タグ:日本酒 ( 195 ) タグの人気記事

恵比寿 肴や恵比寿総本店

ある日の夕刻。
広尾から恵比寿まで、明治通りの裏道(?)をプラプラお散歩。
お腹もすいたので、どこかでお食事をして帰りましょうと、
美味しそうな日本酒をいただけそうなお店に立ち寄りました。
肴や恵比寿総本店
f0039281_1881712.jpg

たこわさびと、きくらげの和え物がお通し。
日本酒を選ばずには居られないスターターです。
そして、メニューには梵が。
これまた、選ばずには居られないお酒です。
f0039281_1872941.jpg

お造りには、その日のお勧めのお魚から、
好みのものを盛りあわせて頂きました。
f0039281_1883486.jpg

穴子は一本を天ぷらで。
揚げたての、ふうんわりさくさくのところに、
おろし山葵をちょっとのせていただきました。
f0039281_1885739.jpg

こちらは、合鴨。
柔らかくて美味。
f0039281_1893138.jpg

日本酒にもよく合います。

お店は一階がオープンスペースを擁した横に長い作り。
奥が厨房になっていて、ずいぶん多くのスタッフの方々が、
忙しそうに動いています。
注文してからお料理が出るまでが早いのは、それだからかもしれないけれど、
それにしてもこの席数でこのスタッフ?と訝しく思っていましたが、
あとから調べたら、広いお二階もあって、宴会なども出来るように
なっているのでした。
なんでもNYにもグループ店の支店があるようです。

お料理のお皿ひとつひとつに、
ちょっとずつ捻った綺麗さがあるところと、
オープンスペースにしては、落ち着けるところが気に入ったので、
また何かの折に立ち寄ってみたいと思いました。

usako補足>
ひとつだけ残念なのは、
あっさりすっきりした〆がないこと。
シンプルな小さなおむすび、あるいは、
素そばや素うどん、そんなものがあると、
呑兵衛には、なおさら嬉しいところです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-05-07 17:59 | おそとでお酒 | Trackback

越つかの酒造 古蔵のしずく

f0039281_22324357.jpg

ひと昔前は酒屋さん。
でも現在は、
チェーンのコンビニエンスストアほどではないけれど、
お酒のほかにも便利な品ぞろえでお店を続けている…、
そういう小さなお店が、ご近所にあります。

GW過ぎ頃になると、
お店先に椅子とテーブルを用意して、
その場で注ぎたての生ビールを楽しめたりもする、
ちょっと面白いお店です。

お店の奥の方に、酒屋さんの名残があって、
和洋問わず、様々なお酒を手に入れられるようになっていて、
時々、珍しいものに出会えたりします。
f0039281_2233341.jpg

今回見つけたのが、
゛古蔵のしずく 純米吟醸”。
新潟県阿賀野市の創業1781年という酒蔵、越つかの酒造が、
その蔵付きの自家酵母を使って醸した日本酒です。

スキっとした辛口で、大人な(?)お味。
f0039281_22332765.jpg

f0039281_22335229.jpg

f0039281_22341231.jpg

鱸や鰤のお刺身やら、
アボカドの簡単お肴、
f0039281_22343340.jpg

そして、そろそろ出廻り始めた鹿児島産そら豆などと併せて、
美味しく頂戴いたしました。

個人的には、もっとまったりしているほうが好きなので、
どちらにしようか迷って今回は購入を見送った、純米の方を、
次回は試してみようと思います。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-04-08 22:31 | おうちでお食事 | Trackback

ひゃくまんさん、こんにちは。

f0039281_22251738.jpg

こちら、“ひゃくまんさん”とおっしゃいます。
何だか、景気の良さそうな響き。
それもそのはず、加賀百万石から名付けられた、
石川県の北陸新幹線PRマスコットキャラクターが、
この、”ひゃくまんさん”なのですから。

いよいよ北陸新幹線も、あと数日で開通するというので、
ここのところ俄かに話題に上ることのおおい、金沢。
その地で、1625年に創業した老舗日本酒蔵である福光屋から、
そのひゃくまんさんをラベルにしたカップ酒が発売されています。
f0039281_22254371.jpg

黒地ラベルが辛口で、白地ラベルは旨口というお仕立て。
どちらも飲みやすく、サラリとしたお味ですが、
旨口の方が、あとから旨みがじわじわと感じられます。

この日は、松阪牛のすき焼きに合わせてみましたが、
しっかりしたお味のお料理にも、負けない美味しい日本酒でした。
f0039281_22261021.jpg

新幹線のあの路線(?)には、軽井沢に出掛ける時に、
車だけでなく新幹線も使うので、案外なじみがあります。
そのまま座っていると、金沢まで連れて行って貰えるらしいと聞いて、
何だかちょっと、行ってみたくなっている今日この頃。
行きは新幹線、帰りは飛行機にして、
鉄心(?)も飛心(??)も満足出来る旅を、企んでいるところです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-03-10 22:23 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(6)

続:寒い日のお食事は温かく。

明日は立春。
とは申せ、寒い日は、まだまだ続きそうです。
食卓にも、温かいお料理は、まだまだ必要。
f0039281_22565374.jpg

先日、菊正宗の生酛の酒粕を、頂戴いたしました。
御酒が美味しいのはもちろんですが、
その製造過程で生じる酒粕もまた、美味しいので大好きです。

そういえば、以前、白鹿辰馬本家酒造さんの酒粕を頂戴した時には
液状の酒粕の状態を生かして、ムースなど試作したりもいたしました。
いまでも、レシピを掲載していただいています。
今回の酒粕は、板状でしたので、
滅多に買わない甘塩鮭を手に入れてきて、
粕汁に仕立てました。
f0039281_22575096.jpg

お出汁は昆布でとり、
隠し味にお味噌を少々溶きいれます。

ふぅふぅしながらいただけば、
直に身体も温まります。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-02-03 22:50 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(4)

恒例ゼミ新年会にて初優勝を祝う

大学時代にお世話になったゼミの、毎年恒例となりました新年会。
今年は、初優勝のお祝いやら、
その他各自のお祝い(=御想像におまかせ)も兼ねての、
いつにもまして賑やかなお集まりになりました。
f0039281_15451516.jpg

教授ご夫妻のお変わりなくお元気なご様子や、
ゼミ同窓生の方々の、ご活躍の様子など伺いながら、
美味しい御酒とお料理を楽しみます。

御酒は、日本酒担当I・M嬢が、今年も絶品をセレクトしてくださいました。
山を制したことに因んで、その名も、
“大山(おおやま)”加藤嘉八郎酒造(山形鶴岡市)の一升瓶二本が鎮座しました。
f0039281_15454412.jpg

一つは、「封印酒」純米吟醸。
日本名門酒会加盟店限定酒で、よくこれが手に入ったと、
みんなで感心しながら頂戴します。
山田錦の磨き40%で、もっとも日本酒らしいお味。

もう一方が、初しぼり生酒。
山形県産酒米である、出羽の里、精米歩合65%。
飲みやすくフルーティな香りの優しい御酒です。
f0039281_15461085.jpg

天領であった鶴岡市大山は、鳥海山や羽黒山、月山、湯殿山といった出羽三山に囲まれて、
山の伏流水や最上川など、良い水に恵まれた米どころ。
土地の恵みを生かした酒造りは、江戸時代から始まって、
広島の西条、神戸の灘、とならんで、東北の灘とも言われていたそうです。

現在でも、蔵元の数は少なくなったものの、毎年二月第二土曜日には、
“大山新酒・酒蔵まつり”など開催されて、
少数先鋭の酒造りが続いている土地柄なのだとか。
訪ねてみたいところが、また一つ増えました。

ちなみに今回頂いたお酒の蔵元は、
熊本城主であった加藤清正公の流れを汲んでいるそうです。

江戸時代初期、幕府にとって邪魔な存在だった
外様大名加藤忠弘(清正嫡男)は、三代将軍家光の跡目騒動に
関わった罪で、鶴岡の酒井家にお預かりの身となりました。
その子女の中から、造り酒屋を営む者があらわれて、
今に至るのだということです。
(加藤嘉八郎酒造 パンフレットより抜粋)

さて、日本酒、ビール、ワイン、の並ぶテーブルには、
もちろん沢山ごちそうも並びました。
f0039281_15465483.jpg

初優勝お祝いに、大きな鯛のお頭が各自半個ずつ振る舞われ、
ローストビーフや、大きな角煮なども用意していただきました。
f0039281_15471659.jpg

綺麗な奉書包の茶巾寿司も、奥さまの丁寧なお仕事。
f0039281_15474568.jpg

そして、おそえもの各種は、拙作。
f0039281_1548258.jpg

f0039281_15484732.jpg

f0039281_1549692.jpg

ここのところ毎年、前年一年間のお料理レッスンにて、
ご好評だったお料理を作って、奥さまのお手伝いをさせていただいています。

今年も一年、みんな元気に過ごして、
来年もまた、同じように、
楽しく集えますようにと願っています。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-19 15:41 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(0)

吉祥寺 日本酒庵吟の杜 

f0039281_1648444.jpg

おウチで居酒屋usako庵を開店する時には、
一回に楽しめる日本酒の種類には、それなりに限度があります。
栓を開けてしまったら、その時呑み残して、後日続きを頂くにしても、
最後の一滴まで美味しく味わうためのタイムリミットがあるので、
やはり、そうですねえ、二種類位まで、大いに頑張っても三種類止まりかと思います。

ですから、おソトで頂くときには、
日本酒を、出来るだけ種類多くそろえているお店に伺いたいと思います。
さらに、珍しいもの、ご店主の選び抜いた美味しいものがあれば、とても嬉しく、
さらにさらに、ちゃんとしたお肴がいただければ、尚嬉し、といったところです。
f0039281_16483869.jpg

吉祥寺にある日本酒庵吟の杜は、
わがままな呑兵衛が、好きな日本酒の世界にどっぷり浸れるお店です。

カウンター席に座れば、目の前の日本酒一升瓶のラベルをお肴に、
御酒を楽しむことが出来ます。
f0039281_16493077.jpg

注文は、半合からお願いできるので、
あれもこれも、と味わうことも出来るのです。
f0039281_1650351.jpg

お品書きから選び出すのも一興ですし、
目の前の冷蔵ケースの奥に潜む、お品書きにないお品を
見つけて楽しむのも、また一興です。
f0039281_16503781.jpg

f0039281_1651220.jpg

f0039281_1651278.jpg

f0039281_16515967.jpg

一緒に楽しむお肴は、
これぞお肴という風情漂う品々が用意されていました。
f0039281_16522628.jpg

f0039281_16525231.jpg

日本酒好きが、お気に入りの銘柄を探す旅が出来る、そんなお店です。

本日もお立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-12 16:45 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(0)

お正月は美味しい。

初詣に出掛けて、今年一年、健康に有意義に過ごせますようにとお祈りしたら、
いざ、御挨拶回りへ出発です。

まずは、殿の実家へ。
こちらでは毎年、お取り寄せしたいろいろなお節のお重を、いただけるのが楽しみです。
f0039281_11481081.jpg

今年は、高島屋オリジナルお節と、
f0039281_11483088.jpg

神戸メリケンパークオリエンタルホテル製のお重。
f0039281_11484943.jpg

f0039281_1149939.jpg

我が家から持参したのも、灘の日本酒でしたので、
偶然にもぴったり合いました。
f0039281_11492895.jpg

こちら純米吟醸福寿は、灘の酒蔵神戸酒心館のもの。
山中伸弥氏のノーベル賞受賞式晩餐会にで供された日本酒です。
f0039281_11495270.jpg

お雑煮も、義母の出身兵庫流で、
白みそ丸餅に、青のりをたっぷり振っていただきました。

さて、そこから横浜のグランマチャコのところへ。

ちょうど東京は、雪がハラハラ舞っていた頃でした。
東横線の多摩川鉄橋を渡るあたりでは、
晴れていると綺麗に見える富士山も、
西から流れ込んできた雪雲に、隠れてしまっていてちょっと残念。

横浜は、うっすら積雪。
お年賀には、甘いもの大好きなグランマチャコに、
鶴屋吉信の綺麗なお干菓子を持参しました。

さてさて、そこから今度はまた来た道を戻ってusako実家へ。
こちらは、例年通り、各自持ち寄りのお料理いろいろと、
お馴染み芝パークホテルの洋風&中華のお重でお祝い膳です。
f0039281_11502895.jpg

みなで、お屠蘇でおめでとう。
そのあとからは、日本酒です。
f0039281_11505181.jpg

殿実家と同様、灘の神戸酒心館の福寿の、こちらは生酒。
さらりとしたおいしさ。
そして、青森西田酒造の田酒、こちらは純米。
純米らしい、旨みを楽しめるお味。
常々お世話になっている方の、御親戚の酒蔵で、
暮れに御好意で頂戴したもので、
ありがたくお正月の御膳に楽しませていただきました。
f0039281_1151173.jpg

呑兵衛でない人には、金沢福光屋の零の雫。
ノンアルコールの、いうなればお米ジュースです。
お味にはちょっと癖があり、日本酒の美味しさを知ってしまっている方々は、
お飲みになる必要はありませんわ~。

芝パークホテルのお重、一の重は、プリムラの洋風おせち。
f0039281_11571334.jpg

f0039281_1152515.jpg

f0039281_115234100.jpg

二の重が、北京の中華おせち。
f0039281_11525933.jpg

f0039281_11532587.jpg

こちらはマダムチイ製の湯葉煮と、サーモンマリネ。
f0039281_1153441.jpg

f0039281_11541073.jpg

ぴょんこちゃん製の、お煮ものあれこれ。
f0039281_11543112.jpg

大晦日にちらりとお見せしたusako製は、
鳴門金時使用のきんとんと、
f0039281_1155298.jpg

金時人参をふんだんに使い、
静岡清水のK邸より直送の四川大実金柑もたっぷり使わせていただいたおなますと、
f0039281_1155201.jpg

岩国れんこんを使った、グランマチャコ直伝のれんこん揚げ。
f0039281_11554546.jpg

あっそうそう、ゆり根の梅和えも作りました。
でも、うっかり保冷バッグから出すのを忘れ、写真も撮り忘れてしまい、
二日以降の各家のおつまみとして分配されてゆきました。

かくして、2015年の元旦も、
一年で一番忙しく、
そしてまた一番美味しい日として、
過ぎてゆきました。

…あら、どなたですか?
一番呑む日でしょ?とかおっしゃるのは!

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
今年も、美味しいお話に
是非お付き合いくださいね!
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-04 11:45 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(18)

2015年の元旦に。

f0039281_16204972.jpg

年が改まりました。
元旦は、一年に一度の我が家のもっとも忙しい日。
今年も、いつものように、自宅でのお祝い膳から始めます。

お祝い酒は、先日の神戸旅行の折、
灘で入手した、白鶴酒造資料館限定販売の蔵酒です。
f0039281_16214073.jpg

f0039281_16221385.jpg

白いボトルが元日の朝の清々しさに、
良く合います。
f0039281_16223941.jpg

用意したお節料理は、極々普通の品々ですが、
丹波の黒豆の煮たものには、ハート型の金粉をつけてお化粧しました。
f0039281_16225984.jpg

お祝い膳を済ませたら、
武蔵三大宮のひとつ、大宮八幡宮へ初詣です。
f0039281_16303856.jpg

いつもより、少し早目に詣でましたら、
混雑前だったようで、ゆっくり参拝出来ました。
境内の冬桜が、今年も綺麗に咲いていました。
f0039281_16235395.jpg


さて、このあとも、
毎年同様、東京横浜をグルグルと美味しい行脚をいたします。
…つづく。

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
今年も、是非クリックしてくださいね!
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-02 16:17 | 日々の生活 | Trackback | Comments(8)

自由が丘 金田にて兄弟忘年会

自由が丘駅北口からすぐの横丁には、
老舗の居酒屋さんがたくさんあります。
その中の金田にて、兄弟姉妹の2014年忘年会をいたしました。
f0039281_23433996.jpg

f0039281_2344785.jpg

某BS局で放映されている某居酒屋探訪番組ファンのAちゃんに、
気に入ってもらえそうなので選んだこちらのお店。
お仕事帰りに、ちょっと寄り道したい感じのおじさま方で満席で、
ある種のワンダーランド的様相を呈していました。
f0039281_23443752.jpg

