K's Sweet Kitchen ksweetk.exblog.jp

日々のあれこれと、美味しいものの記憶。


by oomimi_usako
プロフィールを見る

歌舞伎座 新開場柿葺落十月大歌舞伎 夜の部

f0039281_1741389.jpg

今月は、義経千本桜(竹田出雲、三好松洛、並木千柳合作、延享四年十一月竹本座初演)が、昼夜通しでかかっています。
夜の部に行きましたので、四幕目からの観劇になりました。

義経千本桜は、みんなが知っている源平最後の攻防戦や、義経静御前の物語のように見せかけることによって、お話に取り付きやすさを醸し出している狂言です。
義経から、物語は始まり(但し、歌舞伎の序幕は本当の序幕ではありませんのでご注意!)、おしまいも、義経が奥州へと下っていく(これも実は上演されたためしがない)という組み立てになっています。

しかしながらその中身は、実は、義経主役の物語ではありません。
その周囲に存在する人々に、主役のスポットライトを次々とあてながら、
親子、夫婦、主従、それぞれのつながりの、強さと脆さの両方と、さらに、
動物の親子愛まで織り交ぜて、紡いでいくスケールの大きいものがたりです。

f0039281_17421723.jpg

四幕目、木の実・小金吾討死。
いがみの権太は片岡仁左衛門丈。
お怪我療養のため、このあと11月12月のお休みが予定されていますが、舞台の上では、それとは解らぬご活躍ぶり。いろいろな方の権太をみていますが、実は私は仁左衛門丈のなさるのが一番好きです。線の細さと手足の長さが、私の持つ権太のイメージとぴったり合うんですね。

それと、小金吾には中村梅枝丈。最近お若い世代の方々が(私がトキメイテいた世代のお子さま方)が、どんどん大事なお役につくようになってきました。梅枝というと、今の時蔵さんが思い浮かんでしまいますので、若手の役者さんのお顔と名前もお勉強しないといけませんわ。その梅枝丈、好演されてますが、やはりまだまだこれからで、セリフを言うのに一生懸命という感じ。観客の心をもっともっと惹き付けるようなお芝居が、これから出来るようになってゆかれるのを、見ていくことが楽しみです。

そうそう、片岡秀太郎丈の小せん、御年を召されてもなお艶っぽくて、とても可愛らしく素敵でいらっしゃいました。


五幕目 すし屋。
この幕の設えを見るたびに、むしょうにお寿司が食べたくなります。
それゆえ、お寿司の樽に、討った首が入っているという話の流れを知っていてもなお、
すし屋が舞台にかかる時の観劇弁当は、いつだってお寿司です♪
前半は、笑いが起こる場面が続き、後半は、いつも自己中な人が、突然とんでもなく世の為・人の為ということをしたばっかりに、却って悲劇が起こります。

中村時蔵丈の、弥助&維盛二役の演じ分けが良い感じ。時蔵さんの、目と眉の間の距離が、シュッと変わるのです。

引き続き片岡仁左衛門丈がおつとめの権太は、上方バージョンと江戸バージョンがあり、もちろん今回は上方バージョン。着物や所作、鉢巻の締め方にも違いがあります。
権太が、身代わりに差し出す妻と子と別れるところから、弥左衛門の刃を受けるところまで、息もつかせぬ展開は、先がわかっているにもかかわらず、何度見ても引き込まれるところです。

若葉の内侍(わかばのないし)の東蔵丈、だいぶ以前からですが、御足が悪くていらっしゃるようですけれど、それでも舞台で奮闘されていました。

大詰 川連(かわつら)法眼館
配役は、中堅以上で固められていて、見ていて安定感のある幕です。
この幕のみどころは、なんと言っても狐忠信のケレンと早変わり。
過去の名優たちが、それぞれさまざまな工夫を重ねてきたケレンは、音羽屋風のものと猿之助風のものとに集約されて、今に至っているようです。
私は、後者の方は見ないので、実際に比べてみたことはありませんけれど。
で、狐が忠信の姿を借りた経緯を語るところあたりまでが、飽かず楽しめるところです。

忠信でも狐でも、やっぱり見るなら尾上菊五郎丈。
今回も大奮闘で、役者は体力勝負だなあとつくづく思います。
御歳が御歳ゆえ見ているほうがハラハラしてしまうので、そろそろ菊之助丈になさっていただきたいなあなどと、思ったり。

それから、いつ見てもかわゆらしい静御前役の中村時蔵丈。いまより更にお歳を重ねられても、可愛い赤姫さまをずっと演じていただきたいものです。

f0039281_17493319.jpg

ということで・・・
新開場直後の、あれもこれもの玉手箱のような演目揃いも良いですが、
やはり通し狂言をじっくり見るのも楽しいもので、
久しぶりに、お芝居見物らしい見物が出来て嬉しい一夜でした。

11月12月は、仮名手本忠臣蔵の通し。
通しと言っていますが、あいだ抜けしていますので、本当の通しではありません。
一日かけて昼夜を通してみる暇と、体力と、我慢強さがなくなってきた最近の私には、
11月には、おひる~。
12月には、よる~。
と、緩慢に、ゆるゆる楽しめる構成ではありますが・・・。
せっかくそういうことができるなら、
年末になると、“どれだけ好きなの?と思う位、あっちでもこっちでも討ち入っている忠臣蔵”より、桜姫や、妹背山や、今月の千本桜なんぞを、“正しい通し狂言”で、是非掛けて欲しいもの、と思う今日この頃です。(だから12月は見ないかも)
f0039281_17512268.jpg



ついつい歌舞伎だと、長文になってしまうのですよね。
申し訳ございません。
でも、最後までお目を通してくださってありがとうございました。
本日も、お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/20663846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by june_h at 2013-10-23 19:35
「義経は主役だが狂言回しなので、あまり頻繁には登場しない」のだと、小山観翁さんの本に書いてありました。
せっかく2か月続けて忠臣蔵をするなら、本当の「通し」にすればよいのに・・・・・とは、私も同じことを思っていました。せっかくの機会なのに、なんだかもったいないですね。
以前、平成中村座で、2段目なども含めて通しをしていましたっけ。
Commented by 2005-1127 at 2013-10-24 06:12
おはようございます♫

USAKOさんは、「芸術の秋」なんですね^^
満喫されてる様子が伝わってきます~
Commented by suzu-kinako at 2013-10-24 17:51
私に人形焼ないの?
Commented by oomimi_usako at 2013-10-25 15:22
☆juneさま、研究者解説者の見方は、おしなべて“義経は主役だが狂言回し”となっていて、私もそう思います。
あんまり出てこないけれど、でも義経がいないと成り立たないお話なのですよね。
主題も含めてそれを決定付けると思われる義経の大事なセリフが、ほんとーの序段にあるのです!
序幕 鳥居前となっていますが、その前があるので、是非是非そこのところからやって欲しいと思っています。

忠臣蔵も、juneさまおっしゃるとおり二段目欲しいですよね。
私は、九段目も好きなので、入れて欲しいなあと思います。
中村座で通し上演していたのですね。
それは、とても大事なことだと思います。
だいぶ前になりますが、歌舞伎座でも通しがあって、若い頃だったので、がんばって一日掛けて見ました。
あらすじが良く解るのはもちろん、登場人物の心の動きや、全体に流れる雰囲気なども理解できて、とても良かったとおもったのを覚えています。
Commented by oomimi_usako at 2013-10-25 15:24
☆モンスーンさま、芸術も、食欲も、フル回転です!
スポーツはちょっと抜けています。。。
Commented by oomimi_usako at 2013-10-25 15:25
☆きなこの母さま、
あっ!しまった!!
たべちゃった!!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by oomimi_usako | 2013-10-23 17:36 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(6)