K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年7月 日本酒を楽しむ食卓 義左衛門

毎度おなじみ。
三重県津市朝日屋さんの松阪牛ちゃんが、同県伊賀の“義左衛門”(若戎酒造)を伴って、この夏も我が家にやってきてくれました。
蝶よ花よと、大切に育てられた血統正しき松阪牛は、ご本人・・・いえご本牛(?)だけでなく、そのご両親、ご兄弟、おじいちゃまおばあちゃまのお名前までわかるようになっています。
f0039281_923588.jpg

丹精込めて育てられたわけですから、いただく時も心して感謝をもって頂戴しなければなりません。
蒸し暑さの続くこの時期なので、しゃぶしゃぶ肉を冷しゃぶにしました。
冷蔵庫のチルドルームから出した松阪牛は、室温でも脂が溶け出してしまうので、手早く扱い、しょうがを入れて沸かした熱湯の中。
ササッとくぐらせたら、すぐ氷の中へ落として〆て、またすぐに笊に上げて水気をきりました。
f0039281_9241791.jpg

あとは、鰹の土佐造りの要領で。
きゅうり、新たまねぎ、みょうが、海藻、大葉などと一緒に大皿に盛って、少し甘めに作ったごまたれや、徳島からやって来たすだちをたっぷり絞ったお醤油たれで、いただきます。
合わせた“義左衛門”は精米歩合60%の純米吟醸。
きりりと冷やしていただけば、その薫り高いさっぱりとしたお味は、松阪牛のしゃぶしゃぶ肉と一緒に絶妙なハーモニーを奏でるのでありました。

usakoのひとりごと>上記の文章に特定の“擬音語”をつけると、どこかで読んだことのある某K教授的文章になりそう?と感じるのは、私だけでしょうか??

にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/11427871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzu-kinako at 2009-07-01 12:47
usako亭は潤ってますね。
牛は当分食卓に出しません。と言うより出せません。
今年は金魚草は全部抜いてしまったのですが、季節の花はいいですね。
上の空白のコメントは私です。何だか不思議現象発生です。
Commented by sanpomichikara at 2009-07-01 20:34
usakoさんのお宅には牛さんがお酒くんを連れてやってくるのですか?
最強のペアですね。
冷しゃぶは私も良くやります。
そしてやはり胡麻だれとポン酢と両方用意します。
お野菜をたっぷり添えて♪いいですねぇ。

お写真も色がきれいで研究の成果を感じます。
これからも楽しみにしています^^
Commented by oomimi_usako at 2009-07-01 21:59 x
☆きなこの母さま、せめて牛でも食べて元気出さないと、と言う気分です。
え~、金魚草抜いてしまわれたのですか?もったいない!
でも結構増えるのも早いですよね、この子達。
Commented by oomimi_usako at 2009-07-01 22:03 x
☆yoshimiさま、そうなんです。
牛さんは主に日本酒。
豚さんは、焼酎です。
うさぎさんは・・・?
この時期、冷たくして美味しいお野菜類とお肉の組み合わせは、とても良いですよね。たくさん野菜を食べて夏に備えたいと思っています。
毎日コンデジと戯れています。
めずらしく説明書をよく読んで、機能を見つけては、技術のすごさに驚く日々です。
Commented by まりりんまま at 2009-07-02 06:18 x
よーく考えてみれば、しばらくお高めのお肉はいただいてない。
主人に野菜を食べさせようとしていて、和牛の美味しさから遠ざかっております。いいなあー。こういう時はお呼びいただくと嬉しいのに!
「あれ」を持って伺いますよ~。
Commented by oomimi_usako at 2009-07-02 08:25
☆まりりんままさま、あれ?あれっ!あれ~♪
最優先で、お声をおかけいたします!
というより、お車送迎付きVIP待遇にてお迎えしますわ!

食べ切れなかった松阪ちゃんは、アスパラにんじんエリンギにぐるぐる巻きして、塩コショウで焼付けました。こういうものなら、ご主人様は、お肉もお野菜も召し上がるのでは?
美味しいお肉のうまみがお野菜にしっかりしみ込んでいますもの(^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-07-01 09:00 | おうちのお食事 | Trackback | Comments(6)