K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年9月15日 歌舞伎座 夜の部 

今月の歌舞伎座は九月大歌舞伎
夜の部を、二階東桟敷で観劇してまいりました。
f0039281_15521477.jpg

一階桟敷も良いですが、二階桟敷の方が、開放感があります。
特に東の桟敷席は、花道を正面から見られる穴場。
お芝居だけでなく、見納めの歌舞伎座客席内を眺めて楽しみたい方にお勧めの場所です。
ご興味ある方はぜひどうぞ。
ただし、上手際と義太夫は少々見えにくいので、演目によってはご注意ください。
f0039281_15523824.jpg

さて、一幕目は、通称「稲妻草紙」すなわち浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)。
山東京伝の「昔語稲妻草紙」を元にした鶴屋南北作のお芝居です。
そこから“鞘当”と“鈴ヶ森”の二幕。
おうむ石として有名な場面もあるくらい、そのせりふは南北特有で、七五調の気持ちが良いものです。
そのため、役者さんの口跡はおのずと美しくなければなりません。
染五郎丈と、幡随長兵衛役吉右衛門丈、共に上々吉です。
夜の鈴が森の場面で、ここはどんな景色かと訪ねられた駕籠かきが答えて曰く
「安房、上総が良く見える・・・」
成程当時はそうかもしれない、と思いつつ、今度は幕切れのチョン(=柝の音)で、黒幕が落ちた書き割りを見てみれば、そこに広がるのは荒涼とした野っ原。
現在の鈴が森あたりからは、まったく想像のつかない当時の景色に思いを馳せられるのもまた、歌舞伎観劇の醍醐味であります。
f0039281_162851.jpg

二幕目は、十八番の「勧進帳」。
今回は、松本幸四郎丈、中村吉右衛門丈、市川染五郎丈というゴールデントリオご家族競演でした。
気品のある弁慶と、美しい義経、そして優雅な富樫というなんともエレガントな勧進帳でありました。
と、同時に、弁慶の六方を真側面からみられたことも大変嬉しいことでした。
そうそう、“判官御手を~”のくだりでは、義経と弁慶の距離がもう少し近い方が、私は好きです。
ご覧になった皆様はどう思われたでしょうか?
(歌舞伎座裏はこんな感じです↓)
f0039281_1553139.jpg

三幕目は、「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)」。
吉祥院お土砂(どしゃ)”と“櫓のお七”の場面の二幕。
いわゆるお楽しみの演目(=コメディ)です。
お土砂の場では、昔から(=初代吉右衛門が、その父歌六から受け継いだようです)、舞台と観客が一体となるようなちょっと楽しい趣向があります。
さらにさらに、福助丈の人形振りもお楽しみ。
深く考えずに、楽しく見ませう。
幕切れのチョンで、劇場内がいっせいに明るくなると・・・
舞台は一面雪の白。
花道のお七の着物は
そして、桟敷から見渡せる、客席をぐるり取り囲む鳳凰模様の提灯が、これまたくいっせいに灯り・・・
目のご馳走のような今月の観劇にも幕が引かれたのでございました。
さて、来月は、玉三郎さまの舞踊が目のご馳走です。
f0039281_15533236.jpg

f0039281_15534861.jpg

usakoのちょっと残念なお話>今回観劇していてちょっと驚いたことがありました。
弁慶が勧進帳を読み始めると、富樫がそれを覗き込もうとする場面。
はっしの呼吸が楽しみなあの有名な場面です。
「きたきたきたーーー」
と、思っているところに、なんとなんと、客席から笑い声がおきました。
なぜ?どうして?ここで笑いが?
緊張感感じる場所なんですけれど。
緊張しすぎて笑っちゃったのかしら?
お年を召した方々でしたが。
クリスマスのハレルヤコーラスで、ラストの無音の一瞬に、誰かがガサッと楽譜を落としてしまったような、そんな妙に残念な感覚が残ったusakoでした。

f0039281_1623797.jpg

usakoのおまけ>今日の観劇弁当。by usako亭
f0039281_15543542.jpg


usakoの補足>ブログお仲間のきなこの母さまからのご質問。
歌舞伎揚げと歌舞伎の関連については、歌舞伎揚げ本舗天乃屋(本社:東京武蔵村山市)のHPをご覧下さいませ。

☆毎日更新ちょうど半分経過しました!
2008年9月15日の記事は→こちら
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/11938661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coed at 2009-09-15 23:11
セピア色のお写真が素敵!
さよなら感が増して見える気がします・・・。
いつもながら、わかりやすいお楽しみ解説が付いて、そして今日も、すっかり観劇をしてきたようなお得な気分です。(一緒に残念感も味わってしまいましたわ。)
もちろん、お写真弁当では満腹になりませんでしたが・・・。ぐぅ・・・。
Commented by suzu-kinako at 2009-09-16 08:36
どうしてもあの幕を見て「歌舞伎揚げ」を連想しますが、何か関連はあるのですか?教えて?
usako亭のお弁当の方に目がいきます。私も食いしん坊ですからね。
モロッコいんげん?左上はどんな味つけですか?
Commented by ぷう at 2009-09-16 13:46 x
本当に!usakoさまの文章を拝見しているだけで、なんとも気持ちよく観劇したような気分になってまいりましたわ~。歌舞伎は、色も重要な要素なのだと、改めて気が付かされた次第です。色々な見方をこれからも教えてくださいね。
私は来月の玉三郎さんを見に行く予定です。
裏にも回ってみてきます。
Commented by oomimi_usako at 2009-09-16 20:38
☆coedさま、今回は歌舞伎座をぐるり一周してから劇場入り(?)しました。
建替え計画によれば、たぶん正面の外観は同じように造るようですが、後ろはビルになってしまいますからね。
サヨナラ期間中に是非一度、ご観劇・・・がお忙しくて無理でも外側一周だけでもなさってみてはいかがでしょ♪
お弁当は、きっとcoedさまの手作りお弁当の方が、ぐぅものだと思うわ!
また見せてくださいね。
Commented by oomimi_usako at 2009-09-16 20:38
☆きなこの母さま、あはは、私は歌舞伎揚げを見ると「歌舞伎」を連想して見に行きたくなります。
歌舞伎揚げについては、このコメント欄にはアドレスが入らないようにしてあるのでリンクが貼れませんので、↑記事中に追加しました。見てみてね♪
モロッコいんげん正解です。
ソテーして、サラダエレガンスというスパイスをからめてあります。
今回のお弁当は、和洋折衷(=訳:ちょっと適当)という感じでした。
Commented by oomimi_usako at 2009-09-16 20:38
☆ぷうさま、そうですか?ありがとうございます。
私、舞台を見た直後は、かなりそれに影響されているので、南北のお芝居なんぞ見た後はブログも七五調を意識して書いてしまうからかもしれません。
自分で書いていても、気持ちが良かったりするので・・・(^^;)
来月玉様ですか?まあ、楽しみですね!お時間がある良いお天気の日であれば、是非ぐるりと一周してからお入り下さい、せっかくですからね。
Commented by june_h at 2009-09-19 20:35
セピア色の写真と、usako様のお弁当が素晴らしいです!
最近、忙しくて歌舞伎にでかけていない私ですが、今月は幕見で観劇予定です!勧進帳が観たいですぅ♪・・・・・お席が取れるといいんですけどねー。
もうすぐ歌舞伎座ともお別れなんですね。4階の幕見席まで上がるのは大変ですが、年月を経た風情がある、とても素晴らしい劇場ですよね。でも、今の歌舞伎座があるときに、歌舞伎の世界を知ることができて、私はラッキーだったと思います。
Commented by oomimi_usako at 2009-09-19 22:26
☆juneさま、ありがとうございます。
幕見で勧進帳!それはとても楽しみですね。良いお席が取れますように。
いまの歌舞伎座があるときに、そして、今のあのお方が舞台の上でご活躍のときに、歌舞伎を見ることが出来て、juneさまのおっしゃるとおり本当に私たちは幸せですね♪(あのお方=お好みの方を当てはめて下さい)
今の新橋演舞場も建替え前に、何度か観劇に行っているのです。
でも歌舞伎座ほど思い入れがなかったのは、きっと当時はまだ、歌舞伎を見始めて日が浅かったからかもしれません。
その後、新しいのが出来てしまうと、綺麗で使い勝手の良い状況にすぐ慣れてしまうのが人間の不思議なところです。
良いんだか、良くないんだか・・・。
Commented by soleil at 2009-09-25 01:01 x
ちょっと古い記事にコメントしてすみません。
私は24日に見に行きました。で、同じように富樫が覗き込むところで、笑いが起きました@@
聞くところによると、イヤホンガイドの観翁さんの解説が、笑いを誘ってしまったのかもしれないとか・・・
観翁さんも本意ではないと思うんですけどね・・・残念です。

一番前の中央の席だったら、私にもお土砂を「掛けて、掛けて」とアピールしたかったなぁ~^▽^
あの吉右衛門さんは、富樫を演じた役者と同じ人とは思えませんでした(笑)

追伸>来月の届きました。色々とありがとうございました。
Commented by oomimi_usako at 2009-09-25 10:20
☆soleilさま、一年前でも二年前でもいつでもコメントどうぞ!

あの笑いの正体は観翁さんのせいだったの?
んまあっだめじゃない、ねえ。
でもこりゃあまずいとおもったら、途中からでも変えればいいのにね、ぷりぷり。
でも今月は、思った以上に楽しく感じました。
私の場合、最近、期待していくとそうでもなく、期待しないで行くとなかなか良い、という現象が続いています。
来月は・・・期待通りであって欲しいわ♪

無事お手元に届いてよかったです、ちょっと頑張れなくて、ごめんなさい・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-09-15 16:00 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(10)