タグ:軽井沢 ( 86 ) タグの人気記事

軽井沢 南が丘美術館と三五荘資料館

素敵なものを買ったり、美味しいものを食べたりする、
新しいスポットに毎年出会える軽井沢。
それだけではなく、見て楽しめる場所にも、案外毎年出会えるものです。
f0039281_1732778.jpg

今年、初めておとずれたのは、
南が丘の軽井沢GC脇にある、南が丘美術館と、三五荘という古民家でした。
こちらは、学校法人である中央工学校が受け継ぎ所有しているもので、
ごく最近になって一般にも公開されるようになったところです。

御門を入ると、高い木立の中に、アーティスティックな
オブジェを配したロータリーがあります。
まずは、その正面にある綺麗な南が丘美術館を見学しました。
収蔵作品は主に近代から現代にかけての美術で、
ジャンル、様式を問わず、幅広く楽しめる作品が展示されていました。
中島千波、伊東深水、ピカソ、東山魁夷、荻須高徳、ビフェ、
梅原龍三郎、片岡球子、ワイエス、加山又造などなど。
訪れた人どなたもが、きっとひとつ、お気に入りの作品を、
見つけることが出来そうな展示です。
さらに、こじんまりとした場所にもかかわらず、
これら多くの作品が、広く空間をとって気持ちよく展示されていて、
とても良い美術館だと感じました。
f0039281_1735394.jpg

f0039281_174958.jpg

美術館を出て、右手にある木の橋をわたると、
木立の間に見事な藁葺の三五荘が見えてきます。
まずは、広い広いお庭を一周。
f0039281_1742768.jpg

白い道筋に導かれて通る、桂の木の並木は、直線の美しさにうっとり。
f0039281_1744219.jpg

夏の木漏れ日が、気持ちよく降りそそぎます。
f0039281_175964.jpg

軽井沢GCのコースがすぐお隣にあって、
プレーされている様子が見え隠れしています。
実はこの三五荘、山梨県塩山市の江戸時代末期に建てられた古民家を、
1935年に軽井沢に移築改築したもの。
それで、三五荘と名付けられています。
移築したのは、日立造船社長などされた原田六郎氏というかたですが、
その目的が、軽井沢GCでご自分がプレーする時の私的なクラブハウスとして
使うためだった・・・ということですから、素敵にゴージャスなお話です。

その後、東急の五島氏の手に渡り、華やかな人々を迎えつつ歴史をかさね、
現在の学校法人のもとに収まったそうです。
f0039281_1755383.jpg

こちらは、建築デザイン関係のお勉強のできる学校法人のようで、
三五荘の建築を、歴史を内包しながら現存する、
生きた教材として守り伝えていくことを使命と考えて、
これからも大切に保存されるのだ、ということでした。
f0039281_1764599.jpg

いずこも同じですが、土地の歴史を知ることは、楽しいことです。
いま、自分が立っているその足元に、
幾重にも重なる先人の足跡があることを学ぶと、
その場所に居ることが、さらに興味深く意味あることと思えるようになるのは、
本当に不思議なことです。

usako補足>
軽井沢の足跡は、軽井沢町歴史民俗資料館や第一号別荘などを見学することでも、楽しくお勉強できます。


本日は美味しいもののお話ではありませんが、
お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-08-02 17:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(10)

軽井沢 ステーキ&ハンバーグASAMAでゴルフのあとの栄養補給。

夏の軽井沢でのお楽しみ、
いろいろ、いろいろありますが、
何といっても一番は、
兄弟姉妹揃ってのゴルフ。
f0039281_1782025.jpg

浅間山に向かって、ナイスショット!
…と、こちらは浅間ヴューも素晴らしい、練習場からの景色。
f0039281_178417.jpg

本番の前の調整にも力が入ります。
f0039281_1791186.jpg

毎年恒例のラウンドですが、今回はここのところ気に入っている晴山ゴルフにて。
ちょうど良い広さの易しいコースが、ゆるゆると廻るには打ってつけなのです。
f0039281_1793242.jpg

“シュルルッ”
“コロコロ”
“ザクッ”
同じころTVで中継されていた全米オープンでは、
決して聞くことのない音と…
f0039281_1795521.jpg

“アレレ?”
“モウイッカイ ウッテ イイ?”
“グリーン ハ ソッチジャナイ ヨ”
同じく決して聞くことのない会話。(よゐこはマネをしないでね)
打って、笑って、
走って、また笑って、大忙しのラウンドでした。
f0039281_17105580.jpg

午後から雷雨との予報でしたが、
クラブハウスのテルテル坊主ちゃんのお働きのおかげで、
幸いお天気にも恵まれて、今年も無事ホールアウト出来ました。

ラウンドのあとは、聖パウロ教会のお向かいにある、
ステーキハウスASAMAで、栄養補給。
f0039281_1711224.jpg

f0039281_1715229.jpg

浅間山の溶岩プレートで焼いたお肉が食べられるお店です。
ワインも充実していて、
大きなワインセラーがお店の中央にありました。
f0039281_1712938.jpg

前菜には、信州サーモンのマリネと、サラダを。
シーザーズサラダは、大きなボウルの乗ったワゴンで登場。
f0039281_17123014.jpg

f0039281_17124958.jpg

お店の方が、その場で作ってくださいます。
f0039281_17131282.jpg

信州牛のステーキやハンバーグを美味しくいただいて、
体力のリカバリーが出来ました。
f0039281_17135814.jpg

f0039281_17141844.jpg

あ・・・もちろん、デザートもね。
f0039281_17144256.jpg


usako補足>実は今年も、ゴルフの後の栄養補給はサンジェルマンに伺うつもりでした。
予約のお電話がなかなか通じず、どうしたのかと思っていましたら、
やっと通じたお電話で、しばらくお休みなさることがわかりました。
訳をお訊ねするのは憚られましたが、心配です。
どうぞ早く再開されますように…。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-07-31 16:58 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(2)

軽井沢トーストとロスティをストーヴカフェオキザリスで楽しむ

最近軽井沢では、
フレンチトーストを文字って軽井沢トーストと称される美味しいものが、
進化躍進中です。
あちらこちらのお店で、オリジナリティあふれるそのメニューがいただけます。

昨年秋には、旧軽井沢の奥のほうにあるCafe涼の音でいただいた、
目にも楽しく丁寧に作られた軽井沢トーストを、
雰囲気と共に堪能しました。(その時の様子は→こちら
今夏は、どこでいただこうかと迷ったので、
軽井沢駅北口のスタンディングバー“ケヴィンズバー”のケヴィンさんに、
お薦めのお店を伺ってみることにしました。

“それぞれにみんなお薦めだけど、極上のシロップで頂く軽井沢トーストと、
美味しいロスティも頂ける、オキザリスはどうだろう。”
どんな風に美味しいかについて、ケヴィンさんから詳しく詳しく伺ったので、
行かずには居られなくなりました。
f0039281_16454685.jpg

ストーブカフェオキザリスは、その店名のオキザリスの花鉢と、
大きなうさぎさんの絵の看板が目印です。
f0039281_16463254.jpg

グランマルニエ風味のバターのシロップ(オキザリスではシュゼットバターと
書かれていました)が、たっぷり掛けられた軽井沢トーストは、
フレンチシュゼットと名付けられています。
オレンジの旨みと酸味と、そして甘みが程良くからまり、
とても美味しくいただけました。
f0039281_16472025.jpg

焼き上がりを待つ間の、香りまで美味しそうなロスティは、
セットでいただきました。
外はカリッ、中はふわふわのワッフルが添えられ、
サクサクもちもちのロスティは、スイスのジャガイモ料理。
ソーセージと目玉焼き、サラダもついて、朝のお食事にもランチにも向くプレートでした。
珈琲はポットでサービスしてくださいます。

店内には、大きなおやかんの乗ったストーヴがありました。
f0039281_16475078.jpg

f0039281_16483546.jpg

高い高い煙突。
アツアツ焼き立ての軽井沢トーストや、ロスティやワッフルは、
このストーヴが活躍する季節には、夏よりもなお美味しく頂けることでしょう。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-07-29 16:29 | おそとでお食事 | Trackback | Comments(4)

川上庵旧軽店と食後のデザート

f0039281_1750676.jpg

旧軽ロータリーの川上庵は、美味しい御酒とお料理のいただけるお店。
お昼に行っても、夜に行っても、
御酒を呑むひとも、飲まないひとも、楽しめます。
営業時間も軽井沢にしては長く、遅くまで入ることができます。

