K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年6月 焼酎を楽しむ食卓 一壷酒(薩摩酒造)

私の焼酎苦手意識も、先達ての薩摩旅行にてすっかりクリアされました。
f0039281_9523689.jpg
日本酒を楽しむ食卓シリーズ(?)に加えて、これからは焼酎を楽しむ食卓もシリーズ(??)でお目にかけられればと思っています。
とは申せ、まだまだ焼酎初心者。
今のところ、薩摩の美味しい芋焼酎から体験中(??)です。
さて、今回の焼酎を楽しむ食卓。
メインの焼酎は、薩摩酒造の二種。
f0039281_953858.jpg
まず一本は、薩摩旅行の折に仕入れた種子島ゴールドを使った“造りたて 一壷酒”。
こちらは、昔ながらの甕壷で仕込んだ手作り焼酎を、蒸留後ひと月(普通は三ヶ月位)寝かしただけで瓶詰にした、いわゆる出来立て焼酎です。
こちらは、今回が呑み納め。見事にカラになりました。
そしてもう一本は、今の所私が一番美味しいと思う“根唐芋(ねっかい)”。
全量芋、つまり麹も芋!という焼酎で、香り良し、旨み良し。
実はこちら、私が“焼酎ったら美味しい!”と思うきっかけになったものです。
お取り寄せでしか手に入らないものではありますが、たぶんこれから長くお世話に(?)なりそうな予感。
f0039281_9533989.jpg
そんな本場の極上焼酎に合わせたのは、やはり鹿児島六白豚です。(六白豚については鹿児島旅行記第三日目の最後に説明あり。併せてご参照ください)

この時期にしては、少々肌寒かったのを良いことに、あたたかい豚しゃぶを楽しみました。
お鍋にも焼酎をたらり落として。
焼酎に合うお料理を用意するのに、自己流にはまだまだ修業(=呑み)が足りません。
本格的に正しい焼酎を供してくれるお店を見つけて、お勉強もしなくちゃね、と俄然張り切るusakoです。


f0039281_9541632.jpg

“日本酒”のカテゴリーのほかに、にほんブログ村のこちらのカテゴリーにも参加しています。
今日の記事、美味しそう!と思ってくださった方、クリックにて一票お願いいたします。

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/11211353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzu-kinako at 2009-06-02 13:18
俄然張り切ってるusakoさんが目に浮かぶ今日この頃です♪
今夜は呑めないお酒でも「ぐい~っと」やれば、吹き飛ぶかしら?
鹿児島六白豚って・・・どんなお味なの?
Commented by sanpomichikara at 2009-06-02 16:09
呼ばれたような気がします(笑)
芋焼酎と聞いては参加せずにはいられません^^v
先日の魚真でも芋のお湯割りを頂きましたが、意外に焼酎って何にでも合うんですよ。お刺身OK鍋OK、魚・肉何でも合います。そのうちきっとusakoさんも芋通になりますな。修行に励んでください。
ってオヤジっぽいコメントで失礼m(__)m
Commented by coed at 2009-06-02 22:55
何時の間にやら焼酎通になってしまいましたねぇ。
苦手ですと言ってらっしゃたのは、いつのことやら(!!笑!!)
鹿児島六白豚は初耳!なんだかそそられるお名前ですよね。
どうぞ、正しい焼酎を供してくれるお店でお勉強して、成果を発表してくださいね( ^ー゜)b
もちろん、どれだけ飲めるかの成果ではございませんことよ!
Commented by oomimi_usako at 2009-06-03 08:14
☆きなこの母さま、呑めないお酒は無理にお呑みにならないほうが宜しいかと・・・。
せめてお手製の梅酒で、お願いします。
六白豚は、鹿児島の黒豚ちゃん。
お肉が柔らかくてコクがあるのはもちろんなのですが、クセやえぐみが無く美味しく食べられる脂身が特徴です。
結構首都圏にも出ているので、今度探してみてください♪
そういえば、神奈川の高座豚も頗る美味ですよね!
Commented by oomimi_usako at 2009-06-03 08:14

☆Yoshimiさま、知らず知らすのうちにお呼びしちゃいましたか(^^;)
芋焼酎も、麹の種類、お芋の種類によって、お味が全然違うのだということが、わかってとても面白く修行(?)しております。
お米と酵母の違いによる日本酒のお味の違いと同じ♪
いや~お酒って、本当に奥が深いですね。
Commented by oomimi_usako at 2009-06-03 08:15
☆coedさま、焼酎苦手と豪語していた時期を思うと、遠い目になってしまいます~。
お店の開拓頑張りますっ。
ウロウロしなくちゃ♪
ちなみに六白豚は、鹿児島の黒豚。
体は黒いけれど、アンヨとお鼻としっぽの計6箇所が白いので、“六白豚”とも言われています。
詳しい説明と、本場の写真は、鹿児島旅行記第四日目にありますので、お暇な~ら~見てね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-06-02 09:30 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)