2010年8月 煎り酒とコリンキー

さて、スライスしたコリンキー
和風マリネのお味付けをするために、使いましたのは、煎り酒です。
f0039281_18292544.jpg

私は、銀座三河屋の煎り酒を、日本橋三越デパ地下の調味料売り場で買い求めて、愛用しています。
先日、六本木ミッドタウンをウロウロしていた(また?!)時に、DEAN & DELUCAでも、発見しました。
もちろん全く同じものなのですが、三越の、ピンクとブルーと紫のおなじみの袋に入れて貰ったものと、DEAN & DELUCAのおサレな感じのする袋に入ったものとでは、なんだかお味が違うように思えてしまうのは、とても不思議なことです、これは余談ですが。

この煎り酒。
皆さま御存知とは思いますが、念のため記しておきます。
日本酒に梅干と花がつおを加え、じっくり煮詰めて作る調味料。
江戸時代から作られ、便利に使われてきたものです。
お醤油を使うより塩分が控えられ、代わりに旨みが加わるため、いろいろ便利に使いまわせます。
よく、煮物に梅干を一つ入れて隠し味に、な~んてレシピがあったりしますが、それは要するにこの原理です。(なお、三河屋の煎り酒は、梅干ではなく、梅酢を使っています。)
f0039281_183076.jpg

スライスしたコリンキーに千鳥酢をたらりとまわしかけ、少しなじませてから、煎り酒をやはりひとまわし。
良く混ぜてそのまま冷蔵庫に。
30分もあればお味が付いて美味しくいただけます。
さらに2日後、煎り胡麻を捻ってパラパラとかけていただいてみましたら、ますます美味なコリンキーでした。

お立ち寄りくださいましたお印に、クリックひとつおねがいいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/14460341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2010-08-24 18:25 | おうちのお食事 | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako