K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:東銀座 ( 65 ) タグの人気記事

今月歌舞伎座は、昼の部で市川染五郎丈のご長男が初舞台を踏んでいます。
それにも少し惹かれたのですが、演目のラインナップを見比べて私は夜の部を選びました。
一幕目 元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)真山青果(まやませいか)の作品で、今回は御浜御殿(おはまごてん)の場が上演されました。
忠臣蔵のあの物語を、別な視点から描いたお芝居です。
徳川綱豊役の片岡仁左衛門丈、気持ちもスッとするような凛々しさがとても素敵
染五郎丈と、仁左衛門丈の二人だけの長いお芝居が続きますが、セリフのやり取りは思わず引き込まれるような展開でした。
f0039281_0262993.jpg

二幕目 盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめのかがとび)江戸の華である火消しと小悪党の按摩のお芝居。
河竹黙阿弥の作品で、江戸の人々の様子が生き生きと描かれています。
見た事のない時代の様子にあれこれ思いを馳せられるので、私の好きなお芝居の一つです。
今回は私の好きな片岡愛之助丈も出演中。
ちなみに、最初の“本郷木戸前勢揃いの場”では、私の席のすぐ横が、中村吉右衛門丈の花道上での立ち位置だったので、口上の間中、しげしげとお顔を眺めさせていただいてしまいました~♪
カッコイイ火消しのお兄さんたちが勢揃いするこの場面、若手の役者で揃えれば、宝塚花組の男役さんの群舞に匹敵するはず!・・・なんですが、それは私だけの儚い夢です。
次の場面は、山奥の秘境?かと思える書割り(=手書きされた舞台背景のこと)ですが、実は御茶ノ水という設定。
歌舞伎の中では、今では想像もつかない昔の東京(まだその呼び名もない頃ですね)の姿も垣間見ることが出来たりするのです。
最後の場面も、加賀藩の赤いご門前での捕り物ですが、これまた今の東大赤門前のことなんですよ。
松本幸四郎丈の梅吉と、中村吉右衛門丈の松蔵の掛け合いは息もピッタリで(ご兄弟ですからね)、話のどんでん返しも楽しいお芝居でした。
f0039281_0271944.jpg

三幕目 新歌舞伎十八番の内 船弁慶(ふなべんけい)これも黙阿弥作で、長唄にのせての舞踊です。
静御前と平知盛の霊は、ハスキーボイスがちょっと気になる染五郎丈で、弁慶はお父様の幸四郎丈。
重厚な松羽目ものの踊りが最後の幕で見られると、歌舞伎見物をきちんと締め括れるような気がして、なかなか良いものだわ☆と、思いながら東銀座を後にしたのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-06-18 23:23 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(6)
ここのところ訳あって、少々忙しく、ずっと東奔西走さらには南奔北走(usako造語)する日々を過ごしております。
月に一度のお楽しみの歌舞伎観劇も、お席をひと月以上前におさえてしまうため、観劇日近くなって『あらら?行かれないかも!』という危険な事態に陥ることも全く無いとはいえません。
今月も、もしかしてそうなってしまうかしら?と悲しく当日を迎えたのですが、周囲の皆様のお蔭で二幕目から“駆けつけ観劇”をすることが出来ました。
f0039281_1033018.jpg
さて、とてもとても楽しみにしていた今月の歌舞伎座でのお芝居見物。
以前より密かにファンである中村信二郎さま☆の二代目中村錦之助襲名披露公演なのです。
歌舞伎を観はじめたばかりのころ、俳優名鑑などをパラパラと見ていましたら、信二郎改め錦之助丈と私のお誕生日が同じだということを発見しました。
それ以来、なんとなく親しみを感じて、時々舞台で拝見出来るのを楽しみにしてきたのでした。
あまり、主役クラスや華々しいお役はつかないものの、舞台に登場されるとサッと清涼感を感じるそのお姿。
お祝い興行の今月は、心ゆくまで錦之助丈を拝見することが出来ました。
これからも、お名に負けないように、涼やかさの上に、重厚さも出せる役者さんになって欲しいと思うのでした。
f0039281_222176.jpg

一幕目 源平布引滝 より 実盛物語 これは見られず。
二幕目 口上
お祝いの幕が開くと、ずら~っと居並ぶは有名どころの歌舞伎役者ばかり22人。
冨十郎丈から始まって、雀左衛門、仁左衛門、秀太郎、福助、門之助、弥十郎、東蔵、魁春、我當、梅玉、芝翫、吉右衛門、歌六、歌昇、獅童、種太郎、隼人、七之助、勘太郎、勘三郎、時蔵まで!
ミーハーな私としては、それだけでも感動的な口上のひと幕でした。
三幕目 双蝶々曲輪日記 より 角力場
錦之助丈二役、早代わりもあって、大奮闘です。
やはりこの方の端正なお顔立ちは、相撲取りより、“若旦那はん”が、よぅお似合い。
終盤、お声が擦れ気味だったので、千秋楽までどうぞ頑張って・・・と心からエールを送りました。
四幕目 新皿屋舗月雨暈 より 魚屋宗五郎
相変わらず、客席の拍手も最大ボリュームとなる人気の勘三郎丈の宗五郎。
確かに、舞台へ人々の気持ちを引き付けてやまない何かをこの方は持っておられると思うのです、が・・・私個人的には、菊五郎丈演じる宗五郎のほうが好みです。
錦之助丈は、磯部主計之助役で、綺麗にまとめました。
f0039281_2205321.jpg
先般の勘三郎丈の時のように、ものすごく派手な襲名披露というふうでは有りませんでしたが、たくさんの方々に見守られているというような暖かさを感じた、信二郎丈に相応しい公演でありました。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-04-17 21:54 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(10)
f0039281_23122966.jpg
今月の歌舞伎座は、義経千本桜の通し狂言。
普段見る機会の少ない四幕目のある夜の部を観に行きました。
演目は、
四幕目 木の実・小金吾討死
五幕目 すし屋
大 詰 川連(かわつら)法眼館・奥庭
です。
仁左衛門丈の“いがみの権太”、いいですね~何と言っても姿が良いです。
洗練された捕りものを観せてくれるのは扇雀丈。『あらっ、参院議長さん?』と見紛うばかりでお綺麗です。
若葉の内侍役を見慣れている時蔵丈は、弥助役です。私はやはり女形の時蔵丈が好きなので、来月の弟さん(=信二郎丈)の襲名披露の時に、存分に拝見することにいたしましょう。
f0039281_23131480.jpg

孝太郎丈の娘役も、いい味出ています。たぶん若い方にも分かりやすい少し現代的な仕草が、とても可愛らしく思えました。
そしてそして、忠信に化けた源九郎狐と言ったら絶対この方!と私が思う菊五郎丈も、ちょっと年季が入ってきましたが予想通り楽しませていただきました。

ところで、歌舞伎のお芝居の中で“ある演目を観た後に必ず決ったものが食べたくなる”という現象が私には起きます。
例えば、直侍がおそばを食べる場面が出た後はおそばを食べたくなる人が増えたという話は、一般的で以前より有名なお話。
その他に私は、野崎村でお光が大根を切る場面を観た後は、ふろふき大根が食べたくなります。(劇中では、なますを作るのですけれどね)
そして、この千本桜のすし屋の段を観た後は、柿の葉寿司が食べたくなるのです。
今回も案の定・・・。
お花見のお伴も兼ねて、久しぶりにちょっとお取り寄せしてみることにいたしましょうか・・・。
f0039281_2313547.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-19 23:10 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(4)
今月の歌舞伎座は、千秋楽に近い夜の部を観劇しました。
f0039281_1725175.jpg

一、廓三番叟
昼夜共に最初の幕は、初春に相応しいお祝いの舞踊です。
街は、もうとっくにお正月気分は抜けきって、節分すら通り越して雛祭りまで進んでいますよね。
でも、そう言えばまだ一月のうち。
少しゆっくり、残る睦月を楽しみましょう・・・そんな気持ちにさせてくれる演目でした。

二、祇園祭礼信仰記 金閣寺
玉三郎丈の雪姫、拝見するのは何年振りでしょう!
私にとっての今月のメインはこれです。
玉三郎丈のお姫様姿を観るたびに、手弱やかで可愛らしく、でも心強く才気に溢れる(=普段は女らしいけれどイザとなったら強くガンバル)そういう女性でありたいと、いつも思うのですが・・・まあそれは“理想”ということで。
この演目の一番の見どころは、どうしても縛られた縄目を切りたかった雪姫が、降り積もった花びらをつま先で集めてネズミを描く所です。
それが本物のネズミとなり、縄目を噛み切ってくれるので、雪姫は戒めから解き放たれる、という段取り。
悲しみと恨みと無念さが、やがて決意に変わり、不思議な力を発揮するまでの豊かな表現力は、見ているものも一緒に一喜一憂してしまうほどです。
玉三郎丈ならではの魅力だと思います。
f0039281_1726210.jpg

花道を通り抜けた玉三郎丈が、落として行かれた花びらが、今日のお土産です。
薄桃色で一枚一枚、きちんと花びらの形なのですよ。

そういえば、その豪華で美しいお衣装を楽しむのも、歌舞伎の見所なのではないかと思っています。
雪姫の桃色の打ち掛けの、優しげで可愛らしいこと!
吉左衛門丈演じる此下東吾の、黒地に金糸銀糸で刺繍された瓢箪柄の裃も見事でした。
f0039281_17263928.jpg

三、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)
前シテと後ジテの対比が楽しい鏡獅子は、これも、大きなお鏡餅の飾られたお正月らしい舞台。
メリハリのある華やかな舞踊です。
ちょうど今回のお席は、花道のすぐ内側で、行き来する役者さんがつぶさに拝見できます。
前シテの引っ込みの時の勘三郎丈は汗びっしょりで、大奮闘のご様子がよくわかりました。
お客様の反応も良く、あんなに喜ぶ観客席の様子を見るのは、久しぶりな気がします。

お正月のNHKの放送時から思っていたのですが、登場する時向かって左に居る胡蝶役お子ちゃま、大変お上手。
これからが楽しみ~と言う印象です。 

四、処女翫浮名横櫛 切られお富(きられおとみ)
最後の幕は切られお富。
福助丈は、初役のお富だそうですが、何だかしっくり板についています。
この方、ちょっとワルめの女の人役が似合うと思います。
この演目は、夜の部の前三つの演目とは打って変わっての世話物で、グッと今様に近付きます。
夢の世界を楽しんだお客様が、終演後、銀座の街にホイッと出られても、戸惑わないためのご配慮だったのかしら??などと思いつつ、家路についたのでした。
[PR]
by oomimi_usako | 2007-01-23 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Comments(7)
今月の歌舞伎座は、六世歌右衛門丈の追善興行で、六代目中村松江の襲名披露と五代目中村玉太郎の初舞台のお披露目でもありました。
夜の部は口上があります。
これは、実際にご覧になったことのない方でも、たぶん御存知だと思いますが、役者さん方が舞台に一列に並び一言ずつご挨拶を述べられた後、“すみからすみまで、ずぃ~と、おん願いあ~げたてまつりまする~”と言って〆る、襲名披露ならではの一幕なのです。
f0039281_075844.jpg

六代目歌右衛門丈は、昔はとても綺麗な女形だったそうですが、私が見始めた頃にはすでに綺麗さよりも、迫力のある芸風が見応えのある役者さんでした。
当たり役と言われるものは特に、鬼気迫る演技に“名優の演技とはこういうものか”と、感動したのを覚えています。
でも晩年には、前の方の座席で拝見していると、細かい所が良く見えてしまい、名演技の迫力が何だかとても痛々しい感じがしてきて、悲しくなってしまったこともありました。

そう…歌舞伎をご覧になる時には、演目や俳優さんによって、おさえる座席も変えることをお薦めします。
基本は、出演者のご年齢が高めの時は中程より後、あるいは二階の前の方。お若い役者さん方が奮闘されるような場合は、中程より前、二階なら最前列。そして、う~んと綺麗な役者さんを見るときは首筋のコリも厭わず、なんたって一階最前列!です。

ほんの少し前(昨年か一昨年位)まで、歌舞伎座の座席は、列に前から“い・ろ・は…”と順番が付いていました。そのため、良い席と言われる7列目から9列目を称して“トチリ”(と・ち・り…だから)と呼んでいたのですよ。
ところが最近、他の劇場と同様に1から始まるフツーの数字の列表示に変えられてしまいました。色気もなにも、あったもんじゃありません。
かくいう私だって例えば、『“よ”は何列め?』と聞かれて即答出来る訳ではありませんが『え~っと、イロハニホヘトチリヌルヲ…』と頭から言って見て『…15列目!』と判るのが、これまた歌舞伎観劇の楽しさ(?)だったりしたものです。
せっかくの歌舞伎座なのに…とそれ以来ずっと私は、ちょっぴり寂しく思っているのです。

☆おまけ!
そう言えば何だっけ?と忘れてしまわれた方のために…。
『いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす』
[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-26 00:05 | 歌舞伎やお芝居見物