・・・”
と、見事にふられました。
待っても入れないということは、
今まで(=記憶を辿ればここ15年ばかりの間)一度もなかったことで。
夫婦揃ってしばらく呆然としましたが、
これほど流行るなら嬉しいことだと気を取り直し、
同時にリベンジ?を固く誓いました。

さて今回は、前回の反省も踏まえて、
数日前にちゃんと予約のお電話をして伺いました。
f0039281_18345482.jpg

いつものように、美味しいあれこれをいただいて、
〆には、定番のふかひれそばを、仲良く半分こ。
と、そのとき目に入りましたのが、
少し離れたテーブルに運ばれた美味しそうなもの。
巨大なカクテルグラスのようなガラスの器に、
綺麗なオレンジ色が映えていました。

いつものように、北京特製の杏仁豆腐をお願いするつもりでしたが、
“あれ、お願いしますっ!”
運ばれてきたのは、マンゴープリン。
f0039281_18353591.jpg

見目麗しいマンゴーソースに下に、
幸せを感じるようなこっくりしたプリンがひそんでおりました。
思わず、おかわりしたくなる美味しいマンゴープリンでした。
f0039281_18354966.jpg

北京でお食事する時には、
あまり迷わず、“いつものもの”をお願いすることが多かったのですが・・・
次回からは、デザートで、大いに迷うことになりそうです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-03-31 18:32 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)
今年も、帝国ホテルのロビーには、
大きなツリーが飾られています。
f0039281_17143171.jpg

そしてそのそば、入り口正面のお花飾りは、
紅色のバラ・・・の、おまんじゅう。
相変わらず、おまんじゅう型がお好みなようで。
f0039281_17144723.jpg

球形の曲面を作るのは、とてもとても難しいこと。
それはそれで見事なのは解りますが、
もうちょっと何とかしても良いのではないか、といつも気になります
・・・なんたって帝国ホテルなのですから。
f0039281_17154911.jpg

さて、12月25日まで、帝国ホテルアーケードでは、
甘い香りを漂わせたシュガーアートの作品が随所に展示されていて、
どなたでもご覧になれるようになっています。
名付けて、スイーツアート展2013。
アーケード創業90周年を記念したイベントです。
f0039281_1716577.jpg

中でも、旧本館であるライト館を再現した、こちらの作品は大作。
甘い香りを感じながら、じっくり細部まで拝見することが出来ました。


このあと、コラーゲン補給のため、
いつものふかひれそばをいただきに中国料理の北京へ寄ったのですが、
なんと、満席。
ここ十数年の間、満席で入れなかったことは皆無だったのに!
待たせていただいても入れそうになかったので、
年が明けてから出直すことにしました。

銀座に出て、別のところで昼食。
おかげで(?)、ミキモトの今年のツリーが見られました。
f0039281_17162047.jpg



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-12-18 17:12 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)
f0039281_1925734.jpg

人間の身体は、食べたもので出来ている。
 だから一食一食を、
 いや、ひと皿ひと皿さえも
 大切にしなくてはいけない・・・

そんなことをしっかり実感できるのが、ふかひれそばを食べたあと(特に翌朝)です。

久し振りに中国料理北京にて、ふかひれそばをいただいてきました。
いつもながら美味しく、コラーゲンたっぷりのふかひれを堪能したあと、
予定外のデザート盛り合わせ登場。
f0039281_1933047.jpg

北京特製杏仁豆腐、ごまのクッキー、ココナッツアイスクリーム黒米のソース添え。
(アイスクリームの盛られた金属の器は、とても可愛いミニ中華鍋!)
このデザートは、料理長殿のご好意によるもので、美味しく頂戴いたしましたが・・・
別腹に入った食物が、その後身体にどのような影響を与えるかについては、
解明の道半ば・・・と言うことにしておきたいと思います。

そうそう・・・
f0039281_1934831.jpg

インペリアルタワーエントランスホールには、
春のダイナミックなアレンジメントが飾られていました。
通常時は“花より団子”派ですが、
満腹時なら“花も団子も”派に変身します。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

そしてまた、いつもイイネ!をいただきまして、
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-03-20 18:59 | おそとでお食事 | Trackback