K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

エメラルドシティの休日 シアトル街歩き編その1

f0039281_16453057.jpgシアトル中心部は、ダウンタウンを中心にしていくつかのエリアに分類されます。
公共交通機関には、路線バス(メトロバス)、ストリートカー、リンクライトレール(市電みたいなもの)、モノレールなどがあり、それらを活用すれば、各エリアを自由に見て廻ることは、容易に可能です。
中心部は、交通機関無料ゾーンになっています。


ダウンタウンの地下には、トランジットトンネルと言う地下トンネルがあります。
“中央通り”的存在である3rdアベニューの、交通渋滞を緩和させるため、造られたもの。
路線バスと、リンクライトレールのみを通すようになっていて、区間内には5つの駅があります。
駅構内は、とても芸術的な空間です。
f0039281_1646496.jpg

f0039281_16462160.jpg

普通の道を走ってくるバスと、レールの上を走ってくるストリートカーが、一つのトンネルに入ってきます。
そして、同じホームを利用して、到着順に停車して乗客を乗降させます。
ホームに駅員さんは居らず、“臨機応変に上手くやっている”という感じが、なんともアメリカ的でした。

おっと、やはり乗り物系のことになると、語ってしまう傾向がありますね、失礼しました。

ダウンタウンの街並みは、 近代的なビルと、前衛的な建物と、そしてクラシックな建物が混在しています。
今にも倒れそうなラッパ型のビル。
f0039281_1648197.jpg

こちらはクラシックなビル。私好み。
f0039281_16482677.jpg

背の高い街路樹の緑や、あちこちに飾られた寄せ植えがバランスを取って、すべてが綺麗に調和しています。
f0039281_16485655.jpg

シアトル美術館の動く彫刻Hamme Man。
f0039281_16493677.jpg

ずっとハンマーを振り上げ振り下ろし続けています。
消火栓は、形は同じながら、色は黄や緑や紺などいろいろ。
f0039281_16501119.jpg

パーキングメーターの形が面白い
f0039281_16503381.jpg

坂道の上から見えるのは、エリオット湾。
まるで神戸や函館のようです。
f0039281_1651480.jpg

f0039281_16512981.jpg


このエリオット湾を望む地区がウォーターフロントと呼ばれています。
フェリーやクルーズ船のためのピアが60番台まで(もっとあるかもしれません)ずらりと並んでいます。
エリオット湾の夕景。
夕陽に映える山影は、氷河を頂いたオリンピック連山です。
f0039281_16561756.jpg


ウォーターフロントの北側に、この界隈で有名なパイクプレスマーケットという大きな最古の市場があります。
(ココの中身はまた別途)
f0039281_16564090.jpg


こちらはニードルタワー。
f0039281_16574978.jpg

10年前のシアトルの大きな地震でもびくともしなかったというのが、自慢です。
ニードルタワーが立つエリアは、シアトルセンターという地区。
ダウンタウンのウエストレイクステーションから、シアトルセンターモノレール(ちょっとカッコイイサイトです)で、すぐです。
ニードルタワーからの眺め。
エリオット湾と、
f0039281_1705053.jpg

レニエ山も綺麗にみえました。
f0039281_1711988.jpg

ユニオン湖からワシントン大学方面。
f0039281_1722616.jpg

高級住宅地クイーンアン地区。
f0039281_1725442.jpg

シアトルとその周りの様子が360度で眺められます。

シアトルセンターには、ロックミュージックの博物館、エクスペリエンスミュージックプロジェクトあります。
グランジロックってご存知でしょうか?
ニルヴァーナパールジャムなどに代表されるジャンルで、このシアトルから誕生しました。
ジミ・ヘンドリックスの出身地でもあるこの街ならではの博物館では、ギターで作った大きなオブジェが出迎えてくれます。
f0039281_175738.jpg

f0039281_1761769.jpg

f0039281_1752463.jpgそれ系(?)の音楽ファンには垂涎ものの展示です。
でも、実際にアメリカ人は、老いも若きも本当に“それ系”が大好きなようで・・・。
たぶん7,80代であろうお爺ちゃまお婆ちゃま方が、こちらの展示を見に来られていて、展示内の自由に聞けるipodで、ジミヘンのギターの音色を、熱心に楽しんでおられました。
あわせて2012年3月まで、『宇宙空母ギャラクティカ』の特別展示、やら『アバター』の展示やらをやってます・・・なぜか。

というわけで、まだまだ続くシアトルの街歩きは、その2へと続きます。

美味しいもの登場まで、もうちょっとお待ち下さい。

[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/16518017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chojiiro at 2011-09-06 18:22
usakoさん、こんにちは。
シアトルの街並み、シンボル、交通網、一緒に巡っているようです。ブログのお友達も、この夏、シアトルに旅行されました。今、シアトルがトレンド?なんて思いながら画像や説明を楽しみに拝見させていただきましたよ。まだまだ続きがあるのですね~(ワクワク)
美味しいもの編も心待ちしています!
Commented by suzu-kinako at 2011-09-06 22:00
回数は少ないのですが、海外に行くと建物と調和のとれた植え込みなど日本では見られない景観ですね。
交通網も規模が違いますね。
情報をキャッチする能力がないので、こうしてusakoさんの旅行記を拝見して行った気分になります♪
先に食べ物編かな?と思いましたが、お楽しみは後の方がいいかもです。楽しみよ(^^♪
Commented by ぐっぴー at 2011-09-06 23:29 x
ビルの合間の坂道の向こうに海が見える。シスコもこんな感じですね。
皮肉なことに神戸は震災直後、ビルや高速が崩れて視界が広がった時、「あ、こんなに海が近かったんや」と実感しました。また元に戻ったけど、どっちが良かったのかな。
Commented by oomimi_usako at 2011-09-07 17:45 x
☆ciacoさま、書き出すと止まらない私の悪い癖が発揮されてしまう旅行記・・・にもかかわらず、御目を通してくださいましてありがとうございます。
お友達もシアトルへ?まあ~♪その方はどんなところを廻られて、どんなご感想をお持ちなのでしょう~♪
実は密かなトレンドだったりして!
次々回がいよいよ食べもの編です。
ご期待くださいませ。
Commented by oomimi_usako at 2011-09-07 17:49 x
☆きなこの母さま、読んでくださってありがとうございます、長くて申し訳ない~。
いつもそうなのですが、今回もまたひと月を切ってから決定した旅行。そのため、自分のブログ更新そっちのけで、情報集めにネットにへばりつきました。
美味しいものの記事は次々回に登場します。
待っててくださいね♪
Commented by oomimi_usako at 2011-09-07 18:06 x
☆ぐっぴーさま、長い記事ですみません、気合い入っちゃってまして・・・。
御目を通してくださってありがとうございます。
視界を遮る建物もまた、神戸らしいように思うので、どちらが良いかは大いに悩むところかもしれませんね。
そういえば、横浜も、港町ながら、意外に海が見えず、遠いのでした!!
Commented by まひまひゆかりん at 2011-09-07 20:55 x
うさこさん、こんばんは~
息子が夏休み前から、ギターにハマっていて、うさこさんのシアトルのエクスペリエンスミュージックプロジェクト見て、かなり興奮してましたよ~
行ってみたいと...
素敵なお写真、どうもありがとうございました~
また、続きを楽しみにしてま~す!
いつも応援、ありがとうございます。ぽちぽち☆
Commented by peko-nanamama at 2011-09-08 14:56 x
ギターのオブジェすご~い!
シアトルだったらロックミュージック博物館なんかがあっても見学者も多いのでしょうね
そういえば漫画好き元総理の計画された漫画博物館なんてものはその後どうなったのでしょうね
日本はそんなことにお金使ってる場合じゃないわね
Commented by oomimi_usako at 2011-09-08 18:22
☆まひまひゆかりんさま、ギター少年くんには、ココ、絶対お薦め。
超レアもののギターとか、楽譜とか、展示されていて凄いのです。
そのうえ、写真も撮って良いので、息子さん一度入られたら、出てこないかも(^^;)しれませんね!
Commented by oomimi_usako at 2011-09-08 18:23
☆nanamamaさま、すごいでしょ~!
とっても大きいオブジェでこの写真で70%位しか写せてないのです。

先日、関東大震災や南海地震を警告(データを元に)した東大の教授のことをTVでやっていました。
その方は、私財を投じて地震予知データの収集のため、観測所を太平洋岸にいくつも作ったそうです。
でも結局、その観測施設を国に没収されて、違う目的で使われてしまった数年後に南海地震が起きたそうです。
漫画好きのあの方も、おこづかいたくさん貰っていたあの方も、みなさん山ほどお持ちのものを、上手に使っていただきたいものだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2011-08-16 12:00 | 旅とおでかけ | Trackback | Comments(10)