K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

タグ:Oisix ( 7 ) タグの人気記事

シカクマメ

f0039281_1635394.jpg

みどりの小人のラジオ体操・・・?
ではありません。
これは、シカクマメ、沖縄産の別名うりずん、という豆の断面です。

いつも食材を届けてもらっているOisixでは、時々、
普通のスーパーマーケットではお目にかかれないような、
ちょっと珍しいものを手に入れることが出来ます。
このシカクマメも、面白そうだったので、先日頼んでみました。
f0039281_16342866.jpg

こちらは、全体像(?)。
縦方向四つの縁に沿って、フリルがあります。
筋はなく、そのまま軽く湯がいて、
さやえんどうや、スナップエンドウと同じようにしていただきます。
ちょっと苦味がありますが、ゴーヤーの足元にも及ばないほどなので、“大丈夫”。
 私は、ゴーヤーの苦味が苦手なので、一年に一本位しかお料理しないのです。
ちょっと珍しい食材は、
いつもと変わらぬ食卓を、
ちょっと楽しくしてくれます。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-12-02 16:33 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)
f0039281_11393562.jpg

勇ましく、たすき掛けをしたこちらのお方は・・・
金沢の老舗酒蔵福光屋が醸した美味しい日本酒、
加賀鳶の山廃純米吟醸です。
たすきには、
“冷やおろし原酒 醸造年度平成二十四年 生詰原酒”
と、あるとおり、この夏のあいだ熟成させた山廃仕込の加賀鳶を、
生詰めにしたもの。
コクがあって日本酒らしいキュッとしまったお味のお酒です。
f0039281_11395883.jpg

そして、福光屋の日本酒をいただくならばということで、
調達したのが、福光屋の仕込み水です。

我が家で日本酒を頂く時には、必ず一緒にお水をいただきます。
このほうが、日本酒の美味しさを味わいやすくなるからです。
また、一般的には 残念ながら我が家では実証できませんが 、酔いも回り難いとも言われ、
日本酒造組合中央会でも、美味しいお水と共に日本酒を楽しむことを勧めています。
普通のお水で構わないのですが、もっとも理想的なのは、
いただく日本酒を仕込む時に使ったお水である“仕込み水”を、
あわせることだと思います。
f0039281_11401391.jpg

実は、たまたま今年6月の日本酒フェアの石川県のブースで、
福光屋の仕込み水を試飲させてもらいました。
それ自体が主張することのない癖のなさは、まるで喉を清冽な空気が流れていくよう。
加賀鳶をいただくなら是非合わせたいと思いお尋ねしたところ、
連絡すれば、配送もしていただけるとのことでした。
しっかりお名刺も頂戴しましたが、仕込み水一本ください!というわけには行かず、
いつお願いしようかなと機会をうかがっておりました。
f0039281_11402955.jpg

そうしましたら、
いつもお世話になっているOisixが、最近、福光屋の商品を扱いだしました。
日本酒と仕込み水を一緒に、それも、
デイリー食材と一緒に注文できることになろうとは、
なんて、素敵なことでしょう!
嬉しくなって注文した、加賀鳶冷やおろしと蔵の仕込み水(もちろん一本から注文可能)。
我が家の“日本酒を楽しむ食卓”は、更に頻度をましてしまいそうです。

usako覚書>加賀鳶 山廃純米吟醸 冷やおろし原酒
精米歩合59% アルコール度18度 日本酒度+2 酸度2.1
酒米 全量兵庫県多可町中区産山田錦

だいぶ秋らしくなりましたね。
いつもありがとうございます。
本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
by oomimi_usako | 2013-10-18 11:30 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)
イタリア産の生ソーセージ、サルシッチャが手に入りました。
完全に生のソーセージで、もちろん冷凍で輸入されたものです。
そのままボイルしたり焼いたりする一般的な頂き方でも良かったのですが、
今回は、以前TVで見て真似してみたかった使い方を試してみることにしました。
f0039281_22505566.jpg

その使い方というのは、既にお味の付いているソーセージの中身を、“味付きの挽肉”として利用してToad in the hole(トッドインザホール)を作るというもの。
Toad in the hole はイギリス伝統料理です。
訳すと穴の中のヒキガエル・・・となり、日本人の感覚では、お口に入るものにつける名前ではないと思ってしまうのですが、それは、処変われば・・・ということでしょうか。
一般的なToad in the holeは、ヨークシャープディングの生地の中に予め火を通したソーセージを埋め込んで焼き上げます。
f0039281_22512798.jpg

生ソーセージに穴を開けて、中身を絞り出しつつミートボールを作って並べます。
そこに、ヨークシャープティング生地(混ぜるだけ)を流して、後はオーブンで焼くだけ。
焼成中に、サラダなどのお野菜料理を数品作れましたので、いつもと少し目先を変えて“英国料理の夕べ”などと題するお食事時間が楽しめました。
f0039281_22514517.jpg


お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。

そしてまた、いつもイイネ!を
クリックしてくださいましてありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2013-03-26 22:37 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(8)

黒蜜きなこのミルク餅

今日のおやつは、ミルク餅。
いつもお世話になっている、食材宅配のOisixさんから
頂いたレシピを元に作ってみました。
f0039281_17125645.jpg

ただ、レシピと言っても、
ミルクに片栗粉を混ぜて加熱して、
やわやわのお餅風にまとめるだけなので、
あっという間に出来てしまうお手軽おやつです。
なんだか、たこ焼きのようにも、あべかわ餅のようにも見えますが・・・。
f0039281_17131422.jpg

成形する時の手粉代わりに、たっぷりのきなこを塗しました。
f0039281_17133989.jpg

黒蜜もたっぷり。
とろりとろりとかけていただきました。

More  夏の痕跡・・・?
[PR]
by oomimi_usako | 2012-09-08 17:11 | あまいもの | Trackback | Comments(8)
どうやら、私のシアトルカブレは、未だ治っていないようです。

メイヤーレモンを見て、何よりもレモネードを作りたくなったのは、
シアトルのセーフコーフィールドで、MLBを見ながら飲んだ
美味しいレモネードを思い出したから。

そして、
さらにまた一つ、見つけてしまいました。
f0039281_22455827.jpg

レーニアチェリー
ワシントン州産の、あの美味しいレーニアチェリーに、
まさか日本で、再びまみえることになろうとは!

Pike Place Market(パイクプレイスマーケット)の果物屋さんの店先に、あるいは、
シアトル在住の友人が連れて行ってくれたスーパーマーケットのフルーツコーナーに、
山のように盛られていたレーニアチェリー。
いただいてみると、果肉の厚みといい、甘さといい、ジューシーさといい、
特級佐藤錦もびっくりの美味しさでした。
f0039281_22461820.jpg

出会ったのは、またしてもOisix
私は、Oisixさんの、宣伝本部長でもまわし者でもありませんが、
こうして何かと“イイモノ”(もちろん私にとってですが)を提供してくれるので
ずっと、お世話になっているというわけです。

More  もったいなくて
[PR]
by oomimi_usako | 2012-07-19 22:41 | あまいもの | Trackback | Comments(12)
みなさ~ん、また新入生ですよ。
ではあなた、自己紹介してくださいね。
f0039281_1851149.jpg

はい!
わたくしOisix=当ブログおなじみの食材宅配会社)から来ました。
香川県出身(=生産地。発祥ではありません)の、コリンキーと申します。
柔らかくって、生で皮ごと食べられるかぼちゃの仲間で~す。

コリンキーさん、上手に自己紹介出来ましたね。
では、席順を決めますので、背の高さを比べてみましょう。
ビールくん、お願いします。
f0039281_1851485.jpg

はーい。
ボクは、軽井沢高原ビール=またしても当ブログお馴染み。)2010年夏季限定ビールです。
2003年に発売された、インディアペールエールの復刻版なんです。
インディアペールエールというのは、18世紀に、イギリスからインドまでビールを長時間かけて運ぶあいだ、その品質を保つため、ホップを普通より多く加えたことで、偶然に誕生した味のビールなんだ。
ホップには、劣化防止の効果があるからなんだけど、おかげで強いホップの香りと苦味が楽しめるんだよ。

あらあら、ビールくんも、ちゃっかり自己紹介しちゃいましたね。
では、早速コリンキーちゃんに美味しくなっていただきましょう。
f0039281_1852951.jpg

半分に切ってみるとこんな感じ。
普通のかぼちゃと同じように、種と綿を刳り貫いて、
今回は、薄くスライス。
とても綺麗なビタミンカラーです。
f0039281_18523139.jpg

実験も兼ねていましたので、洋風と和風の両方のお味をつけてみました。
f0039281_1852485.jpg

洋風のお味のほうは、マリネして前菜に。
シャキシャキして歯ごたえの良い食感で、美味でした。

次回、コリンキー和風編につづく。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
by oomimi_usako | 2010-08-23 18:47 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(4)
早々と済ませたクリスマスでしたが、
やはりこうしてイブになってみると
何もしないのも何だか物足りない気がしました。
そこで、普通のお夕食になるはずだった材料で、ちょっとだけヨソイキ顔に。
フレンチレストラン風までは行きませんが、
ランチに寄ったビストロ風?とでも申しましょうか・・・
f0039281_942610.jpg

OISIX三竹さんのキャベツのスープ
豪快にカットしたキャベツを朝から煮込んでいたので
まずはそれを。
お馴染みの三竹さんのあまっ子野菜たちが、ちょうどOISIXより届きました。
f0039281_943895.jpg

こちらは、ほうれん草のフラングラタン風
f0039281_945093.jpg

グラタンではカロリーも気になりますので、カッテージチーズを使います。
f0039281_95290.jpg

トラウトサーモンの炙りハーブ風味 お野菜ソース添え
お刺身用柵をソテーする、お得意のバージョン。
中がレアでいただけるのが好きなのです。
みじんに切ったお野菜をフレンチ風のお味で和えて。
f0039281_951334.jpg

殿のご帰還を、待ちきれなかった私。(いつも、そうです
さっさとお食事を、済ませてしまいました(いつもいつも、そうです)。
帰宅してお食事を始めた殿と、白ワインで乾杯!の部分のみ、お相伴して
イブのお食事は、終了しました。

usakoのお味 簡単お野菜ソース
お野菜は、三竹さんのセロリとニンジンを使うとより甘くて美味しく仕上がります。
これらをみじん切りにして、10秒位熱湯につけてすぐ、お水で冷やし水気を切っておきます。
それに、小粒のケイパー(大きかったらみじん切り)を混ぜ、あとはドレッシングで和えました。
ドレッシングは、ホワイトワインビネガー、オリーブオイル、みりん(あればりんごジュース)を同量と、ハーブソルト適量(なければお塩)とお醤油をひと垂らし混ぜますが、あとはお味見して調整してくださいね。


いつも応援クリックしてくださるみなさま、
メリークリスマス!
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
本日もクリックありがとうございました。
[PR]
by oomimi_usako | 2009-12-25 08:56 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(12)