タグ:歌舞伎 ( 94 ) タグの人気記事

2010年8月 今月の歌舞伎話 歌舞伎座再開場まであと32ヶ月!

今月の、と言いながら来月の歌舞伎に関連することで恐縮です。
九月の新橋演舞場は、秀山祭九月大歌舞伎
いままで萬屋を名乗っていらした中村歌六・歌昇のご兄弟(とその御子息方)が、屋号を播磨屋に戻されます。
現時点で播磨屋を名乗っていたのは、中村吉右衛門丈のみでしたので、これから“播磨屋ぁ~っ!”の掛け声が増えてイッキに賑やかになりますね。
播磨屋の芸風というと、もう吉右衛門丈そのものというイメージが出来ているので、後発(?)の皆さんが、これからどのように変わっていくのか、それを見るのも楽しみです。
私の9月は、別のものを見に別のところに参ります。
それゆえ、ご覧になった方々の感想をブログで拝見するのを、楽しみにしているところです。

さてそんな中村吉右衛門丈の役柄の中で、私が好きなもののひとつが、俊寛です。
初めて見た俊寛が、吉右衛門丈のものだったからかもしれませんが。
今月の歌舞伎話は、大変お恥ずかしいのですがその俊寛の感想を。
観劇歴まだ浅き頃の、小生意気な感想文です。

More 俊寛を観て。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-31 18:32 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)

2010年7月 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと33ヶ月ー

近世戯曲ばっかり読んでいると

駅のホームで六方を踏みそうになるので   ほんまかいな

ちゃんと日本語で現代語で書かれた、ちょっと面白い御本を読みました。
f0039281_856225.jpg

“歌舞伎英雄伝説”利根川裕氏著 講談社
面白いというのは、各章立てとなっている著者の切り口。
歌舞伎のメジャーな作品の、主人公・・・すなわちヒーローを取り上げて書かれているのです。
12人のヒーローについて、彼らが歴史を超えてヒーローと成り得たのは何故か、ということを、氏独自の視点から述べておられます。
著者の、相当重い思い入れが含まれているような気がして、そんなところは微笑ましく拝読しました。
とはいえ、“あの役者さんでなければ、このお芝居は観たくない”なんてことを、いつも思う私。
それは、美化したイメージ通りのヒーローを楽しみたいと思うからこそなのではないかと、やっぱりミーハーな歌舞伎ファンでしかない自分に改めて気が付くのでありました。

More そういえば、私の現代のヒーローちゃんは・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-07-25 08:30 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)

2010年6月 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと34ヶ月

f0039281_18272344.jpg

もし、
今回のように建替え再開場などということがなかったら、きっと

来る月も、来る月も同じように、

銀ブラして、
おベント買って たまに作って
あの入り口から吸い込まれ、
橙色のシートに座ってお芝居見物。
幕間にモナカアイス片手にお土産を物色し
そして、
やんやの拍手をして家路につく・・・

これを、果てしなく繰り返していたことでしょう。

一度、恩師に尋ねたことがありました。
“こんな見方で、良いのでしょうか?”
すると、歌舞伎観劇の師匠でもあるその方は、即答なさいました。
“何でも良いんですよ、楽しければ!”
と。

この“楽しい”という言葉は、クセモノです。
何を以って“楽しい”と思うかは人それぞれ。
歌舞伎好きの皆さまは、それぞれ何を楽しんでおいでですか?
f0039281_18274479.jpg

来る月も来る月も同じように・・・、

が、ひと段落している今、
私は、自分の“楽しい”をもっと“楽しく”するために、
歌舞伎の作品に関連することを、もう一度勉強したいと思っています。
例えば、四世鶴屋南北。
例えば、並木五瓶。
etc.etc...
しかしながら、頗る読みにくいこれらのご本。
注釈付きならいざ知らず、
全集ものに及んでは、
居眠りせずにどれだけ読破出来るかは、
歌舞伎の神様にも
お分かりにならないことでしょう、きっと。

ふと気がつくと、電車の中で、
眉間に皺を寄せて読み耽っておりました。
美容には・・・
良くなさそうです。

がんばれっusako !
のクリックを本日も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-06-29 18:20 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)

2010年5月 今月の歌舞伎話は大手町座 ー歌舞伎座再開場まであと35ヶ月

*****はじめに*****
タイトルのカウントダウンは、歌舞伎好きのusakoが独自に行うものであり、
歌舞伎座とは全く関係はありません。
現時点では、2013年春再開場とリリースされておりますので、
一応2013年4月と過程してカウントダウンしています。
再開場日程には、途中変更もあるかもしれませんが、
まあ、そのときはそのとき、ということで。
**************


大騒ぎのうちに幕を閉じた歌舞伎座。
ちょっとお耳も垂れましたが、終わっちゃったものは仕方がないっ!
今月から、
歌舞伎に関する活動(?)結果を“今月の歌舞伎話”として、書き留めてゆくことにいたしました。
見たもの、聞いたもの、読んだものなどの覚書のつもりで。
どうぞまた引き続き、usakoのカブキカブレ ←美味しそうなお料理の名前みたい にお付き合いいただければ嬉しゅうございます。
f0039281_2213556.jpg

多くの皆さまが、演舞場にお出掛けになるのを横目で拝見しつつも、頑なに行かない私。
なぜなら、海○蔵丈が頗る苦手ゆえ。(お父上は大好きなのですが)
そのかわり、とても楽しみにしていた舞台を観て来ました。
第三回大手町座 “歌舞伎囃子 音と舞踊の魅力”。
普段私たちが見ることが出来ない、舞台下手黒御簾の内側をご披露していただき、さらに、羅生門に関する舞踊2題を市川亀治郎丈片岡愛之助さまで拝見してきました。

開演前、幕の上がった舞台中央に、大太鼓が据えられています。
まず第一部は、歌舞伎囃子方田中流十三世家元・田中傳左衛門氏(田中家次男)が、この大太鼓で、歌舞伎芝居の一番太鼓を打ち鳴らしてくれるところから始まります。
続いて、田中家三男の田中傳次郎氏も加わって(能楽囃子方であるご長男亀井広忠氏も飛び入りでご挨拶)、ご兄弟によるトークを交えながら、大太鼓を使った音の演出法の紹介
さらに他のお囃子方も加わって、歌舞伎のお芝居上の様々なシーンを、黒御簾音楽で表現しつつ聞かせてくれました。
下座音楽についての説明は、国立劇場主催のお馴染み歌舞伎鑑賞教室で何度か拝見しているものと同じよう。
それより少しレベルは高くしてくれていましたが、“平均年齢かなり高め&いかにも歌舞伎通の集団”といった感じの客席に対しては、“音で表現する歌舞伎のシーン”にもっと重点を置けば良かったのではないかしら、と思いました。
でも、目を閉じれば、
浮かぶは歌舞伎のあのシーン、このシーン。
うら若き頃(!)、TVの劇場中継をカセットテープに録音して、楽しんでいたせいか(そういう時代だったのっ)、
とても耳慣れた音、音、音にすっかり嬉しくなり
“私の好きなのは、もしかして下座音楽?”
とも思えてしまうのでした。
f0039281_2211692.jpg

第二部は、能楽「羅生門」をベースに生まれた長唄「羅生門」と、歌舞伎「潤清和源氏」から生まれた長唄「綱館」を続けて上演。
いずれも三世杵屋勘五郎の作です。
囃子方には、田中佐太郎さん(=亀井広忠氏・田中傳左衛門氏・田中傳次郎氏のお母様)も参加されての競演を楽しむことが出来ました。
舞う、市川亀治郎丈片岡愛之助さまも、素踊り。

舞台は装飾が何一つなく・・・、
舞い手はお衣装も化粧もなく・・・、
おなじみの歌舞伎の舞台とは、全く異なる状況です。

ところが、そこに、笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線そして唄という音が揃うと、
たちまちその空間には、
ー羅生門の薄暗い屋根裏や、
ー渡辺綱の屋敷の門構えや、
ー正体を現した羅生門の鬼を取り巻く妖気までもが、
幻のように浮かび上がり、
観ている私を、その世界へと引き込んで行くのでした。

