恵比寿エコー劇場 音噺の会ーナイチンゲールー

f0039281_23265912.jpg

音噺と書いて、おとばなしと読みます。

「音噺の会」は語りと楽器の生演奏のコラボレーションによる
新しいエンターテイメント。
俳優や声優として活躍されている杉村理加さんと、
ご自身の演奏活動に加え、指導にも力を注がれている
フルート奏者古川仁美さんのお二人が、
出会った生まれた会です。

今回は、ハンス・C・アンデルセン原作の童話ナイチンゲールを元にして、
杉村さんが脚本を作り、そして語り、
古川さんが、ナイチンゲールのさえずりを題材とした曲を選ばれて、演奏されました。
f0039281_23271180.jpg

酷暑のなか、恵比寿にあるテアトルエコーのエコー劇場はたくさんのお客様。
言葉ひとつひとつを大切に紡ぎながらも、今様の香り漂う語りに引き込まれながら、
フォーレやシューマン、プッチーニやチャイコフスキーといった、
耳に馴染みのある名曲に、美しいナイチンゲールのさえずりを重ねつつ、
私も、心地よいひとときを過ごしたのでありました。

そうそう、
杉村理加さんは、ディズニー映画“アナと雪の女王”の日本語吹き替え版に、
妖精バルダの声で出演され、挿入歌“愛さえあれば”も歌っていらっしゃいます。
他にも、様々な吹き替えや声の出演もされているので、
どこかで聞いたような…と、思われる方もあるかもしれませんね。

お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックおひとつ、お願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
ありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://ksweetk.exblog.jp/tb/22766946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by oomimi_usako | 2014-08-19 23:21 | 歌舞伎やお芝居見物 | Trackback | Comments(0)

美味しいものの備忘録


by oomimi_usako