K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

春を待つ日々

川崎生田のコンディトライ ナカガメは、頻繁に伺えるわけではないけれど、
一年のうち、ほんの一、二回、立ち寄る機会があるお菓子屋さんです。
美味しいドイツ菓子を手に入れることが出来るので、お気に入り。

f0039281_15542132.jpg
この日は、そろそろ終盤に近付いているはずのアプフェルシュトルーデルと、
艶やかなガナッシュが魅惑的なザッハトルテを菓子函に収めていただいて。
f0039281_15543259.jpg
いそいそお家に帰り、美味しいお紅茶を淹れてのティータイムを楽しみました。

立春を過ぎて早ひと月。
朝晩は、まだまだ寒いですし、
ストンと一日だけ真冬のような日もあったりする今日この頃ですが、
我が家の沈丁花のこんな様子の蕾を眺めても、ささやかな春を感じます。

f0039281_15550367.jpg

折しも、今週は雛祭り。
立春の翌日から飾っているお雛さまを見ながら、
今年はどんなお散らしを作ってお雛さまを労って差し上げようかと、
思案中です。




[PR]
by oomimi_usako | 2017-02-26 15:51 | あまいもの | Trackback | Comments(6)
f0039281_1524772.jpg

今日のお茶の時間にいただいたのは、
ドイツ・スイス菓子のお店、コンディトライなかがめの焼き菓子です。

各駅停車しか止まらない郊外の、駅からほど近いところにお店は
ありますが、その建物はドイツの民家をイメージしたものだそうで、
この界隈ではちょっと可愛らしく目立っています。
本当に美味しいお菓子を作り続けていることは、
ひっきりなしにお客様が訪れて、地元の方々に長く親しまれている
ことからもわかります。
f0039281_15242996.jpg

こちらはチーズケーキ。
f0039281_15244461.jpg

トップの焼き色に誘われて購入。
素朴な甘さと、濃厚なチーズの食感がまったりとして、
午後のお茶の時間に良く合いました。
f0039281_1525020.jpg

合わせて焼菓子もいただきました。
こちらは、ミスチェリーという可愛らしいおなまえが付いています。
近所にある、日本女子大の学生さんのアイディアから、
完成したものだそうで、レーリュッケン型を使い、
チェリーを閉じ込めて、焼き上げられています。
アーモンドスライスの食感と、
断面にお顔をだしているチェリーの赤色が、
良いアクセントになっている、可愛らしくて美味しいお菓子でした。
f0039281_15252696.jpg

レーリュッケンというのは、ノロジカの背中という意味で、
いわゆる普通の樋(とい)型のカーブしている部分が、
トタン屋根の波波のようになっている焼き型を、そう呼びます。
もう少し厚めにカットしていただけると、
レーリュッケン型の波波がもっと生かされるのにねえ、
と思いました。

えっ?
そう考えるのは、食いしん坊なだけだからですって?
あらっ、
よくご存じで…。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-04-20 15:19 | あまいもの | Trackback | Comments(0)