自由が丘Rikyuの優しいケーキ

“はいっ、おみやげ!”
ちいちゃいけれど魅惑的な白い箱と共に、殿氏が歯医者さんから帰宅しました。
f0039281_9455386.jpg

早速、お湯を沸かして、お茶の支度をします。
箱には、“Rikyu”と言うシールだけが貼られています。
f0039281_946934.jpg

どちらのお菓子屋さんでしょう?
興味津々usakoの、根掘り葉掘りインタビュー開始です。

“この間から気になっていたお店があって、今日は、ちょっと寄ってみた。”

ほぅほぅ。
どこが気になりましたか?
“一見、住宅街の中の普通の家で、良く見ないとお店かどうかもわからなかったから。”

お店の中はどんな風でしたか?
“入ると、ここに小さなショーケースがあって、奥に厨房。
で、こっちにテーブルが一つあって・・・。”
ここから長かったので、以下省略させていただきます。

美味しい甘夏のタルトや、
和素材をふんだんに使った優しいお味のケーキをいただきながら、
お店の中の様子や、ショーケースの中や周りの様子など、
図解しそうな勢いで説明してくれました。
f0039281_9474761.jpg

f0039281_9481683.jpg

そしてさらに、
“女の方が対応して下さったけれど、
たぶんあの方が、一人でお菓子作りもしているんだと思う。”
と付け加えました。

どちらのケーキも、
甘味や酸味といったお味のバランスが絶妙だし、
生地やクリームが、お口の中で融合していく食感も見事だし、
とにかく美味しい!
ということで、お茶時間終了後、早速ネットで調査いたしました。
自由が丘Rikyu。
味わったばかりのお味の美味しさと優しさを、
充分に納得できるお店の詳細を、知ることが出来ました。
あっそれから、聞いたばかりのお店の様子も、再確認(殿氏かなり正確)。
この次は、私が、行ってみたいと思います。

それにしても・・・
恐るべし殿氏の観察力。
パティスリーやら、スイーツやら、ましてはその薀蓄やらとは
まったく無縁のひとだったはずですが、
あーだ、こーだといちいちウルサイ(?)奥さんの影響力は、
こんな形で及んでいくものなのでしょうか。

usako補足>そのウルサイ奥さんは、特に甘夏のタルトの上に飾られた
フサフサ元気なチャービルに感動しました。
こんなところに、お店の心意気を感じたりします。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
どうもありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/19805104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by oomimi_usako | 2013-06-12 09:43 | あまいもの | Trackback

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako