K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年5月 またまた酒屋やってます

f0039281_10432262.jpg

我が家でお取り寄せというと、スウィーツやご当地食材よりも断然多い、お酒類。
一度に頼む量も多いためか、先様が配送に使ってくださるのが、場合によっては、あの赤い“通い箱”という有様です。
普通のウチなのに、数個の通い箱に酒瓶をストックしている我が家はやっぱり、フツーじゃない?
今年三月の旅行は、焼酎の国鹿児島でしたから、日本酒党usakoは、お酒のことはあまり考えずに乗り込みました。
でも思いがけず焼酎に開眼し、美味しい焼酎にも出逢ってしまったことは、皆様にも鹿児島旅行記でお目にかけました通りです。
そうなると、あとは日本酒と変わりません。
鹿児島で試しに購入して近しい皆さんに呑んでいただいた結果、ファンが増えた焼酎は、一般には売られていないし、インターネット通販上でも商品ラインナップにないものでした。
そこで、早速蔵元に銘柄指定でお願いして、送っていただきました。
薩摩酒造明治蔵の“根唐芋”三本無事ご到着。
冒頭は、その記念写真です。

usakoの補足>明治蔵のご担当の皆様は、とても気持ちの良い丁寧なご対応をしてくださいます。
メールでのやり取りの中でも、お心がこもっていました。
また是非、何度もお願いしたい!そういう気持ちになりました。
ということで、またお取り寄せしましょ♪

[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/10976369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fis2001a at 2009-05-04 22:53
日本酒はかなりお好きなんだなぁ〜とは思っていたんですが、焼酎に開眼ということになりますと、それにつれてお料理の幅も一段と広がりますね。
余談ですが、私のお友達が秋田におりまして、以前「Black Stone」という焼酎をお土産に持って来てくれたことがありました。原材料は芋ではなく、酒粕と米こうじで、まったりしていて美味しかったです。お酒をいただかない私がお薦めするのも...ですが、見かけたら一度お試しください。
秋田県醗酵工業(株)のもので、秋田物産館(有楽町・交通会館)にも置いてありましたよ。なんか宣伝マンみたいになっちゃてごめんなさいね。
Commented by coed at 2009-05-04 23:38
またまた酒屋さん開店ですね!
何が素晴らしいって、これが掃けてしまうところ。
いったい、usakoさまの何処につるつる入ってしまうんでしょうかねぇ。
どうぞ、次回のレポートのテーマになってくださいまし。
Commented by まりりんまま at 2009-05-05 08:01 x
えーと、家計に占める「酒代」の割合は何係数と言うのかな・・・。
一緒に召し上がるお料理が楽しみですわん。
Commented by oomimi_usako at 2009-05-05 10:51
☆フィスちゃんのお母さまおはようございます。
禁断の扉を開けてしまったような感じもしておりますが、本場で焼酎の正しい頂き方を学び、美味しさを実感してしまいました。
日本酒初心者の方の気持ちは、きっとこんな風なのでしょうね~と、久々の新入生気分(?)で焼酎を楽しみ始めております。
合うお肴も違うので、それを考えるのも楽しみです。
秋田の米焼酎、ご紹介ありがとうございます。
芋焼酎でさえ(?)とても美味しく思うので、日本酒好きの私はたぶん米焼酎も大好きになろうかと思います。頂いてみますね!
Commented by oomimi_usako at 2009-05-05 10:51
☆coedさま、これ全部独り占めするわけではないですよ。
美味しいものはみんなで分けあって!の大原則の元、しかるべきところにoomimi usakoのぴょんぴょん便で配達いたしました。
酒屋さんの次はもちろん!居酒屋usako庵。
後日のレポートをお楽しみに~♪
Commented by oomimi_usako at 2009-05-05 10:54
☆まりりんままさま、それは、デビル係数と申します。
これに合うものは・・・?と考える楽しみが倍増しました。
でも日本酒でさえ、まだまだ鍛錬が必要。
ましてや初心者である焼酎については、もっともっと訓練が必要だと思っております。
がんばりますっ♪ (・・・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-05-04 10:00 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)