タグ:渋谷 ( 29 ) タグの人気記事

Bunkamura ザ・ミュージアムにて、ボストン美術館所蔵の歌川国芳、国貞を観る

美術館入り口に立って、チケットをチェックしている係員女史。
その後ろには、見慣れぬ立て札がありました。
“ただいま館内は大変混雑しております。”
この時間、この場所で、この立て札が出るというのは、
ちょっと珍しいことです。
“あの~、今日は何かイベントでもあったのですか?”
そう伺うと、
“いえ、そうではないのですが、会期末も近いものですから。”
確かにそろそろ会期末ですが、その日、残りはまだ二週間ありました。
“申し訳ありません。”
いえいえそんな、と言いながら、意を決して会場に突入しました。 
f0039281_23595138.jpg

今回の展覧会は、ボストン美術館所蔵の浮世絵コレクションのうち、
歌川国芳と歌川国貞の作品が、これでもか!というほど大量に、
展示されています。
浮世絵は、江戸時代の風俗を知ることが出来る、興味深い芸術。
特に歌舞伎の役者絵は、写真の無い時代の役者さんたちの、
お顔立ちを想像出来る、大事な作品群でした。

それにしても、
週明け月曜日のお昼頃といえば、いつも、快適な鑑賞空間を
提供してくれるのが常の渋谷東急Bunkamuraザ・ミュージアムです。
しかしながら、今回は、いつもと違う異様な様相を呈していました。
とにかく混んでいるのです、それも、お若い女の子たちで。
“何故に?”と思ったのは私だけではないようで、
どうしたのかと、係の方に尋ねている方々を数人お見かけしました。
f0039281_001641.jpg

さて。
照明を落とした混雑した場内で、
大判とはいえ遠目に観るには小さい錦絵を、細部まで,
矯めつ眇めつ眺める余裕は、あまりありませんでした。
でも、せっかくなので、いつものように、
お気に入りの一枚を見つけてみました。

それは、歌川国貞の五枚組の作品。
松葉屋、中万字屋、扇屋、姿海老屋、弥玉、それぞれの店の
美人二人ずつを、ベロ藍という藍色の人工絵具一色で描いたもの。
膨大な錦絵の中に、この絵の藍のすっきりした筆遣いが、
あまりに新鮮で、爽やかで、強く印象に残りました。

この週末で会期は終了。
土曜日日曜日の人出や如何に!!





[PR]
by oomimi_usako | 2016-06-03 23:54 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで、風景画の成り立ちを学ぶ

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の美術展を観に行きました。
〝風景画の誕生”というタイトルが付いた今回の展示。
どのような経緯を辿って、現在、風景画といっているジャンルが出来上がってきたのかを、観て学ぶことが出来ます。
テーマに添って、時系列に並んでいるのは、ウィーン美術史美術館の所蔵品から選ばれた絵画です。
f0039281_2372238.jpg

16世紀初め頃、キリスト教や神話の世界と結びついた絵画の中に、風景が描かれ始めます。
デューラーに、初めの風景画家と呼ばれているのはヨアヒム・パティニール。
1515年頃に、その画家によって描かれた〝聖カタリナの車輪の奇跡”という絵画は、近景や遠景、自然の山や海、都市部の建物、人々の姿に加えて天使も飛んで、なんだか盛り沢山の絵画ですが、でもそこには、当時の人々の暮らしが見て取れるものが書き込まれていて、風景画としての次の展開への伏線が感じられます。

その後、風景画は、月暦画(日本でいう歳時記を絵にしたようなもの)や、
農牧民の生活を主題にした中に、景色として描かれる時代を経て、やがて風景そのものが題材となり、自然やヴェドゥータと呼ばれる都市の景観を、描くものとなりました。

印象に残ったものが、いくつかありました。

まずは、前述のヨアヒム・パティニールの絵画。

それから、著名な画家ヤーコブ・ファン・ロイスダールの、〝渓流のある風景”。
これは、北欧の風景を描いたもので、なるほどそういえばこんな感じねと思えるのです。
でも実際には、ロイスダールは北欧には行っておらず、旅をした人から聞いた内容を描いたとか。
ロイスダールの才能もさることながら、私は、その旅行体験を言葉で伝えた人の才能も、素晴らしかったのではないかと思ってしまうのでした。

アダム・ペイナーケルの〝ディヴォリ付近の風景”。
こちらも空想画で、古代遺跡の風景を描いています。
お天気の良い昼下がり(=これは私の空想)、町のはずれの古代遺跡には人影もなく、〝シーンという音”のするような風景が印象的です。

