K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

憧れの素敵なマダムからお誘いいただいたランチタイム。
今回もまた、とても楽しみにしつつ伺いました。
目黒の坂を下ったところにある、イタリアンレストランのラッセ。
道から、またさらに少し急な階段を降りた先には、エレガントな空間が広がっていました。

f0039281_13580025.jpg
テーブルの上には、こんな可愛らしいトーキンググッズ。
お料理は、和風を取り入れた感じで、全て折敷に見立てたテーブルウエアに載せられてサービスされます。
シェフは、イタリアの三つ星レストラン ダル・ぺスカトーレで修業をなさった村山太一氏。
お味はもちろんのこと、盛り付けやプレートなども仕掛けがたくさん。
コースが進んで行くごとに、感嘆のため息が出るのでした。

失礼があっては申し訳ないお年上のマダムと差し向かいのため、
残念ながら、お料理の画像はございません。
詳細は、是非お店のHPにてご確認ください。


ひと言も聞きもらせず、一つも見逃せない“ステキなマダムになるための講座”は、盛り沢山過ぎて今回も時間切れ。
お料理の写真を撮影するよりも、思わずメモを取りたくなったのは、私にしては珍しい話ですが、
充実のランチタイムは、こうしてあっという間に過ぎていったのでした。




[PR]
by oomimi_usako | 2016-12-09 13:56 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)


f0039281_22063149.jpg

あるお祝いの会のために、十数年振りに目黒雅叙園に出掛けました。
落ち着いた静かなところだった記憶がありましたが、入ってびっくり。

鯉の泳ぐ小川を横目で見つつ、長い廊下を進んでいくと、まず立派な御門がありまして。

f0039281_22065754.jpg
f0039281_22071248.jpg
そこを抜けると、明るい空間が広がります。
巨大なアトリウムの中に、日本料理レストランが日本家屋の建物のままスッポリ入り、
金色のウサギさんがお迎えしてくれるガーデンレストランからは、
ガラスの向こうの涼しい滝が見渡せました。
f0039281_22072748.jpg
まるで、全天候型テーマパークのようです。

中国料理レストラン旬遊紀は、ずーっと先の突き当り。
そこまでの壁には天平時代風の飾り絵が続き
(これは似たような絵が以前もあった記憶がありますが定かではありません)華やかです。
美味しいお料理をたくさんいただきながらの和やかな会となりました。

f0039281_22132399.jpg
f0039281_22134219.jpg
ダックは二種類。
皮が美味しい北京ダック(右)と、皮も身も美味しいので厚めにスライスしていただく南京ダック。
f0039281_22140131.jpg
f0039281_22141811.jpg
f0039281_22143313.jpg
f0039281_22144901.jpg
デザートは雪花かき氷。
凍らせたミルクをふわふわに掻いて、練乳を掛けたもので、ソフトな口当たりと甘さが美味でした。
f0039281_22150625.jpg

会が終わって、お腹ごなしに行人坂を目黒駅に向かって少しのぼり、五百羅漢のある大円寺へ。
この御寺は、大黒天さまをお祀りしていますが、
境内北東側斜面には520基の石仏群が安置されています。

f0039281_22152240.jpg
f0039281_22153973.jpg
f0039281_22155146.jpg
この石仏は、
明和年間に起きた江戸の大火の火元となった行人坂の火事で、
亡くなった人々を供養するためのものだそうで、その多くが1781年頃に作られたようです。
都会の空の下、今も静かに佇む五百余基の石仏を拝見していると、
これが、数百年前ここに生きた人々の証しであることが想われ、
自然と手を合わせ、頭を垂れる気持ちになるのでした。



[PR]
by oomimi_usako | 2016-09-12 22:01 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(6)
御酒を美味しく頂くには、それと良く合うお肴が不可欠です。
この“良く合う”ということの定義は、いろいろ有ると思いますが、私は、
同郷のもの同士を揃えていただくことが、一番間違いがなく“良く合う”合わせ方だと
考えているので、結構、それにこだわります。

渋谷の井の頭通りから、ヒョイと入ったところにある“九州 渋谷店”。
数年前(=焼酎が飲めるようになった頃)から、ちょっと気になっていたお店でした。
ふと、我が家の殿にそんなことを呟きましたら、
“ああ、あのお店、ボクも10年位前から気になってた!”
と来ました。
これは、行かずばなるまいて。
f0039281_12533217.jpg

  ↑ 馬刺しの盛り合わせ。
    もちろん球磨焼酎と共に。

九州各県の、郷土色豊かなお料理が、豊富な焼酎や日本酒と共に楽しめます。
お客様もご年齢層が厚く、この日もどうやら九州ご出身の方々が、お仲間同士のお集りで利用されていました。
こだわりたいあなたさまに、お薦めです。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More  すっかり気に入ってしまい・・・
[PR]
by oomimi_usako | 2012-06-06 12:45 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(12)
柿の木坂のキャトルといえば、
卵の殻の中に仕立てたプリンをはじめ、
美味しく綺麗なケーキが有名ですが・・・。
f0039281_929694.jpg

パンもなかなか美味です。
特に甘い系のパンは、その甘さがしつこくないので
休日ブランチに、サラダなどとあわせても
美味しくいただけます。
f0039281_9291946.jpg

こちらレモンパン。
中には、酸味と甘みのコントラストが絶妙な、レモンのペーストが入っています。
f0039281_92954100.jpg


usako補足>キャトルのHPは、とても綺麗です。
眺めているだけでも幸せな気分になれますよ。


いつも応援ありがとうございます。
現在混戦(?)中でありますっ!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-11-26 09:24 | あまいもの | Trackback | Comments(10)
お茶の時間のお伴は、小川軒のお菓子。
でも、おなじみのレーズン・・・ではなく、今日は焼き菓子をいただきました。
優しい雰囲気の漂う白い包みの中には・・・
f0039281_95440.jpg

ほろほろとくずれる食感が、美味しいポルポローネ。
f0039281_951918.jpg

ぎっしりアーモンドに、チョコレートがボリューム感を添えるフロランタン。
f0039281_953452.jpg

ルピシアの、フレーバーティ“バースディ”と共に。
f0039281_955065.jpg

そういえば、もうすぐ(?)お誕生月。
今年の拙ブログイベントは何にしましょう。
そろそろ計画を立てなければいけませんね。

注:イベント好きな本人は“もうすぐ”と申しておりますが、一般的には“まだまだ”という認識が正しいかと思われます。だって、9月の末なんですもん。(お騒がせいたしました)

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2009-07-29 09:00 | あまいもの | Trackback | Comments(6)