タグ:日本酒 ( 196 ) タグの人気記事

日本酒を楽しむ食卓 蒲原ひやおろし

日本酒の美味しい秋。
我が家も、週末ごとに居酒屋さんと化して、その美味しさを満喫しています。
f0039281_16491166.jpg

この日楽しみましたのは、新潟は東蒲原郡阿賀町にあります下越酒造の、
蒲原(かんばら)純米吟醸、無濾過袋取り、生貯蔵酒のひやおろし。
酒米に五百万石を使っています。

ひと口、お口に含みますと、無濾過袋取りらしい、コクと旨みのある美味しさがいっぱいに広がります。
そのあと、お米の芳しさが香りつつ、日本酒本来のお味が現れて、
“さあ、続けて美味しいお肴をどうぞ~~~”と囁きながら、余韻を残して消えていく…。
と、まあ、こんな感じに楽しめるお酒です。

こちらの蒲原は、敬愛するYさまから頂戴しました。
合わせていただいた鮭とばや、鮭味噌も、新潟生まれの美味しいもので、
これらが御酒に合わないわけがありません。

自前にて用意したお肴は、そろそろ美味度が増す鰤とメジナのお刺身。
f0039281_16501058.jpg

f0039281_16503371.jpg

水タコ薄造りの酢橘酢醤油あえ。
f0039281_16505382.jpg

それと、今秋すでに三度目のご登場と相成ります栃尾の厚い油揚げ。
今回は、頂いた鮭味噌を、少々のお味醂で溶きのばしました。
f0039281_16511284.jpg

f0039281_16513417.jpg


ちなみに…
秋は深まりますが、
usako家面々、深酒はいたしません。
ほんの嗜む程度です、ご参考まで。

本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-11-12 16:43 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)

“長野県原産地呼称管理委員会”認定の美味しい日本酒

f0039281_2344319.jpg

軽井沢に出掛けたら…(軽井沢に限ったことではないけれど)、
帰りに必ず一本…(一本ではないときもあるけれど)、
日本酒を仕入れて帰ってきます…(焼酎ってこともあるけれど)。

先日、手に入れてきたのは、
“茜さす(佐久市:佐久酒の会謹醸 土屋酒造店)”
という特別純米生貯蔵原酒です。
これがまた、おいしゅうございましてねぇ。
併せたお肴は、“長野シリーズ”(?)にこそ、残念ながらできませんでしたが、
それを補って余りある、香るような旨みのある、御酒でした。
f0039281_2345140.jpg

(↑↑栃尾の油揚げをねぎ味噌で。こちらでいただいたのを真似してみました。)

ラベルには、“長野県原産地呼称管理委員会認定”と、ありました。
この制度の詳しいことについては、長野県のHPに記載があります。
銀座に先ごろオープンした銀座NAGANO館には、
このような素敵なお品物がきっとたくさん揃っているのでしょうね。
早く、覗きに出掛けたいと思っています。
f0039281_23453064.jpg

どうやって日本酒を選ぶの?と、時々ご質問を受けます。
私は、酒瓶の後ろのラベルやあるいは箱に記されている、
産地や酒米の種類に目を配りつつ、それらを判断する材料にしています。
こちらの御酒も、箱やラベルに書かれていた説明に惹かれました。

“雄大な浅間山を望む信州佐久平、五郎兵衛新田で、「佐久酒の会」の皆様とともに酒米を育てました。
農薬を使用せず有機肥料を用い、イナゴやタニシの棲む水田で収穫を歓びあい、
皆様の思いを歴史ある木造酒蔵で伝承の古式醸法で芳醇な特別純米酒に醸しました。 蔵主敬白”

ねっ、呑んでみたくなりますでしょう?
さらに酒米が、゛美山錦”と゛ひとごこち”となれば、
私の場合、もう即ッ、お買い上げです。

ちなみに、茜さすという名称は、万葉集の額田王の有名な御歌にある枕詞から、とっているようです。
f0039281_23455640.jpg


本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-11-03 23:36 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

表参道で新潟を楽しむ

表参道ヒルズの裏手に、
新潟県のアンテナショップがあります。
新潟食楽園

お米やそれを使った加工品、農産品、海産物の冷蔵冷凍品も含め、
あらゆる新潟県産食材が揃います。
もちろん、ずらりと並んだ日本酒のコーナーは、
眺めるだけでも嬉しくなるお品揃えです。

そんなアンテナショップの地階にて、
新潟の美味しい御酒と食材を楽しみました。
f0039281_9241586.jpg

f0039281_9245370.jpg

f0039281_9251569.jpg

御酒を注いでいただけるのは、
燕三条の酒器。
f0039281_9253540.jpg

冷酒を、とてもおいしく頂戴できるこの酒器のおかげで、
秋の夜長、御酒がたんとすすみました。


本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-09 09:20 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(0)

2014年9月10日 日本酒を楽しむ食卓!

日中の暑さは残っているものの、
季節は順調に秋に向かっていると感じます。

昨晩は、一日遅れながら東京地方はお月見が楽しめました。
スーパームーンの大きなお月様が、
雲間から覗いたり隠れたりしていました。

夏の軽井沢で仕入れてきた日本酒も、最後の(!)一本を開けました。
渓流 朝しぼり 出品貯蔵酒(遠藤酒造場 長野須坂市)。
f0039281_21192296.jpg

こちらの日本酒は、モンドセレクションの金賞を受賞してるほか、
International Taste&Quality Instituteという、
味覚の優れた食品飲料品を審査して表彰を行う機構(ベルギー)から、
最優秀味覚賞という賞も受けているそうです。
f0039281_21194175.jpg

なかなか美味しい日本酒で、
用意した、ちこ鯛のお造りと合わせたら、杯がとてもすすみました。
f0039281_21195812.jpg

さて、これからは、
ひやおろし(秋あがり)の美味しい季節がやってきます。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-10 21:16 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)

南麻布 意気な寿し処阿部 広尾別館

先日、まろさんとマダムチイから、
“美味しいお寿司屋さん見つけたから、みんなで行きましょう”
という号令がかかりました。
その名も、“意気な寿し処阿部”です。
f0039281_18165075.jpg

お寿司屋さんらしい正統派なネーミング、ではないお店なので、
正統派のお二人が、入ってみたということに驚きつつ、
興味津々、みんなでぞろぞろ訪れました。

こちらのオーナー阿部氏の、ご実家は新潟南魚沼市。
そのご実家で、ご両親さまが生産されたお米やお野菜類を使って、
お料理が供されているそうです。
日本酒も美味しいものがそろっていましたので、
新潟といえばの、巻機(魚沼市・高千代酒造)の特別純米を頂いた後、
入ってきたばかりという、酒米に大分三井を使った鷹来屋五代目の純米吟醸の、
封を切って頂戴いたしました。
f0039281_18171396.jpg

お料理のほうは、まずは、お肴になるものを仕立てていただきまして。
f0039281_18173058.jpg

f0039281_18174734.jpg

f0039281_1818275.jpg

f0039281_18181849.jpg

新鮮な海の幸が、どちらも大変美味しく、御酒もすすみます。
このあと、各自好きなように職人さんに握って貰いました。
f0039281_18183246.jpg

私の場合は、こちらを皮切りに。
あれ、これ、それ…と来まして、
〆は、こちら。
f0039281_18184810.jpg

にぎりは、つまんで頂きましたので、
途中カメラは触れず、お見せできる画像がありませんこと、
どうかお許しください。
f0039281_1820286.jpg

カウンター席のほぼ半分を占領して、
よく食べ、よく飲み、よくしゃべる(相変わらず)usako家一団でしたが、
一見強面の、でもとてもお人柄と腕の良い職人さんが、
しっかり面倒をみてくださいました。
f0039281_1820187.jpg

まろさんとマダムチイが気に入ったのもわかる、
とても心地よく、美味を楽しめるお寿司屋さん。
また出掛けたいと思います。

そうそう、
お店の周りは各国の大使館も多い場所柄からか、
お客様の国際色が豊かなのも、ちょっと楽しいお店です。
f0039281_18203413.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-08-11 18:12 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(8)

おぎのや 峠の釜めし 記念ラベル

軽井沢から戻る日はいつも、
あちらのスーパーマーケットで食材を買い整えて
帰るので、
東京の自宅のお夕食では、テーブルに、
長野の美味しいものをいろいろ並べて楽しみます。

信州サーモンのお刺身や、
鯉のあらい。
岩魚は塩焼きにしました。
f0039281_14493379.jpg

f0039281_14495214.jpg

f0039281_1450752.jpg

お供はもちろん長野の地酒。
明峰 喜久盛(信州銘醸)。
再来年の大河ドラマをちょっと意識して、上田のお酒です。
f0039281_1450292.jpg

軽井沢菜も買ったので、めかぶと和えて小鉢ものに。
f0039281_1450417.jpg

f0039281_1451182.jpg

峠の釜めしも、上信越道横川SAに必ず立ち寄って入手して帰ります。
今年は、富岡製糸場世界文化遺産登録記念のお祝いラベルでした。
f0039281_14511833.jpg

f0039281_1451325.jpg

f0039281_14514440.jpg



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-08-04 14:47 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(2)

南青山 ふくい望洋楼

f0039281_1817187.jpg

御酒もお肴も、
飛び切りの美味しいものを、少しずつ楽しみたい…。

近頃は、そういう頂き方も素敵だと思います。
お腹いっぱいがしあわせと思う時代を過ぎ、(←ほんとうよ)
若くなくなってくると、
若くないなりの楽しみ方が、
徐々に身についてくるものなのですね。

落ち着いた雰囲気の中、
そんな思いを一層強くしながら楽しめるお店です。
ふくい望洋楼 青山店
福井県三国温泉の老舗旅館が地元の美味しいお酒とお肴を南青山で楽しませてくれます。
f0039281_18171856.jpg

思わずニッコリしてしまうような日本酒のラインナップ。
あの、加藤吉平商店のお酒もいただけます。(“日本の翼”はありません、残念)
寛大なことに、福井県以外の蔵元のお酒も置いてありますが、それを頼むのは邪道でしょう。
お肴にも、地元の美味しいものがずらり並びます。
f0039281_18174559.jpg

f0039281_18181110.jpg

お器や、盛り付けも美しくお料理を引き立てます。
f0039281_18182737.jpg

f0039281_1819622.jpg

越前塗をイメージしたのではないかと思われる黒に朱が印象的な店内は、
天井も高く、オープンキッチンスタイルで、気持ち良い空間が広がっています。
f0039281_18192678.jpg

壺に投げ入れのお生花の下には、
帯のランナーが敷かれていました。
f0039281_1819468.jpg


P.S お隣にはショップがあり、福井県の名産品(日本酒も!)も手に入ります。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-06-23 18:09 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)

日本橋 島根料理主水

f0039281_2215740.jpg

日本橋界隈で、美味しいお肴と美味しい日本酒を楽しもうと思った時に、
迷わず向かうのが主水(もんど)。食べログのページは→こちら
島根県のアンテナショップに併設されていて、
島根の食材と地酒が堪能出来るお店です。

同郷の食材と御酒を併せていただくことに、
結構こだわるusako家にとっては、
満足度の高い 呑み会 お食事がいただけてうれしい限り。
この日も、お向かいのデパートで殿のスーツの仮縫いを終えた後、
迷わず立ち寄りました。
f0039281_22153740.jpg

ヨコワとキツネカツオのお造りに、飛魚のお造りの豪快さ!
f0039281_22155527.jpg

f0039281_22161313.jpg

宍道湖七珍のうちのひとつ、しじみをその場で酒蒸しに。
f0039281_22172396.jpg

日本酒は、誉池月はすみの純米や、豊の秋などを合わせました。
これらが、また美味しくてねぇ…。
島根出雲のあたりは、日本書紀に、酒発祥の地と表されている場所。
連綿と続く出雲杜氏の確かな技術と、土地の恵みが重なって、
間違いなく極上の日本酒が、今でも生まれ続けているのです。

もちろん〆には、出雲そばをいただいて。
お店を出ると、日本橋の通り沿いの建物が、
ライトアップされていて綺麗でした。
f0039281_22174217.jpg



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-06-05 22:09 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(4)

日本橋 三重テラス

再開発が一段と進み、
江戸の昔からのお店を構える老舗に囲まれて、
古色然とした雰囲気だった日本橋老舗デパート界隈は、
近頃、俄然面白さを増してきました。

以前より、
この界隈をウロウロするのが好きな私などは、
ウロウロに適したお店の数を、遥かに超える新しいお店の開店に、
オロオロしつつも、楽しんでいます。
f0039281_11515526.jpg

なかでも、嬉しいお目見えは、
三重テラス
三重県のアンテナショップです。

三重県産の、極上の美味しいものは、
よくご存じの方が身近にあるため、
おかげさまでとても詳しくなりましたが、
“あれをもう一度!”
とか、
“今度は、どこそこの何々をもっと!”
などというおねだりは、なかなかどうして気軽に出来るものではありません。

でも、この三重テラスの誕生のおかげで、
美味しいものの予習復習、自習さえも可能になり、
ますます三重県ファンになりそうです。

今回も、三重の“美味しいものお師匠さん方”から、
津市朝日屋の極上の松阪牛しゃぶしゃぶ肉をご恵送賜りました。
f0039281_11521349.jpg

早速、三重テラスに出掛け、お供にする日本酒さがしをいたしました。
見つけたのは、中山酒造(松阪市)の特別純米酒、その名も“松阪牛”。
f0039281_1152264.jpg

超辛口と謳っていますが、お口の中に広がるすっきりした旨みは、
辛さよりも、日本酒らしい深みに感じられて、
極上の松阪牛と、まさにぴったり合うお味でした。
f0039281_11524642.jpg

三重テラスには、レストランも併設されています。
年に一度の日本橋老舗デパートでの三重県物産展に、
なかなか御足を運べない方は、
“年中三重展”の三重テラスで、
美味しい三重県の味を、是非お試しくださいませ!

追記:この時訪れてから二週間後、再び三重テラスを訪ね、レストランでのお食事を試みました。
イタリアンレストランにしてあるのですが、それが大変残念。
美味しい三重県の海の幸山の幸を、な~ぜイタリアンにする必要があるのかというお献立でした。
日本橋界隈が、日本情緒を前面に押し出しながら集客を図っているなか、あえて立ち向かわずに、
“日本橋発お伊勢参り”でもコンセプトにしてプロデュースするほうがいいのにね、というのが、私たちの感想です。



ここしばらく更新が緩慢になってしまっておりましたので、
はずしていましたブログ村へのボタンを、
再び設定いたしました。
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-05-21 11:48 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)

福寿の呑み比べ

毎年恒例のゼミ教授御宅にての新年会。
今年も、賑々しく集まりました。
f0039281_17444248.jpg

今年の御酒は、1751年から続く灘の酒蔵、神戸酒心館の“福寿”三種の呑み比べと相成りました。
お見立ては、これもまた例年通り、御酒セレクトご担当のMs.M。
酒瓶の後ろにちらりと写る和装の方です。
福寿は、一昨年山中教授がノーベル賞を受賞されたときの晩餐会で、振る舞われたお酒。
本当は、旬のうちに・・・とMs.Mが、昨年の新年会用に手配してくださろうとしたのです。
でも、肖ろうとするのは、みな同じということらしく、そのときは入手困難だったのでした。
リベンジ出来た今年は、純米大吟醸・寒造り原酒・しぼりたて純米無濾過原酒の三種類を手配してくださったので、呑ん兵衛はいうに及ばず、下戸な方々までもが、その香りやお味の違いを呑み比べ、ナメ比べ(?)て楽しんだのでした。
お料理は、教授の奥さまがご用意くださって、私も少しお手伝い。
美味しいものいろいろが、綺麗に売り切れになりましたのも、
美味しい御酒のお蔭かと思います。
だって、よーく、ご覧になってください。
並んだ瓶は、ほぼカラです。(もちろん日本酒以外にも、いろいろカラになりました)

毎回各自の近況報告を発表する時間が設けられます。
一年のうちにそれぞれが、良いことそうでないこと、いろいろな出来事に遭遇していましたが、こうしてまた会えることが、何より嬉しい吉例新年会です。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-01-15 17:25 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