タグ:日本橋 ( 36 ) タグの人気記事

日本橋三井記念美術館 河鍋暁斎の能・狂言画

場所が場所ゆえ、美術展を見終わったらいつものように、
三越でお買い物しましょう、とか、
千疋屋でパフェを食べましょう、とか、
場合によっちゃぁ銀座でも寄ろうかしら、などと、
俗な企みを持って出掛けました。ところが、

 ー 千疋屋の パフェにも勝る 河鍋暁斎  usa子 ー
                   
見事な作品の数々に、とても感動しました。
たくさんのことを学んで吸収出来たあとは、大きな充足感に満たされて。
別腹にさえも余裕がなかったのは、私にしては珍しいことです。
f0039281_1213311.jpg

狩野派の絵師河鍋暁斎(かわなべきょうさい)と言ったら、
おどろおどろしい化け物の絵を描く人、と言う認識でした。
でも、自身が能や狂言を愛し、たしなんでいたこともあり、それらに因む作品がとてもたくさん残されているようです。
そんなことは、今回初めて知りました。
また、かの有名な建築家ジョサイアコンドルも、この河鍋暁斎に弟子入りして暁英と号し、絵を学んでいたということです。

展示では、屏風、扇、掛け軸はもとより、その元となる下絵やデッサン(ネタ)帖の類いまで、見応えのある作品が並びます。
散逸させずに収集されているのもまた、素晴らしいことで、
河鍋暁斎記念美術館を設立されたご曾孫の功績は、大いに評価されるべきものだと思いました。
f0039281_12135961.jpg


さて、ここからは印象に残ったものを覚え書。

“狂言面 白蔵主” 
最初の展示室の薄明かりの中、入るとすぐにお部屋の奥の方に置かれているこの狂言面が、なんとも言えぬ空気を漂わせながら、おいでおいでと呼んでいます。
この展示室は、往時をしのぶ重厚な木の壁に囲まれていて、三井記念美術館の中ではもっとも雰囲気のあるお部屋(大好き!)です。

“紋画帖”
白蔵主のお隣りに展示されています。
着物の端布を帳面に貼り付けてありますが、その柄は、作品を描くには大事な情報であったことが、このあとの展示を見ていくとわかります。

“能 狂言扇面貼交屏風”
扇の形の中に、能狂言の場面を描いているもの。
その構図のデザイン性と描きこんだ衣装の柄、着物の折り目など、細密画のようで素晴らしいものです。

“鬼女図”
鬼女に重ねて描かれた狐の姿が、今にも動き出しそうな体勢で見事。
気のこもった歌舞伎役者の舞台を見ているときに、ふと幻のように見える“ジツハ”の姿などが、まさにこれ。
自ら舞台に立った暁斎が、追い求めた役者姿なのかもしれません。

展示作品の中には、暁斎の娘、暁翠の作品もあります。
暁斎とは、少し雰囲気が異なっていて、私はやはり暁斎のほうが好きです。


関連企画である狂言の会(国立能楽堂)が、野村万作さんや萬斎さんのご出演でありますが、当然満席。出遅れました、ざんねん。
関連展も、太田浮世絵美術館(表参道)で開催中だそうです。
こちらは、かつて急な休講の折などに、ぶらり出掛けたところですが、最近だいぶご無沙汰しています。
新緑のけやき並木散策がてら、行ってみたいものです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

また、イイネ!をクリックしてくださるexciteご登録の皆さま、
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-05-09 12:11 | 展覧会 | Trackback(1) | Comments(12)

マーヴェラスなマーメラス

f0039281_946505.jpg

まさにmarvelousなことに、
生産している方は、国内で唯お一人、というお豆“マーメラス”です。

インゲンとスナップエンドウを、足して割ったような形をしている
この“マーメラス”。
f0039281_947793.jpg

元は、“ニムラスナップエンドウ”というお豆だそうですが、
栽培するのがとても難しい種類だったために、
生産者も減り、ついに、種も販売中止となってしまったとか。
それを、静岡浜松の農家古橋利一郎氏が、
自家採種と独自の栽培技術によって、守り育てておられるそうです。

どうやらそのままでも食べられるそうですが、
少し蒸し茹でのようにすると、
甘味も鮮やかな緑色も増して、さらに美味しくいただけます。
f0039281_9474530.jpg

私の入手経路は、三越伊勢丹エムアイDeliですが、
横浜の水信(八百屋さん)でも、手に入るようです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More  一番美味しいレシピ。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-01-31 09:37 | おうちでお食事 | Trackback

パティスリー ノワ・ドゥ・ブール

この日のお茶の時間のお供は、
ノワドゥブールのフレッシュケーキ。
f0039281_1413749.jpg

f0039281_1415391.jpg

赤が貴重のディスプレイが可愛いノワドゥブールは、
新宿伊勢丹に登場したばかりの頃は、
確か焼菓子がメインだった気がするのですが、
最近は、フレッシュタイプのケーキも並べるようになったのですね。
店舗については、伊勢丹と提携した三越でも、買えるようになりました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More すごい絞り!
[PR]
by oomimi_usako | 2013-01-29 13:54 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

薩摩芋焼酎で居酒屋usako

先日仮縫いを済ませたスーツが出来上がりましたので、
M越デパートに出掛けました。
殿のスーツですから、本来、私自身はまったく用無しです。
でも、前回に続き、二匹目のどじょう狙いでイソイソついて行きました。

しかし、その週末、M越デパートはバーゲンセールの真っ最中。
いつもの数倍のお客様で大混雑していました。
“バーゲンだ、わーい!”
・・・というお年頃は、私共、もう過ぎております。
そうと知ったら来なかったのに。
ちょっとチェックに抜かりがありました。

アルコールには強いですが、混雑は苦手。
ひと酔いしてしまいましたので、どじょうはお預けとなりました。
かわりに、自称“我が家の日本橋の蔵”で御酒を仕入れ、
デパ地下で美味しそうなお肴も調達して、
帰宅後usako庵を開店しました。
f0039281_2316674.jpg

調達したのは、本格焼酎 薩摩藩(指宿酒造:指宿市)。
島津ゆかりの隠れ金山の天然水を使ったという、
黒麹仕込みのとてもとても美味しい焼酎です。
薩摩焼酎なら、やはり黒千代香(くろじょか)で一献。
島津家磯お庭焼窯製のこちらの黒千代香は、薩摩旅行の記念に二人で買って来たものです。
f0039281_2317427.jpg

御肴は、
島豆腐とアボカドの和え物、
鹿児島産鰯のピリ辛揚げのマリネ風、
揚げナスと湯葉の和え物。
そして、鳥取大山地鶏の焼き鳥。
いずれもデパ地下調達品に、ちょっとだけイロを添えて並べました。
我が家の冷蔵庫からは、
絹揚げのおろし醤油和え、
菜の花の胡麻和え、
甘辛味の焼き大和芋なども追加。
〆には、松茸昆布で頂くお茶漬けをいただいて、
usako庵の夜は、更けていったのでした。

(デジカメの充電が間に合わず、携帯写真のため画像悪しは平にご容赦)

usakoのつぶやき>
デパ地下にて御肴物色中、“あれーっ?usakoちゃん!”とのお声が掛かりました。見れば、10年ぶり位にお目にかかる、かつての会社同期Yちゃん。
“お久し振り~げんき~?”から始まりましたが、
“usakoちゃん、元気そうなの知ってたわ、Facebookに載ってた”
というのです。
私自身は登録していませんが、なんでも友人の近況に登場していたそうです。
Facebookなんて、あーだこーだ・・・とぶつぶつ言っている私ですが、
自らの知らないところで近況が把握されるのも癪なので
ぶつぶつ言う前に、まずは使ってみようかしら?などと、
新年にあたり、思ったりするのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-01-21 23:15 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(8)

日本橋 島根郷土料理 主水

先日、日本橋M越にて、殿の新調するスーツの仮縫いにご一緒しました折、
“お夕食、食べて帰る?”ということになりました。
寒い日だったので、あまりウロウロするのもイヤだということで、
M越の目の前にある、島根館“主水”に行くことにいたしました。