それからそれから、〝月明かりの下の船のある川の風景”という絵を1665~1670年頃に描いた、アールト・ファン・デル・ネールという画家。
風景画だけでは生活してゆけなかったので、居酒屋さんを営んでいたとかいう、これは絵よりもそのエピソードがなんだかとても今様で、印象に残りました。
f0039281_2391470.jpg

観ていくにあたっては、音声ガイドを借りました。
Bunkamuraザ・ミュージアムの音声ガイドは、俳優さんをナビゲーターに使っていて、ナレーションも聞きやすくて面白いので、こちらで鑑賞する時には大抵、ガイドのお世話になることにしています。

今回のナビゲーターは、榎木孝明氏。
・・・この方の〝お顔立ち”結構好きです、私事ですが。
館内では、絵画の脇に説明書きの掲示されているものももちろんありますが、
そこには書かれていない、さらに興味深いお話が、物静かで落ち着いた榎木氏の語り口で拝聴出来たことも、鑑賞を楽しくしてくれました。

会期は2015年12月7日まで。
そのあと、来年にかけて、静岡県立美術館石橋美術館(久留米市)へと回るようです。

usako補足>会場内ミュージアムショップでは、美術史美術館のあるウィーンにちなんで、
ウイーン菓子店ノイエスの野澤氏のオリジナルクッキー(缶入り)が販売されています。
期間限定で、ここと、赤坂のノイエスだけで手に入るそうです。
どちらかといえば花よりお団子という方は、そちらをメインにお出かけになっても良いかもしれません。



今回は美味しいもののお話ではありませんでしたが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村

どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-10-24 22:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(4)

Bunkamuraザ・ミュージアム キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展

f0039281_18454820.jpg

イギリスのキャプテンクックことジェームスクックが、
帆船エンデヴァー号に乗って、プリマスから最初の太平洋航海に出たのは、
1768年のことでした。
タヒチ島での金星の太陽面通過観測が、主たる目的だったそうです。
オーストラリアやニュージーランド、南太平洋の島々をまわり、
インド洋へ抜け、約三年という歳月を費やしてイギリスに戻りました。

その航海に同行したのが、ロンドン王立協会のプラントハンター、
ジョセフバンクス。
そして、同じく同行した画家シドニーパーキンソン。
航海での彼らの成果は、ドローイングとしてまとめられていました。

残念なことに、バンクスが生きているうちに、それは刷られることはなく、
全743点の銅版画からなる『バンクス花譜集』が完成したのは、
それからなんと、200年の時を経た1980年代のことでした。
まとめ上げたのは、ロンドン自然史博物館です。

今回の展覧会では、その中から、120点が選ばれて展示されています。
葉脈の一つ一つまでも細かく表されていて、写真ではなくても、
これだけ細密に記録できることの素晴らしさを感じました。

また、版画にデータとして書かれている名前を読んで、正しい名前(スペル)が
判明した花もいくつかありました。
現在、日本の生花市場には、ニュージーランドやオーストラリアからも
多くの花が輸入されていますが、英語を日本語読みにしてしまって、
わかりにくくしているものも、多いものですから。

さらに、クック船長の航海の記録や、エンデヴァー号の模型の展示も
ありました。
当時の過酷な航海の記録は、とても興味深く見ることが出来ました。

併せて、南太平洋の島々の民族資料なども展示されていますので、
単にボタニカルアートの展示にとどまらず、芸術、歴史、文化、と、
いろいろな側面から見ることの出来る、とても見応えのある展示でした。

Capitain Cook's Voyage and
BANKS'FLORILEGIUM
2014.12.23 ~ 2015.3.1
(1月26日月曜日は休館)

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-01-22 18:35 | 展覧会 | Trackback | Comments(8)

2014年9月22日 だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵

f0039281_21155811.jpg

渋谷のBunkamuraミュージアムで、八月から開催中のだまし絵展。
夏休みが終わるのを待ってから出掛けようと、楽しみにしていました。

タイトルに“Ⅱ”とあるように、今回が二回目のようですが、
あいにく一回目を見逃しています。
さらに、だまし絵と言っても、どんなものかよくわからないと困るので、
音声ガイドを借りることにしました。
美術展で、ガイドを使うのは初めてです。

音声ガイドのナビゲーターは、俳優八嶋智人氏。
聞きやすく面白いナビゲーションで、だまし絵の手法や、
その絵のコンセプト、裏話などなど盛り沢山の内容で、
絵画展を二倍楽しめたように感じました。

だまし“絵”と言っても、二次元のものばかりでなく、
立体の作品も展示されています。
解説があっても、頭の上に、
クエスチョンマークがたくさん並んでしまうものもあるし、
なるほどね~と頷きながら何度も眺めてしまうものもありました。

