K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

こんなところに、こんなパン屋さんが?と思いながら引き戸をあけると、
感じの良い店内に、たくさんの美味しいパンが並んでいました。

f0039281_23194504.jpg
築地界隈の、ちょっと可愛らしい地図と、お店の由来が印刷された袋に、
購入したパンを入れてくれます。
f0039281_23200441.jpg
ランチとおやつ用のパンを買いました。
なかなか美味しかったので、次は朝食用のパンなども買ってみたいと思いました。

f0039281_23201376.jpg



[PR]
by oomimi_usako | 2017-09-02 23:15 | あまいもの

東京中央区 明石町界隈

明石町界隈は、明治の初め頃の外国人居留地だったところです。
今に至る歴史を持つ、ミッションスクールのうちのいくつかは、
この明石町で産声を上げていますし、
各国領事館があった場所であり、また、あれやこれやの事始めだったところでもあるようです。
f0039281_2352277.jpg

紅葉がすすむ聖路加国際病院の敷地内にも、由来の石碑が点在していて、
穏やかな晩秋のお日さまのもと、見て回るのもなかなか楽しいことです。
敷地の中に、白い花の咲く木があるのをみつけました。
f0039281_23523938.jpg

十月桜だそうです。
花盛りは過ぎていましたが、可憐な白い花を眺めながら、
来春の桜はどのようであろうかと、少し想いを馳せました。
f0039281_23533849.jpg

聖路加国際病院の中には、どなたでも入ることが出来る礼拝堂があります。
内部は、クラシックで重厚な雰囲気が漂っています。
f0039281_2354816.jpg

f0039281_23543636.jpg

f0039281_23545825.jpg

この教会の長椅子に座り、静かに御本を読むのが好きです。
中学校高校時代を過ごした学校の礼拝堂と、同じ香りが漂っていて、
不思議に気持ちが落ち着きます。
こちらでは、時々、礼拝で弾くらしいオルガンの練習を、聞くこともできます。
f0039281_23553269.jpg

隅田川でも眺めに行こうかと、教会を出て聖路加レジデンスに向かいました。
足元で、色づいた落ち葉が軽い音を立てていました。
途中、道の向こう側に偶然、中央区立郷土天文館“タイムドーム明石”という、
施設をみつけました。
f0039281_2356353.jpg

なんだかとても面白そうでしたので、目的地を急遽、隅田川からこちらに変更。
中央区の歴史を、丁寧にまとめた展示があるタイムドームで、
じっくりお勉強することができました。
こちらにはプラネタリウムもあるようで、いずれそちらも訪れてみたいと思いました。

本日も、お立ち寄りいただきましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2014-11-22 23:51 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(4)
築地の裏通り。
ここに、銀座千疋屋の販売店があります。
f0039281_22152348.jpg

HPでも紹介して貰えない位(?)の小さなお店で、
ショウケースに並ぶケーキの種類も、さほど多くはありません。
でも、千疋屋ならではの美味しそうなフルーツを使ったケーキに、
大いに迷います。

もちろん、お箱はこの柄です。
f0039281_22155097.jpg

銀ブラのついでに立ち寄る方の多い晴海通り沿いのお店と違い、
こちらには、エプロン掛けの近所のおばちゃま方が、
お孫ちゃん(?)の、三時のおやつをお買いになりに、立ち寄られています。

この界隈に出掛けると、立ち寄ることにしている私も、
三時のおやつに今回は、オレンジゼリーを買い求めてきました。
f0039281_22173720.jpg

お帽子のような蓋の部分をはずすと、
上までたっぷり詰まったゼリーが姿を見せます。
そのゼリーの上で、蓋の部分をギュッと絞って、オレンジ果汁をふりかけます。
f0039281_2218869.jpg

“さあ、スプーンで掬っていただきまーす!”
…としたくなるのを、ほんのいっとき我慢して、
f0039281_22182361.jpg

そのまま櫛形にカットします。
四つ割りでも六つ割りでも構いません。
さあ、今度は本当に、
いただきまーす!
f0039281_2219484.jpg



本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-20 22:07 | あまいもの | Trackback | Comments(2)
明石町の聖路加レジデンスに出掛けました。
川風が心地良かったので、
御用の合間に米国領事館跡の石碑の前を通って、
隅田川沿いの遊歩道に出てみました。
f0039281_2228989.jpg

秋の気配を感じる空と雲をバックに、
滔々と波立つ隅田川。
その右奥に見えるのが、勝鬨橋。
対岸のビル群は、勝どきや月島のあたりです。
あとわずか数年で、きっと、
もっと景色が変わる場所でもあります。

くるりと後ろを向いて見上げると、
聖路加レジデンスタワーが、気持ち良いほどまっすぐに
晩夏の空に向かってそびえていました。
f0039281_22282243.jpg

明治時代、この界隈は外国人居留地でした。
この場所から広がっていった、西洋文化の産物も多くあります。
また、青山学院、明治学院、立教など、
ここから生まれたミッションスクールもたくさんあるのです。
少し歩くだけで、何らかの“始まりの碑”に出会う、
ちょっと面白い明石町です。


本日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-03 22:25 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(2)
可愛い動物たち(猫ちゃんが多いです)の姿を、その表情だけでなく、毛並みや“おヒゲの先のキモチ”までも描き表されるのが、山中氏の作風なのではないかと思います。
絵画ゆえ、そのお写真をここに載せることが出来ませんが、たぶん皆さんもどこかで、山中氏の作品は目にされたことがあるのではないでしょうか?
“うさぎのユック”という絵本の挿絵を書かれた方・・・と申しあげるとお判りになる方があるかもしれませんね。f0039281_22452423.jpg
その山中氏、いつもは、築地の聖路加画廊やあるいは銀座でも個展をなさっておいでですが、今回初めて横浜元町で開催されるとのご案内を頂戴したので、早速伺ってまいりました。
個展は、元町から港の見える丘公園へと続く谷戸坂の途中にある“Art Gallery山手”にて開かれています。こちらは、横浜らしいロケーションで比較的新しい綺麗なギャラリー。
私も初めて伺いました。
いつもそうなのですが、今回もまた、愛らしい姿の猫ちゃん、わんちゃん、うさぎちゃん・・・などなどの優しいパステル画に心癒されて参りました。
本当に、拝見していると目尻が下がってくるのがわかるのです。

気になる方、是非一度足を運んでみられてはいかがでしょう。
ご参考>
山中翔之郎個展ーパステルの中の動物たちー 
2007年9月12日~18日 11:00~19:00(最終日17:00)
Art Gallery山手(中区山手町100 サンセット山手1F)

山中翔之郎作品展 パステルで描くCats & Dogs & ・・・
2007年10月8日~14日 9:00~17:00(土日祭 10:00~16:00)
聖路加画廊(聖路加国際病院1F)


(↓今日の元町。来週土曜日からチャーミングセールです!)
f0039281_22432888.jpg

usako補足>そうそう、ご自慢のペットの肖像画も写真によるオーダーで、描いていただくことも出来るのです。
f0039281_22441729.jpg

[PR]
by oomimi_usako | 2007-09-14 22:37 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
いちご☆大好きです。(私も~!と、おっしゃるかたも多いのでは?)
春になると、苺を使った菓子もお店先を賑わしますね。
f0039281_1353559.jpg
今日のお茶の時間に、老舗の和菓子屋さん、築地“ちとせ”の“春摘みいちご”をいただきました。
香りの良い苺が真中に飾られていて、その下には、モチモチとした柔らかい生地に包まれた、クリーミィな風味の桜餡がひそんでいます。
そして、一つ一つ小さなお籠に入れられているのです。
春の香り漂う、目に写る姿も可愛らしい、美味しい和菓子でした。
f0039281_13543512.jpg


usako情報>このお菓子、東京の大手デパートや、羽田空港などでも手に入りますが、実はお取り寄せ可能商品です。お花見のデザートにいかが?
[PR]
by oomimi_usako | 2007-03-11 12:00 | あまいもの | Comments(6)
中央区明石町界隈に用事がありましたので、梅雨の晴れ間ということもあり、出掛けたついでにミニ散策をしました。
まず、明石町とは、どのあたりかというと、地下鉄日比谷線で銀座方向から築地駅に到着したら、進行方向前方の出口から這い上がり、そこから隅田川に向かって行くエリアです。(ちなみに、進行方向後ろ側から地上に上がると、築地市場です)
このあたりは、意外に見どころが多く、綺麗な公園なども多いので、銀ブラの人ごみに疲れたら2駅だけ地下鉄に乗って(歩けなくもないです)何となく、まったりプラプラするのに良いのではないかと思います。
さて…5分も歩かないうちに、左手に聖路加国際病院礼拝堂が見えてきます。
f0039281_0462087.jpg

この建物は、1933年(昭和8年)にチェコ人のアントニン・レーモンド他三人の建築家によって設計されたネオ・ゴシック様式の建物です。明石町のあたりは、戦災をまぬがれているらしいので、この建物も残っているのですね、きっと。
外観も立派ですが、内部は更に重厚感のある美しさを持つ礼拝堂で、大きなパイプオルガンや、天井のドーム型の梁、また長く大きいステンドグラスなど、ヨーロッパの古い街の教会を思わせる佇まいでした。
ひとり静かに長椅子に腰掛けていると、あまりの静けさに東京都中央区に居るのを忘れてしまいそうになります。
残念ながら内部は撮影できませんが、綺麗なページ(click here)を見つけましたので、ご覧になってみてください。
こちらの礼拝堂では、毎月第一水曜日の夜、オルガンコンサートが開かれています。
次回7月5日は、その翌日横浜みなとみらいホールでリサイタルを行う予定のオルガニスト、マイケル・クラインシュミット氏がコンサートをなさるそうです。
フランスのマルク・ガルニエ社製の美しいパイプオルガンの響きを、名手による演奏で堪能されたい方には、お薦めのひとときになりそうですね。

礼拝堂の横には、1902年(明治35年)聖路加病院を設立した、アメリカ聖公会宣教医師ルドルフ・トイスラーの記念館もありました。
f0039281_0482623.jpg

この写真、手前がトイスラー記念館、次の建物が聖路加国際病院新館、後の高い建物が聖路加ガーデンです。

明石町界隈には、明治元年(1868)に外国人居留地が作られました。
アメリカ公使館も、明治8年(1875)から23年(1890)までここにあり、その記念碑がトイスラー記念館前と、聖路加ガーデンにあります。当時のアメリカ合衆国のシンボルが、彫られた石が残っています。
f0039281_0492558.jpg

f0039281_050141.jpg


さらにどんどん歩くと、隅田川に突き当たるところには、聖路加ガーデンタワーがそびえ、河岸は明石町河岸公園となっています。河岸は綺麗に整備されて遊歩道のようになっています。すぐ先に綺麗なフォルムの佃大橋が見えました。
f0039281_051355.jpg

f0039281_0521080.jpg


普段何気なく通り過ぎるところにも、見ごたえのあるスポットがたくさん点在しているものですね。
曇天続きだったのに、今日はポッカリお日様も顔を出してくれて、用事で出かけただけなのに、何だか小旅行をしたような…ちょっと得した気分になりました。
[PR]
by oomimi_usako | 2006-06-16 00:43 | 旅とおでかけ