2010年2月 杉並 浜田山 洋菓子カテリーナ

いままでに、“物を売る”ということをしたのが、高校生の時の文化祭で一度。
手芸が得意だった(彼女は今でも手芸は何でもお得意です)友人が出店した、手作り人形のお店を、飛び入りでお手伝いさせて貰ったというのが、あとにも先にもただ一度だけの売り子さん体験でした。

それだから、
といっては何ですが、売り手から見た買い手の姿というのが、いまひとつ良く解らないまま、今に至っています。
素敵なもの(食べられる、食べられないに関係なく)を目に留めて
“あらっ!”と思うと、次の瞬間、
まだブレーキもかかっていない私の前に、お店の方が風のように現れて、
怒涛のごとくそのお品物(おまんじゅう1個でも)を説明してくださる、
という体験を、私、結構頻繁にするのです。
皆さまはいかがですか?

こんな時、お店の方の目には、私はどのように映っているのでしょう。
そういう体験があまり無いらしい殿に言わせると、
買う気満々
食べる気満々
というキモチが、“色に出でにける”んじゃないかと。
いつも満々なキモチではないので、それはちょっと違うと思いますが。

幸い()、気弱でも、素直でもない私は、怒涛の説明が一区切りしたところで、
“(ご説明)どうもありがとう”
と言って、通り過ぎることが出来るので、
今のところお小遣いに影響はありません。
f0039281_15191259.jpg

さて、
その怒涛のご説明が、とてもとても嬉しく役に立つこともあります。
杉並区浜田山カテリーナには、いまコアな地域で話題沸騰中(?)のシュークリームがあります。
その名も“浜シュー”。
香ばしいサクサクのシュー皮が魅力のこのシューは、そのサクサク感を更に生かすために、注文してからバニラの香り豊かなクリームを絞り込んでくれるのです。
なぜか急に人気が出たらしく、以前に一度食べた後、昨年位から、買いに行っても毎度毎度の売り切ればかり。
ついに先日も、何度目かの売り切れに遭遇。
よっぽど残念な顔をしたのでしょうか、
“ご予約も、個数限定もしていないので、タイミングを図るのはなかなか難しいのですが・・・”
という前置きに続いて、入手のコツを、いろいろ(つまり怒涛のごとく)お話してくださったのです。
f0039281_15192787.jpg

そして手に入る浜シュー
その場で噛り付きたい(多分それが一番美味しい)キモチをグッと我慢して、家路を急いだusakoでした。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/12760062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2010-02-01 15:00 | あまいもの | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako