タグ:銀座 ( 48 ) タグの人気記事

東京銀座 空也もなか

昨日の朝(5月25日)、日本経済新聞朝刊東京・首都圏経済のページに
空也の記事を見つけました。
『JR東日本ステーションリテイリング(東京・港)は6月、JRの駅ナカ商業施設、エキュート東京、品川の2施設内に老舗和菓子店「空也」(東京・中央)の新店舗をオープンする。空也は1884年創業で、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」にも登場する。もなかなどで知られる空也が現代的な和菓子をエキュートで販売する考えだ。・・・(後略)』
もしや、事前予約必須の空也のもなかが、今よりは入手しやすくなるということかしら?
と、嬉しくなりましたが、この書きようから推測するに、
看板商品のもなかは、たぶんこちらでは、お置きにならないかもしれませんね。

読めば食べたくなるのが、うさこの条件反射。
空也のもなか、たべたい。”
と思いつつ実家に出かけましたら・・・
f0039281_15313472.jpg

なんとまあ!!
私が到着してすぐに、空也さんのご近所のお洋服屋さんが、
仕立てあがった父のスーツと一緒に空也のもなかをお届けくださいました。
f0039281_15315522.jpg

おニューのスーツに喜ぶ父と
出来立てもなかの皮の良い香りに喜ぶ娘。
お話としてはちょっと出来すぎなので、
帰り道は足元に気をつけることにいたしました。
f0039281_1532836.jpg

あっ、だめ~!!
まだ撮影中なのに・・・。

本日は久し振りに正統派(?)おうちグルメ記事。
どうぞ皆さまふるってクリックお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2011-05-26 15:00 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

2010年12月 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと28ヶ月ー

今秋、新装した銀座三越。
売り場が広々しているのが好きで、既に何度も通い中。
地下二階のリカーショップもお気に入りとなり
“我が家の銀座の酒蔵”呼ばわりして楽しんでおります。

先日も、殿と一緒に酒蔵の見廻りをしたあと、
時間も遅くなったので
11~12階レストランフロアでお夕食を食べて帰ろうということになりました。
選んだのは
江戸前寿司の“築地青空三代目”。
炙りものの美味しいお寿司屋さんで、お好みで握っていただいたお寿司は、
品の良いシャリと、美しく載ったネタを堪能することができました。
(のどぐろの炙りが、特に絶品でした・・・写真無くてごめんなさい)
f0039281_18541966.jpg

レストランフロアに上がる途中で経由したGINZAテラスからは、
四丁目のシンボル、銀座和光の時計台が、
こんなに間近に眺められて、なんだか嬉しくなりました。
f0039281_18543582.jpg

そして、こんな景色も眺められます。
S&Bの広告塔のすぐ後方の暗闇は、今はまだ何も無い歌舞伎座。
やがてここから美しい姿が見えるまでは、
お昼間なんかに絶対見ないんだもんっ! やれやれ

さて、今月の歌舞伎話は、またしてもナマイキ若usakoの観劇記録。
今回は、今を遡ること20年前の1990年12月公演です。
ナマイキ度にご興味をお持ちいただいた方は、続きをどうぞ。

More 続き
[PR]
by oomimi_usako | 2010-12-28 18:51 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback(1) | Comments(8)

2010年12月 銀座 HIGASHIYA

こちらのかたや、あちらのかたに教えていただき
ここのところ銀座のお茶処として愛用させていただいているのが
和風のカフェ、HIGASHIYAです。
日本茶をメインに、
和菓子なども取り揃え、
ほっこり寛げるお茶処。
f0039281_20264249.jpg

f0039281_20265842.jpg

お願いしたお茶によって、
供してくださる形もいろいろなので、
それを見るのもまた、なかなか楽しめます。
f0039281_20271621.jpg

こちらなどは、
日本酒のちろりを思わせる様子ですが、
中身はちゃんと(?)日本茶です。
f0039281_20272992.jpg

種類によっては、三煎まで入れてくださるので
ついつい長居をしてしまいますよ。

本日もお立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-12-19 20:24 | あまいもの | Trackback | Comments(6)

2010年10月 宮崎牛専門店銀座みやちく

先月までの一年間、某所にて参加させていただいていた“食の美味しさや安全を確認する”ワーク。
その場を通じて知り合った方々と、“終了記念&これからもどうぞ宜しく”のお食事会をいたしました。
場所は、私達の敬愛する水野葉子先生にお薦めいただいたところにて。
宮崎牛専門店銀座みやちく
美味しい宮崎の牛肉がいただけます。
この日は、おしゃべり優先のため、半個室風に仕切られたお席を予約。
f0039281_1234070.jpg

乾杯用にいただいたのは、紫芋のジュース
お芋のジュースって?
と興味津々でしたが、フルーツジュースのように飲みやすいものでした。
そうして後味に、遠く、芋焼酎に思いを馳せられるあの甘くて美味しいおいもの香りが漂います。
f0039281_12342397.jpg

前菜は、焼き野菜盛り合わせ
もちろんこれらも宮崎産。
f0039281_1234465.jpg

メインは、平日ランチ限定の宮崎牛ハンバーグ
f0039281_123547.jpg

御箸を入れると、じゅわじゅわじゅわ~と、美味なる肉汁が溢れ出て、
“うわ~もったいない、誰か止めて~”
と、大騒ぎ。
お好みで、ポン酢と、トマトソース(これがまた珠玉の美味しさ)、ハーブソルトをつけていただけるようにもなっています。
でも、お味付けをプラスする必要のないほど、宮崎牛肉本来の旨みと玉ねぎの良い香りで、楽しめる美味しさでした。
“是非今度は、お休みの日に家族と一緒に!”
と、みんなしっかりパンフレットをいただきました。(家族に みせびらかす 見せる用)
美味なるものに、目がないメンバー。
次回もここぞというお店を選んで会合開催する予定です。

usako補足>そうそう、休日にお出掛けの際は、必ず予約された方がよいようです。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-10-23 12:31 | おそとでお酒 | Trackback | Comments(6)

2010年10月 今月の歌舞伎話ー歌舞伎座再開場まであと30ヶ月ー

 1993年10月 芸術祭十月大歌舞伎 昼の部 (於:歌舞伎座) 
一幕目 関取千両幟
 澤村宗十郎 岩井半四郎 片岡我當
二幕目 三国伝来玄象譚(夢枕獏氏作)
 坂東玉三郎 中村勘九郎(現勘三郎) 坂東弥十郎 
三幕目 人情噺文七元結
 坂東玉三郎 中村勘九郎 澤村藤十郎 中村浩太郎 松たか子 中村橋之助 
四幕目 鷺娘
 坂東玉三郎
f0039281_8331696.jpg

少年が大志を抱くなら、
少女よ、夢を抱け!
と、希望に燃える女子高生の歌舞伎観劇感想文は、先日お目に掛けました通りでございます。
しかし
直に、世の中の現実を知るようになれば、志も、夢も希望もどこへやら。
歌舞伎観劇感想文も、このように変化いたします。 

↓ ↓ ↓

やっぱり歌舞伎観劇というと、朝からワクワクします。
十月歌舞伎昼の部を見に行きました。
銀座ショッピングも計画していたので、おニューのお洋服を着て行きました。
観劇の前には、お昼のお弁当用に日乃出の隣にある懐石寿司の“伊まさと”で折詰を買いました。
これがとても美味しかったので、早速、お祖母ちゃまにも教えてあげるつもり。
f0039281_8341351.jpg