あ~面白かった!
まだまだ、歌舞伎の奥深し。
まだまだ、学ぶべきことは沢山ある、
と、意欲に燃えるusakoでした。

usako補足>三響会(亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎)に関するHPはこちら

ご訪問くださったおしるしに、クリックお一つお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
ありがとうございます、お手間をお掛けいたしました。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-05-31 21:54 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)

2010年5月 端午の節句 GW最終日

毎年のことですが・・・。
雛の節句は、休日でもないのに、たくましくしとやかに、しっかり祝うので、
こちらも何かして差し上げないと
我が家の、昔の男の子がヤキモチを焼きますゆえ
f0039281_17103547.jpg

今年もお出ましいただきました。
f0039281_17105386.jpg

木目込みで作った連獅子くん。
f0039281_1711689.jpg

作製から、はやン十年が経過して、
おとーさん獅子の白い御髪(?)も、ベージュになりました。

7日間×(三度のお食事+おやつ)+衣替え+普段しない場所のお掃除=主婦疲労困憊

連休は、もう、しばらくの間ご勘弁願いたい。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-05-05 17:06 | 手芸(刺繍など) | Trackback | Comments(12)

2010年4月28日  あと一時間

昨日、用事があって銀座に行きました。
四丁目の交差点に立った時、
晴海通りをそのまままっすぐ進んで、歌舞伎座を見に行きたい衝動に駆られました。
でもそこは、グッと我慢。
だって、私はもう、
今月の初日でサヨナラを済ませたのですから。(へんなところでがんこもの)
見れば見るほど
寂しくなるだけです。
f0039281_21415724.jpg

そんな私にも、昨日今日は否応なしに
歌舞伎座のことを伝える新聞記事やニュース報道が
アクの強い、でも馴染み深いあの建物を
みせてくれました。
f0039281_21421286.jpg

今月の歌舞伎座は三部制なので、第三部の終演は夜10時前くらいになります。
あと、一時間弱で、
最後の千秋楽が幕を閉じます。

みとせのちの
   ひのきのかほり おもいつつ
      こびきのはるの ちりゆくをみる
         (かぶきざずきの うさぎいちわ よみけるうた)

[PR]
by oomimi_usako | 2010-04-28 21:03 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(4)

2010年4月 今月の歌舞伎座 最後の最初

それなりの歌舞伎観劇歴がありますが、実は初日の観劇は、あえて避けてきました。(台詞が入っていなかったり、舞台進行に意外に手間取ったり、舞台写真がまだ出来ていなかったりするため)
今月で、本当のほんとうに閉場となる歌舞伎座。
そこで、最後に選んだのが、未体験の初日、第三部でした。
f0039281_155574.jpg

初日というのは、いつもこんな風なのでしょうか?
不思議な雰囲気なのです。
お客様が、
観慣れておいでなのか、そうでないのか?
好きなのか、そうでもないのか?
年齢層は高めですが、でも中日頃の落ち着いた感じではないのです。
まあ、これも経験ということにしておきましょう。
f0039281_161276.jpg

最後を惜しんでか、俳優祭に匹敵するほどの豪華出演者。
今日はもう、観劇後にあれこれ申しません。
最後の最初を、心ゆくまで楽しむのですもの。
・・・と、思ったけれど、やっぱりいろいろ書いてしまいましょう。
f0039281_16465.jpg

一幕目は実録先代萩。
芝翫丈、いろいろ難あれど、とにかく出演されることに意義あり、といった感じで、一座を引き締めておいででした。
千代松役の宣生くん、化粧したお顔が、お母様(三田寛子さん)そっくりです。