注文は、バインダーに留められたメニューから選んだものを、
添えられた小さい紙に書いてお店の方に渡します。
お肴は、特に自家製の小鉢がとてもおいしく、
居酒屋さんのメニューといって侮るなかれ、
懐石料理のひと品に匹敵する美味しさです。

自家製ごま豆腐
f0039281_23451598.jpg

ひらめのお刺身薄造り
f0039281_23454342.jpg

白エビのお刺身。
f0039281_23461234.jpg

とらふぐ唐揚げ
f0039281_23464772.jpg

里芋の満月蒸しには、銀餡がかかっています。
f0039281_23471714.jpg

豚の角煮、きぬかつぎ、蓮根揚げ
f0039281_23534924.jpg

雲丹煮こごり
f0039281_23484159.jpg

日本酒は、菊正宗の樽酒と生なので、
いろいろな種類の日本酒を飲み比べたい方向きではありません。
お料理も、珍しいお肴を楽しむというよりも、ほっこり普段の家庭料理。
特別な楽しみより、この雰囲気をお肴にして、
日常生活のワンシーンとしての“呑む”という行為自体を楽しみたい
…そういう方々のためのお店なのだと思いました。

御酒やお料理を美味しく頂戴しながら、
今年のあれこれを思い出し、
ちょっと気の早いことながら、来夏のゴルフの相談などもして、
あと二日となった2014年の宵を、みんなで楽しんだのでした。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-12-30 23:36 | おそとでお酒 | Trackback

日本酒を楽しむ食卓 蒲原ひやおろし

日本酒の美味しい秋。
我が家も、週末ごとに居酒屋さんと化して、その美味しさを満喫しています。
f0039281_16491166.jpg

この日楽しみましたのは、新潟は東蒲原郡阿賀町にあります下越酒造の、
蒲原(かんばら)純米吟醸、無濾過袋取り、生貯蔵酒のひやおろし。
酒米に五百万石を使っています。

ひと口、お口に含みますと、無濾過袋取りらしい、コクと旨みのある美味しさがいっぱいに広がります。
そのあと、お米の芳しさが香りつつ、日本酒本来のお味が現れて、
“さあ、続けて美味しいお肴をどうぞ~~~”と囁きながら、余韻を残して消えていく…。
と、まあ、こんな感じに楽しめるお酒です。

こちらの蒲原は、敬愛するYさまから頂戴しました。
合わせていただいた鮭とばや、鮭味噌も、新潟生まれの美味しいもので、
これらが御酒に合わないわけがありません。

自前にて用意したお肴は、そろそろ美味度が増す鰤とメジナのお刺身。
f0039281_16501058.jpg

f0039281_16503371.jpg

水タコ薄造りの酢橘酢醤油あえ。
f0039281_16505382.jpg

それと、今秋すでに三度目のご登場と相成ります栃尾の厚い油揚げ。
今回は、頂いた鮭味噌を、少々のお味醂で溶きのばしました。
f0039281_16511284.jpg

f0039281_16513417.jpg


ちなみに…
秋は深まりますが、
usako家面々、深酒はいたしません。
ほんの嗜む程度です、ご参考まで。

本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-11-12 16:43 | おうちでお食事 | Trackback | Comments(4)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆05-24 09:21..
by oomimi_usako at 11:48
☆miyabiflowe..
by oomimi_usako at 11:46
☆ぷうさま、 なるほど..
by oomimi_usako at 11:46
☆モンスーンさまもご経験..
by oomimi_usako at 11:46
おいしそうですね。 「..
by miyabiflower at 16:32
これは見事なきんきですね..
by ぷう at 12:49
こんばんは~♪ 確..
by 2005-1127 at 19:12
いつもうさこ姉のブログを..
by ぴょんこ at 10:03
☆まりりんままさま あ..
by oomimi_usako at 21:42
ぴょんこ様、お誕生日おめ..
by まりりんまま at 18:58

最新の記事

見つめられて。
at 2017-05-22 11:01
装飾過剰ですが。
at 2017-05-15 22:38
これもまたある日のusako庵
at 2017-05-09 22:27
連休のある日のusako庵
at 2017-05-03 17:27
モルトヴィネガー
at 2017-04-30 17:54

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(195)
(184)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