 ( ↑ 保存してある伊まさとのしおり)
さて、お芝居は四つの出し物。
どれも良かったです。
夢枕獏の舞踊劇も、玉三郎さん美しかったし、文七元結も、玉三郎さんの粋なおかみさんが綺麗。
幸四郎のお嬢さんの出来も上々。(*注:松たか子さんのことです。)
藤十郎の三枚目の演技も珍しくて良い。
勘九郎は世話物の汚い役をやらせると天下一品。
ちなみに、世話物の色男の似合うのは菊五郎。
時代物の色男(貴公子)は、やっぱり梅玉。
最後の鷺娘は、相変わらずお美しい玉様の魅力全開。
すっくと立った姿の美しさ。
番傘の陰からのぞく目線のはこび方。
鷺の羽ばたきの振りをする時の優しげな指先。
白い衣装も、赤のお着物も、ピンクの着物も、どれもその綺麗なお顔を充分に引き立てていました。
何度でも見たい!
やっぱりビデオを買おうっと。(*注:まだビデオの時代です)
ところで今日、斜め前の席に沢口靖子が座っていましてびっくり。
本当に綺麗です。
透き通るようなお肌も綺麗だし、TVで見るよりずっとほっそりしているし、まるでお人形のようでした。
さてお芝居のあとは銀ブラ・・・(以下省略)

・・・と、あとは銀座でのお買い物の様子が続きます。
玉三郎さまと・・・、
沢口靖子と・・・、
おべんとっのこと、しか把握できない、観劇記録でした。
もうちょっとマシな感想書けなかったのでしょうか?
こんな時期を経て、usakoの現在の、観劇の日々があるのでございます。

最近のusakoの観劇記録と読み比べていただき
“よくぞ、ここまで立ち直った!”
と、思ってくださった方、どうぞクリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
ありがとうございます~。
これからも真面目な観劇記録目指して頑張ります。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-10-20 08:28 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(12)

2010年9月9日 ベアホリックを食べて歌舞伎座を想う

デパ地下で、いつ見ても必ず行列しているお店ってありますよね。
並ぶのが好きではないので、そういう列は、横目で見ながら素通りします。
でも、興味がないといえば、それは・・・ちょっとうそ。

朝の開店間もないデパ地下で、だれも並んでいないところに出くわしてしまいました。
f0039281_22223258.jpg

ベアホリックのベアケーキ
クマの型で焼いただけ・・・と言ってしまえばそれまでですが。
なかなかどうして。
この生地、微かなもっちり感が、行列の出来る理由かもしれません。
ひと箱買うと、兵馬俑のように、くまちゃんが並んでいます。
f0039281_22225779.jpg

そういえば人形焼も絶えない人気・・・と、思いを馳せたら、
急に歌舞伎座大黒屋さんの人形焼が食べたくなりました。
銀座三越は、早々にリニューアルオープンだそうで。(9月11日)
わが歌舞伎座は、リニューアルオープンまでは、まだまだ遠い道のりで、ちょっと寂しくなりました。
昨年の9月9日の記事は → こちら

毎日更新頑張ります。
お励ましのクリックをおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

More 猫好きのあなたにおまけ
[PR]
by oomimi_usako | 2010-09-09 22:17 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

2010年9月7日 銀座 菊廼舎

日中は、まだまだ日差しが厳しくて、残暑そのものと言う感じですが、
朝晩は、心地よい涼風がたつようになってきました。
空を見上げれば、刷いたような雲が広がっていて、
・・・秋ねぇ・・・
と感じます。
f0039281_17511677.jpg

銀座菊廼舎の涼菓舟。
笹舟(モドキであるのが残念)にのった、水饅頭のような葛桜のようなつるりんとしたお菓子が、
午後のお茶の時間にひとときの涼を運んでくれました。
こんなお菓子とも、そろそろお別れでしょうか。
そうそう、日の落ちるのもめっきり早くなってきて、
そんなところにも秋を感じます。

昨年の9月7日の記事は → こちら

毎日更新頑張ります。
お励ましのクリックをおひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-09-07 18:00 | あまいもの | Trackback | Comments(12)

