K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

2010年2月 今月の歌舞伎座 夜の部

f0039281_2331175.jpg

歌舞伎座難民となるまで、あと73日。
三月四月は、なんと三部制(注:通常歌舞伎座は、昼11時からの部と夕方4時半からの部の二部制)にして、大儲けの、お名残を惜しむ歌舞伎座です。(つまり二回転営業を三回転営業にしているわけですね)
出来れば最後の最後まで、いつもどおりの歌舞伎座であって欲しかった・・・
永く通った方々は、そう思っているに違いありません。
わさわさして落ち着かない中での観劇は、少々閉口いたします。
お食事休憩と、館内をぶらぶら出来る小休憩を挟んで、ゆっくり観劇出来るのは今月が最後です。

選んだのは、もちろん夜の部
お目当ては、籠釣瓶(かごつるべ)の玉三郎さまです。

一幕目は、壺坂霊験記
劇評でも良いと書かれていた坂東三津五郎丈、こういう柔らかなお役が似合います。
幕引きの、めでたしめでたしの踊りもさすがに美しい、三津五郎さんです。
中村福助丈は、やっぱり声が高すぎてキンキンすることがあるのが、気になりました。

この演目には、舞台転換が何回かあります。
普通、演劇には、そのための“暗転”という状態があります。
でも、歌舞伎には、暗転はありません。
こういう場合には、黒幕が下りてきて、暗転の代わりをいたします。
以上usakoのヒトミミメモでした。(?)

二幕目は、マックカフェ・・・ではなく、高杯(たかつき)
長唄狂言ですが、ストーリーも解りやすく、また楽しく華やかなひとまくです。
この幕からご出演の坂東弥十郎丈、私が歌舞伎座へ向かう時に、ちょうど昭和通りを同じ信号で渡って楽屋入りでした。
街を歩いていてお見かけしても、TVタレントさんのお顔は、ちぃ~ともわかりません。
でも、歌舞伎役者さんなら、バッチリ、すぐわかります。
そうそう、この日は、俳優の渡辺えり子さんもご観劇でした。
f0039281_23332637.jpg

待ってましたの三幕目は、三世河竹新七作、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)全四幕七場。
私が初めてみた花魁八橋は、今は亡き歌右衛門丈佐野の旦那は、先代勘三郎。世に言うゴールデンコンビ)のものでした。
今回は、坂東玉三郎さま。
花道を、一瞬にして、白粉の香が漂う吉原に変える、八橋の花魁道中。
そこに忽然と現れる世界の中に、2010年の私を置きたかったから・・・
艶然たる微笑みを、この歌舞伎座で見ておきたかったから・・・、
取ったお席は、そのための場所、花道脇の内側
佐野の旦那でなくても、ため息の出る艶やかさの玉三郎丈でした。

片岡秀太郎丈、いいですねえ。
仁左衛門丈も、この手のお役が良く合います。
鮮やかな手さばきで、着物を着替えるシーンは、何度見ても惚れ惚れします。

この演目にある“見染めの場”は、同様のものが歌舞伎の中には、たくさん出てきます。
たぶんこれだけを研究しても、面白い論文が書けそうなくらい。
今の世でいう、“一目惚れ”より、もう少し深い意味があるように思えるのは、
それぞれの結末に必ず存在する悲劇を知っているからでしょうか。
いずれにしても、悲しい結末の場面でもなお、美しい玉三郎さんに、今回もうっとりの観劇でした。

usako補足>三月も四月も、幸いにしてチャンスがあり、観劇の予定です。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/12897636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ドンカンはツミである at 2010-02-20 10:47
タイトル : 歌舞伎座さよなら公演 二月大歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒」@歌..
私が今回チケットを取ったのは、この演目が見たかったからなのです。なぜなら私にとっては、ほぼベストキャストだったから・・・・・勘三郎以外は(笑)。 ・佐野次郎左衛門:中村勘三郎 ・八ツ橋:坂東玉三郎 ・九重:中村魁春 ・治六:中村勘太郎 ・七越:中村七之助 ・初菊:中村鶴松 ・釣鐘権八:中村彌十郎 ・繁山栄之丞:片岡仁左衛門 ・(イヤホンガイド):小山観翁(←これ重要) 次郎左衛門が吉右衛門さんなら文句無し!だったんですけどねー(^^; でも、吉右衛門さんだったら、八つ橋は...... more
Commented by jakky123 at 2010-02-20 00:26
おお!usakoさま、一足早くご感激(観劇)でございましたわね。
jakkyメは明日の夜でござります。
ポイント学習させていただきました(^^)v
Commented by june_h at 2010-02-20 10:26
usakoさま、コメントありがとうございます!
さすがusakoさまのレポ、楽しくてタメになります!
ヒトミミメモ、なるほどな~と思いました。暗転がある『竜馬がゆく』『鬼平犯科帳』は、現代劇だからなのですね。
やはりツウなusakoさまは、花道近くの席をとっておいででしたね。そこから見た玉三郎様の微笑み、よく見えたでしょうね♪私は次郎左衛門が吉右衛門さんではなかったので、2等にしてしまいました(笑)。
歌舞伎座からもスカイツリーが見えるなんて存じませんでした!
今回も本当に素晴らしいレポをありがとうございます!3月4月も楽しみにしていますね♪
Commented by oomimi_usako at 2010-02-20 11:04
☆jakkyさま、どうぞ楽しいご観劇を♪
お食事も是非、名残惜しい歌舞伎座食堂謹製のものをお召し上がりになってくださいまし。
Commented by oomimi_usako at 2010-02-20 11:08
☆juneさま、TB、コメント、ありがとうございます。
ベストボジションでの観劇で、すっかり感激でございました。
拍手をした両手を胸元にあわせたまんま、乙女のポーズで観劇してましたん♪八の字も綺麗に見えました。お爪の先まで可愛いお御足なの~(*^^*)

吉右衛門さんの次郎左衛門・・・のほうが・・・私も好きです~えへへ。
Commented by coed at 2010-02-20 22:29
残念、今月は何処かでのご一緒観劇ならず・・・。
Commented by oomimi_usako at 2010-02-21 11:38 x
☆coedさまは、いつ?
来月再来月はちょっと確率が低くなりそうですが・・・目指せ耳印!ですね。
Commented by jakky123 at 2010-02-21 15:57
usakoさま、TBありがとうございました。
コメなしですよね?変なのが入ってたのを消したので、
タイミング的に一緒に消してしまったかと、、、ヒヤヒヤしてます(^^;
Commented by oomimi_usako at 2010-02-22 10:42
☆jakkyさま、大丈夫です。
コメント却ってお返事などお手間がかかるかな?と思って、静かにTBさせていただいたつもりだったのです。
でも逆にお手数をお掛けして、お気遣いまでしていただくことになってしまい、申し訳有りませんでした。
いよいよ終わり間近で、かなりブルーな気持ちになりつつあります・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2010-02-19 23:29 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback(1) | Comments(8)