時々利用するこちらは、
島根の郷土料理と日本酒を、併せていただくことの出来る私達好みのお店です。

まずは、びあへルンが出したという、
ちょっと珍しい柿のビールを試しに。
f0039281_0255530.jpg

日本酒は、
淡麗ながらコクのある上品なお味の
“扶桑鶴大道山 純米(桑原酒造 島根益田市)”と、
淡い旨みがすっきりとして美味しい、
“仁多米 純米(奥出雲酒造 島根仁多)”
をいただきました。
f0039281_0285023.jpg

美味しい直送のお魚のお刺身が、地元の日本酒と合わないはずがありません。
f0039281_0293124.jpg

f0039281_0295096.jpg

f0039281_0301757.jpg

出雲おでんは、特産岩のりが入るのが特徴。
f0039281_0303246.jpg

〆の手前に、御存知宍道湖しじみの酒蒸しを忘れずにいただいて。
f0039281_0305768.jpg

そして・・・
〆はもちろん出雲蕎麦を美味しく頂戴しましたが・・・
f0039281_0311499.jpg

頂く前に撮り忘れました。
カラの御椀で、ごめんなさい。

久し振りに、美味しい島根の夕べを堪能いたしました。
スーツの出来上がりは、一月半ば。
また、くっついて行こうっと!


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。

にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2012-12-28 23:59 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)

ひと休みはwestにて

暮れのご挨拶の品物を手配しに、日本橋へ出かけました。
他にも御用を済ませて後の、ひと休みには
ハロッズのティルームも、
フォートナムメイスンのティールームも良いけれど、
やっぱり向かってしまうのが、
ウエストのティルームです。
f0039281_1243784.jpg

いつも決まって頼むのは、
美味しく仕立ててくださるロイヤルミルクティ。
もう一杯をお願いできるのも魅力的です。

季節限定のお菓子も併せていただきました。
さっくり空焼きしたパイ生地に、
ほっくり甘いさつまいもが、
たっぷりのカラメルクリームと一緒に詰まっていました。
美味しく休まるひとときでした。

昨今、季節のご挨拶も、
インターネットを使えばチョチョイのチョイと手配をすることも出来ますが、
手軽さゆえのつまらなさもあります。

足を運んで、お品物を見ながら、
あの方にこれ、その方にはあれを・・・と一つ一つ手配するのは、
大変なような、楽しいような。

ついでに、自分の欲しいものもあれこれ見つかってしまうのは、
メリットなのか、デメリットなのか。

でも・・・
するべきことを全て終え、
美味しいティタイムも過ごせたので、
やっぱり良かったということで。

そんなことを考えていたら、
ちょっと嬉しくなったので、
ロイヤルミルクティの湯気に隠れて、
ひとりでニコリといたしました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2012-11-29 12:01 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展@日本橋高島屋

ジオラマ作家である山本高樹氏の作るジオラマは、単に縮小した世界を表現するだけではありません。
懐かしさの残る昭和の町並みと、その中に存在する人々の営みを、ストーリー性と愛情を持って表現しています。
そんなところが人気の秘密かもしれません。

最近では、高視聴率をマークし続編まで作られてしまった朝の連続テレビ小説“梅ちゃん先生”のオープニングに、なんとかPの歌う主題歌と共に映し出されたジオラマで、認知度を上げられました。
f0039281_17453379.jpg
今月30日(火)まで、日本橋高島屋にて、その山本高樹氏のジオラマ作品を一度に多数見ることが出来る“昭和幻風景ジオラマ展”が開催されています。
覗き込んで見る小さな世界は、ミニチュア好きにはたまりません。
夜店のたこ焼き屋さんのたこ焼きひとつひとつやら、
銀座の石畳のブロック石一つ一つやら、
下町の家並みの間に下がるお洗濯物一枚一枚やら、
見れば見るほど、楽しい発見に出会えます。

お好きな方は、出来れば空いていそうな時間を狙っておはこびになり、じっくりじっくりご覧になることをお薦めいたします。

     ☆  ☆  ☆

ところで昨晩(10月21日)は、オリオン座流星群のピーク。
あまり寒くない晩だったので、ベランダに陣取って飽かず夜空を眺めましたが・・・
我が家からオリオンの方向は、まさに東京摩天楼。
その明るさは、オリオンさえ霞むほど。
結局、一つも観られませんでした、あーあ、残念。

本日は美味しいもののお話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-10-22 17:38 | 旅とおでかけ | Trackback(2) | Comments(14)

日本橋 三井記念美術館 日本美術デザイン大辞展

お使いを頼まれて、日本橋M越に出掛けた折、
少々時間があったので、お隣の三井本館にある三井記念美術館に寄ってみました。

こちらの美術館は、とてもクラシカルな雰囲気なので、好きな場所のひとつです。
三井本館ビルの7Fという場所ながら、重厚な木の内装や、エレベーター内部の装飾が
静謐さを醸し出していて、お江戸日本橋の喧騒を階下に置き忘れたかのような
静かで落ち着いた美術館です。

いま、こちらで開催されているのが、
美術の遊びとこころⅤ 三井版 日本美術デザイン大辞展。
                      (8月26日まで)
 
f0039281_11323746.jpg

日本古美術関連の用語を、五十音順に取り上げて、
その解説と共に、該当する美術品を実際に展示するという、まさに“辞典”のような美術展です。
扱う範囲は広く、日本古美術から“絵画・書跡・陶磁器・漆工品・金工品・染織品など様々な美術品にまつわる、文様や画題、技法や材料などの専門的な用語と、それに関連する作品(展示会パンフレットより抜粋)”が非常に解りやすく紹介されています。

いままで見てきた、日本美術に関するいろいろな展示会や、古典芸能に関連して覚えた用語など、お馴染みのものにも出会えましたが、それらを、初めて出会う用語と共に、再確認することが出来て、非常にためになる企画でした。

子供たちの、これからの長い人生の美術鑑賞のためにも役立つ(ガイドもわかりやすいです)ものとなっているので、小学校高学年以上なら、夏休みの勉強に最適かとも思います。

あ・・・もちろん、ン十年前の小学生の方にも、もちろんお薦めです!

それにしても素晴らしい古美術を沢山お持ち。
御蔵のもの、これからもいろいろ見せてくださいね、と思うのでした。

More   さて、素晴らしい古美術で目の保養をしたあとは・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-15 11:29 | 旅とおでかけ | Trackback(1) | Comments(6)

鹿児島 とらや寿司

f0039281_2143408.jpg

見事な光を放つこちらは、きびなご鮨
鹿児島のとらや寿司の名品です。

錦江湾で獲れるきびなごの中でも、特大のものを
一尾一尾手作業でおろして仕立てるそうです。

特大って言ったって、きびなごですからね。
そのお手間たるや、相当のものではないかとご推察申し上げれば、
有り難さでますます美味しさが募ります。

このお鮨・・・
羽田からひとッ飛びして買ってきた・・・
わけではありません。
ただいま日本橋三越本店で開催中の、鹿児島展にて調達してきました。
f0039281_2144158.jpg

せっかくなので、島津家の御家紋つきの黒じょかを出してきて
薩摩焼酎と一緒にいただきました。

楽しかった南薩の旅。
あちらでは、鹿児島駅ビルで、このとらや寿司のきびなご鮨を購入し
指宿へ向かうJR指宿枕崎線の列車に乗り込みました。
車窓から、陽光に輝く錦江湾を眺めながら、きびなご鮨を頬張ったっけ・・・。

そんな想い出を語り合いながら頂けば、
ますます、ますます、美味しさ募るきびなご鮨です。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2012-03-16 21:36 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

三越伊勢丹食品宅配エムアイDeli

三越伊勢丹グループが、新しい食品宅配サービスを始めました。
エムアイDeliといいます。
インターネット操作だけで・・・、
あるいは電話一本で・・・、
ファックス一枚で・・・、
おウチでデパ地下グルメを楽しめます。
f0039281_22265938.jpg

美濃吉のお料理詰め合わせ“月夜の宴”(=これで一人分です)。
ちょっと忙しくなることがわかっているときには
前日に頼んでおけば、お夕食にちゃんと間に合います。
もちろん、おウチから一歩も出ないで。
f0039281_22271846.jpg

忙しくても、
疲れていても、
お食事はちゃんとしないとね。

お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-10-30 22:25 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