2010年8月 煎り酒とコリンキー

さて、スライスしたコリンキー
和風マリネのお味付けをするために、使いましたのは、煎り酒です。
f0039281_18292544.jpg

私は、銀座三河屋の煎り酒を、日本橋三越デパ地下の調味料売り場で買い求めて、愛用しています。
先日、六本木ミッドタウンをウロウロしていた(また?!)時に、DEAN & DELUCAでも、発見しました。
もちろん全く同じものなのですが、三越の、ピンクとブルーと紫のおなじみの袋に入れて貰ったものと、DEAN & DELUCAのおサレな感じのする袋に入ったものとでは、なんだかお味が違うように思えてしまうのは、とても不思議なことです、これは余談ですが。

この煎り酒。
皆さま御存知とは思いますが、念のため記しておきます。
日本酒に梅干と花がつおを加え、じっくり煮詰めて作る調味料。
江戸時代から作られ、便利に使われてきたものです。
お醤油を使うより塩分が控えられ、代わりに旨みが加わるため、いろいろ便利に使いまわせます。
よく、煮物に梅干を一つ入れて隠し味に、な~んてレシピがあったりしますが、それは要するにこの原理です。(なお、三河屋の煎り酒は、梅干ではなく、梅酢を使っています。)
f0039281_183076.jpg

スライスしたコリンキーに千鳥酢をたらりとまわしかけ、少しなじませてから、煎り酒をやはりひとまわし。
良く混ぜてそのまま冷蔵庫に。
30分もあればお味が付いて美味しくいただけます。
さらに2日後、煎り胡麻を捻ってパラパラとかけていただいてみましたら、ますます美味なコリンキーでした。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-24 18:25 | おうちの調味料 | Trackback | Comments(15)

2010年5月 銀座 菊廼舎(きくのや)

この時期の和菓子と言えば・・・
若鮎
“ふわもち”感覚(=京都の阿闍梨餅ね)が大好きなので、若鮎の皮と中の求肥が、ストライクなのです。
お茶のお伴に購入する回数も、自ら意識しているよりも、はるかに頻繁なようで、
実家では
「お姉ちゃまの、若鮎好き。また買ってきた。」
と言われています。
そこでこの日のおやつには、意識して選んだこちらの和菓子。
f0039281_2254254.jpg

江戸和菓子 銀座 菊廼舎あじさい
涼やかに、鮮やかに。
これからの季節、雨の一日も、
こんなお菓子でお茶の時間を過ごしたら
ちょっと楽しい気分が取り戻せそうです。
下に敷かれた青葉が、紫陽花でなくて桜の葉(ちゃんと本物よ♪)なのですが、
マダムチイ(母)曰く、
「紫陽花の葉では、どう見ても大き過ぎるからでしょう。」
なるほど、なるほど。

本日も応援を宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

***追記(2010.5.29)***
 頂いたコメントで、紫陽花の葉には毒があったのでは?と教えていただきました。
 nanamamaさま、きなこの母さま、やっぱりお姉さま方はさすがです♪ありがとうございます。
 そういえば、そんなニュースを聞いたような? と思って調べてみました。
 実際に、紫陽花の葉には毒があり、それによる事故も起きていることが確認できました。
 どんな毒かについては、“青酸配糖体”と呼ばれるものが、指摘(2009年12月時点)されているようです。
 詳しいことは、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 安全性研究チームというところのwebページに記載がありますので、ご興味のある方は、ご覧になってください。
    http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/poisoning/plants/hydrangea.html

[PR]
by oomimi_usako | 2010-05-28 22:01 | あまいもの | Trackback | Comments(14)

源吉兆庵 涼観水

ちゃぷん。
さらららら。
f0039281_994521.jpg

涼しげな色の青もみじの間を
赤いお魚がゆらゆらと泳いでいます。
こちらは、源吉兆庵の、錦玉工芸菓“涼観水(りょうかんすい)”という冷たいお菓子。
f0039281_995748.jpg

“道のべに 清水流るる 柳かげ 
しばしとてこそ 立ちどまりつれ ー西行法師(新古今和歌集)ー
夏のひざしの傍らに涼しげな清水の流れと緑蔭。
しばし立ち止まって清水を眺めれば、目に映る水面や水底の世界。
当庵では、そのいにしえより変わらぬ涼を運ぶ夏の光景を、
幼果桃・金柑・青もみじと鮎の型抜き羊羹などをあしらった
つややかな錦玉羹を羊羹の上に重ね、あらわしました。
観てもお口に入れても涼やかさをお楽しみいただける夏の工芸菓でございます。”
(本品同封の説明書きより転記)   
f0039281_91071.jpg

ハイ、正に、その通りにございます。
観ても、食べても楽しいお菓子。
源吉兆庵のお菓子一つ一つに付けられた説明書きは、どれも丁寧。
読むのも楽しい一枚です。
気持ちをこめて、
手塩にかけて作ったお菓子なので、ついつい説明したくなってしまう・・・
そんな気持ちが伝わってまいります。
f0039281_9102341.jpg

せっかくなので、お茶を点てていただきました。
ひんやりつるんのほのかな甘みは、
急に暑くなった五月のお茶の時間に、ぴったりでした。

usako補足>小さなグリーンの幼果桃は、柔らかくてとても美味。
摘果したものを利用しているのでしょうか?
源吉兆庵には、大きな桃がごろんと入ったお菓子もありますから、
そうならなかった摘果も、こうして美味しいお菓子として大活躍、
ということかもしれません。


本日もクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-05-18 09:01 | あまいもの | Trackback | Comments(6)


日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako

プロフィールを見る

最新のコメント

☆モンスーンさま、 ひ..
by oomimi_usako at 21:53
こんばんは♪ わ~、素..
by 2005-1127 at 18:59
☆ぷうさま、こんにちは!..
by oomimi_usako at 15:39
☆chee-mamaさま..
by oomimi_usako at 15:34
うさこさん、こんにちは。..
by ぷう at 15:08
こんにちは! 先日、歌..
by chee-mama at 09:50
☆ぷうさま、 はい、お..
by oomimi_usako at 23:20
そうでしたね! 大河ド..
by ぷう at 11:40
☆まりりんままさま、 ..
by oomimi_usako at 18:50
こんばんは! お友達と..
by まりりんまま at 17:23

最新の記事

南青山 レストラン タニ
at 2017-06-16 18:02
歌舞伎座 六月大歌舞伎 夜の部
at 2017-06-13 23:12
その名も、純米吟醸井伊直虎。
at 2017-06-10 18:50
ラ・メゾン・アンソレイユの季..
at 2017-06-04 13:25
ASOチェレステにて2017..
at 2017-06-01 21:36

カテゴリ

あまいもの
おうちのお食事
おうちの調味料
おそとでお食事
おそとでお酒
usakoのお教室
歌舞伎やお芝居見物
旅とおでかけ
日々の生活
読書
音楽
展覧会
手芸(刺繍など)
お気に入りの品々
草花
どうぶつ
わたくしごと

タグ

(196)
(184)
(117)
(94)
(86)
(64)
(48)
(43)
(40)
(36)
(36)
(32)
(31)
(30)
(26)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)

白鹿辰馬本家酒造
酒粕の美味しいムース!
usakoのレシピはこちらでご紹介中です。


日本酒造組合中央会
楽しい日本酒ライフのためにお世話になっています。

K's Sweets Kitchen 伝言板お菓子教室に関するご連絡事項はこちらをご覧ください。

★記事との関連が読み取りかねるコメントとTBにつきましては、当方にて削除させていただく場合があります。
あしからずご了承ください。
Copyright(C) 2006-2017 K's Sweets Kitchen All Right Reserved

検索

ブログパーツ