芸術の秋の一日。
ちょっと頭を柔らかくしながら見る美術展もまた、
良いものですね。

本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-22 21:13 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)

2014年9月7日  NYスタイル、チャプチーノのウーピーパイ

二日に一度はウロウロしている、東急東横店のデパ地下。
いつもと違うおやつはないかしら?と探していて、
目につきましたのが、チャプチーノの期間限定店舗。
f0039281_2247647.jpg

NYで人気のカップケーキやウーピーパイを、
日本仕様にして出しているお店だそうで、
小さくて可愛いカップケーキや、ウーピーパイがたくさん並んでいました。
f0039281_22472044.jpg

今回は、ウーピーパイのほうだけを四種類選んで購入。
奥から、
マシュマロバナナ、ピスタチオ&チェリー、ストロベリーミルクシェイク、スマイリーレモン。
f0039281_22473488.jpg

昨年夏のNYでは、話題のマグノリアベーカリーに出掛け、
巨大で、満艦飾で、そして大味・・・のカップケーキに、
驚くと同時に言葉を失いました。
以来、NY流と言われた場合には、美味しいとわかっているもの以外は、
よくよく用心するようにしています。
でも、見た目重視、可愛いのがお好きな方にはおすすめです。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-07 22:43 | あまいもの | Trackback | Comments(4)

2014年9月5日 松濤カフェでランチ

午後一番で美容院を予約したので、
ご近所でランチを済ませてから向かうことにしました。
お目当ては、松濤カフェです。
f0039281_23155468.jpg

こちらの名物は、ローストビーフ。
それをたっぷり挟んだサンドイッチは、
ボリューミーですが、満足度の高いメニューです。
ランチメニューもあったので、その中から、
ローストビーフとフレンチトーストのセットを選びました。
具沢山のスープと、食後の飲み物も併せていただけます。
f0039281_2316634.jpg

カフェは、
東急文化村の楽屋口を通り過ぎて、
ぐるりとまわりこんだところにあります。

松濤の邸宅街を抜ける通りに面していて、
店内からは、奥のお席からでも、街路樹の緑が眺められます。
その気持ちの良さが好きで、時々立ち寄るカフェです。

本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-05 23:15 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

渋谷あわじ屋と、お料理写真の少ないわけ。

“ひさしぶりに会わない?”
年単位で、こんなメールが行き交いますのが、
幼稚園時代からの幼馴染のお仲間です。

お勤め先も、住んでいる場所も、いろいろになってしまいましたので、
場所決めには少し悩みます。
若いころは、“洋食ワイン系”のお店で集まることが殆どでした。
でも、お年頃になってきた近年、リクエストは専ら“和食日本酒系”。
となると、にわかに熱心に活躍してしまう私です。
f0039281_15551219.jpg

今年は、渋谷駅からすぐのあわじ屋にしました。
文字通り、兵庫県淡路島の海の幸丘の幸を、
これまた美味しい、淡路島の地酒と共に頂けるお店です。
私はすでに数回訪れていて様子もわかっていたので、
自信をもってみんなにお勧めして、満場一致で決定しました。
f0039281_15552542.jpg

美味しいものをいろいろいただいたのですが、
写真を撮るのをすっかり失念してしまいました。
それはなぜかと申しますと、
f0039281_15554628.jpg

今回は、実家の自室を整理していて引っ張り出した、
卒園アルバムを持参したのです。
みんなで、すっかり盛り上がってしまいました。

さすがに幼稚園のアルバムともなると、
定石の“○○ちゃん、変わってないじゃな~い”は、一切通用いたしません。
それどころか、
自分で自分がわからず、他の人に指摘されて
“おっ、そうか”と言い出すものも出る始末。

懐かしい思い出話に花が咲き、今回も楽しい会合となりました。
f0039281_15561782.jpg

私が通ったのは、横浜郊外にあった
キリスト教カソリック系の白い大きな教会に付属していた幼稚園でした。
シスターたちがおいでになり、お行儀には特に厳しい園でしたが、
子供たち一人一人をよく見てくださり、素質を伸ばすように
見守ってくださいました。

うれしいことも 
 かなしいことも
  わたしのだいすきな 
   イエズスさまにあげましょう
こまったときにも
 さびしいときにも
  なんでもごぞんじの
   イエズスさまにはなしましょう
ちいさなぎせいも
 ひとつのよいことも
  よろこびくださる
   イエズスさまにささげましょう

残念なことに、園は数年前閉園しました
隣接する教会にいらしたシスターがたも結局、県内のあるキリスト教系病院に付属する教会に、
数か月前に移られたそうです。
そうして残された白い大きな教会は…
どうやらフレンチレストランとして、この春新たな道を歩き始めたと、
先日風の便りに聞きました。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-07-11 15:51 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)

渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアム デュフィ展

ザ・ミュージアムで現在開催中のデュフィ展。
ラウル・デュフィが、絵の勉強を始めた頃から、
印象派やフォービズムと出会って模倣する時期を経て、
光=色彩という独自の理論に到達する、その歩みを辿ることのできる展覧会です。
f0039281_1816153.jpg

デュフィというと、知識不足で、なんとなくシャガールに似た感じの絵を描く画家…
という認識くらいしかありませんでしたので、
回顧展ともいえる今回の展覧会は、大変勉強になりました。
油彩、水彩はもちろん、素描、版画、そしてテキスタイルに至るまで、
多種多様な作品を年代順に見ていくことが出来ます。
面白いことに、ガーデンデザインの模型や、
デザインしたタピスリーを使用したファニチャーもあります。
f0039281_18161736.jpg

亡くなったのが1953年ですから、描いたものも20世紀のフランス近代生活。
近代的生活に欠かすことのできない電気を描いた代表作“電気の精”などは、
見ていてすんなり親しめるような感じがします。

また、テキスタイルデザインや、夏のドレスのスタイル画などもありました。
その作品の多くが、島根県立石見美術館に収蔵されているようで、
伺ってみたところ、石見美術館のコレクション方針がこれらのようなテキスタイルデザインなのだそうです。
銀山ばかりに気を取られて、立ち寄り損ねましたので、足立美術館とあわせて、
いずれ訪れてみたいと思いました。
f0039281_18163114.jpg

“絵筆が奏でる 色彩のメロディー”というサブタイトルがついているとおり、
多くの作品に、明るく鮮やかな色彩が踊っていて、
見終わった後、気持ちが軽やかになる…そんな展覧会になっていました。

*デュフィ展
2014年6月7日~7月27日(7月2日のみ休館)
Bunkamuraザ・ミュージアム

不順な気候が続いております。
みなさま、お大切にお過ごしください。
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
本日も、ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-07-01 18:12 | 展覧会 | Trackback(1) | Comments(4)

栗好きのあなたへ

実家へ出掛ける時には、大抵おやつを持参します。

作ったお菓子を持って行くこともあれば、
途中で調達して行くこともあります。

でも、辿る道すがら、寄れるところは山ほどあるので、
たくさんの誘惑から一つに絞り込むのに、いつも大いに悩みます。
f0039281_18511775.jpg

この日のおやつは、直中仙太郎の栗の和菓子。
まさに栗!という形をしたこのお菓子は、
つやつやした羊羹でコーディングされています。
通年商品の“老玉(ぬばたま)”というお菓子のアレンジではないかとお見受けしました。
芥子の実のお化粧も、可愛いひと品。
中にはコロンと栗が丸ごとひとつ、餡に包まれていました。
f0039281_18513466.jpg

仙太郎は、京都下京区に本店のある和菓子屋さん。
渋谷東横のれん街店では、すべての和菓子をこの店舗内で作っているとのこと。
出来立ての和菓子を、手に入れることが出来るのです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!
[PR]
by oomimi_usako | 2012-11-21 23:59 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

渋谷ヒカリエ Richu濱田屋

三軒茶屋に本店のある人気のパン屋さん濱田屋が、
Richu濱田屋という店名で、渋谷ヒカリエShinQsに出店しています。
私が最近気になっている、餡とクリームのマリアージュした製品はこちらにもありました。
おやつに頂くなら、そのお味の、キューブ形甘系パンが良いと思うのですが、今回は、ちょっと小腹が空いたときに良さそうな、こちらのパンを調達しました。
豆乳まめパン。
f0039281_23551064.jpg

ずっしり感のあるしっかりしたパン生地に、
美味しいお豆がたっぷり入っていました。
濱田屋渋谷ヒカリエShinQs店、一番人気のお品だそうです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村

More  ヒカリエにて・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2012-09-14 23:43 | あまいもの | Trackback | Comments(4)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 23:00
☆tabiさま、 こん..
by oomimi_usako at 22:42
usakoちゃん♪ こ..
by chee-mama at 15:12
こんばんは 豪華な役者..
by tabi-to-ryokou at 22:47
☆きなこの母さま、 形..
by oomimi_usako at 22:17
胸キュンなクッキーね&#..
by suzu-kinako at 20:11
☆ぷうさま、 バスケッ..
by oomimi_usako at 21:31
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 21:28
バスケット模様ですか! ..
by ぷう at 17:23
一瞬、まあ、バスケットを..
by まりりんまま at 15:02

記事ランキング

タグ

(194)
(182)
(115)
(94)
(86)
(61)
(46)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(30)
(29)
(26)
(24)

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