K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

国立劇場 四月歌舞伎公演 通し狂言絵本合法衢 歌舞伎座再開場まであと12ヶ月

f0039281_22583989.jpg

良いお席が手に入りましたので、久し振りに、歌舞伎を観てきました。
2012年4月の国立劇場は、国立劇場開場45周年記念公演の最後。
四世鶴屋南北作、通し狂言『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』
です。

この演目、3月11日以降中止となった、昨年の三月公演でした。
それを手直しして今回、一年後の再上演となったのです。
そして私は、中止になる前に、実は国立劇場を訪れていたのでした。
一年を経て、再び四幕十二場いっぱいに繰り広げられる、南北ワールド。
“ジツハ、ジツハ”のどんでん返しを、片岡仁左衛門丈が、悪役二役で
今回もまた、たっぷり務め上げてくださいます。
f0039281_22585847.jpg

南北の作品は、展開が早く、ストーリー自体を楽しめる上に、
意外な伏線が、たくさん仕込んであるので、全く飽きません。
廻り舞台を効果的に使ったり、
役者が早変わりを見せたりする元々の趣向に加えて、
仁左衛門丈はじめ、出演者の皆さんの、細部に行き届く芸達者ぶりは、
観客を『ひとつも見逃してなるものか』という気持ちにさせ、
舞台にますます集中させてくれるのでした。 隣のご婦人は寝てたけどね
f0039281_22591667.jpg

桜の見頃を過ぎたお堀端の国立劇場は、
やっと顔を出し始めた、若葉の淡い黄緑色に包まれて、
華やかさの後の、落ち着きを取り戻していました。
舞台上もまたしかり。
大活躍の仁左衛門丈や、我が愛しのラブちゃんこと片岡愛之助丈は堅さが抜けて良い感じ。
悪さ加減の中にもお品のある中村時蔵丈など、華のある役者さんもご出演ですが、何せ悪の華咲く南北物。
銀座の先の、某E舞場に比べれば、少々落ち着いているというか、お地味というか。

それでも私は、久し振りというのも手伝って、大変面白く楽しみました。
お三味線の音、
柝の音、
フットライトに浮かぶ定式幕、
揚げ幕のチャリンの音・・・。
私にとって、それらの存在する空間に居ることは、至福の時間です。

そういえば歌舞伎座は、どこまで出来上がったのでしょう。
再開場まであと12ヶ月(あと一年!!)です。

本日も、美味しいもののお話ではありませんが
お立ち寄りくださいましたおしるしに
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/17441990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2012-04-18 22:53 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(0)