K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:歌舞伎 ( 95 ) タグの人気記事

今月の歌舞伎座は六月大歌舞伎。
f0039281_23394941.jpg

ベテランの役者さんたちが勢揃いする、見応えのありそうな演目が並んでいます。
毎度の事ですが、昼の部を観るか夜の部を観るか、どちらにするか今回も大いに迷いました。もう一ヶ月以上前の話ですけれど。
昼の部には、最近ちょっと気になっている片岡愛之助丈が出演されますし、片岡仁左衛門丈の演じる『荒川の佐吉』も観てみたいと思いました。
夜の部でも、幸四郎丈の『暗闇の丑松』と、菊五郎丈と仁左衛門丈のコンビによる『身替座禅』そして、時蔵丈&魁春丈&梅玉丈トリオ(?)の『二人夕霧』も観てみたい!
…ということで、私にとっての“観てみたい度”の高い方(算出方法は複雑??なので割愛します!?)つまり夜の部を観ることにしました。
f0039281_23404040.jpg

一幕目は、『暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)』と言うお芝居です。
タイトルにつく“暗闇”は、人の心の闇、人生の闇…。それを象徴するように、舞台全体暗めの照明で、本火(本当のろうそくの火を灯したりする)を使ったりしての演出は、雰囲気を醸し出すのに十二分に効果を発揮していました。
主人公暗闇の丑松を演じるのは幸四郎丈ですが、思った通りで役者さんとして素晴らしい仕上がりで、楽しみにした甲斐がありました。
福助丈の女房役も声色の使い方が絶妙でした。
最後の湯屋の場面といい、江戸時代の人々の暮らし振りを歌舞伎の舞台は教えてくれるので、そう言った意味でも見所が多いと思います。
f0039281_23413163.jpg

二幕目が、『身替座禅(みがわりざぜん)』。
菊五郎丈の奥方役をつとめるのが仁左衛門丈。
つまり、女形姿が観られます。
ところが、これがお顔も性格もこわ~い奥様なんですよ~。
解りやすいし、面白いので、 観劇初心者の方にもお薦めのひと幕です。


f0039281_23421354.jpg

三幕目は、『二人夕霧(ににんゆうぎり)傾城買指南所の場』確か先月の夜の部も最終幕がパロディだったと思うのですが、今月も『廓文章(くるわぶんしょう)』と言うお芝居の夕霧伊左衛門のパロディです。
伊左衛門役は梅玉丈。この方は何故かこういう役がぴったりはまるんですよね。
時蔵丈、魁春丈のそれぞれの夕霧も綺麗ですが、同じパロディでも先月の方が面白かったと思います。

今月も楽しい観劇のひと時が過ごせました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-06-19 23:37 | 歌舞伎やお芝居見物
今月の歌舞伎座は團菊祭。
昼の部にはお元気になられた団十郎丈の外郎売がかかっていますが、私は怖いもの見たさの海老蔵丈の藤娘と、菊五郎丈の助六を拝見したくて夜の部を観る事にしました。
f0039281_0264492.jpg

一幕目は、近松門左衛門の『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)将監閑居の場』です。
三津五郎丈と時蔵丈の夫婦役って、バランスが保たれているようで安心して観ていられるので好きです。しかしながら三津五郎丈の姿が花道に現れた瞬間、「あっ、明智光秀だ…」と思ってしまうのは、今年は仕方ないですね。
小道具で、手水鉢に絵姿が浮き出てくるという仕掛けが面白く見られました。観劇予定の方はチェックをお忘れなく!

二幕目は、舞踊を二つ続けて。
まずは菊之助丈の『保名(やすな)』は、情感溢れる綺麗さにうっとり。
で、お待ちかねの海老蔵丈の『藤娘(ふじむすめ)』は、と言うと、確かに綺麗なのですが…なにやら得体の知れない違和感を感じたのは私だけでしょうか…?
f0039281_027207.jpg
気を取り直すべく、幕間に歌舞伎座名物小倉アイスモナカを戴いたあとは、お楽しみの三幕目。
助六のパロディで世話物仕立ての『黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)』です。
こちらの幕では、どこまでも艶っぽい菊之助丈の白玉と、これまたどこまでもカッコ良い海老蔵丈の伝次の絡みが見ていて清々しくて素敵でした。やっぱり海老蔵丈はこうでなくてはいけませんね。
もちろん菊五郎丈は二役で大活躍です。
随所随所に『助六』のパロディが散りばめられているので、助六を良く知らないと面白さは半減してしまうのかもしれません。
でも、おふざけの演出もあり、どんな方にもそれなりに楽しめるものになっているような気がしました。
f0039281_028884.jpg

七月の歌舞伎座は泉鏡花三昧を玉三郎丈で楽しめる事がわかりました。
私はどちらも大好きなので、今からとても楽しみにしています。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-05-16 00:29 | 歌舞伎やお芝居見物
今月の歌舞伎座は、六世歌右衛門丈の追善興行で、六代目中村松江の襲名披露と五代目中村玉太郎の初舞台のお披露目でもありました。
夜の部は口上があります。
これは、実際にご覧になったことのない方でも、たぶん御存知だと思いますが、役者さん方が舞台に一列に並び一言ずつご挨拶を述べられた後、“すみからすみまで、ずぃ~と、おん願いあ~げたてまつりまする~”と言って〆る、襲名披露ならではの一幕なのです。
f0039281_075844.jpg

六代目歌右衛門丈は、昔はとても綺麗な女形だったそうですが、私が見始めた頃にはすでに綺麗さよりも、迫力のある芸風が見応えのある役者さんでした。
当たり役と言われるものは特に、鬼気迫る演技に“名優の演技とはこういうものか”と、感動したのを覚えています。
でも晩年には、前の方の座席で拝見していると、細かい所が良く見えてしまい、名演技の迫力が何だかとても痛々しい感じがしてきて、悲しくなってしまったこともありました。

そう…歌舞伎をご覧になる時には、演目や俳優さんによって、おさえる座席も変えることをお薦めします。
基本は、出演者のご年齢が高めの時は中程より後、あるいは二階の前の方。お若い役者さん方が奮闘されるような場合は、中程より前、二階なら最前列。そして、う~んと綺麗な役者さんを見るときは首筋のコリも厭わず、なんたって一階最前列!です。

ほんの少し前(昨年か一昨年位)まで、歌舞伎座の座席は、列に前から“い・ろ・は…”と順番が付いていました。そのため、良い席と言われる7列目から9列目を称して“トチリ”(と・ち・り…だから)と呼んでいたのですよ。
ところが最近、他の劇場と同様に1から始まるフツーの数字の列表示に変えられてしまいました。色気もなにも、あったもんじゃありません。
かくいう私だって例えば、『“よ”は何列め?』と聞かれて即答出来る訳ではありませんが『え~っと、イロハニホヘトチリヌルヲ…』と頭から言って見て『…15列目!』と判るのが、これまた歌舞伎観劇の楽しさ(?)だったりしたものです。
せっかくの歌舞伎座なのに…とそれ以来ずっと私は、ちょっぴり寂しく思っているのです。

☆おまけ!
そう言えば何だっけ?と忘れてしまわれた方のために…。
『いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす』
[PR]
by oomimi_usako | 2006-04-26 00:05 | 歌舞伎やお芝居見物
 今月の歌舞伎座では昼の部を観劇しました。
演目は一幕目吉例寿曽我(きちれいことぶきそが)・ニ幕目義経千本桜より吉野山・三幕目「十三世片岡仁左衛門十三回忌追善狂言」菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)より道明寺(どうみょうじ)です。  
f0039281_14153853.jpg
  
いまの片岡仁左衛門丈(十五代目)は、もちろん男前で素敵ですが、
私はそのお父様である十三代目仁左衛門丈も好き…特にお声が好きでした。
覚えていらっしゃる方もあると思いますが、
まるでお口の中に、丸くて大きい飴玉があるみたいな、
まろやかな口調とお声でしたね。
そして、拝見したお芝居の中でも忘れられないのが、
今回のものと同じ“道明寺”の管丞相でした。
筋立ては悲しい別れのお芝居なのですが、立ち姿に溢れるような気品があって、
舞台の上から清涼感が漂ってくるようにさえ感じられたことに、
とても感動したのを覚えています。
そんな印象深かった姿を、ずっと記憶しておきたいが為に、
今まで現・仁左衛門さんがなさった時に観るのをやめた位だったのですが…
でも結局、古くから伝わるこの演目を、世代を超えて演じ伝えていく様子を観たいという気持ちの方が勝ってしまい、いそいそ拝見しに行ったのでした。
でもでも、私にとっては、今回はちょっぴり期待はずれでした。
まあお蔭で、十三代目の記憶が上書きされずに済んで良かったのかもしれませんが。

他の演目では、一幕目“吉例寿曽我”に、今年お正月にNHKで放送された“新撰組!!”(三谷幸喜氏脚本)で榎本武揚を演じた片岡愛之助丈が出演されています。
顔を作る(←舞台化粧をするという意)と仁左衛門丈似の綺麗さで驚きました。
この演目の中の“大磯曲輪外の場”は、勢揃いした役者を観る楽しみもある場面ですが、
もうちょっと、花形役者さん多めで固めて欲しかったと、
我儘見物人usakoは思うのです。

二幕目は、満開の桜の書割り(←舞台の背景画のこと)が美しい
“吉野山”を、福助丈が静御前、幸四郎丈が忠信を、それぞれきっちり演じられていて
安心して楽しめました。
個人的イメージでは、狐忠信はもう少し可愛らしい感じが好きなので、
母狐の皮が使われている鼓にジャレたりするシーンに幸四郎丈…だと、
ちょっとお顔が怖いかも~。
この年代で言うなら菊五郎丈の忠信が、好きなタイプです。

ところで、今月昼の部は、
舞台の装飾が紅梅白梅の花ざかりだったり、桜の花満開の様子だったりして
季節に合ったお芝居が充ててあって、それがとてもうれしく感じました。
以前は、世間は春なのに、舞台上では菊が満開だったり紅葉狩りしていたり、
秋なのに、舞台の天井から桜の花びらがたくさん落ちてきたりして、
何となく違和感を感じてしまい、“センスないなあ~”なんて
思ったりしたものです。
まあ、暑い盛りに大雪の景色や、
雪模様の日に木更津の潮干狩りの景色など観ると、
逆に新鮮に感じたりするという事も無いとは言えないので、
これもまた、我儘見物人usakoの独り言ってことに
して置いてください。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-03-16 14:18 | 歌舞伎やお芝居見物

f0039281_22414826.jpg 中学生の頃からの歌舞伎好きで、今でも毎月のように東銀座の歌舞伎座に出掛けています。
今月の歌舞伎座では、夜の部で坂東玉三郎丈と尾上菊之助丈が踊る道成寺がかかっており、お二人とも私の好きな役者さんである上に、道成寺も大好きな舞踊なので、これを一番楽しみにして出掛けました。
一幕目 梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 鶴ケ岡八幡社頭の場
二幕目 京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)
三幕目 人情噺小判一両(にんじょうばなしこばんいちりょう)
という演目でした。
f0039281_22424041.jpg
歌舞伎をあまりご覧にならない方でもたぶん御存知の、松本幸四郎丈や尾上菊五郎丈、中村吉右衛門丈も出演されていて、それぞれのお芝居の大黒柱としての役割をしっかり果たしているので、どの幕も本来の歌舞伎らしさを楽しめるように仕上がっていると感じました。
もちろん道成寺は“上々吉”で、夢見るような二人の白拍子花子にウットリです。
美しい女形の踊りを拝見した後はいつも、約半日程(それだけ??)女性らしくおっとりした仕草で過ごせます♪

安珍清姫伝説のある道成寺には、昨年和歌山を旅した折、お参りしてきました。
長い石段を登り仁王門をくぐると、視界が開けた山の上に南北両面裏なし堂と呼ばれる作りの本堂や三重塔がありました。
私が舞台を見ながら何となく想像していたのは、鬱蒼とした桜の森の中に、屋根の高い古びた本堂があるイメージだったのですが、それとは正反対の全体的にすっきりと清冽な感じの漂うお寺でした。
数え切れないほどの道成寺が踊られて、清姫の念も青空高く飛び去ってしまったから…そんな感じがするのかもしれませんね。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-02-21 22:42 | 歌舞伎やお芝居見物