K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:日比谷 ( 31 ) タグの人気記事

別に・・・
パーティがあったり、宿泊したりするわけではないのです。
でも、近くに行くと、つい吸い込まれてウロウロしてしまう、帝国ホテル
ショップのウインドウを覗いてみたり
ちょっと休憩したり
そして、帰りがけに、忘れずに寄るのが、帝国ホテルフードショップガルガンチュア
昔は、ちょこちょこした楽しいお菓子など、今よりもっと置いていました。
でも、最近は、お澄まし顔のスイーツやパンが多いかもしれません。(お惣菜もございましてよ、奥さま!)
f0039281_11423172.jpg

定番のこちら。
なんと言っても一押しの、ブルーベリーパイ
家族全員大好きです。
f0039281_11424683.jpg

朝ごはんに食べちゃった。
・・・ので、今日も一日元気です。

なんと現在(14日午前11時)ランキング2位におります。
これもひとえに、皆様に応援クリックいただいているおかげです。
ありがとうございます!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-11-14 11:39 | あまいもの | Trackback | Comments(11)
東京宝塚劇場は、ただいま花組公演真っ最中!
チケットは、こんな素敵なホルダーに入って手元にスタンバイしていました。
f0039281_817439.jpg

f0039281_8175689.jpg

f0039281_8181143.jpg

今回はアンドレに(一応)焦点を当てた脚本です。
ベルばらは、池田理代子さんの漫画から始まって、いったい今までに何度宝塚で観た事か・・・。
実はCD(大浦みずきさんの頃の二枚組)なんぞも持っております。
懐かしい“あんな台詞”“こんな台詞”も登場して、一緒に呟けてしまう状態は、まるで歌舞伎の鸚鵡石(おうむいし)そのままです。
私の中では、ベルばらも歌舞伎同様の伝統芸能の域に達しているような感覚さえありました。

レビュー“スパークリングショーEXCITER!!”も、なかなか面白く、見ごたえあり。
高泉淳子さんが客演か?と思わせるようなシーンもあって、とても楽しめました。
男役の群舞、今回も圧巻。
素敵ねえ~と目を細めて拝見していました。(その中にはるかちゃんがおいでになるのもまた、いと嬉し)
フィナーレは、目にも鮮やかな赤い色の中に、真飛聖さんのゴールドのお衣装が映えて、一足早いクリスマスのように華やかでした。
f0039281_8183266.jpg

f0039281_8184867.jpg

そして、もちろん真瀬はるかちゃん、今回も奮闘中です。
舞台のどこにいらしてもすぐわかります。
メリハリの効いたダンスや演技が、目にとまりますから。
お姿を拝見していたら、またちょっとスリムになられたかしら?と思いました。
東京公演だとお家のお母さまの元からお通いになれるから、より舞台に専念出来て良いでしょうね。
今日もお疲れさまでした。
楽日まであと少し。
お身体に気をつけて(良くない風邪にも気をつけて)頑張って欲しいと思いました。

usako補足>例によって例のごとく帰り路は・・・ちょっと歩幅も大きく背筋を伸ばして歩いてしまう私。(歌舞伎のあとは、歩幅も狭くソソソッと歩く)久し振りの観劇が嬉しくて、途中でツーステップ&ターン!・・・を、しないように気をつけながら帰ったのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-11-11 08:13 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)
“突然、ムショウに食べたくなるもの”ありませんか?
私は、そういうものがたくさんあります。
値の張るものから、ジャンキーなものまで、あるいは、なかなか手に入らないものから、すぐお口に入れられるものまで様々ですが。
f0039281_22182290.jpg(←帝国ホテル北京のナプキンリングは、とても可愛いのです。)
昨年暮れ頃から、ずっと食べたかったものがあります。
それは、中國料理北京ふかひれそば
とにかく、ここのふかひれそばが大好きです。
そして、突然ムショウに食べたくなります。
『ぺきんのふかひれそば、ぺきんのふかひれそば・・・』と、事あるごとに呪文のように唱えていたら、ついに、ありつくことが出来ました。
夢は叶うものですね。(・・・って、ちょっと違うんじゃないか?)
f0039281_2219643.jpg

出来ることなら、一人前丸ごと抱えていただきたいところ。
でも、前菜の盛り合わせやら、北京ダックやら、その他のお料理も食べたい御仁が出資者ゆえ、そこは百歩譲って、仲良く半分こ。
主観が入るといけないので、第三者(お店の方)にきっちり分けていただきました。
f0039281_2221661.jpg

翌朝は・・・
お肌もお腹(!)もピッチピチです。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-04-01 22:00 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(10)
初夏を思わせる陽気になった今日、千秋楽間近の花組東京公演を観に行きました。
今回の花組公演では、ただいまBS放送で真っ昼間に放映中の(母が毎日テレビにかぶりつきそうになりながら見ております韓国ドラマ“太王四神記”の、宝塚によるミュージカル化版『太王四神記』ーチュシンの星のもとにーが上演されています。
f0039281_20394454.jpg韓流には殆ど馴染みがない私ゆえ、幕開け直後は、登場人物の名前がさっぱり把握出来ず(=耳慣れないので聞き取れない)、お終いまで持ちこたえられるか心配になりました。
でも、ご贔屓の真瀬はるかちゃんのご活躍の様子を一生懸命追ううちに、次第に様子も把握出来て、すっかり舞台に引き込まれました。
お衣装、セット、舞台効果の素晴らしさと、演者の皆様が見事に調和していて、全てのバランスがとても良い感じ。
途中、スターウォーズ?と思わせるような眩しい小道具が登場したり、○クト上杉謙信(おととしの大河ドラマ)そっくりの登場人物がいらしたり、紅白歌合戦にも負けないスペクタクルなリフトが登場したりと、思わず頬がゆるむ場面もあって、更に楽しめたのでした。

真瀬はるかちゃんは、今まで以上に出番も増えて、ますますご活躍中。
ソロで歌うところもありますし、フィナーレの歌手も勤められていました。
お芝居もダンスも、更に頑張っていらっしゃるご様子に、本当に嬉しくなりました。
実は、出番はすべて事前にお母様から教えて頂いています。
はるかちゃんが舞台上にいらっしゃる時には、とにかくずーっと目で追っているため、周りの客席の方と、ちょっと視線の方向がずれてしまったり(歌舞伎で玉三郎丈が舞台に登場されている時も私には同じ現象が起きます)しますが、今回もバッチリ拝見出来ました。

楽日まであと三日。
ご無事に、良い千秋楽を迎えられますように。

usakoのお詫び>最近画像が美しくなくて、申し訳ありません。
デジカメが使用不可のため、携帯電話のカメラで撮影しているのですが、輝度明度などの調整が上手くなく・・・。平にご容赦くださいませ。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-03-19 20:30 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(0)
有楽町日比谷界隈で、間違いない雰囲気の中、間違いないお菓子とお茶で、静かにお話を楽しめる場所を挙げるとすれば、私は東京會舘を選びます。
大好きな帝国ホテルの、ランデヴーラウンジやパークサイドダイナーも良いことは良いのですが、日にちを間違うと、“ここはどこ?”の雰囲気になってしまったりしていますので、少々注意が必要です。(そういう時にはクラブルームという裏技もあり)
東京會舘では、今をときめくパティシェが作り出すようなキラキラしたケーキではなく、奇をてらわない基本的なフレッシュタイプのケーキがいただけます。
この“基本的な”というのが、ポイント。
お話をする人々の邪魔をせず、お茶と一緒に静かに佇む(?)それが東京會舘のケーキ達なのです。
f0039281_9184428.jpg

その場に行かないと楽しめないのがフレッシュケーキですが、お土産としていつでも楽しめるのが、御存知ドゥミ・セック
昔から東京會舘の包みをいただくと、記憶にインプットされているスプレーチョコ満載のあのお菓子を思い出し、条件反射的に歓声とオヨダ(おっと、失礼!)が・・・。(ちなみにMY歓声度は、村上開新堂クッキー到着時に次ぐ堂々の二位です??)
最近は、どうやら季節ごとのバージョンを出され始めたようで、この日、お茶の時間にいただいたのはドゥミ・セック・如月と言う包みでした。
f0039281_9193656.jpg

たぶん雪をイメージされたのであろうホワイトチョコレートが、“いつもの生地”のトップにコーティングされたお菓子が詰められていました。
ふと気がつけば、如月も、もうあと1日。
弥生になると、またどんな可愛いドゥミセックが登場するのでしょう?
興味津々ゆえ、今度は自分で拝見しに(=いただきに)行きたいと思うのでした。

Special thanks to Ms.K !
[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-27 09:00 | あまいもの | Trackback | Comments(6)
私がバレンタインデーのチョコレート作りに奮闘していた先週、宝塚花組の東京公演が初日を迎えました。
今回の演目は『太王四神記』ーチュシンの星のもとにー
あれ?どこかで聞いた(見た)ことがある?と思われた方、そう、いまちょうどお昼にTV放映中の韓国ドラマ、ヨ〇さま主演のあちらの、ミュージカル版(のよう)です。
ご縁あって応援させて頂いている、花組の真瀬はるかちゃんも、もちろん出演されています。
f0039281_2394533.jpg

歌唱力抜群。
ダンスも抜群。
そして、演技力も抜群な、真瀬はるかちゃん。
バリバリッの男役さんながら、実は素顔はこんなに可愛いのです。(写真中程のポストカードをご覧ください)
宝塚の方の素顔は、普通に劇場で舞台をご覧になり、パンフレットを買われても、なかなか拝見出来ないもので、“それ関係”の雑誌や、いわゆる“おとめ”などをご覧にならないとわからない場合が多いのです。(トップの方は別ですけど
でも、あの独特の濃~い舞台化粧の下は、色白で優しく端正なお顔立ちの方ばかり。
なんたって、容姿端麗が受験資格の音楽学校を、ご卒業されている皆様なんですものね!
ちなみに、今回の素顔のはるかちゃん写真は、今年のお年賀状です。
上演中の東京公演は、三月に入ったら、私も拝見しに伺うので、いまからとても楽しみにしています。

usako企む>今まで数回(すべて独身時代)、宝塚まで出かけて観劇しています。
最近はすっかりご無沙汰しているので、そろそろ行きたくなってきましたよ~!
宝塚観劇に、三田の小山ロールと、神戸散策とを併せて、久し振りに行きたいわぁ・・・。

[PR]
by oomimi_usako | 2009-02-18 23:00 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(2)
f0039281_9702.jpg
7月11日から8月17日まで、日比谷の東京宝塚劇場では、花組公演が行われています。
今公演は、春野寿美礼さんから代わった、真飛聖(まとぶせい)さんのトップお披露目公演。
そして私たちのお目当てはもちろん、真瀬はるかちゃんです。
今回は、お衣装替えも多く、少人数でのダンスシーンもいくつかあって、はるかちゃん大活躍です。
特にレビューのフィナーレでは、宝塚っぽくないキュートなお衣装かつはるかちゃんらしからぬ(!)ヘアスタイルで、メリハリのあるダンスをされるお姿が可愛らしくて、その懸命さに『若いっていいわぁ』などと、思ってしまうのでした。
演目は、お芝居のほうが、宝塚ミュージカルロマン“愛と死のアラビア”と、レビューのほうはグランファンタジー“Red Hot Sea”。
f0039281_972671.jpg

花組を見始めたときから、春野寿美礼さんと、新進気鋭の真瀬はるかちゃんを舞台上に追うことにだけ一生懸命になりすぎていた私たち。
この期に及んで新トップさん以下、二番手三番手の方々は、何方が何方やらサッパリ解らないことに、気が付きました。
ましてや今回は演目上、ストールや変わった形の被り物で、見えるお顔の面積も狭くなっていることから、ますます何方が何方やら混迷の度を増してしまいました。
秋にまた花組を観劇するので、それまでに予習しなくてはなりません。
f0039281_98396.jpg

観劇の前のクイックランチに、日比谷シャンテのチャヤのマクロビオティックをいただきました。
ボリュームもあって美味しかったのですが、観劇途中で既にお腹が空いてきてしまった私には、ふつーのお食事がやっぱり良いようです。
[PR]
by oomimi_usako | 2008-07-29 08:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(6)
11月16日から12月24日まで、東京宝塚劇場は花組公演
公演を重ねるごとにどんどん素敵になっていく、ただいま売り出し中(?)の真瀬はるか(まなせはるか)さんを、今回もまた拝見しに伺える機会をいただきました。
ところがこの公演、トップの春野寿美礼(はるのすみれ)さんの退団公演なのです。
お世話になっているヅカお友達MsTKに春野寿美礼さんの以前のDVDをたくさんお借りして拝見していた為か、私もご退団の話を日経新聞で発見した時には“あ~、ついにこの日が来てしまった”という残念な思いに見舞われ、さらになぜか春野寿美礼さんに非常に大きな哀愁を感じてしまったのでした。
あの流れるような視線、優しくのびやかな歌声・・・それが見納めだと思うと、寂寥感あふれるものがありました。
f0039281_931222.jpg私ごときでさえそんな風に思うのですから、オサさんファンの方々のご心中は察するにあまりあるもの。何だか劇場も、いつもと雰囲気が違うような感じさえいたしました。
ロビー階段横のクリスマスツリーもちょっと寂しげ・・・。
公演は、いつものようにお芝居と、レビューの二本立て。
ミュージカルピカレスク“アデュー・マルセイユ”は、ストーリーは“水戸黄門”的な展開で、ハラハラしながらも最後は安心。なかでもタンゴコンテストの場面では気持ち良いダンスシーンも楽しめました。(かつて競技舞踏をやっていたusakoはタンゴ好きです)
グランドレビュー“ラブシンフォニー”は、妖艶かつ明るく楽しいダンスが続きます。退団されるのがウソのように、春野寿美礼さんは、いつものようにキラキラ輝いておられました。そう、私には、まだ次回公演があるかのようにすら感じられたのでした。
f0039281_9335090.jpg

そして私も・・・感傷に浸る余裕などなく、ひたすら『はるかちゃん(こう呼ばせていただいてます)頑張ってダンスしているわねえ』『あっ、はるかちゃん目立つ!』『はるかちゃん、ロケット可愛いい~』などと、すっかり楽しませていただいてしまったのでした。
談笑する演技をしているはるかちゃんの笑顔が、“お母様そっくり~”とは、ぴょんこちゃんの弁。
きびきびしたダンスは、その一生懸命さが何とも可愛く思えて、眼がクギ付けになってしまいました。オサさん見納めにもかかわらず、オサさんとはるかちゃんが一瞬ニアミスする場面以外は、ずっとはるかちゃんを見続けていたわけで・・・この時ほど“おととの眼”が羨ましく思えたことはありませんでした。
でも本当に、はるかちゃんには、早く私の大好きな“花組男役さんのエンビの群舞”に加われるようになって欲しいなあと、その日が今から待ち遠しくてたまりません。

終演後、“最後の公演には実はこれを観たかった”と私が思う、大好きな“エリザベート”DVDをサヨナラの記念に購入するつもりでした。(はるかちゃん入団前の公演なのが残念ですが)
でも、いつものようにすっかりのぼせた私は、完全に忘れて帰宅。
あ~また売店に行ってこなくちゃ!
[PR]
by oomimi_usako | 2007-12-03 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(2)
東京宝塚劇場では、今、宝塚花組が公演中です。
昨年も花組のファントムを観に行くことが出来ましたが、今回も前回同様、妹が日頃お世話になっている方にさらにお世話になり(!?)お席を確保していただくことが出来ました。
f0039281_21104580.jpg

その方のお嬢様が、真瀬はるかさん。
歌劇団二年目のこの公演では、いろいろな場面に登場されてますますご活躍でした。
男役さんでも、まだ若い今くらいの時期にはドレス姿も拝見出来たりするのでそれも楽しく、ロケットの時のベビーブルーのお衣装姿がとても可愛らしいなぁと思いました。
あっ、当然男役のお姿もいい感じですよ~♪
これからも、どんどん技量を磨かれて、それと同時に“雰囲気”も身に付けられて、素敵な男役さんになられますように!
f0039281_21112419.jpg

公演は、“グランドロマンス 明智小五郎の事件簿黒蜥蜴”と、“ショー タキシードジャス”。
トップの春野寿美礼さん、今回も紺のスーツがビシッと決ってすてきな明智くんです。
何と言ってもあの歌声は、聴いていて、心がスーッと爽やかになるような伸びやかさ。
気持ち良くて、もっと聞いていたい!と思いました。
ところどころ、私の好きな“名探偵コナン”風の雰囲気が漂うのも気に入りました。
舞台セットも随所随所に“ほおぅ”と思える見所があって面白く拝見できました。(舞台美術にも結構興味があるんです)
レビューでは、なんと矢代鴻さん(←すぐ分かった貴女!私同様年季が入ってますね~)がご登場。
今も変わらぬ味のある歌声にスタイルで“さすが~”と思いました。

良い舞台を拝見した後、とかく影響されやすい私。
歌舞伎で綺麗な女形の踊りを拝見したあとは、おしとやかにお家の中を歩くのですが、今日は何と言っても宝塚のあと。
お家の廊下を、ツーステップターンなんぞしながら歩いている・・・そんな、感動覚めやらぬ観劇後のusakoです。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-04-24 21:00 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(2)
毎年、11月の後半から12月の今くらいの時期に、必ず食べに行くのが、“中国料理 北京”のふかひれそばです。
これを食せずして年は越せないという程、重要なもの。
・・・というか、私の大好きなものなのです。
f0039281_18551577.jpg

一年の疲れをたっぷりのコラーゲンで補って、年末を乗り切り、そして元気に新しい年を迎えられるように!との願いを込めて、今年も帝国ホテル店で栄養補給をいたしました。
『どちらかというといつも栄養過剰じゃない?』
というお声が聞こえたのは、きっと空耳・・・。usakoの耳が大きすぎるからかしら~?
さあ!今年もあと半月ばかり。
クリスマスレッスン、お家のクリスマス、お年賀状書き、大掃除、そしてお節料理作り・・・と盛りだくさんのお仕事も、これで頑張って乗り切れることでしょう!!
[PR]
by oomimi_usako | 2006-12-11 18:52 | おそとでお食事 | Comments(0)