2009年11月 東京宝塚劇場 花組公演 外伝ベルサイユのばらーアンドレ編ー

東京宝塚劇場は、ただいま花組公演真っ最中!
チケットは、こんな素敵なホルダーに入って手元にスタンバイしていました。
f0039281_817439.jpg

f0039281_8175689.jpg

f0039281_8181143.jpg

今回はアンドレに(一応)焦点を当てた脚本です。
ベルばらは、池田理代子さんの漫画から始まって、いったい今までに何度宝塚で観た事か・・・。
実はCD(大浦みずきさんの頃の二枚組)なんぞも持っております。
懐かしい“あんな台詞”“こんな台詞”も登場して、一緒に呟けてしまう状態は、まるで歌舞伎の鸚鵡石(おうむいし)そのままです。
私の中では、ベルばらも歌舞伎同様の伝統芸能の域に達しているような感覚さえありました。

レビュー“スパークリングショーEXCITER!!”も、なかなか面白く、見ごたえあり。
高泉淳子さんが客演か?と思わせるようなシーンもあって、とても楽しめました。
男役の群舞、今回も圧巻。
素敵ねえ~と目を細めて拝見していました。(その中にはるかちゃんがおいでになるのもまた、いと嬉し)
フィナーレは、目にも鮮やかな赤い色の中に、真飛聖さんのゴールドのお衣装が映えて、一足早いクリスマスのように華やかでした。
f0039281_8183266.jpg

f0039281_8184867.jpg

そして、もちろん真瀬はるかちゃん、今回も奮闘中です。
舞台のどこにいらしてもすぐわかります。
メリハリの効いたダンスや演技が、目にとまりますから。
お姿を拝見していたら、またちょっとスリムになられたかしら?と思いました。
東京公演だとお家のお母さまの元からお通いになれるから、より舞台に専念出来て良いでしょうね。
今日もお疲れさまでした。
楽日まであと少し。
お身体に気をつけて(良くない風邪にも気をつけて)頑張って欲しいと思いました。

usako補足>例によって例のごとく帰り路は・・・ちょっと歩幅も大きく背筋を伸ばして歩いてしまう私。(歌舞伎のあとは、歩幅も狭くソソソッと歩く)久し振りの観劇が嬉しくて、途中でツーステップ&ターン!・・・を、しないように気をつけながら帰ったのでした。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/12294773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2009-11-11 08:13 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako