2009年9月27日 東京永福 菓子工房CQL(シーキューエル)

今日のお茶の時間のおともは、永福の菓子工房CQLのフレッシュケーキ。
西永福駅から程近い場所ながら、こんなところに?と思うような路地裏にある老舗パティスリーです。
f0039281_12284210.jpg

その創業は1972年。
パティシェ松岡敏夫氏作の、綺麗で美味しいケーキがいただけます。
店内には、フレッシュケーキはもちろんですが、数々の焼き菓子やフルーツジュレ、チョコレートなどがところ狭しと並べられています。
f0039281_12315164.jpg

f0039281_12291162.jpg

今回いただいたのは、シンプルな焼き菓子に栗の渋皮煮やチョコレートコーティングされた葡萄やアーモンドを飾りつけたオトヌマロンと、ラズベリーの酸味が美味しい可愛いルージュ。
f0039281_1229276.jpg

f0039281_12324381.jpg

ちょっと興味のあるミントのケーキはもう売り切れていたので、また今度、そちらとシュークリームを目当てに出掛けたいと思っています。
お茶には、最近のお気に入り、ミントンのブランドネームで出されているフラワリーアールグレイを淹れました。
休日のお茶の時間は、3時より遅くなることが多い我が家。(平日は、オンタイム!)
もう一杯作りましょうか?という頃には、おうちの中に、長いオレンジ色の光が射し始めておりました。

☆2008年9月27日の記事は→こちら
↓お手間をお掛けいたしますが、クリックを、どうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/12013938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2009-09-27 12:12 | あまいもの | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako