K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

きのうは宵節句でした

今日は桃の節句の雛まつり
東京横浜界隈は、北よりの強い風に見舞われています。
でも、おウチの中では、柔らかな日差しの中で
お雛さまたちが春めいて・・・。
私たち姉妹のお雛さま  毎年お馴染みですが 
f0039281_1144230.jpg

こうしてみると、
奥様のほうは、ちょっと丸顔の玉さま  坂東玉三郎さまのことネ のよう。
f0039281_115026.jpg

そしてそして、
旦那様のほうは、ラブさま  片岡愛之助さまのこと、最近の報道は気にしない  にそっくり。
お口元は先代の仁左衛門さまに、よう似てはります~。
楚々としたこのお顔が小さい頃からとても好きでした。
f0039281_1151954.jpg

こちらは、母のお雛さま。
つまり、年代物。
岡山雛といわれるものです。 家は岡山とは関係ないのですが
f0039281_1153869.jpg

f0039281_1161221.jpg

小さなお道具がたくさん眺められるのも
ミニチュア好きにとっては嬉しい雛まつりです。

雛まつりの前夜は、宵節句。
我が家の雛の宴は、毎年3月2日の夜にいたします。
メインは定石のおちらし。
添えたのは、春の味覚のてんぷらを用意して抹茶塩でいただきました。
たらの芽、うど、そしてお庭で収穫した蕗の薹。
f0039281_1164682.jpgf0039281_1162998.jpg


ふきのとうは、
額の部分を外側から丁寧に拡げてゆき、
ひまわりの花のように整えたら、
今度は柄のほうをつまんで、開いた側に天ぷら粉をチョンチョンとつけて、そちらを油につけて揚げると綺麗です。
これは、奥さま歴の長い方々は、普通にされていることだと思いますが
“蕗の薹の天ぷら初挑戦”の若奥さま方へのアドバイスです♪

今日はこれから、北風に立ち向かいながら
お教室準備のお買い物へ、いざっ!
皆さま、どうかあたたかくなさってお過ごしください。

お立ち寄り下さいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/15600216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yaya-koro at 2011-03-03 13:33
お雛様って、みんなお顔が違いますね。
今年は旅行ついでに、各地のお雛様を沢山みてきました。
土地土地でお雛様も色々ですし、
時代時代でお顔も全然違ってて、
面白かったです。
岡山のお雛様は犬箱?が置いてるんですね。
珍しいですね~。

ああ~。春の味覚も美味しそうです!!
Commented by happypeas3 at 2011-03-03 17:15
岡山雛・・・初めて伺いました。何と雅な可愛らしさ♪
今日は素敵なお雛祭りの宴ですね・・・お酒は何を召し上がられるのかしら?楽しみです。
Commented by doremi730 at 2011-03-03 21:08
<フキノトウとタラの芽の天麩羅を抹茶塩で>は一緒♪
ウドはしなかったわ。。。残念!
Commented by chojiiro at 2011-03-04 00:11
趣深いお顔のお雛様ですね。時を経た空間が表情に表れているようです。そして、岡山雛、こちらも素敵~~~ですね。
代々に伝わるお雛様なんて、憧れですよ~。
実は、私用のお雛飾りの三人官女は髪がショートで^^;
やんちゃな?3歳の頃、何を思ったのか、ハサミを入れたようで(私が・・・)この時期、実家では代々その話で盛り上がっているのです(笑)
ふきのとう、ウド、うるい、この時期は大好きな山の幸が一杯です。
今日は真冬に逆戻りのようでしたね。
宝石のおちらしも拝見したいですよ~。

Commented at 2011-03-04 12:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oomimi_usako at 2011-03-04 15:21
☆yaya-koroさま、そうそうこの時期、お雛さまを町中で飾るイベントをする観光地が、最近増えましたよね。
いろいろなお雛さまご覧になれて、楽しそうで良かったですね~♪
いままで各おウチの中で飾られてきたお雛さまを、あれこれ見比べることが出来て本当に面白いと思います。
そうそう、犬箱(犬筥)が居る(?)んですよ、このお雛さまは。
子供のお守りなのだそうですね。
なんでも天皇家でも、犬筥を贈り物にされるとか。
これは、珍しいのでしょうか??
Commented by oomimi_usako at 2011-03-04 15:21
☆happypeasさま、コロコロンとしていて、可愛らしいお雛さまです。
ミニチュア系なので、とにかく好き♪(←うなずいていただけますか?)
お雛まつりのごちそうを、海鮮をのせたおちらしにしたので、御酒はもちろん登場しました。
いずれお酒はお披露目いたしたいと思います。
・・・こちらはそれほど可愛くないですけれど・・・(^^;)
Commented by oomimi_usako at 2011-03-04 15:22
☆doremiさま、わ~お揃い♪
うどは、かき揚げ風にしました!
Commented by oomimi_usako at 2011-03-04 15:22
☆ciacoさま、ありがとうございます。
その“時”=“歳”ということで、お雛さまのネンキの入りようが、私の老化?きゃぁぁぁぁ・・・
・・・気を取り直して。
ciacoさまの武勇伝(?!)素晴らしいっ!
こんなところに、お書きになって良いのでしょうか?
いえね・・・もっと大々的に書かれた方が素敵だと思いましてv
こういうお話は、もうとにかく幾つになっても言われ続けますよね。
でも、なんとなく、判る気がいたします(^m^)
うちの宝石、写真撮るのを忘れて、呑んで食べて・・・してしまいました。。。
先ほど、ciacoさまの宝石箱拝見してまいりました。
今日は宝石よりも大切な宝物が、お手に戻っていらっしゃいますね♪
Commented by oomimi_usako at 2011-03-04 15:25
☆03-04 12:58の非公開さま、ご丁寧にありがとうございます。
いろいろな種類が、というよりも、人の数だけパターンがあるということなのかもしれないですね。
お言葉、とても嬉しく拝読いたしました。
いろいろ教えていただけますこと、心から感謝しております。
Commented by suzu-kinako at 2011-03-04 21:15
usakoさんご姉妹のお雛様、とっても可愛い顔立ちですね。
お母様のお雛様もふっくらしていて(私のようで)親近感を覚えます。
流石usakoさんの作る天ぷらは美味しそうです。
Commented by sanpomichikara at 2011-03-05 07:46
usakoさま、こちらではお久しぶりでございます。
私たち姉妹の・・・と言いながら、実は姉の物・・・なんですよね。いつも耐えてきた妹です。

ウドは栃木のウドだとうれしいなぁ♪
Commented by oomimi_usako at 2011-03-05 11:27 x
☆きなこの母さま、うふっ、でしょ?ありがとうございます。
私の“殿方の好み”は、この方が原型であります。
でもあんまりお内裏さまばっかり眺めていると、やきもちが怖いので、奥様のほうも、綺麗ね~綺麗ね~といつもほめております。
えっ、きなこの母さま、相当ふっくらなんですけど・・・
Commented by oomimi_usako at 2011-03-05 11:34 x
☆Yoshimiさま、こちらにも・・・おかえりなさいませ~♪♪
ご様子はよくわかっておりますものの・・・
やっぱり姉御・・・いや、おねーさまの、あるときはお優しく、時にはピシっと背中をおしていただけるようなコメントがないと、若輩ものはさびしゅうございました。
そんなお姉さまが、耐えておられること、いや~おっしゃるとおり。小さい頃は、姉のほうが“おねえちゃまなんだから!”のことばと共に耐えていたはずなんですがねえ~おほほ。

うど・・・これからは、栃木産を買わせていただきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2011-03-03 11:00 | お気に入りの品々 | Trackback | Comments(14)