二幕目は、待ってましたの助六由縁江戸桜
大好きなお芝居です。
その昔、受験勉強をしながら、当時かかった幸四郎丈の助六の劇場中継を、カセットテープに録音して、聞いていたのでした。
そのため、助六のせりふは、日本史の年号よりもしっかり記憶。
今は少々穴あきではありますが、それでも、一人全役こなせます。
今回は、
口上から海老蔵丈という大サービス。
助六&揚巻は、團十郎丈玉三郎さま
玉三郎さまの揚巻は、御酒に酔って船のようですが、私はその玉三郎さまに酔いしれました。
前半は、ひたすら美しいお姿に感激。
そして、後半は、出よう出ようとする助六を必死に抑えるしぐさが、玉三郎さまがなさるとちょっと“お姉さん的”で、とても好きです。
くわんぺら門兵衛には、仁左衛門丈
福山のかつぎが、三津五郎丈
新兵衛が菊五郎丈
そして通人が勘三郎丈という、恐ろしいほどの配役。
まあ、くわんぺら門兵衛に対しては、傾城の皆さまから
“あの愛嬌のない顔をみて、皆さん笑わんせ・・・”
という台詞が来るのに、少し不似合いな男前でしたが。
そうそう、勘三郎丈の通人は、ご想像の通り“やって”くれます。
海老蔵丈&小林麻央さんネタもありますので、どうぞお楽しみになさってください。

夢か現か幻か・・・
“夜風も強うございます。お気をつけて・・・”
という、玉三郎さまの台詞は、
そのままお客様にも向けられて。
f0039281_17215.jpg

そして・・・
歌舞伎座での私の観劇は、これでおしまい
となりました。

More 4月30日に・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2010-04-02 23:59 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(8)

2010年3月 今月の歌舞伎座 第一部

f0039281_11154118.jpg

今月の歌舞伎座は御名残三月大歌舞伎
三月四月と三部制で、そのラインナップの充実度は、例えて言わばメタボ状態。
その中から選んだのは第一部
楼門の大道具(せり上がり)と坂東玉三郎さまの巴御前がお目当てです。
お席は、お気に入りの花道上の桟敷が取れました。
お芝居だけでなく、お名残に、歌舞伎座の客席全体を見渡して。
一階二階は、満席ではなくホンの数%ながら空席がありました。
 (↓舞台から客席を見渡す)
f0039281_11155698.jpg

f0039281_11161386.jpg

f0039281_11162481.jpg

一幕目は、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)から加茂堤
この部分だけを見てもねえ…というものなのですが、続く筆法伝授や道明寺が、第二部第三部と上演されるところをみると、並べたかったのでしょうね。
  (↓客席内天井と客席後方の照明。戦後に建てられた現在の歌舞伎座は、このような天井ですが、東京の空襲で焼けた歌舞伎座の天井は、格子天井だったそうです)
f0039281_11165182.jpg

f0039281_11171522.jpg

二幕目は、楼門五三桐(さんもんごさんのきり)。
定式幕が開くと浅黄色の幕が掛かっていて、それを振り落としてからお芝居が始まります。
チョンで目の前に広がるのは、桜の雲と極彩色の南禅寺の楼門に播磨屋さん。
待ってましたのセリフ(鸚鵡石=おうむせき)に威勢の良い大向こうの掛け声が更に雰囲気に華やかさを添えます。
そして楼門せり上がり再び鸚鵡石。
柝の音と、掛け声と、お客様の拍手と…
ああ、こういう雰囲気が大好きです。
  (↓毎月変わる季節の木花の枝は、客席内をぐるり囲むように飾られていました)
f0039281_11174171.jpg

三幕目は女暫(おんなしばらく)
巴御前の坂東玉三郎さまを筆頭に“私にとって”は“動く花形役者図鑑”といったところでありましょうか。(菊之助君でしょ~錦之助さまでしょ~進之介君でしょ~それに隼人君)
先月の籠釣瓶とは全く違う女形の荒事を演じる玉三郎さま。
「巴(ともえ)がこれにあるからは、ご安心下さいませ」というセリフに、見ている私も何故か安心。
こういう玉三郎さまもまた、見ていてとても素敵でした。
 (↓真下の花道を覗く)
f0039281_1117567.jpg

第一部はちょうど昼食時間にかかります。
今月は、歌舞伎座厨房のお名残ということで、厨房の茶屋弁当を調達しました。
f0039281_1118166.jpg

包装もお名残ゆえ記念撮影。
f0039281_11183049.jpg

f0039281_11184680.jpg

お芝居の跳ねる時間がいつもより早いので、そのあとは銀座でお買い物のつもりでした。
でも、楽しい観劇気分をそのまま持って帰りたくなり、まっすぐお家に帰りました。
いよいよ来月で、
おしまいです。

usakoの補足>
鸚鵡石(おうむせき)は、歌舞伎の劇中の有名な台詞をあつめた冊子のことです。
その由来は、言い伝えから。
ある石に向かって、何か言ったり音を出したりすると、その石からまったく同じ言葉や音が返ってくるという伝説があり、その石を、物まね上手な鸚鵡にかけて、鸚鵡石(おうむ“いし”)と呼んだことから来ているそうです。
伊勢の一の瀬川にも、人の声を反射して返す石があるのだとか。
昔の人々は、当時の花形役者の台詞を覚え、声色まで真似をしながら楽しんでいたようです。
そういうお楽しみは、今も昔も変わりませんねえ。
ちなみに、
この楼門五三桐の“南禅寺楼門の場”の鸚鵡石(おうむせき)は、皆さまも良く知るあの台詞です。
  ***** ***** *****
石川五右衛門「絶景かな、絶景かな、春の詠め(ながめ)は価千金(あたいせんきん)とは小さなたとえ」
 ー中略ー
真柴久吉「石川や浜の真砂(まさご)は尽きるとも」
五右衛門「や」
久吉「世に盗人(ぬすびと)の種は尽きまじ」
五右衛門「なんと」
 ー後略ー 
  ***** ***** *****

鸚鵡石の台詞がはじまると、一緒に言ってしまうご年配の方がおいでになる風景もまた、今も昔も変わりません。

主旨はちょっとばかり違いますが、
歌舞伎座お名残といいつつ、やはり食い気を忘れないのね・・・と思われた方!
クリックお待ちしております。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-03-13 11:05 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(12)

2010年3月 私の「歌舞伎座」ものがたり 渡辺 保 著

近年、TVのニュースなどで、
良く目にするようになったもの。
閉店する老舗百貨店の最後の日、シャッターが下りる映像。
歌舞伎座の最後の日を、重ね合わせて想像してしまい、
今から深くうなだれる(耳も垂れている)私です。

そんな私に、まだ少し時間のあるこの時期の歌舞伎座を、何度か続けて愛でる機会が天から降ってきました。
あと67日
f0039281_17282130.jpg

あと65日は、二月の楽日
f0039281_17283287.jpg

あと60日は、三月の初日
f0039281_1730146.jpg

前を通るたびに、これ幸いと記念撮影。

気持ちが共感できる(といっては先方様に失礼かもしれませんが)御本を読みました。
“私の「歌舞伎座」ものがたり”渡辺保氏著 朝日新書
新聞などの劇評でもお馴染みなので、ご存知の方も多いと思いますが、歌舞伎やその他演劇に関するご著書も多い渡辺先生が、歌舞伎座の思い出を語っておられます。
f0039281_172918.jpg

“歌舞伎座という空間”が、役者たちに力を与えていることは否めないとおっしゃることも、本当にその通りだと思います。
それは観る側にとっても、同じこと。
あの蝦茶色の太い柱の脇を通り抜けた瞬間、いつも私たちは、異空間へと紛れ込んでいくのです。
若輩者の私ですが、渡辺先生の挙げられる“記憶に残る演目”を、頷きながら共感出来る(つまり私も観た)ことに感動しました。
と、同時に、見ていない、昔の役者さんや演目の、
“アレが良かった”
“この役者がこう良かった”
というお話が、ちょっぴり(とっても?)つまらないものだということも実感し(渡辺先生ごめんなさい)、
毎月、私の長ったらしい観劇話に、いつもお付き合いくださる皆様がたには、
足を向けて寝られないのだと、再認識するのでありました。
みなさまいつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-03-09 17:23 | 読書 | Trackback | Comments(10)

2010年2月 今月の歌舞伎座 夜の部

f0039281_2331175.jpg

歌舞伎座難民となるまで、あと73日。
三月四月は、なんと三部制(注:通常歌舞伎座は、昼11時からの部と夕方4時半からの部の二部制)にして、大儲けの、お名残を惜しむ歌舞伎座です。(つまり二回転営業を三回転営業にしているわけですね)
出来れば最後の最後まで、いつもどおりの歌舞伎座であって欲しかった・・・
永く通った方々は、そう思っているに違いありません。
わさわさして落ち着かない中での観劇は、少々閉口いたします。
お食事休憩と、館内をぶらぶら出来る小休憩を挟んで、ゆっくり観劇出来るのは今月が最後です。

選んだのは、もちろん夜の部
お目当ては、籠釣瓶(かごつるべ)の玉三郎さまです。

一幕目は、壺坂霊験記
劇評でも良いと書かれていた坂東三津五郎丈、こういう柔らかなお役が似合います。
幕引きの、めでたしめでたしの踊りもさすがに美しい、三津五郎さんです。
中村福助丈は、やっぱり声が高すぎてキンキンすることがあるのが、気になりました。

この演目には、舞台転換が何回かあります。
普通、演劇には、そのための“暗転”という状態があります。
でも、歌舞伎には、暗転はありません。
こういう場合には、黒幕が下りてきて、暗転の代わりをいたします。
以上usakoのヒトミミメモでした。(?)

二幕目は、マックカフェ・・・ではなく、高杯(たかつき)
長唄狂言ですが、ストーリーも解りやすく、また楽しく華やかなひとまくです。
この幕からご出演の坂東弥十郎丈、私が歌舞伎座へ向かう時に、ちょうど昭和通りを同じ信号で渡って楽屋入りでした。
街を歩いていてお見かけしても、TVタレントさんのお顔は、ちぃ~ともわかりません。
でも、歌舞伎役者さんなら、バッチリ、すぐわかります。
そうそう、この日は、俳優の渡辺えり子さんもご観劇でした。
f0039281_23332637.jpg

待ってましたの三幕目は、三世河竹新七作、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)全四幕七場。
私が初めてみた花魁八橋は、今は亡き歌右衛門丈佐野の旦那は、先代勘三郎。世に言うゴールデンコンビ)のものでした。
今回は、坂東玉三郎さま。
花道を、一瞬にして、白粉の香が漂う吉原に変える、八橋の花魁道中。
そこに忽然と現れる世界の中に、2010年の私を置きたかったから・・・
艶然たる微笑みを、この歌舞伎座で見ておきたかったから・・・、
取ったお席は、そのための場所、花道脇の内側
佐野の旦那でなくても、ため息の出る艶やかさの玉三郎丈でした。

片岡秀太郎丈、いいですねえ。
仁左衛門丈も、この手のお役が良く合います。
鮮やかな手さばきで、着物を着替えるシーンは、何度見ても惚れ惚れします。

この演目にある“見染めの場”は、同様のものが歌舞伎の中には、たくさん出てきます。
たぶんこれだけを研究しても、面白い論文が書けそうなくらい。
今の世でいう、“一目惚れ”より、もう少し深い意味があるように思えるのは、
それぞれの結末に必ず存在する悲劇を知っているからでしょうか。
いずれにしても、悲しい結末の場面でもなお、美しい玉三郎さんに、今回もうっとりの観劇でした。

usako補足>三月も四月も、幸いにしてチャンスがあり、観劇の予定です。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-02-19 23:29 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback(1) | Comments(8)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆doremiさま、 ..
by oomimi_usako at 21:46
ふふ、usakoさんとの..
by doremi730 at 12:53
☆marucoxさま、 ..
by oomimi_usako at 17:55
☆きなこの母さま、 煮..
by oomimi_usako at 17:50
わあ、立派な金目鯛!大好..
by marucox0326 at 18:49
魚屋さんでお魚と目が合う..
by suzu-kinako at 09:27
☆05-24 09:21..
by oomimi_usako at 11:48
☆miyabiflowe..
by oomimi_usako at 11:46
☆ぷうさま、 なるほど..
by oomimi_usako at 11:46
☆モンスーンさまもご経験..
by oomimi_usako at 11:46

最新の記事

2017年春のお教室
at 2017-05-26 17:30
見つめられて。
at 2017-05-22 11:01
装飾過剰ですが。
at 2017-05-15 22:38
これもまたある日のusako庵
at 2017-05-09 22:27
連休のある日のusako庵
at 2017-05-03 17:27

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(195)
(184)
(117)
(94)
(86)
(63)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