K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2009年12月 初冬の庭

秋も深まり、もう初冬の気配が漂い始めたお庭の景色です。
お正月の生花に使う千両は、もう綺麗に色づいて出番を待っています。
黄色の実のつくブッシュのはずが、今年は一部赤い実をつけたものが混ざりました。
f0039281_23212288.jpg

f0039281_23224552.jpg

どうしてこうなったのか、良くわからず、ちょっと不思議なのですが。
f0039281_2323319.jpg

こちらは、一週間前の桜の紅葉の様子。
今年は赤い色がとても鮮やかで、綺麗でした。
一週間後、とうとう、こんな感じに。
f0039281_23231623.jpg

少し残った葉が、ちょっと寒く感じられました。
f0039281_23233547.jpg

こちらも珍しく真っ赤に色づいている、ドウダンツツジ
傾きかけたお日様が、さらに赤色を際立たせてくれます。
もみじの紅葉はちょうど見頃。
f0039281_23235194.jpg

f0039281_2324577.jpg

あらっ?
何だか白いお花が咲いています。
f0039281_23241979.jpg

もう水仙も咲き出しました。
f0039281_23243375.jpg

こちらもお正月の生花に使います。
出番待ちの間、その芳香を初冬のお庭に漂わせてくれることでしょう。
この白いお花の上に、今冬、雪は積もるのでしょうか・・・。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/12441277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukkolin at 2009-12-06 10:25 x
季節感溢れるお庭でいいですね~。
大きな木も沢山あって四季折々楽しみですね。
赤い実の千両、いままでなかったのですか?
不思議ですね~でも嬉しいですね、赤も増えて。
下の水仙、大好きです。
アレンジもいいけれど、お正月のお花は千両や水仙の生花が好きです。
Commented by jakky123 at 2009-12-06 10:36
私も数日前に水仙を載せたの。もう咲き出すのよね。
お正月までもつのでしょうか。。
赤い桜の紅葉のお写真いいですね~!
Commented by kotsukotsu-rinto at 2009-12-06 17:34
お家で季節を感じれてやはりお庭はいいですね。
千両、私も好きです。
突然変異かしら???でも2色楽しめますね。
千両を見かけると冬を感じます。
紅葉は見ごろ、ということでちょうど今頃が季節の境なのでしょうね。
usako邸の季節の移ろいを拝見させていただきました。
はんなり♪
Commented by oomimi_usako at 2009-12-06 20:51
☆yukkolinさま、春はお花の彩りが楽しいですが、今の時期は木々の彩りがとても綺麗で楽しいお庭です。
キライな虫がいないので、ウロウロと奥のほうまで散策出来るのがこれまた嬉しかったりいたします。
赤い実の千両や、それから万両などは他の場所にはあったのですが、この黄色のところにはそれのみわさわさ育っていたのです。
根元まで確認できないので、どうしてツートーンなんだか不思議なの。。。
水仙のかおりを嗅いだら、クリスマスを飛ばしてお正月の気分になってしまいました!
Commented by oomimi_usako at 2009-12-06 20:53
☆jakkyさま、そうでしたね、拝見しましたよ♪
まだまだつぼみが出てきているものがたくさんあるので、これから寒くもなるでしょうし、どうにかもって欲しいなあと思います。
久し振りに食べ物でない(?!)、美しいものをたくさん撮りました♪
Commented by oomimi_usako at 2009-12-06 20:56
☆satoさま、はんなりしてくださってありがとうございます~♪
はんなりsato様、想像するとなんだか可愛いわ~。
千両はね~本当にどうなっているのか不思議。
でも、おっしゃるとおり、二色楽しめるのもいいなあと思いました。
これからいよいよ冬に向かいますが、お忙しいご様子のsatoさまもお風邪などひかないようにお元気にお過ごしになってくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2009-12-05 23:14 | 草花 | Trackback | Comments(6)