いつみても、お店の外までお席を待つ列が出来ていますので、
予約は欠かせません、特に週末に伺う時には。

美味しいお料理を、いろいろお願いして、
みんなでつつきます。
彩り野菜の温製サラダ。
f0039281_17503611.jpg

なすとにしんの揚げ煮。
f0039281_17505863.jpg

生麩の田楽。
f0039281_17512219.jpg

くるみ味噌。美味なり。
f0039281_17514337.jpg

厚揚げ豆腐の炭火焼き。
f0039281_1752361.jpg

鶏ももの炭火焼き。
f0039281_17522717.jpg

“お姉ちゃま、レモンの向きがヘンだわ”
と、登場しているのはぴょんこちゃんの手。
私が写真を撮り終えるまで、兄弟揃って“おあずけ!”のポーズで、
待っていてくれます。
ご協力ありがとう~。
もとい、の鶏もも炭火焼き。
f0039281_17531852.jpg

柔らかくてジューシーでこれまた絶品でした。
f0039281_17534864.jpg

いただいた日本酒は、
すべて信州のもの。
岡谷の豊香の純米生原酒。
望月の善光寺秘蔵酒辛口本醸造。
おなじく望月の辛口五郎兵衛。
今回良く見かけた五郎兵衛米を酒米に使用したもので、
すっきりとした美味しい御酒でした。
〆はもちろん、おそば。
またしても横から、ぴょんこちゃんの手、登場。
f0039281_17542262.jpg

“お姉ちゃま、トッピングの散らし方がヘンだわ”
…だそうです。

デザートは、途中の欧風菓子のお店ルレガランで買って帰ることにしました。
昔からある大好きなレガラン。
f0039281_17545713.jpg

そのケーキは、今、日本で流行るものとは、ちょっとタイプが異なります。
伝統的なウイーン菓子を彷彿とさせる意匠のお菓子たち。
私がケーキを習い始めたン十年前にはまだ、主流だったタイプです。
f0039281_17551490.jpg

コーヒーを淹れて、
軽井沢の今年版の情報誌を眺めながら、
みんなで美味しくいただきました。
f0039281_17554143.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-07-26 17:46 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(14)

ホテルマロウド軽井沢 レストランルミエールにてブッフェスタイルの朝食

f0039281_15344370.jpg

夏に軽井沢に出掛けるのは、恒例行事。
そして、滞在中にすることも、立ち寄るお店も、
大抵“いつもの、あの”という恒例や定番が多くあります。

でも、せっかくの夏休み。
定番だけでは、ちょっとつまらないので、
“いつもと、違う”エッセンスや発見も、
織り交ぜるようと考えます。

今年のエッセンスのひとつ。
朝食の時間に、みんなで、ホテルマロウド軽井沢の
フレンチレストランルミエール
のブッフェをいただきに出掛けました。

こちらに伺うのは初めてでしたので、
偵察(?!)も兼ねて、前日お散歩途中にフロントに伺い、直接予約。
もちろん予約は、お電話でも受け付けてくださいます。
f0039281_1535893.jpg

新渡戸通りと大賀通りの角にあるホテルマロウド軽井沢
レストランルミエールは二階にあり、採光の良い大きな窓ガラスの向こうに、
緑濃い木立が朝日に照らされている様子を眺めながら、気持ちよくお食事が出来ました。

みえているお客さまがたも、どなたも落ち着いた雰囲気の
ご家族、お仲間同士でしたので、おしゃべりのさざめきが、
朝のテーブルをさらに心地よくしてくれました。

いろいろな種類のパン、たまごやお肉のお料理、もちろん野菜サラダは軽井沢近郊の高原野菜。
フルーツや、ヨーグルトにシリアルと揃っています。
奥信濃産無添加のりんごジュースに、お味の濃いミルクも。
コーヒー用にと、温めたミルクも添えられます。

我が家はいつも朝は洋食。
そのためバイキングでも、私のプレートはご覧のような洋風になります。
でも、もちろんこちらには、和食の御膳を作れるお料理も揃っています。
軽井沢で今年盛んに目にした、浅科五郎兵衛米の炊き立てごはんや、
それによく合うおかずも揃っていますので、朝は、御飯に味噌汁!という方も、
是非どうぞ~。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-07-25 09:00 | おそとでお食事 | Trackback

今年も軽井沢へ

f0039281_17345114.jpg

ようこそ、軽井沢へ!
と、浅間山が、今年も迎えてくれます。
梅雨明けと共に、大好きな軽井沢へ。
f0039281_17351786.jpg

軽井沢に居ると、一日に幾度となく目にする浅間山。
稜線がくっきり見えたり、
あっという間に雲がかかったり、
その景色を刻一刻と変えていくのを観るのもまた、
楽しみのひとつです。
f0039281_17354098.jpg

御別荘の並ぶ、木立の中の道を歩けば、
いろいろな種類の可愛い花々に出会うのもまた、
楽しく。
f0039281_173633.jpg

f0039281_17362625.jpg

f0039281_17365172.jpg

緑色の風に涼を楽しみながら、
さて、今年の予定を考えましょう。
f0039281_17372368.jpg

f0039281_17374622.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2015-07-22 17:00 | 旅とおでかけ | Trackback

軽井沢万平ホテル製 信州りんごの和紅茶

アップルティといえば、一世を風靡したのがフォションのものでしたね。
あれは、80年代後半でしたか?
もちろんほかのブランド製のものはありましたが、
なんたってフォション…というような流行りようでした。
そう言われるに値する、こっくり濃厚なりんごフレーバーは、
ミルクを入れていただくと、ほっこり美味しいお味でした。(=あえて過去形)
f0039281_14395982.jpg

軽井沢がお好きな方が、
万平ホテルのティールームでお茶をしてきましたので…、
とおっしゃって、お土産にくださいましたのが、この“信州りんごの和紅茶”。
長野産シナノゴールドのダイスカットが入っています。
茶葉は、鹿児島産と書いてありますので、大好きな知覧のお紅茶かもしれません。
f0039281_14403626.jpg

柔らかな水色で、
そのお色と同じく、柔らかく優しいりんごの香りが美味しいお紅茶でした。
フォションのアップルティはじめ、いままで頂いてきたどのアップルティとも違う、
ふんわりした香りは、信州のりんごと薩摩のお紅茶の成せる業なのでしょう。

シナノスイート、シナノゴールド、ナガノパープル、シナノドルチェ…。
甘みや酸味のバランスが、とても好きです。
最近、軽井沢づいているのも手伝って、今季のお菓子教室では、
マフィンのご試食の際に盛りあわせるフルーツも、長野シリーズ(?)にしています。
Thank you, Ms.H !!

usako補足>シナノスイートは、ふじとつがるを掛け合わせて生まれた品種だそうです。


本日も、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-10-14 14:35 | あまいもの | Trackback | Comments(10)

2014年9月30日 いつもと違う軽井沢

夏が来るたびに訪れる軽井沢。
その過ごし方も、だいたいパターンが決まっています。
マンネリ化するかというと、そうでもなくて、
毎夏の行事として、そういうところがまた、良かったりいたします。

今回の初秋の軽井沢は、いうなれば番外編。
いつもと違う軽井沢。

宿泊は、ウン十年軽井沢に通っているものの、初めてのプリンス泊。
人気があるというウエストのビュフェレストランニューヨークで、ビュフェも楽しみました。
f0039281_23305420.jpg

こちらは前菜。
f0039281_23312660.jpg

フォアグラスライス、ポークやビーフのローストもしっかりお味見。
f0039281_23315969.jpg

f0039281_23322622.jpg

もちろんデザートも。
f0039281_2333025.jpg

f0039281_23333761.jpg


いちばんの違いは、交通手段に、往復長野新幹線を利用したこと。
私の場合は、滞在中の両親のところに、平日遊びに行くときにはドライバー(!)が居ないので、
いつも新幹線を利用しますが、
殿は、初“あさま”(?)でした。
f0039281_23341382.jpg

窓にへばりついて、
飛んでいく景色を楽しんでいましたよ。

帰宅後のお夕食は、峠の釜めしに代えて・・・
f0039281_23345819.jpg

高崎名物達磨弁当!
復路の新幹線車内販売で、お夕食用に入手しました。
信州サーモンや信濃ユキマスのお造りに代えて…
作り置きしておいた小鯵のマリネと、海藻の和風サラダをお供に。
f0039281_23352533.jpg

f0039281_2335536.jpg

お夕食をいただきながら、
ゴルフの反省会と、今回の軽井沢を総まとめ。
そう、これだけは、
いつもと同じ軽井沢!!


そして、本日は9月30日。
毎年恒例の、お誕生月9月限定の毎日更新は、
今年も無事達成出来まして、晴れて、お歳もひとつ増えました。

毎日お付き合いくださいましたあなたさまに、
心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

相変わらず、食べるものばっかりな拙ブログではありますが、
これからもどうぞ御贔屓に、覗いてくださいね!


いつも、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
本日も、おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-30 23:28 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(12)

2014年9月29日 旧軽井沢Cafe涼の音と、室生犀星記念館。 

f0039281_17353730.jpg

この夏の滞在中、行きそびれたところがありました。
旧軽井沢の、室生犀星記念館と、Cafe涼の音

きっと、共に夏の賑わいも収まって、
本来の静けさを楽しめる雰囲気になっているに違いないと、
密やかに期待しながら、立ち寄りました。
f0039281_17363321.jpg

朝食も兼ねて出掛けたCafe涼の音。
こちらは、明治末期から大正にかけての時期に建てられた別荘を、改築した建物です。
2013年に国の登録文化財となりましたが、その所有者の中には、
駐日アメリカ大使ライシャワー氏の夫人であった松方ハル氏なども含まれています。
f0039281_1737769.jpg

f0039281_17381446.jpg

秋の木漏れ日の中に、静かに佇むその建物の中に入ると、
年代を経た建物が持つ独特の芳香と、
焚かれた薪ストーブの香りが相まって、
心落ち着く気配が、漂っていました。
f0039281_17391238.jpg

f0039281_17395976.jpg

私がお願いしたのは、ミルクの合うお紅茶と、
最近の軽井沢では、軽井沢トーストとも呼ぶらしい、フレンチトースト。
f0039281_17405266.jpg

f0039281_17412194.jpg

f0039281_17414615.jpg

たっぷりのフルーツに、メープルシロップを回しかけ、
しっとりとさっくりの二つの食感を楽しみながら、
美味しい時間を過ごしました。

さて、
室生犀星記念館は、Cafe涼の音のお向かいにあります。
f0039281_17422898.jpg

記念館と言っても、作品の展示などではなく、
軽井沢に魅せられた犀星が、30年近く毎夏を過ごした旧居を、
自由に見学出来る状態にしてあるところです。
f0039281_17431139.jpg

お縁側に腰掛けて、
緑の苔の上に零れ落ちる木漏れ日と、木立に響く小鳥の囀りとに包まれると、
心の底にふつふつと湧きだすような何かを感じることが出来ます。
f0039281_17434868.jpg

f0039281_17441299.jpg

自ら庭を作り、軽井沢の自然に囲まれて過ごしながら創作活動を続けた犀星が、
後世に残る文学作品を残しているのが、頷ける、そんな素敵なところでした。

<おまけ>
Cafe涼の音と室生犀星記念館には、
テニスコートのある側とは反対のほうから歩いて行きました。
f0039281_1744588.jpg

小さい車がやっと通れる位の細道の途中に、
f0039281_17452887.jpg

立派なご門だけが残された御別荘の土地がありました。
殿に、
“お誕生日のプレゼントなどにいかがでしょう?”
と、お奨めいたしましたが、
“もう少し道が広くないとだめだね”
と、即座に却下されました。
…残念至極っ。


さあ!!
毎日更新月間9月も、残すところあと一日となりました。
いつも、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
本日も、おしるしに、クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-29 17:31 | 旅とおでかけ | Trackback

2014年9月28日 色づく軽井沢で

すでに軽井沢は、紅葉が始まっていました。
f0039281_2245171.jpg

この時期の軽井沢を訪れるのは、初めてです。
今回は、殿と二人、初秋の軽井沢にゴルフをしに出掛けました。
f0039281_2253185.jpg

日中の気温は高めで、半そででも大丈夫。
でも、朝晩はグッと冷えて、10度を下回る気温。
見慣れた景色は、紅葉した木々で、その印象を大きく変えています。
f0039281_2261827.jpg

見慣れた渋滞のない景色も、印象が大きく違います。
f0039281_227022.jpg

ここは、ゴルフコースのティーグラウンド。
まるで公園のようでしょう?
木立の中から、広いフェアウエイに向けてティーショット。
f0039281_228177.jpg

お天気に恵まれて、
ラウンドの途中で見える、離山も、浅間山も、
その稜線が、くっきり綺麗に見えました。
f0039281_2293531.jpg

途中の木々の紅葉もきれいでした。


本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます!!
[PR]
by oomimi_usako | 2014-09-28 21:58 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(8)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新の記事

京橋千疋屋のクールデザート
at 2017-07-03 18:35
南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(185)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